方法: API セキュリティ モードの設定How-to: set the API security mode

IpcSetGlobalProperty 関数を使用して、File API アプリケーションをどのセキュリティ モードで実行するかを選択できます。You can choose which security mode your File API application runs in by using the IpcSetGlobalProperty function.

サーバー モードで実行するためにアプリケーションを初期化するには、IpcSetGlobalProperty 関数を呼び出し、セキュリティ モードを IPC_API_MODE_SERVER に設定します。To initialize your application to run in server mode, call the IpcSetGlobalProperty function and set the security mode to IPC_API_MODE_SERVER. 既定では、アプリケーションはクライアント モード (IPC_API_MODE_CLIENT) で実行されます。By default, your application will run in client mode, IPC_API_MODE_CLIENT.

サーバー モードの詳細については、「Application types (アプリケーションの種類)」を参照してください。For more information on server mode, see Application types.

重要  セキュリティ モードは、他の Rights Management サービス SDK 2.1 関数を呼び出す前に設定する必要があります。Important  The security mode should be set before any other Rights Management Services SDK 2.1 function is called. セキュリティ モードは、設定後に現在のプロセスに対して変更することはできません。After the security mode has been set, it cannot be changed for the current process.