Azure Portal での Linux SQL Server 仮想マシンのプロビジョニングProvision a Linux SQL Server virtual machine in the Azure portal

このクイック スタート チュートリアルでは、Azure portal を使用して、SQL Server 2017 がインストールされている Linux 仮想マシンを作成します。In this quickstart tutorial, you use the Azure portal to create a Linux virtual machine with SQL Server 2017 installed.

このチュートリアルでは、以下の内容を学習します。In this tutorial, you learn how to:

前提条件Prerequisites

Azure サブスクリプションをお持ちでない場合は、開始する前に 無料アカウント を作成してください。If you don't have an Azure subscription, create a free account before you begin.

SQL Server がインストールされた Linux VM の作成Create a Linux VM with SQL Server installed

  1. Azure Portal にサインインします。Sign in to the Azure portal.

  2. 左側のウィンドウで、 [リソースの作成] を選びます。In the left pane, select Create a resource.

  3. [リソースの作成] ウィンドウで、 [Compute] を選択します。In the Create a resource pane, select Compute.

  4. [おすすめ] 見出しの横にある [すべて表示] を選択します。Select See all next to the Featured heading.

    VM イメージをすべて表示する

  5. 検索ボックスに「SQL Server 2019」と入力し、Enter キーを押して検索を開始します。In the search box, type SQL Server 2019, and select Enter to start the search.

  6. [オペレーティング システム] > [Redhat] の順に選択して検索結果を限定します。Limit the search results by selecting Operating system > Redhat.

    SQL Server 2019 VM イメージの検索フィルター

  7. 検索結果から SQL Server 2019 Linux イメージを選択します。Select a SQL Server 2019 Linux image from the search results. このチュートリアルでは SQL Server 2019 on RHEL74 を使用します。This tutorial uses SQL Server 2019 on RHEL74.

    ヒント

    Developer エディションでは、Enterprise エディションの機能を使用してテストまたは開発を行うことができますが、SQL Server のライセンス コストはかかりません。The Developer edition lets you test or develop with the features of the Enterprise edition but no SQL Server licensing costs. 料金は、Linux VM の実行コストに対してのみ支払います。You only pay for the cost of running the Linux VM.

  8. 作成 を選択します。Select Create.

Linux VM の設定Set up your Linux VM

  1. [基本] タブで、サブスクリプションリソース グループを選択します。In the Basics tab, select your Subscription and Resource Group.

    [基本] ウィンドウ

  2. [仮想マシン名] に、新しい Linux VM の名前を入力します。In Virtual machine name, enter a name for your new Linux VM.

  3. 次に、以下の値を入力または選択します。Then, type or select the following values:

    • [リージョン] :適切な Azure リージョンを選択します。Region: Select the Azure region that's right for you.

    • [可用性オプション] :アプリとデータに最適な可用性と冗長性のオプションを選択します。Availability options: Choose the availability and redundancy option that's best for your apps and data.

    • [サイズの変更] :このオプションを選択してマシン サイズを選択し、完了したら [選択] を選択します。Change size: Select this option to pick a machine size and when done, choose Select. VM マシン サイズの詳細については、Linux VM のサイズに関するページを参照してください。For more information about VM machine sizes, see Linux VM sizes.

      VM サイズを選択する

    ヒント

    開発と機能テストには、DS2 以上の VM サイズを使用してください。For development and functional testing, use a VM size of DS2 or higher. パフォーマンス テストには、DS13 以上を使用してください。For performance testing, use DS13 or higher.

    • [認証の種類] : [SSH 公開キー] を選択します。Authentication type: Select SSH public key.

      注意

      認証には、SSH 公開キーまたはパスワードを使用する選択肢があります。You have the choice of using an SSH public key or a Password for authentication. 安全性が高いのは SSH です。SSH is more secure. SSH キーを生成する方法の手順については、Azure の Linux VM と Mac for Linux VM に SSH キーを作成する方法に関するページを参照してください。For instructions on how to generate an SSH key, see Create SSH keys on Linux and Mac for Linux VMs in Azure.

    • [ユーザー名] : VM の管理者名を入力します。Username: Enter the Administrator name for the VM.

    • [SSH 公開キー] : RSA 公開キーを入力します。SSH public key: Enter your RSA public key.

    • [パブリック受信ポート] : [選択したポートを許可する] を選択し、 [パブリック受信ポートを選択] ボックスの一覧で [SSH (22)] ポートを選択します。Public inbound ports: Choose Allow selected ports and pick the SSH (22) port in the Select public inbound ports list. このクイック スタートでは、SQL Server に接続し、構成を完了するために、この手順が必要です。In this quickstart, this step is necessary to connect and complete the SQL Server configuration. SQL Server にリモートから接続したい場合は、仮想マシンの作成後に Microsoft SQL Server がインターネット上の接続に使用する既定のポート (1433) へのトラフィックを手動で許可する必要があります。If you want to remotely connect to SQL Server, you will need to manually allow traffic to the default port (1433) used by Microsoft SQL Server for connections over the Internet after the virtual machine is created.

      受信ポート

  4. 次の追加のタブで、設定を変更するか、既定の設定をそのまま使用します。Make any changes you want to the settings in the following additional tabs or keep the default settings.

    • ディスクDisks
    • ネットワークNetworking
    • 管理Management
    • ゲストの構成Guest config
    • タグTags
  5. [Review + create](レビュー + 作成) を選択します。Select Review + create.

  6. [確認および作成] ウィンドウで、 [作成] を選択します。In the Review + create pane, select Create.

Linux VM への接続Connect to the Linux VM

BASH シェルを既に使用している場合、ssh コマンドを使用して Azure VM に接続します。If you already use a BASH shell, connect to the Azure VM using the ssh command. 次のコマンドの VM ユーザー名と IP アドレスを置き換えて、Linux VM に接続します。In the following command, replace the VM user name and IP address to connect to your Linux VM.

ssh azureadmin@40.55.55.555

VM の IP アドレスは、Azure Portal で確認できます。You can find the IP address of your VM in the Azure portal.

Azure Portal の IP アドレス

Windows を使用していて BASH シェルがない場合は PuTTY などの SSH クライアントをインストールします。If you're running on Windows and don't have a BASH shell, install an SSH client, such as PuTTY.

  1. PuTTY をダウンロードしてインストールしますDownload and install PuTTY.

  2. PuTTY を実行します。Run PuTTY.

  3. PuTTY の構成画面で、VM のパブリック IP アドレスを入力します。On the PuTTY configuration screen, enter your VM's public IP address.

  4. [Open](開く) を選択し、プロンプトでユーザー名とパスワードを入力します。Select Open and enter your username and password at the prompts.

Linux VM への接続の詳細については、ポータルを使用して Azure に Linux VM を作成する方法に関するページを参照してください。For more information about connecting to Linux VMs, see Create a Linux VM on Azure using the Portal.

注意

サーバーのホストキーがレジストリにキャッシュされていないことを示す PuTTY のセキュリティ アラートが表示された場合は、次のオプションから選択します。If you see a PuTTY security alert about the server's host key not being cached in the registry, choose from the following options. このホストを信頼する場合は、 [Yes](はい) を選択して PuTTy のキャッシュにキーを追加し、接続を続行します。If you trust this host, select Yes to add the key to PuTTy's cache and continue connecting. キーをキャッシュに追加せずに接続を 1 回だけ実行する場合は、 [No](いいえ) を選択します。If you want to carry on connecting just once, without adding the key to the cache, select No. このホストを信頼しない場合は、 [Cancel](キャンセル) を選択して接続を破棄します。If you don't trust this host, select Cancel to abandon the connection.

SA パスワードの変更Change the SA password

新しい仮想マシンには、ランダム SA パスワードで SQL Server がインストールされます。The new virtual machine installs SQL Server with a random SA password. このパスワードは、SA ログインで SQL Server に接続する前にリセットしてください。Reset this password before you connect to SQL Server with the SA login.

  1. Linux VM に接続した後、新しいコマンド ターミナルを開きます。After connecting to your Linux VM, open a new command terminal.

  2. 次のコマンドで SA パスワードを変更します。Change the SA password with the following commands:

    sudo systemctl stop mssql-server
    sudo /opt/mssql/bin/mssql-conf set-sa-password
    

    求められたら、新しい SA パスワードとパスワードの確認を入力します。Enter a new SA password and password confirmation when prompted.

  3. SQL Server サービスを再起動します。Restart the SQL Server service.

    sudo systemctl start mssql-server
    

パスへのツールの追加 (オプション)Add the tools to your path (optional)

既定では、SQL Server コマンドライン ツール パッケージなど、いくつかの SQL Server パッケージがインストールされています。Several SQL Server packages are installed by default, including the SQL Server command-line Tools package. このツール パッケージには、sqlcmd ツールと bcp ツールが含まれています。The tools package contains the sqlcmd and bcp tools. 便宜上、必要に応じてツールのパス /opt/mssql-tools/bin/PATH 環境変数に追加することができます。For convenience, you can optionally add the tools path, /opt/mssql-tools/bin/, to your PATH environment variable.

  1. 次のコマンドを実行して、ログイン セッションと対話型/非ログイン セッションの両方の PATH を変更します。Run the following commands to modify the PATH for both login sessions and interactive/non-login sessions:

    echo 'export PATH="$PATH:/opt/mssql-tools/bin"' >> ~/.bash_profile
    echo 'export PATH="$PATH:/opt/mssql-tools/bin"' >> ~/.bashrc
    source ~/.bashrc
    

リモート接続の構成Configure for remote connections

Azure VM 上の SQL Server にリモートで接続する必要がある場合、ネットワーク セキュリティ グループで受信規則を構成する必要があります。If you need to remotely connect to SQL Server on the Azure VM, you must configure an inbound rule on the network security group. この規則により、SQL Server がリッスンするポート (既定では 1433) のトラフィックが許可されます。The rule allows traffic on the port on which SQL Server listens (default of 1433). 次の手順では、この手順に Azure Portal を使用する方法について説明します。The following steps show how to use the Azure portal for this step.

ヒント

プロビジョニング時に設定で受信ポート [MS SQL (1433)] を選択した場合、これらの変更が自動的に行われています。If you selected the inbound port MS SQL (1433) in the settings during provisioning, these changes have been made for you. ファイアウォールの構成方法に関する次のセクションに進むことができます。You can go to the next section on how to configure the firewall.

  1. ポータルで、 [仮想マシン] を選び、SQL Server VM を選びます。In the portal, select Virtual machines, and then select your SQL Server VM.

  2. 左側のナビゲーション ウィンドウで、 [設定][ネットワーク] を選択します。In the left navigation pane, under Settings, select Networking.

  3. [ネットワーク] ウィンドウで、 [受信ポートの規則] の下にある [受信ポートを追加する] を選択します。In the Networking window, select Add inbound port under Inbound Port Rules.

    受信ポートの規則

  4. [サービス] の一覧で [MS SQL] を選択します。In the Service list, select MS SQL.

    MS SQL セキュリティ グループ規則

  5. [OK] をクリックして VM の規則を保存します。Click OK to save the rule for your VM.

RHEL でファイアウォールを開くOpen the firewall on RHEL

このチュートリアルでは、Red Hat Enterprise Linux (RHEL) VM を作成するよう説明してきました。This tutorial directed you to create a Red Hat Enterprise Linux (RHEL) VM. RHEL VM にリモートで接続する場合、Linux ファイアウォールのポート 1433 を開くことも必要になります。If you want to connect remotely to RHEL VMs, you also have to open up port 1433 on the Linux firewall.

  1. RHEL VM に接続します。Connect to your RHEL VM.

  2. BASH シェルで、次のコマンドを実行します。In the BASH shell, run the following commands:

    sudo firewall-cmd --zone=public --add-port=1433/tcp --permanent
    sudo firewall-cmd --reload
    

次の手順Next steps

Azure に SQL Server 2017 仮想マシンを作成できたので、sqlcmd を使用してローカルで接続し、Transact-SQL クエリを実行できます。Now that you have a SQL Server 2017 virtual machine in Azure, you can connect locally with sqlcmd to run Transact-SQL queries.

SQL Server のリモート接続用に Azure VM を構成した場合は、リモート接続が可能になります。If you configured the Azure VM for remote SQL Server connections, you should be able to connect remotely. Windows から SQL Server on Linux にリモートで接続する方法の例については、Windows 上の SSMS を使用した SQL Server on Linux への接続に関するページを参照してください。For an example of how to connect remotely to SQL Server on Linux from Windows, see Use SSMS on Windows to connect to SQL Server on Linux. Visual Studio Code を使用して接続するには、「Use Visual Studio Code to create and run Transact-SQL scripts for SQL Server (Visual Studio Code を使用して SQL Server の Transact-SQL スクリプトを作成して実行する)」を参照してください。To connect with Visual Studio Code, see Use Visual Studio Code to create and run Transact-SQL scripts for SQL Server

SQL Server on Linux の全般的な情報については、SQL Server 2017 on Linux の概要に関するページを参照してください。For more general information about SQL Server on Linux, see Overview of SQL Server 2017 on Linux. SQL Server 2017 Linux 仮想マシンの使用の詳細については、Azure の SQL Server 2017 仮想マシンの概要に関するページを参照してください。For more information about using SQL Server 2017 Linux virtual machines, see Overview of SQL Server 2017 virtual machines on Azure.