クラウド ストレージ アプリケーションの監視およびトラブルシューティングMonitor and troubleshoot a cloud storage application

このチュートリアルはシリーズの第 4 部であり、かつ最後の部分です。This tutorial is part four and the final part of a series. クラウド ストレージ アプリケーションを監視およびトラブルシューティングする方法を学習します。You learn how to monitor and troubleshoot a cloud storage application.

シリーズの第 4 部では、次の方法を学習します。In part four of the series, you learn how to:

  • ログ記録とメトリックを有効にするTurn on logging and metrics
  • 承認エラーのアラートを有効にするEnable alerts for authorization errors
  • 正しくない SAS トークンでテスト トラフィックを実行するRun test traffic with incorrect SAS tokens
  • ログをダウンロードして分析するDownload and analyze logs

Azure Storage Analytics では、ストレージ アカウントのログ記録およびメトリック データが提供されます。Azure storage analytics provides logging and metric data for a storage account. このデータにより、ストレージ アカウントの正常性を確認できます。This data provides insights into the health of your storage account. Azure Storage Analytics からデータを収集するには、ログ記録、メトリック、およびアラートを構成します。To collect data from Azure storage analytics, you can configure logging, metrics and alerts. このプロセスには、ログ記録の有効化、メトリックの構成、およびアラートの有効化が含まれます。This process involves turning on logging, configuring metrics, and enabling alerts.

ストレージ アカウントのログ記録とメトリックは、Azure Portal の [診断] タブで有効にします。Logging and metrics from storage accounts are enabled from the Diagnostics tab in the Azure portal. ストレージのログ記録では、ストレージ アカウント内の成功した要求と失敗した要求の両方の詳細を記録できます。Storage logging enables you to record details for both successful and failed requests in your storage account. これらのログにより、Azure テーブル、キュー、および BLOB に対する読み取り、書き込み、および削除操作の詳細を確認できます。These logs enable you to see details of read, write, and delete operations against your Azure tables, queues, and blobs. また、タイムアウト、調整、承認エラーなど、失敗した要求の理由を確認することもできます。They also enable you to see the reasons for failed requests such as timeouts, throttling, and authorization errors.

Azure Portal にログインするLog in to the Azure portal

Azure ポータルLog in to the Azure portal

ログ記録とメトリックを有効にするTurn on logging and metrics

左側のメニューから、[リソース グループ] を選択し、[myResourceGroup] を選択してから、リソース一覧内のストレージ アカウントを選択します。From the left menu, select Resource Groups, select myResourceGroup, and then select your storage account in the resource list.

[診断設定 (クラシック)] で、[状態][オン] に設定します。Under Diagnostics settings (classic) set Status to On. [BLOB のプロパティ] のすべてのオプションが有効になっていることを確認します。Ensure all of the options under Blob properties are enabled.

完了したら、[保存] をクリックします。When complete, click Save

[診断] ウィンドウ

アラートを有効にするEnable alerts

アラートは、管理者に電子メールを送信したり、しきい値を超えているメトリックに基づいて webhook をトリガーしたりする方法を提供します。Alerts provide a way to email administrators or trigger a webhook based on a metric breaching a threshold. この例では、SASClientOtherError メトリックのアラートを有効にします。In this example, you enable an alert for the SASClientOtherError metric.

[監視] セクションで、[アラート (クラシック)] を選択します。Under the Monitoring section, select Alerts (classic).

[メトリック アラートの追加 (クラシック)] を選択し、必要な情報を入力して [ルールの追加] フォームを完成させます。Select Add metric alert (classic) and complete the Add rule form by filling in the required information. [メトリック] ドロップダウンで、SASClientOtherError を選択します。From the Metric dropdown, select SASClientOtherError. 最初のエラー発生時にアラートのトリガーを許可するには、[条件] ドロップダウンで [Greater than or equal to](この値以上) を選択します。To allow your alert to trigger upon the first error, from the Condition dropdown select Greater than or equal to.

[診断] ウィンドウ

エラーをシミュレートするSimulate an error

有効なアラートをシミュレートするには、ストレージ アカウントに対して存在しない BLOB の要求を試みることができます。To simulate a valid alert, you can attempt to request a non-existent blob from your storage account. 次のコマンドにはストレージ コンテナー名が必要です。The following command requires a storage container name. 既存のコンテナーの名前を使用するか、この例で使用する目的で新しいものを作成します。You can either use the name of an existing container or create a new one for the purposes of this example.

プレースホルダーを実際の値に置き換え (<INCORRECT_BLOB_NAME> が存在しない値に設定されていることを確認して)、コマンドを実行します。Replace the placeholders with real values (make sure <INCORRECT_BLOB_NAME> is set to a value that does not exist) and run the command.

sasToken=$(az storage blob generate-sas \
    --account-name <STORAGE_ACCOUNT_NAME> \
    --account-key <STORAGE_ACCOUNT_KEY> \
    --container-name <CONTAINER_NAME> \
    --name <INCORRECT_BLOB_NAME> \
    --permissions r \
    --expiry `date --date="next day" +%Y-%m-%d`)

curl https://<STORAGE_ACCOUNT_NAME>.blob.core.windows.net/<CONTAINER_NAME>/<INCORRECT_BLOB_NAME>?$sasToken

次の図は、前の例で実行したシミュレートされた失敗に基づくアラートの例です。The following image is an example alert that is based off the simulated failure ran with the preceding example.

アラートの例

ログをダウンロードして表示するDownload and view logs

ストレージ ログは、ストレージ アカウント内の $logs という名前の BLOB コンテナーにある一連の BLOB 内にデータを格納します。Storage logs store data in a set of blobs in a blob container named $logs in your storage account. このコンテナーは、アカウント内のすべての BLOB コンテナーを一覧表示しても表示されませんが、直接それにアクセスすればその内容を見ることができます。This container does not show up if you list all the blob containers in your account but you can see its contents if you access it directly.

このシナリオでは、Microsoft Message Analyzer を使用して Azure ストレージ アカウントを操作します。In this scenario, you use Microsoft Message Analyzer to interact with your Azure storage account.

Microsoft Message Analyzer をダウンロードするDownload Microsoft Message Analyzer

Microsoft Message Analyzer をダウンロードし、アプリケーションをインストールします。Download Microsoft Message Analyzer and install the application.

アプリケーションを起動し、[ファイル] > [開く] > [From Other File Sources] (他のファイル ソースから) を選択します。Launch the application and choose File > Open > From Other File Sources.

[File Selector] (ファイル セレクター) ダイアログで、[+ Add Azure Connection] (+ Azure 接続の追加) を選択します。In the File Selector dialog, select + Add Azure Connection. ストレージ アカウント名アカウント キーを入力し、[OK] をクリックします。Enter in your storage account name and account key and click OK.

Microsoft Message Analyzer - Azure Storage 接続ダイアログの追加

接続されたら、ストレージ ツリー ビューのコンテナーを展開してログ BLOB を表示します。Once you are connected, expand the containers in the storage tree view to view the log blobs. 最新のログを選択し、[OK] をクリックします。Select the latest log and click OK.

Microsoft Message Analyzer - Azure Storage 接続ダイアログの追加

[New Session] (新しいセッション) ダイアログで、[開始] をクリックしてログを表示します。On the New Session dialog, click Start to view your log.

ログが開いたら、ストレージ イベントを表示できます。Once the log opens, you can view the storage events. 次の図からわかるように、ストレージ アカウントでトリガーされた SASClientOtherError が存在しました。As you can see from the following image, there was an SASClientOtherError triggered on the storage account. ストレージのログ記録の詳細については、「Storage Analytics」を参照してください。For additional information on storage logging, visit Storage Analytics.

Microsoft Message Analyzer - イベントの表示

ストレージ エクスプローラーは、$logs コンテナーやそこに含まれているログなど、ストレージ アカウントを操作するために使用できるもう 1 つのツールです。Storage Explorer is another tool that can be used to interact with your storage accounts, including the $logs container and the logs that are contained in it.

次の手順Next steps

シリーズの第 4 部であり、かつ最後の部分では、次に示すような、ストレージ アカウントを監視およびトラブルシューティングする方法を学習しました。In part four and the final part of the series, you learned how to monitor and troubleshoot your storage account, such as how to:

  • ログ記録とメトリックを有効にするTurn on logging and metrics
  • 承認エラーのアラートを有効にするEnable alerts for authorization errors
  • 正しくない SAS トークンでテスト トラフィックを実行するRun test traffic with incorrect SAS tokens
  • ログをダウンロードして分析するDownload and analyze logs

事前に作成されたストレージ サンプルを確認するには、次のリンクに従ってください。Follow this link to see pre-built storage samples.