Azure Import/Export サービスを使用して Azure Blob Storage にデータをインポートするUse the Azure Import/Export service to import data to Azure Blob Storage

この記事では、Azure Import/Export サービスを使用して大量のデータを Azure Blob Storage に安全にインポートする手順について説明します。This article provides step-by-step instructions on how to use the Azure Import/Export service to securely import large amounts of data to Azure Blob storage. Azure BLOB にデータをインポートするには、データが保存されている暗号化されたディスク ドライブを Azure データセンターに送付する必要があります。To import data into Azure Blobs, the service requires you to ship encrypted disk drives containing your data to an Azure datacenter.

前提条件Prerequisites

Azure Blob Storage にデータを転送するインポート ジョブを作成する前に、このサービスの次の前提条件の一覧を慎重に確認してください。Before you create an import job to transfer data into Azure Blob Storage, carefully review and complete the following list of prerequisites for this service. 前提条件は、以下のとおりです。You must:

手順 1:ドライブを準備するStep 1: Prepare the drives

この手順では、ジャーナル ファイルを生成します。This step generates a journal file. ジャーナル ファイルには、ドライブのシリアル番号、暗号化キー、ストレージ アカウントの詳細などの基本情報が保存されます。The journal file stores basic information such as drive serial number, encryption key, and storage account details.

次の手順を実行して、ドライブを準備します。Perform the following steps to prepare the drives.

  1. ディスク ドライブを SATA コネクタを介して Windows システムに接続します。Connect your disk drives to the Windows system via SATA connectors.

  2. 各ドライブに 1 つの NTFS ボリュームを作成します。Create a single NTFS volume on each drive. ボリュームにドライブ文字を割り当てます。Assign a drive letter to the volume. マウントポイントを使用しないでください。Do not use mountpoints.

  3. NTFS ボリュームの BitLocker 暗号化を有効にします。Enable BitLocker encryption on the NTFS volume. Windows Server システムを使用している場合は、Windows Server 2012 R2 で BitLocker を有効にする方法に関するページを参照してください。If using a Windows Server system, use the instructions in How to enable BitLocker on Windows Server 2012 R2.

  4. 暗号化されたボリュームにデータをコピーします。Copy data to encrypted volume. ドラッグ アンド ドロップや、Robocopy などのコピーツールを使用します。Use drag and drop or Robocopy or any such copy tool.

  5. 管理者特権を使用して PowerShell またはコマンド ライン ウィンドウを開きます。Open a PowerShell or command line window with administrative privileges. 解凍されたフォルダーにディレクトリを変更するには、次のコマンドを実行します。To change directory to the unzipped folder, run the following command:

    cd C:\WaImportExportV1

  6. ドライブの BitLocker キーを取得するには、次のコマンドを実行します。To get the BitLocker key of the drive, run the following command:

    manage-bde -protectors -get <DriveLetter>:

  7. ディスクを準備するには、次のコマンドを実行します。To prepare the disk, run the following command. データ サイズによっては、数時間から数日かかることがあります。Depending on the data size, this may take several hours to days.

    ./WAImportExport.exe PrepImport /j:<journal file name> /id:session#<session number> /t:<Drive letter> /bk:<BitLocker key> /srcdir:<Drive letter>:\ /dstdir:<Container name>/ /blobtype:<BlockBlob or PageBlob> /skipwrite 
    

    ジャーナル ファイルは、ツールを実行したフォルダーと同じフォルダーに作成されます。A journal file is created in the same folder where you ran the tool. .xml ファイル (ツールを実行するフォルダー) と drive-manifest.xml ファイル (データが保存されているフォルダー) の 2 つのファイルも作成されます。Two other files are also created - an .xml file (folder where you run the tool) and a drive-manifest.xml file (folder where data resides).

    使用されるパラメーターについては、次の表で説明します。The parameters used are described in the following table:

    オプションOption 説明Description
    /j:/j: ジャーナル ファイルの名前 (拡張子は .jrn)。The name of the journal file, with the .jrn extension. ジャーナル ファイルはドライブごとに 1 つ生成されます。A journal file is generated per drive. ジャーナル ファイル名としてディスクのシリアル番号を使用することをお勧めします。We recommend that you use the disk serial number as the journal file name.
    /id:/id: セッション ID。The session ID. コマンドの各インスタンスに一意のセッション番号を使用します。Use a unique session number for each instance of the command.
    /t:/t: 送付するディスクのドライブ文字。The drive letter of the disk to be shipped. 例: ドライブ DFor example, drive D.
    /bk:/bk: ドライブの BitLocker キー。The BitLocker key for the drive. manage-bde -protectors -get D: の出力からの数値パスワードですIts numerical password from output of manage-bde -protectors -get D:
    /srcdir:/srcdir: 送付するディスクのドライブ文字の末尾に :\ を付けます。The drive letter of the disk to be shipped followed by :\. たとえば、「 D:\ 」のように入力します。For example, D:\.
    /dstdir:/dstdir: Azure Storage 内の保存先コンテナーの名前。The name of the destination container in Azure Storage.
    /blobtype:/blobtype: このオプションは、データをインポートする BLOB の種類を指定します。This option specifies the type of blobs you want to import the data to. これは、ブロック BLOB の場合は BlockBlob で、ページ BLOB の場合は PagaBlob です。For block blobs, this is BlockBlob and for page blobs, it is PagaBlob.
    /skipwrite:/skipwrite: コピーする必要がある新しいデータがなく、ディスク上の既存のデータを準備する必要があることを指定するオプション。The option that specifies that there is no new data required to be copied and existing data on the disk is to be prepared.
    /enablecontentmd5:/enablecontentmd5: 有効にすると、このオプションにより、MD5 が計算されて、各 BLOB で Content-md5 プロパティとして設定されます。The option when enabled, ensures that MD5 is computed and set as Content-md5 property on each blob. このオプションは、データが Azure にアップロードされた後に、Content-md5 フィールドを使用する場合にのみ使用してください。Use this option only if you want to use the Content-md5 field after the data is uploaded to Azure.
    このオプションはデータ整合性チェック (既定で実行) には影響しません。This option does not affect the data integrity check (that occurs by default). この設定により、クラウドにデータをアップロードするためにかかる時間が長くなります。The setting does increase the time taken to upload data to cloud.
  8. 送付する必要があるディスクごとに前の手順を繰り返します。Repeat the previous step for each disk that needs to be shipped. コマンド行の実行ごとに、指定された名前のジャーナル ファイルが作成されます。A journal file with the provided name is created for every run of the command line.

    重要

    • ツールが存在するフォルダーと同じフォルダーに、ジャーナル ファイルと共に <Journal file name>_DriveInfo_<Drive serial ID>.xml ファイルも作成されます。Together with the journal file, a <Journal file name>_DriveInfo_<Drive serial ID>.xml file is also created in the same folder where the tool resides. ジャーナル ファイルが大きすぎる場合、ジョブの作成時にジャーナル ファイルではなく .xml ファイルが使用されます。The .xml file is used in place of journal file when creating a job if the journal file is too big.

手順 2:インポート ジョブの作成Step 2: Create an import job

次の手順を実行して、Azure portal でインポート ジョブを作成します。Perform the following steps to create an import job in the Azure portal.

  1. https://portal.azure.com/ にログオンします。Log on to https://portal.azure.com/.

  2. [すべてのサービス] > [ストレージ] > [インポート/エクスポート ジョブ] の順に移動します。Go to All services > Storage > Import/export jobs.

    インポート/エクスポートへの移動

  3. [インポート/エクスポート ジョブの作成] をクリックします。Click Create Import/export Job.

    [インポート/エクスポート ジョブの作成] をクリックします

  4. [基本] で次のようにします。In Basics:

    • [Azure へインポート] を選択します。Select Import into Azure.

    • インポート ジョブのわかりやすい名前を入力します。Enter a descriptive name for the import job. この名前は、ジョブの進行状況の追跡に使用します。Use the name to track the progress of your jobs.

      • 名前には小文字、数字、ハイフンのみを含めることができます。The name may contain only lowercase letters, numbers, and hyphens.
      • 名前はアルファベットから始める必要があります。スペースを含めることはできません。The name must start with a letter, and may not contain spaces.
    • サブスクリプションを選択します。Select a subscription.

    • リソース グループを入力または選択します。Enter or select a resource group.

      インポート ジョブを作成する - 手順 1

  5. [ジョブの詳細] で次の操作を実行します。In Job details:

    • ドライブの準備中に取得したドライブのジャーナル ファイルをアップロードします。Upload the drive journal files that you obtained during the drive preparation step. waimportexport.exe version1 を使用した場合、準備したドライブごとに 1 つのファイルをアップロードします。If waimportexport.exe version1 was used, upload one file for each drive that you prepared. ジャーナル ファイルのサイズが 2 MB を超える場合は、ジャーナル ファイルと共に作成された <Journal file name>_DriveInfo_<Drive serial ID>.xml を使用することもできます。If the journal file size exceeds 2 MB, then you can use the <Journal file name>_DriveInfo_<Drive serial ID>.xml also created with the journal file.
    • データの保存先ストレージ アカウントを選択します。Select the destination storage account where data will reside.
    • 配送場所は、選んだストレージ アカウントのリージョンに基づいて自動的に入力されます。The dropoff location is automatically populated based on the region of the storage account selected.

    インポート ジョブを作成する - 手順 2

  6. [差出人住所の詳細] で次の操作を実行します。In Return shipping info:

    • ドロップダウン リストから運送業者を選択します。Select the carrier from the dropdown list. FedEx または DHL 以外の運送業者を使用する場合は、ドロップダウンから既存のオプションを選びます。If you want to use a carrier other than FedEx/DHL, choose an existing option from the dropdown. adbops@microsoft.com で Azure Data Box Operations チームに使用する予定の運送業者に関する情報を連絡してください。Contact Azure Data Box Operations team at adbops@microsoft.com with the information regarding the carrier you plan to use.

    • その運送業者で作成した有効な運送業者アカウント番号を入力します。Enter a valid carrier account number that you have created with that carrier. Microsoft は、インポート ジョブの完了後、このアカウントを使ってドライブを返送します。Microsoft uses this account to ship the drives back to you once your import job is complete. アカウント番号をお持ちでない場合は、FedEx または DHL の運送業者アカウントを作成してください。If you do not have an account number, create a FedEx or DHL carrier account.

    • 完全かつ有効な連絡先の名前、電話番号、電子メール、番地、市区町村、郵便番号、都道府県、国/地域を指定します。Provide a complete and valid contact name, phone, email, street address, city, zip, state/province and country/region.

      ヒント

      1 人のユーザーの電子メール アドレスを指定する代わりに、グループ メール アドレスを提供します。Instead of specifying an email address for a single user, provide a group email. これにより、管理者が離れる場合でも、通知を受信します。This ensures that you receive notifications even if an admin leaves.

      インポート ジョブの作成 - ステップ 3

  7. [概要] で次の操作を実行します。In the Summary:

    • 概要に表示されているジョブ情報を確認します。Review the job information provided in the summary. ジョブ名と、Azure にディスクを送付するために使用する Azure データセンターの送付先住所をメモします。Make a note of the job name and the Azure datacenter shipping address to ship disks back to Azure. この情報は、後で配送先住所ラベルに使用します。This information is used later on the shipping label.

    • [OK] をクリックしてインポート ジョブを作成します。Click OK to create the import job.

      インポート ジョブを作成する - 手順 4

手順 3:ドライブを送付するStep 3: Ship the drives

Azure データセンターにパッケージを発送するには、FedEx、UPS、または DHL を利用できます。FedEx, UPS, or DHL can be used to ship the package to Azure datacenter. FedEx または DHL 以外の運送業者を使用する場合、adbops@microsoft.com から Azure Data Box Operations チームまでお問い合わせください。If you want to use a carrier other than FedEx/DHL, contact Azure Data Box Operations team at adbops@microsoft.com

  • Microsoft がドライブを返送するときに利用する FedEx、UPS、または DHL の有効な運送業者アカウント番号を入力してください。Provide a valid FedEx, UPS, or DHL carrier account number that Microsoft will use to ship the drives back.

    • 米国およびヨーロッパの場所からドライブを返送する場合は、FedEx、UPS、または DHL のアカウント番号が必要です。A FedEx, UPS, or DHL account number is required for shipping drives back from the US and Europe locations.
    • アジアおよびオーストラリアの場所からドライブを返送する場合は、DHL アカウント番号が推奨されます。A DHL account number is preferred for shipping drives back from Asia and Australia locations.
    • アカウント番号をお持ちでない場合は、FedEx または DHL の運送業者アカウントを作成してください。If you do not have an account number, create a FedEx or DHL carrier account.
  • パッケージを発送する際には、Microsoft Azure サービス条件に従う必要があります。When shipping your packages, you must follow the Microsoft Azure Service Terms.

  • 破損や処理の遅延のリスクを避けるために、ディスクは適切に梱包してください。Properly package yours disks to avoid potential damage and delays in processing.

手順 4:追跡情報を使用してジョブを更新するStep 4: Update the job with tracking information

ディスクを発送した後は、Azure Portal の [インポート/エクスポート] ページに戻ります。After shipping the disks, return to the Import/Export page on the Azure portal.

重要

追跡番号がジョブ作成後 2 週間以内に更新されない場合、ジョブは期限切れになります。If the tracking number is not updated within 2 weeks of creating the job, the job expires.

追跡番号を更新するには、以下の手順を実行します。To update the tracking number, perform the following steps.

  1. ジョブを選択してクリックします。Select and click the job.
  2. [Update job status and tracking info once drives are shipped](ドライブを発送したら、ジョブの状態と追跡情報を更新してください) をクリックします。Click Update job status and tracking info once drives are shipped.
  3. [発送済みとしてマークする] のチェックボックスをオンにします。Select the checkbox against Mark as shipped.
  4. [運送業者][追跡番号] を入力します。Provide the Carrier and Tracking number.
  5. ポータルのダッシュボードでジョブの進行状況を追跡します。Track the job progress on the portal dashboard. 各ジョブの状態の詳細については、ジョブの状態の表示に関する記事を参照してください。For a description of each job state, go to View your job status.

手順 5:Azure へのデータのアップロードを確認するStep 5: Verify data upload to Azure

完了するまでジョブを監視します。Track the job to completion. ジョブが完了したら、データが Azure にアップロードされたことを確認します。Once the job is complete, verify that your data has uploaded to Azure. アップロードが成功したことを確認した後にのみ、オンプレミスのデータを削除します。Delete the on-premises data only after you have verified that upload was successful.

次の手順Next steps