概要Overview

Rights Management サービス SDK 2.1 は、デジタル情報を権限のない使用から保護するために役立つ情報保護テクノロジです。Rights Management Services SDK 2.1 is an information protection technology that helps safeguard digital information from unauthorized use. コンテンツの所有者は、権限を有効にしたアプリケーションを通じて、そのコンテンツを開く、変更する、印刷する、転送する、などの操作を実行できるユーザーを定義することができます。Through your rights-enabled application, content owners will be able to define who can open, modify, print, forward, or take other actions with the content.

AD RMS は、サーバー コンポーネントとクライアント コンポーネントの両方で構成されます。AD RMS consists of both server and client components. Azure または Windows Server で実行されるサーバーは、複数の Web サービスで構成されます。The server, running on Azure or Windows Server, consists of multiple web services.

クライアント コンポーネントは、クライアントまたはサーバーのオペレーティング システムで実行でき、アプリケーションでコンテンツの暗号化と復号化、テンプレートと失効リストの取得、サーバーからのライセンスと証明書の入手、およびその他の関連する権限管理タスクを有効にする機能が含まれています。The client component can be run on either a client or server operating system and contains functions that enable an application to encrypt and decrypt content, retrieve templates and revocation lists, acquire licenses and certificates from a server, and other related rights management tasks.

詳細については、「Application types」 (アプリケーションの種類) を参照してください。For more information, see Application types.

Rights Management サービス SDK 2.1 に基づいて構築したアプリケーションを適用できるシナリオの一部を次に示します。The following are just a few of the scenarios to which applications built on the Rights Management Services SDK 2.1 can be applied.

  • 機密情報を含む電子メール メッセージを印刷または転送されないようにすることを望む法律事務所。A law firm wants to prevent sensitive email messages from being printed or forwarded.
  • パスワードを使用することなく、描画のアクセスを研究部門内の小規模のユーザー グループに制限することを希望する CAD/CAM ソフトウェアの開発者。The developers of computer-aided design and manufacturing software want to limit drawing access to a small group of users within the research division without requiring the use of passwords.
  • 1 つのライセンスを使用して、イメージの低解像度のコピーは無料で表示できるが、高解像度のコピーを表示する場合は支払いを求めるようにすることを望む、グラフィック デザインの Web サイト所有者。The owners of a graphic design website want to use a single license that allows free viewing of low-resolution copies of their images but requires payment for access to the high-resolution versions.
  • ユーザーの ID に基づいて、ドキュメントの表示、印刷、または編集の権限を有効にすることを望むオンライン ドキュメント ライブラリの所有者。The owners of an online document library want to enable rights to view, print, or edit documents based on the identity of the user.
  • 表示と編集の権限を特定のユーザーに制限する社内の Web サイトに従業員の機密情報を公開することを望む企業。A corporation wants to publish sensitive employee information to an internal website that restricts viewing and editing privileges to certain users.

AD RMS サーバー、AD RMS クライアントおよびそれらの機能の詳細については、AD RMS の IT Pro ドキュメントに関する TechNet のコンテンツを参照してください。For more information on AD RMS server, AD RMS client and their functionality, see the TechNet content for IT Pro documentation for AD RMS.

このセクションの残りのトピックでは、RMS アーキテクチャとその実装について説明します。The remaining topics in this section cover the RMS Architecture and its implementations.

このセクションの内容In this section

トピックTopic 説明Description
クライアントClient このトピックでは、Rights Management Service Client 2.1 の用途と機能について説明します。This topic describes the purpose and function of the Rights Management Service Client 2.1
サーバーServer このトピックでは、Azure と Windows Server を対象に、RMS サーバーの目的と機能について説明します。This topic describes the purpose and functions of the RMS Server; for Azure and Windows Server.