クライアントClient

このトピックでは、Rights Management Service Client 2.1 の用途と機能について説明します。This topic describes the purpose and function of the Rights Management Service Client 2.1.

RMS クライアント 2.1 は、(オンプレミスでインストールされるか、Microsoft のデータセンターにインストールされているかにかかわらず) RMS を使用するアプリケーション経由でやり取りされる情報のアクセスと使用を保護することを目的として、クライアント コンピューター向けに設計されたソフトウェアです。The RMS Client 2.1 is software designed for your client computers to help protect access to and usage of information flowing through applications that use RMS whether installed on your premises or in a Microsoft datacenter. このソフトウェアは、個別のダウンロードとして提供されています。使用許諾契約書を確認して承諾することで、サードパーティ製ソフトウェアと一緒に自由に配布できるため、クライアントは環境内の RMS サーバーを使用してデプロイすることで、権利保護されたコンテンツにアクセスできるようになります。It ships as an optional download which can be, with acknowledgment and acceptance of its license agreement, freely distributed with your third-party software to enable client access to content that has been rights-protected by use and deployment of RMS servers in your environment.

RMS クライアント 2.1 は、ユーザーが保護された (暗号化された) コンテンツを作成、発行、および利用できるようにする機能を公開します。The RMS Client 2.1, exposes functionality that enables users to create, publish, and consume protected (encrypted) content. 具体的には、RMS 対応のアプリケーションは、エンドユーザーのコンピューターにインストールされているクライアントを使用して、権限管理のコンテキストでの実行を想定して作成されたタスクを実行します。Specifically, an RMS-enabled applications leverage the client installed on the end-user machine to perform tasks that it was built to perform in the context of rights management.

Rights Management Service SDK 2.1 は、RMS クライアント 2.1 で動作します。The Rights Management Services SDK 2.1 works with RMS Client 2.1. RMS SDK 2.1 上で構築された権限保護対応アプリケーションは、RMS クライアント 2.1 を使用する必要があります。Rights enabled applications built on the RMS SDK 2.1 must use the RMS Client 2.1.

詳細については、RMS クライアント 2.1 に関する TechNet のドキュメントを参照してください。For more information, see the TechNet documentation on the RMS Client 2.1.