Azure Import/Export サービスを使用して Azure Blob Storage からデータをエクスポートするUse the Azure Import/Export service to export data from Azure Blob storage

この記事では、Azure Import/Export サービスを使用して大量のデータを Azure Blob Storage から安全にエクスポートする手順について説明します。This article provides step-by-step instructions on how to use the Azure Import/Export service to securely export large amounts of data from Azure Blob storage. このサービスを利用するには、Azure データセンターに空のドライブを送付する必要があります。The service requires you to ship empty drives to the Azure datacenter. このサービスでは、ストレージ アカウントからドライブにデータをエクスポートし、ドライブを返送します。The service exports data from your storage account to the drives and then ships the drives back.

前提条件Prerequisites

Azure Blob Storage からデータを転送するエクスポート ジョブを作成する前に、このサービスの次の前提条件の一覧を慎重に確認してください。Before you create an export job to transfer data out of Azure Blob Storage, carefully review and complete the following list of prerequisites for this service. 前提条件は、以下のとおりです。You must:

手順 1:エクスポート ジョブの作成Step 1: Create an export job

以下の手順を実行して、Azure portal でエクスポート ジョブを作成します。Perform the following steps to create an export job in the Azure portal.

  1. https://portal.azure.com/ にログオンします。Log on to https://portal.azure.com/.

  2. [すべてのサービス] > [ストレージ] > [インポート/エクスポート ジョブ] の順に移動します。Go to All services > Storage > Import/export jobs.

    インポート/エクスポートへの移動

  3. [インポート/エクスポート ジョブの作成] をクリックします。Click Create Import/export Job.

    [インポート/エクスポート ジョブ] をクリックします

  4. [基本] で次のようにします。In Basics:

    • [Azure からエクスポート] を選択します。Select Export from Azure.

    • エクスポート ジョブのわかりやすい名前を入力します。Enter a descriptive name for the export job. 選択した名前は、ジョブの進行状況の追跡に使用します。Use the name you choose to track the progress of your jobs.

      • この名前には、小文字のアルファベット、数字、ハイフン、アンダースコアのみを使用できます。The name may contain only lowercase letters, numbers, hyphens, and underscores.
      • 名前はアルファベットから始める必要があります。スペースを含めることはできません。The name must start with a letter, and may not contain spaces.
    • サブスクリプションを選択します。Select a subscription.

    • リソース グループを入力または選択します。Enter or select a resource group.

      基本

  5. [ジョブの詳細] で次の操作を実行します。In Job details:

    • エクスポートするデータが存在するストレージ アカウントを選択します。Select the storage account where the data to be exported resides. 所在地に近いストレージ アカウントを使用します。Use a storage account close to where you are located.

    • 配送場所は、選んだストレージ アカウントのリージョンに基づいて自動的に入力されます。The dropoff location is automatically populated based on the region of the storage account selected.

    • ストレージ アカウントから空のドライブにエクスポートする BLOB データを指定します。Specify the blob data you wish to export from your storage account to your blank drive or drives.

    • ストレージ アカウントの BLOB データについて [すべてをエクスポートする] を選択します。Choose to Export all blob data in the storage account.

      [すべてをエクスポートする]

    • エクスポートするコンテナーと BLOB を指定できます。You can specify which containers and blobs to export.

      • エクスポートする BLOB を指定するには: [等しい] セレクターを使用します。To specify a blob to export: Use the Equal To selector. コンテナー名から始まる BLOB への相対パスを指定します。Specify the relative path to the blob, beginning with the container name. ルート コンテナーを指定するには、" $root " を使用します。Use $root to specify the root container.

      • プレフィックスで始まるすべての BLOB を指定するには: [指定値で始まる] セレクターを使用します。To specify all blobs starting with a prefix: Use the Starts With selector. スラッシュ "/" で始まるプレフィックスを指定します。Specify the prefix, beginning with a forward slash '/'. プレフィックスには、コンテナー名のプレフィックス、コンテナー名全体、またはコンテナー名全体の後に BLOB 名のプレフィックスを付けた名前を指定できます。The prefix may be the prefix of the container name, the complete container name, or the complete container name followed by the prefix of the blob name. 次のスクリーンショットで示すように、処理中にエラーが発生しないように、有効な形式で BLOB のパスを指定する必要があります。You must provide the blob paths in valid format to avoid errors during processing, as shown in this screenshot. 詳細については、「有効な BLOB パスの例」を参照してください。For more information, see Examples of valid blob paths.

        選択したコンテナーと BLOB をエクスポートする

    • BLOB リスト ファイルからエクスポートすることができます。You can export from the blob list file.

      BLOB リスト ファイルからエクスポートする

    注意

    データ コピー時にエクスポートする BLOB が使用中の場合、Azure Import/Export サービスは BLOB のスナップショットを作成し、スナップショットをコピーします。If the blob to be exported is in use during data copy, Azure Import/Export service takes a snapshot of the blob and copies the snapshot.

  6. [差出人住所の詳細] で次の操作を実行します。In Return shipping info:

    • ドロップダウン リストから運送業者を選択します。Select the carrier from the dropdown list. FedEx または DHL 以外の運送業者を使用する場合は、ドロップダウンから既存のオプションを選びます。If you want to use a carrier other than FedEx/DHL, choose an existing option from the dropdown. adbops@microsoft.com で Azure Data Box Operations チームに使用する予定の運送業者に関する情報を連絡してください。Contact Azure Data Box Operations team at adbops@microsoft.com with the information regarding the carrier you plan to use.

    • その運送業者で作成した有効な運送業者アカウント番号を入力します。Enter a valid carrier account number that you have created with that carrier. Microsoft は、エクスポート ジョブの完了後、このアカウントを使ってドライブを返送します。Microsoft uses this account to ship the drives back to you once your export job is complete.

    • 完全かつ有効な連絡先の名前、電話番号、電子メール、番地、市区町村、郵便番号、都道府県、国/地域を指定します。Provide a complete and valid contact name, phone, email, street address, city, zip, state/province and country/region.

      ヒント

      1 人のユーザーの電子メール アドレスを指定する代わりに、グループ メール アドレスを提供します。Instead of specifying an email address for a single user, provide a group email. これにより、管理者が離れる場合でも、通知を受信します。This ensures that you receive notifications even if an admin leaves.

  7. [概要] で次の操作を実行します。In Summary:

    • ジョブの詳細を確認します。Review the details of the job.

    • ジョブ名と、Azure にディスクを送付するために使用する Azure データセンターの送付先住所をメモします。Make a note of the job name and provided Azure datacenter shipping address for shipping disks to Azure.

      注意

      ディスクは常に、Azure Portal に示されているデータ センターに送付します。Always send the disks to the datacenter noted in the Azure portal. 誤って別のデータ センターにディスクが発送された場合、ジョブは処理されません。If the disks are shipped to the wrong datacenter, the job will not be processed.

    • [OK] をクリックして、エクスポート ジョブの作成を完了します。Click OK to complete export job creation.

手順 2:ドライブを送付するStep 2: Ship the drives

必要なドライブ数がわからない場合は、「ドライブ数を確認する」を参照してください。If you do not know the number of drives you need, go to the Check the number of drives. ドライブの数がわかっている場合は、ドライブの送付に進みます。If you know the number of drives, proceed to ship the drives.

Azure データセンターにパッケージを発送するには、FedEx、UPS、または DHL を利用できます。FedEx, UPS, or DHL can be used to ship the package to Azure datacenter. FedEx または DHL 以外の運送業者を使用する場合、adbops@microsoft.com から Azure Data Box Operations チームまでお問い合わせください。If you want to use a carrier other than FedEx/DHL, contact Azure Data Box Operations team at adbops@microsoft.com

  • Microsoft がドライブを返送するときに利用する FedEx、UPS、または DHL の有効な運送業者アカウント番号を入力してください。Provide a valid FedEx, UPS, or DHL carrier account number that Microsoft will use to ship the drives back.

    • 米国およびヨーロッパの場所からドライブを返送する場合は、FedEx、UPS、または DHL のアカウント番号が必要です。A FedEx, UPS, or DHL account number is required for shipping drives back from the US and Europe locations.
    • アジアおよびオーストラリアの場所からドライブを返送する場合は、DHL アカウント番号が推奨されます。A DHL account number is preferred for shipping drives back from Asia and Australia locations.
    • アカウント番号をお持ちでない場合は、FedEx または DHL の運送業者アカウントを作成してください。If you do not have an account number, create a FedEx or DHL carrier account.
  • パッケージを発送する際には、Microsoft Azure サービス条件に従う必要があります。When shipping your packages, you must follow the Microsoft Azure Service Terms.

  • 破損や処理の遅延のリスクを避けるために、ディスクは適切に梱包してください。Properly package yours disks to avoid potential damage and delays in processing.

手順 3:追跡情報を使用してジョブを更新するStep 3: Update the job with tracking information

ディスクを発送した後は、Azure Portal の [インポート/エクスポート] ページに戻ります。After shipping the disks, return to the Import/Export page on the Azure portal.

重要

追跡番号がジョブ作成後 2 週間以内に更新されない場合、ジョブは期限切れになります。If the tracking number is not updated within 2 weeks of creating the job, the job expires.

追跡番号を更新するには、以下の手順を実行します。To update the tracking number, perform the following steps.

  1. ジョブを選択してクリックします。Select and click the job.
  2. [Update job status and tracking info once drives are shipped](ドライブを発送したら、ジョブの状態と追跡情報を更新してください) をクリックします。Click Update job status and tracking info once drives are shipped.
  3. [発送済みとしてマークする] のチェックボックスをオンにします。Select the checkbox against Mark as shipped.
  4. [運送業者][追跡番号] を入力します。Provide the Carrier and Tracking number.
  5. ポータルのダッシュボードでジョブの進行状況を追跡します。Track the job progress on the portal dashboard. 各ジョブの状態の詳細については、ジョブの状態の表示に関する記事を参照してください。For a description of each job state, go to View your job status.

手順 4:ディスクを受け取るStep 4: Receive the disks

ダッシュボードでジョブの完了が報告されると、ディスクが返送され、ポータルで配送の追跡番号を利用できるようになります。When the dashboard reports the job is complete, the disks are shipped to you and the tracking number for the shipment is available on the portal.

  1. エクスポートされたデータが保存されたドライブを受け取ったら、BitLocker キーを取得してドライブのロックを解除する必要があります。After you receive the drives with exported data, you need to get the BitLocker keys to unlock the drives. Azure portal でエクスポート ジョブに移動します。Go to the export job in the Azure portal. [インポート/エクスポート] タブをクリックします。Click Import/Export tab.

  2. リストからエクスポート ジョブを選択してクリックします。Select and click your export job from the list. BitLocker キーに移動し、キーをコピーします。Go to BitLocker keys and copy the keys.

    エクスポート ジョブの BitLocker キーの表示

  3. BitLocker キーを使用してディスクのロックを解除します。Use the BitLocker keys to unlock the disks.

これでエクスポートは完了です。The export is complete. この時点でジョブを削除するか、90 日後に自動的に削除することができます。At this time, you can delete the job or it automatically gets deleted after 90 days.

ドライブ数を確認するCheck the number of drives

この省略可能な手順は、エクスポート ジョブに必要なドライブ数を決定するために役立ちます。This optional step helps you determines the number of drives required for the export job. サポートされている OS バージョンを実行している Windows システム上でこの手順を実行します。Perform this step on a Windows system running a Supported OS version.

  1. Windows システムに WAImportExport バージョン 1 をダウンロードします。Download the WAImportExport version 1 on the Windows system.

  2. 既定のフォルダー waimportexportv1 に解凍します。Unzip to the default folder waimportexportv1. たとえば、「 C:\WaImportExportV1 」のように入力します。For example, C:\WaImportExportV1.

  3. 管理者特権を使用して PowerShell またはコマンド ライン ウィンドウを開きます。Open a PowerShell or command line window with administrative privileges. 解凍されたフォルダーにディレクトリを変更するには、次のコマンドを実行します。To change directory to the unzipped folder, run the following command:

    cd C:\WaImportExportV1

  4. 選択した BLOB に必要なディスク数を確認するには、次のコマンドを実行します。To check the number of disks required for the selected blobs, run the following command:

    WAImportExport.exe PreviewExport /sn:<Storage account name> /sk:<Storage account key> /ExportBlobListFile:<Path to XML blob list file> /DriveSize:<Size of drives used>

    パラメーターについては次の表で説明します。The parameters are described in the following table:

    コマンド ライン パラメーターCommand-line parameter 説明Description
    /logdir:/logdir: 省略可能。Optional. ログ ディレクトリ。The log directory. 詳細ログ ファイルは、このディレクトリに書き込まれます。Verbose log files are written to this directory. 指定されていない場合、現在のディレクトリがログ ディレクトリとして使用されます。If not specified, the current directory is used as the log directory.
    /sn:/sn: 必須。Required. エクスポート ジョブのストレージ アカウント名です。The name of the storage account for the export job.
    /sk:/sk: コンテナー SAS が指定されていない場合のみ必須。Required only if a container SAS is not specified. エクスポート ジョブのストレージ アカウントのアカウント キーです。The account key for the storage account for the export job.
    /csas:/csas: ストレージ アカウント キーが指定されていない場合のみ必須。Required only if a storage account key is not specified. エクスポート ジョブでエクスポートされる BLOB を一覧表示するためのコンテナー SAS です。The container SAS for listing the blobs to be exported in the export job.
    /ExportBlobListFile:/ExportBlobListFile: 必須。Required. エクスポートする BLOB の BLOB パスや BLOB パスのプレフィックスの一覧を含む XML ファイルへのパス。Path to the XML file containing list of blob paths or blob path prefixes for the blobs to be exported. インポート/エクスポート サービス REST API の Put Job 操作の BlobListBlobPath 要素で使用されるファイル形式です。The file format used in the BlobListBlobPath element in the Put Job operation of the Import/Export service REST API.
    /DriveSize:/DriveSize: 必須。Required. エクスポート ジョブに使用するドライブのサイズ (例: 500 GB、1.5 TB)。The size of drives to use for an export job, e.g., 500 GB, 1.5 TB.

    PreviewExport コマンドの例」を参照してください。See an Example of the PreviewExport command.

  5. エクスポート ジョブ用に送付するドライブの読み取り/書き込みが可能であることを確認します。Check that you can read/write to the drives that will be shipped for the export job.

PreviewExport コマンドの例Example of PreviewExport command

次の例は PreviewExport コマンドを示しています。The following example demonstrates the PreviewExport command:

WAImportExport.exe PreviewExport /sn:bobmediaaccount /sk:VkGbrUqBWLYJ6zg1m29VOTrxpBgdNOlp+kp0C9MEdx3GELxmBw4hK94f7KysbbeKLDksg7VoN1W/a5UuM2zNgQ== /ExportBlobListFile:C:\WAImportExport\mybloblist.xml /DriveSize:500GB    

エクスポート BLOB 一覧ファイルには、次のように BLOB 名や BLOB のプレフィックスが含まれる場合があります。The export blob list file may contain blob names and blob prefixes, as shown here:

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>  
<BlobList>  
<BlobPath>pictures/animals/koala.jpg</BlobPath>  
<BlobPathPrefix>/vhds/</BlobPathPrefix>  
<BlobPathPrefix>/movies/</BlobPathPrefix>  
</BlobList>  

Azure Import/Export ツールでは、エクスポートするすべての BLOB を一覧表示し、必要なオーバーヘッドを考慮に入れて指定したサイズのドライブにそれらを詰め込む方法を計算し、BLOB とドライブの使用状況の情報を保持するために必要なドライブの数を推定します。The Azure Import/Export Tool lists all blobs to be exported and calculates how to pack them into drives of the specified size, taking into account any necessary overhead, then estimates the number of drives needed to hold the blobs and drive usage information.

情報ログを省略した出力の例を次に示します。Here is an example of the output, with informational logs omitted:

Number of unique blob paths/prefixes:   3  
Number of duplicate blob paths/prefixes:        0  
Number of nonexistent blob paths/prefixes:      1  
  
Drive size:     500.00 GB  
Number of blobs that can be exported:   6  
Number of blobs that cannot be exported:        2  
Number of drives needed:        3  
        Drive #1:       blobs = 1, occupied space = 454.74 GB  
        Drive #2:       blobs = 3, occupied space = 441.37 GB  
        Drive #3:       blobs = 2, occupied space = 131.28 GB    

有効な BLOB パスの例Examples of valid blob paths

次の表は、有効な BLOB のパスの例を示しています。The following table shows examples of valid blob paths:

セレクターSelector BLOB パスBlob Path 説明Description
[指定値で始まる]Starts With / ストレージ アカウントのすべての BLOB をエクスポートするExports all blobs in the storage account
[指定値で始まる]Starts With /$root//$root/ ルート コンテナー内のすべての BLOB をエクスポートするExports all blobs in the root container
[指定値で始まる]Starts With /book/book プレフィックス " bookExports all blobs in any container that begins with prefix book
[指定値で始まる]Starts With /music//music/ コンテナー " musicExports all blobs in container music
[指定値で始まる]Starts With /music/love/music/love コンテナー "music" 内の、プレフィックス "love" で始まるすべての BLOB をエクスポートするExports all blobs in container music that begin with prefix love
[等しい]Equal To $root/logo.bmp$root/logo.bmp ルート コンテナー内の BLOB " logo.bmp " をエクスポートするExports blob logo.bmp in the root container
[等しい]Equal To videos/story.mp4videos/story.mp4 コンテナー "videos" 内の BLOB "story.mp4" をエクスポートするExports blob story.mp4 in container videos

次の手順Next steps