負荷の急増に対応できる B シリーズ仮想マシンのサイズB-series burstable virtual machine sizes

Web サーバー、概念実証、小規模なデータベース、開発ビルド環境など、CPU が常時最大限のパフォーマンスを発揮する必要のないワークロードでは、B シリーズ VM が最適です。The B-series VMs are ideal for workloads that do not need the full performance of the CPU continuously, like web servers, proof of concepts, small databases and development build environments. このようなワークロードでは通常、負荷の急増に対応できることがパフォーマンスの要件となります。These workloads typically have burstable performance requirements. B シリーズでは、購入する VM サイズに一定のベースライン パフォーマンスが約束されており、その VM インスタンスの使用量がベースラインを下回る場合には "クレジット" が蓄積されていきます。The B-series provides you with the ability to purchase a VM size with baseline performance and the VM instance builds up credits when it is using less than its baseline. VM にクレジットが蓄積されていると、アプリケーションで必要な CPU パフォーマンスが高まった場合にベースライン以上のパフォーマンス (上限: vCPU のパフォーマンスの 100%) を実現できます。When the VM has accumulated credit, the VM can burst above the baseline using up to 100% of the vCPU when your application requires higher CPU performance.

B シリーズには、次の VM サイズが用意されています。The B-series comes in the following VM sizes:

Premium Storage: サポートされていますPremium Storage: Supported

Premium Storage キャッシュ:サポートされていませんPremium Storage caching: Not Supported

ライブ マイグレーション: サポートされていますLive Migration: Supported

メモリ保持更新: サポートされていますMemory Preserving Updates: Supported

サイズSize vCPUvCPU メモリ:GiBMemory: GiB 一時ストレージ (SSD) GiBTemp storage (SSD) GiB VM のベース CPU パフォーマンスBase CPU Perf of VM VM の最大 CPU パフォーマンスMax CPU Perf of VM 初期のクレジットInitial Credits 1 時間に蓄積されるクレジットCredits banked/hour 蓄積できるクレジットの最大値Max Banked Credits 最大データ ディスク数Max data disks キャッシュが有効な場合および一時ストレージの最大スループットIOPS/MBpsMax cached and temp storage throughput: IOPS/MBps キャッシュが無効な場合の最大ディスク スループット: IOPS/MBpsMax uncached disk throughput: IOPS/MBps 最大 NIC 数Max NICs
Standard_B1ls1Standard_B1ls1 11 0.50.5 44 5%5% 100%100% 3030 33 7272 22 200/10200/10 160/10160/10 22
Standard_B1sStandard_B1s 11 11 44 10%10% 100%100% 3030 66 144144 22 400/10400/10 320/10320/10 22
Standard_B1msStandard_B1ms 11 22 44 20%20% 100%100% 3030 1212 288288 22 800/10800/10 640/10640/10 22
Standard_B2sStandard_B2s 22 44 88 40%40% 200%200% 6060 2424 576576 44 1600/151600/15 1280/151280/15 33
Standard_B2msStandard_B2ms 22 88 1616 60%60% 200%200% 6060 3636 864864 44 2400/22.52400/22.5 1920/22.51920/22.5 33
Standard_B4msStandard_B4ms 44 1616 3232 90%90% 400%400% 120120 5454 1,2961296 88 3600/353600/35 2880/352880/35 44
Standard_B8msStandard_B8ms 88 3232 6464 135%135% 800%800% 240240 8181 19441944 1616 4320/504320/50 4320/504320/50 44
Standard_B12msStandard_B12ms 1212 4848 9696 202%202% 1200%1200% 360360 121121 29092909 1616 6480/756480/75 4320/504320/50 66
Standard_B16msStandard_B16ms 1616 6464 128128 270%270% 1600%1600% 480480 162162 38883888 3232 8640/1008640/100 4320/504320/50 88
Standard_B20msStandard_B20ms 2020 8080 160160 337%337% 2000%2000% 600600 203203 48604860 3232 10800/12510800/125 4320/504320/50 88

1 B1ls は Linux でのみサポートされています1 B1ls is supported only on Linux

ワークロードの例Workload example

出社/退社アプリケーションについて考えてみましょう。Consider an office check-in/out application. このアプリケーションは、営業時間中 CPU バーストを必要としますが、営業時間外はそれほど多くの処理能力を必要としません。The application needs CPU bursts during business hours, but not a lot of computing power during off hours. この例のワークロードでは、64 GiB の RAM を搭載した 16vCPU 仮想マシンが効率的に機能する必要があります。In this example, the workload requires a 16vCPU virtual machine with 64GiB of RAM to work efficiently.

次の表は、1 時間あたりのトラフィック データを示しており、グラフは、そのトラフィックを視覚的に表現したものです。The table shows the hourly traffic data and the chart is a visual representation of that traffic.

B16 の特徴:B16 characteristics:

最大 CPU パフォーマンス: 16vCPU * 100% = 1600%Max CPU perf: 16vCPU * 100% = 1600%

ベースライン: 270%Baseline: 270%

1 時間あたりのトラフィック データのグラフ

シナリオScenario TimeTime CPU 使用率 (%)CPU usage (%) 蓄積されるクレジット1Credits accumulated1 使用可能なクレジットCredits available
B16ms のデプロイB16ms Deployment デプロイDeployment デプロイDeployment 480 (初期クレジット数)480 (Initial Credits) 480480
トラフィックなしNo traffic 0:000:00 00 162162 642642
トラフィックなしNo traffic 1:001:00 00 162162 804804
トラフィックなしNo traffic 2:002:00 00 162162 966966
トラフィックなしNo traffic 3:003:00 00 162162 11281128
トラフィックなしNo traffic 4:004:00 00 162162 12901290
トラフィックなしNo traffic 5:005:00 00 162162 14521452
低トラフィックLow Traffic 6:006:00 270270 00 14521452
従業員が出社 (アプリは 80% の vCPU を必要とする)Employees come to office (app needs 80% vCPU) 7:007:00 12801280 -606-606 846846
従業員が次々に出社 (アプリは 80% の vCPU を必要とする)Employees continue coming to office (app needs 80% vCPU) 8:008:00 12801280 -606-606 240240
低トラフィックLow Traffic 9:009:00 270270 00 240240
低トラフィックLow Traffic 10:0010:00 100100 102102 342342
低トラフィックLow Traffic 11:0011:00 5050 132132 474474
低トラフィックLow Traffic 12:0012:00 100100 102102 576576
低トラフィックLow Traffic 13:0013:00 100100 102102 678678
低トラフィックLow Traffic 14:0014:00 5050 132132 810810
低トラフィックLow Traffic 15:0015:00 100100 102102 912912
低トラフィックLow Traffic 16:0016:00 100100 102102 10141014
従業員が退社 (アプリは 100% の vCPU を必要とする)Employees checking out (app needs 100% vCPU) 17:0017:00 16001600 -798-798 216216
低トラフィックLow Traffic 18:0018:00 270270 00 216216
低トラフィックLow Traffic 19:0019:00 270270 00 216216
低トラフィックLow Traffic 20:0020:00 5050 132132 348348
低トラフィックLow Traffic 21:0021:00 5050 132132 480480
トラフィックなしNo traffic 22:0022:00 00 162162 642642
トラフィックなしNo traffic 23:0023:00 00 162162 804804

1 1 時間に累積されるクレジット/使用されるクレジットは ((Base CPU perf of VM - CPU Usage) / 100) * 60 minutes に等しい。1 Credits accumulated/credits used in an hour is equivalent to: ((Base CPU perf of VM - CPU Usage) / 100) * 60 minutes.

16 台の vCPU と 64 GiB のメモリを搭載した D16s_v3 の場合、時間レートは 1 時間あたり 0.936 ドル (1 か月あたり 673.92 ドル) で、16 台の vCPU と 64 GiB のメモリを搭載した B16ms の場合、レートは 1 時間あたり 0.794 ドル (1 か月あたり 547.86 ドル) です。For a D16s_v3 which has 16 vCPUs and 64 GiB of memory the hourly rate is $0.936 per hour (monthly $673.92) and for B16ms with 16 vCPUs and 64 GiB memory the rate is $0.794 per hour (monthly $547.86). 結果として、15% の節約になります。 This results in 15% savings!

Q & AQ & A

Q:VM のベースライン パフォーマンスが 135% というのは、どういうことでしょうか?Q: How do you get 135% baseline performance from a VM?

A: 135% というのは、その VM サイズを構成する 8 つの vCPU により共有される数字です。A: The 135% is shared amongst the 8 vCPU’s that make up the VM size. たとえば、アプリケーションで 8 個あるコアのうち 4 個を使用してバッチ処理を実行しており、その 4 つの vCPU の使用率がそれぞれ 30% であれば、VM の CPU パフォーマンスの合計は 120% になります。For example, if your application uses 4 of the 8 cores working on batch processing and each of those 4 vCPU’s are running at 30% utilization the total amount of VM CPU performance would equal 120%. つまり、ベースライン パフォーマンスとの差分となる 15% が、VM によりクレジット時間として蓄積されていくことになります。Meaning that your VM would be building credit time based on the 15% delta from your baseline performance. 逆に、(VM の CPU パフォーマンスの最大値は 800% であるわけですから) クレジットの残高があれば、同じ VM で 8 つの vCPU すべてについて 100% のパフォーマンスを使用することもできます。But it also means that when you have credits available that same VM can use 100% of all 8 vCPU’s giving that VM a Max CPU performance of 800%.

Q:クレジットの残高や消費量を確認するにはどうすればよいでしょうか?Q: How can I monitor my credit balance and consumption

A: 今後数週間の間に、新しいメトリックを 2 つ導入する予定です。1 つが Credit で、VM で蓄積されたクレジットの数を確認できます。もう 1 つが ConsumedCredit で、蓄積した CPU クレジットをどれだけ消費したかを確認できます。A: We will be introducing 2 new metrics in the coming weeks, the Credit metric will allow you to view how many credits your VM has banked and the ConsumedCredit metric will show how many CPU credits your VM has consumed from the bank. この 2 つのメトリックは、ポータルの [メトリック] ウィンドウのほか、プログラムを使って Azure Monitor API 経由で確認できるようにする予定です。You will be able to view these metrics from the metrics pane in the portal or programmatically through the Azure Monitor APIs.

Azure でメトリック データにアクセスする方法の詳細については、「Microsoft Azure のメトリックの概要」を参照してください。For more information on how to access the metrics data for Azure, see Overview of metrics in Microsoft Azure.

Q:クレジットはどのように蓄積されていくのでしょうか?Q: How are credits accumulated?

A: VM によるクレジットの蓄積と消費のスピードは、VM がベース パフォーマンス レベルで実行されている場合にクレジットの蓄積量と消費量がいずれもゼロになるように設定されています。A: The VM accumulation and consumption rates are set such that a VM running at exactly its base performance level will have neither a net accumulation or consumption of bursting credits. VM の実行中にベース パフォーマンス レベルを下回っていればクレジットが増加し、ベース パフォーマンス レベルよりも多く CPU を使用していればクレジットが減少します。A VM will have a net increase in credits whenever it is running below its base performance level and will have a net decrease in credits whenever the VM is utilizing the CPU more than its base performance level.

:小規模な勤怠データベース アプリケーション用に B1ms サイズの VM をデプロイしました。Example: I deploy a VM using the B1ms size for my small time and attendance database application. このサイズでは、アプリケーションでベースラインとして vCPU の最大 20% を使用できます。この場合、1 分あたりに利用または蓄積できるクレジットは 0.2 となります。This size allows my application to use up to 20% of a vCPU as my baseline, which is 0.2 credits per minute I can use or bank.

このアプリケーションは、従業員の勤務日の始めと終わり、具体的には AM 7:00 ~ 9:00 と PM 4:00 ~ 6:00 の間にそれぞれ負荷が大きくなります。My application is busy at the beginning and end of my employees work day, between 7:00-9:00 AM and 4:00 - 6:00PM. それ以外の 20 時間はこのアプリケーションをほとんど使用しないため、vCPU の使用量はわずか 10% にまで下がります。During the other 20 hours of the day, my application is typically at idle, only using 10% of the vCPU. このピーク外の時間には、利用できるクレジットが 1 分あたり 0.2 でありながら 0.1 しか消費しません。このため、1 時間に 0.1 x 60 = 6 クレジットが蓄積されます。For the non-peak hours, I earn 0.2 credits per minute but only consume 0.l credits per minute, so my VM will bank 0.1 x 60 = 6 credits per hour. つまり、ピーク外の 20 時間に合計 120 クレジットが蓄積されることになります。For the 20 hours that I am off-peak, I will bank 120 credits.

これに対して、ピーク時間にはアプリケーションの vCPU 使用率が平均 60% になります。ピーク時間であっても 1 分あたり 0.2 のクレジットを利用できるのは変わりませんが、今度は 1 分間にクレジットを 0.6 を消費しているため、1 分あたり正味 0.4 クレジット、1 時間あたりでは 0.4 x 60 = 24 クレジットを消費することになります。During peak hours my application averages 60% vCPU utilization, I still earn 0.2 credits per minute but I consume 0.6 credits per minute, for a net cost of 0.4 credits a minute or 0.4 x 60 = 24 credits per hour. ピーク時間は 1 日 4 時間であることから、ピーク時間のクレジット使用量は 4 x 24 = 96 となります。I have 4 hours per day of peak usage, so it costs 4 x 24 = 96 credits for my peak usage.

ピーク外の時間に獲得したクレジット 120 からピーク時に消費したクレジット 96 を差し引くと、1 日あたり 24 クレジットが残ります。この分は、別の事情でアクティビティが急増した場合に使用することができます。If I take the 120 credits I earned off-peak and subtract the 96 credits I used for my peak times, I bank an additional 24 credits per day that I can use for other bursts of activity.

Q:累積されるクレジットと使用されるクレジットを計算するにはどうすればよいですか?Q: How can I calculate credits accumulated and used?

A: 次の数式を使用することができます。A: You can use the following formula:

(VM の基本 CPU パフォーマンス - CPU 使用率) / 100 = 1 分あたりに蓄積または使用されるクレジット(Base CPU perf of VM - CPU Usage) / 100 = Credits bank or use per minute

たとえば、上記のインスタンスの場合、ベースラインは 20%です。CPU 使用率が 10% であれば、1 分あたりに蓄積されるクレジットは、(20%-10%)/100 = 0.1 になります。e.g in above instance your baseline is 20% and if you use 10% of the CPU you are accumulating (20%-10%)/100 = 0.1 credit per minute.

Q:B シリーズでは、Premium Storage データ ディスクをサポートしていますか?Q: Does the B-Series support Premium Storage data disks?

A: はい。B シリーズのどのサイズでも、Premium Storage データ ディスクをサポートしています。A: Yes, all B-Series sizes support Premium Storage data disks.

Q:再デプロイまたは停止/起動後、クレジットの残りが 0 に設定されるのはなぜですか?Q: Why is my remaining credit set to 0 after a redeploy or a stop/start?

A: VM が "再デプロイ" されて VM が別のノードに移動すると、累計されたクレジットは失われます。A : When a VM is “REDPLOYED” and the VM moves to another node, the accumulated credit is lost. VM を起動/停止したが、同じノードにとどまっていれば、VM は 累積されたクレジットを保持します。If the VM is stopped/started, but remains on the same node, the VM retains the accumulated credit. ノードで VM を新たに起動するたびに初期クレジットが取得されます (Standard_B8ms では 240 分)。Whenever the VM starts fresh on a node, it gets an initial credit, for Standard_B8ms it is 240 mins.

Q:サポートされていない OS イメージを B1ls にデプロイするとどうなりますか?Q: What happens if I deploy an unsupported OS image on B1ls?

A: B1ls は Linux イメージのみをサポートしているため、他の OS イメージをデプロイすると最善のカスタマー エクスペリエンスが得られない可能性があります。A : B1ls only supports Linux images and if you deploy any another OS image you might not get the best customer experience.

その他のサイズOther sizes

次のステップNext steps

Azure コンピューティング ユニット (ACU) を確認することで、Azure SKU 全体の処理性能を比較できます。Learn more about how Azure compute units (ACU) can help you compare compute performance across Azure SKUs.