Azure VM のエフェメラル OS ディスクEphemeral OS disks for Azure VMs

エフェメラル OS ディスクは、ローカルの仮想マシン (VM) ストレージで作成され、リモートの Azure Storage に保存されません。Ephemeral OS disks are created on the local virtual machine (VM) storage and not saved to the remote Azure Storage. エフェメラル OS ディスクは、ステートレス ワークロードで適切に動作します。この場合、アプリケーションは個々の VM 障害を許容しますが、VM のデプロイ時間または個々の VM インスタンスの再イメージ化によって影響をより強く受けます。Ephemeral OS disks work well for stateless workloads, where applications are tolerant of individual VM failures, but are more affected by VM deployment time or reimaging the individual VM instances. エフェメラル OS ディスクでは、OS ディスクへの読み取り/書き込み待機時間が短縮され、VM の再イメージ化が高速化されます。With Ephemeral OS disk, you get lower read/write latency to the OS disk and faster VM reimage.

エフェメラル ディスクの主な機能は次のとおりです。The key features of ephemeral disks are:

  • ステートレス アプリケーションに最適です。Ideal for stateless applications.
  • それらは Marketplace イメージとカスタム イメージの両方で使用できます。They can be used with both Marketplace and custom images.
  • VM およびスケール セット インスタンスを元のブート状態に速やかにリセットまたは再イメージ化することができます。Ability to fast reset or reimage VMs and scale set instances to the original boot state.
  • 一時ディスクと同様に、待機時間が短縮されます。Lower latency, similar to a temporary disk.
  • エフェメラル OS ディスクは無料で、OS ディスクのストレージ コストはかかりません。Ephemeral OS disks are free, you incur no storage cost for OS disk.
  • それらはすべての Azure リージョンで使用できます。They are available in all Azure regions.
  • エフェメラル OS ディスクは、共有イメージ ギャラリーでサポートされています。Ephemeral OS Disk is supported by Shared Image Gallery.

永続 OS ディスクとエフェメラル OS ディスクの主な違いは、次のとおりです。Key differences between persistent and ephemeral OS disks:

永続 OS ディスクPersistent OS Disk エフェメラル OS ディスクEphemeral OS Disk
OS ディスクのサイズ制限Size limit for OS disk 2 TiB2 TiB VM サイズのキャッシュ サイズまたは 2TiB のうち小さい方。Cache size for the VM size or 2TiB, whichever is smaller. GiB 単位のキャッシュ サイズについては、DSESMFS、および GS に関するページを参照してくださいFor the cache size in GiB, see DS, ES, M, FS, and GS
サポート対象の VM サイズVM sizes supported AllAll DSv1、DSv2、DSv3、Esv3、Fs、FsV2、GS、MDSv1, DSv2, DSv3, Esv3, Fs, FsV2, GS, M
サポート対象のディスクの種類Disk type support マネージド OS ディスクとアンマネージド OS ディスクManaged and unmanaged OS disk マネージド OS ディスクのみManaged OS disk only
リージョンのサポートRegion support すべてのリージョンAll regions すべてのリージョンAll regions
データの永続化Data persistence 書き込まれた OS ディスク データは Azure Storage に格納OS disk data written to OS disk are stored in Azure Storage OS ディスクに書き込まれたデータは、ローカル VM ストレージに格納され、Azure Storage に保持されないData written to OS disk is stored to the local VM storage and is not persisted to Azure Storage.
停止と割り当て解除Stop-deallocated state VM とスケール セット インスタンスの停止と割り当て解除、またその状態からの再起動が可能VMs and scale set instances can be stop-deallocated and restarted from the stop-deallocated state VM とスケール セット インスタンスの停止と割り当て解除は不可VMs and scale set instances cannot be stop-deallocated
特殊化された OS ディスクのサポートSpecialized OS disk support はいYes いいえNo
OS ディスクのサイズ変更OS disk resize VM 作成中、VM の停止と割り当て解除後に変更可能Supported during VM creation and after VM is stop-deallocated VM 作成時のみ変更可能Supported during VM creation only
VM サイズ変更時の動作Resizing to a new VM size OS ディスク データを維持OS disk data is preserved OS ディスクのデータの削除後に OS を再プロビジョニングData on the OS disk is deleted, OS is re-provisioned

サイズの要件Size requirements

VM およびインスタンス イメージは、最大で VM キャッシュのサイズまでデプロイできます。You can deploy VM and instance images up to the size of the VM cache. たとえば、マーケットプレースの標準の Windows Server イメージは約 127 GiB であり、これは 127 GiB より大きいキャッシュを持つ VM サイズが必要であることを意味します。For example, Standard Windows Server images from the marketplace are about 127 GiB, which means that you need a VM size that has a cache larger than 127 GiB. この場合、Standard_DS2_v2 のキャッシュ サイズは 86 GiB であり、十分な大きさではありません。In this case, the Standard_DS2_v2 has a cache size of 86 GiB, which is not large enough. Standard_DS3_v2 のキャッシュ サイズは 172 GiB であり、十分な大きさです。The Standard_DS3_v2 has a cache size of 172 GiB, which is large enough. この場合、Standard_DS3_v2 が、このイメージで使用できる DSv2 シリーズの最小サイズ です。In this case, the Standard_DS3_v2 is the smallest size in the DSv2 series that you can use with this image. Marketplace の基本の Linux イメージと [smallsize] で示される Windows Server イメージは約 30 GiB になる傾向があり、利用可能な VM サイズのほとんどを使用できます。Basic Linux images in the Marketplace and Windows Server images that are denoted by [smallsize] tend to be around 30 GiB and can use most of the available VM sizes.

また、エフェメラル ディスクでは、VM サイズで Premium Storage がサポートされていることも必要です。Ephemeral disks also require that the VM size supports Premium storage. 通常 (常にではありませんが)、 サイズには DSv2 や EsV3 のように名前に s があります。The sizes usually (but not always) have an s in the name, like DSv2 and EsV3. 詳細については、Azure の VM サイズに関する記事で Premium Storage をサポートするサイズの詳細を参照してください。For more information, see Azure VM sizes for details around which sizes support Premium storage.

PowerShellPowerShell

PowerShell VM デプロイにエフェメラル ディスクを使用するには、VM 構成内で Set-AzVMOSDisk を使用します。To use an ephemeral disk for a PowerShell VM deployment, use Set-AzVMOSDisk in your VM configuration. -DiffDiskSettingLocal に設定し、-CachingReadOnly に設定します。Set the -DiffDiskSetting to Local and -Caching to ReadOnly.

Set-AzVMOSDisk -DiffDiskSetting Local -Caching ReadOnly

スケール セットのデプロイの場合は、構成内で Set-AzVmssStorageProfile コマンドレットを使用します。For scale set deployments, use the Set-AzVmssStorageProfile cmdlet in your configuration. -DiffDiskSettingLocal に設定し、-CachingReadOnly に設定します。Set the -DiffDiskSetting to Local and -Caching to ReadOnly.

Set-AzVmssStorageProfile -DiffDiskSetting Local -OsDiskCaching ReadOnly

CLICLI

CLI VM デプロイにエフェメラル ディスクを使用するには、az vm create 内の --ephemeral-os-disk パラメーターを true に設定し、--os-disk-caching パラメーターを ReadOnly に設定します。To use an ephemeral disk for a CLI VM deployment, set the --ephemeral-os-disk parameter in az vm create to true and the --os-disk-caching parameter to ReadOnly.

az vm create \
  --resource-group myResourceGroup \
  --name myVM \
  --image UbuntuLTS \
  --ephemeral-os-disk true \
  --os-disk-caching ReadOnly \
  --admin-username azureuser \
  --generate-ssh-keys

スケール セットの場合は、az-vmss-create に同じ --ephemeral-os-disk true パラメーターを使用し、--os-disk-caching パラメーターを ReadOnly に設定します。For scale sets, you use the same --ephemeral-os-disk true parameter for az-vmss-create and set the --os-disk-caching parameter to ReadOnly.

ポータルPortal

Azure portal で、 [ディスク] タブの [詳細設定] セクションを開いて VM をデプロイするときに、エフェメラル ディスクの使用を選択できます。 [エフェメラル OS ディスクの使用](Use ephemeral OS disk)[はい] を選択します。In the Azure portal, you can choose to use ephemeral disks when deploying a VM by opening the Advanced section of the Disks tab. For Use ephemeral OS disk select Yes.

エフェメラル OS ディスクの使用を選択するラジオ ボタンを示すスクリーン ショット

エフェメラル ディスクの使用のオプションがグレー表示される場合は、OS イメージより大きいキャッシュ サイズがない VM サイズか、Premium Storage をサポートしていない VM サイズを選択した可能性があります。If the option for using an ephemeral disk is greyed out, you might have selected a VM size that does not have a cache size larger than the OS image or that doesn't support Premium storage. [基本] ページに戻り、別の VM サイズを選択してみてください。Go back to the Basics page and try choosing another VM size.

ポータルを使用してエフェメラル OS ディスクでスケール セットを作成することもできます。You can also create scale-sets with ephemeral OS disks using the portal. 十分な大きさのキャッシュ サイズを持つ VM サイズを選択してから、 [エフェメラル OS ディスクの使用](Use ephemeral OS disk)[はい] を選択するだけです。Just make sure you select a VM size with a large enough cache size and then in Use ephemeral OS disk select Yes.

スケール セットに対してエフェメラル OS ディスクの使用を選択するラジオ ボタンを示すスクリーン ショット

スケール セット テンプレートのデプロイScale set template deployment

エフェメラル OS ディスクを使用するスケール セットを作成するプロセスでは、テンプレートで diffDiskSettings プロパティをリソースの種類 Microsoft.Compute/virtualMachineScaleSets/virtualMachineProfile に追加します。The process to create a scale set that uses an ephemeral OS disk is to add the diffDiskSettings property to the Microsoft.Compute/virtualMachineScaleSets/virtualMachineProfile resource type in the template. また、エフェメラル OS ディスクに対してキャッシュ ポリシーを ReadOnly に設定する必要があります。Also, the caching policy must be set to ReadOnly for the ephemeral OS disk.

{ 
  "type": "Microsoft.Compute/virtualMachineScaleSets", 
  "name": "myScaleSet", 
  "location": "East US 2", 
  "apiVersion": "2018-06-01", 
  "sku": { 
    "name": "Standard_DS2_v2", 
    "capacity": "2" 
  }, 
  "properties": { 
    "upgradePolicy": { 
      "mode": "Automatic" 
    }, 
    "virtualMachineProfile": { 
       "storageProfile": { 
        "osDisk": { 
          "diffDiskSettings": { 
                "option": "Local" 
          }, 
          "caching": "ReadOnly", 
          "createOption": "FromImage" 
        }, 
        "imageReference":  { 
          "publisher": "Canonical", 
          "offer": "UbuntuServer", 
          "sku": "16.04-LTS", 
          "version": "latest" 
        } 
      }, 
      "osProfile": { 
        "computerNamePrefix": "myvmss", 
        "adminUsername": "azureuser", 
        "adminPassword": "P@ssw0rd!" 
      } 
    } 
  } 
}  

VM テンプレートのデプロイVM template deployment

テンプレートを使用して、エフェメラル OS ディスクで VM をデプロイできます。You can deploy a VM with an ephemeral OS disk using a template. エフェメラル OS ディスクを使用する VM を作成するプロセスでは、テンプレートで diffDiskSettings プロパティをリソースの種類 Microsoft.Compute/virtualMachines に追加します。The process to create a VM that uses ephemeral OS disks is to add the diffDiskSettings property to the Microsoft.Compute/virtualMachines resource type in the template. また、エフェメラル OS ディスクに対してキャッシュ ポリシーを ReadOnly に設定する必要があります。Also, the caching policy must be set to ReadOnly for the ephemeral OS disk.

{ 
  "type": "Microsoft.Compute/virtualMachines", 
  "name": "myVirtualMachine", 
  "location": "East US 2", 
  "apiVersion": "2018-06-01", 
  "properties": { 
       "storageProfile": { 
            "osDisk": { 
              "diffDiskSettings": { 
                "option": "Local" 
              }, 
              "caching": "ReadOnly", 
              "createOption": "FromImage" 
            }, 
            "imageReference": { 
                "publisher": "MicrosoftWindowsServer", 
                "offer": "WindowsServer", 
                "sku": "2016-Datacenter-smalldisk", 
                "version": "latest" 
            }, 
            "hardwareProfile": { 
                 "vmSize": "Standard_DS2_v2" 
             } 
      }, 
      "osProfile": { 
        "computerNamePrefix": "myvirtualmachine", 
        "adminUsername": "azureuser", 
        "adminPassword": "P@ssw0rd!" 
      } 
    } 
 } 

REST を使用して VM を再イメージ化するReimage a VM using REST

以下で説明するように REST API を使用するか Azure portal で VM の [概要] ウィンドウに移動することで、エフェメラル OS ディスクを使用して仮想マシンを再イメージ化できます。You can reimage a Virtual Machine instance with ephemeral OS disk using REST API as described below and via Azure Portal by going to Overview pane of the VM. スケール セットの場合、再イメージ化は Powershell、CLI、およびポータルを使用して既に利用できます。For scale sets, reimaging is already available through Powershell, CLI, and the portal.

POST https://management.azure.com/subscriptions/{sub-
id}/resourceGroups/{rgName}/providers/Microsoft.Compute/VirtualMachines/{vmName}/reimage?a pi-version=2018-06-01" 

よく寄せられる質問Frequently asked questions

Q:ローカル OS ディスクのサイズは?Q: What is the size of the local OS Disks?

A:プラットフォーム イメージとカスタム イメージを最大で VM キャッシュのサイズまでサポートしています。この場合、OS ディスクへのすべての読み取り/書き込みは、仮想マシンと同じノードでローカルに行われます。A: We support platform and custom images, up to the VM cache size, where all read/writes to the OS disk will be local on the same node as the Virtual Machine.

Q:エフェメラル OS ディスクはサイズ変更できますか?Q: Can the ephemeral OS disk be resized?

A:いいえ。エフェメラル OS ディスクをプロビジョニングした後、OS ディスクをサイズ変更することはできません。A: No, once the ephemeral OS disk is provisioned, the OS disk cannot be resized.

Q:エフェメラル VM にマネージド ディスクを接続できますか?Q: Can I attach a Managed Disks to an Ephemeral VM?

A:はい。エフェメラル OS ディスクを使用する VM にマネージド データ ディスクをアタッチできます。A: Yes, you can attach a managed data disk to a VM that uses an ephemeral OS disk.

Q:エフェメラル OS ディスクではすべての VM サイズがサポートされますか?Q: Will all VM sizes be supported for ephemeral OS disks?

A:いいえ。B シリーズ、N シリーズ、H シリーズのサイズを除くすべての Premium Storage VM のサイズ (DS、ES、FS、GS、および M) がサポートされます。A: No, all Premium Storage VM sizes are supported (DS, ES, FS, GS and M) except the B-series, N-series, and H-series sizes.

Q:エフェメラル OS ディスクを既存の VM およびスケール セットに適用できますか?Q: Can the ephemeral OS disk be applied to existing VMs and scale sets?

A:いいえ。エフェメラル OS ディスクは、VM およびスケール セットの作成時にのみ使用できます。A: No, ephemeral OS disk can only be used during VM and scale set creation.

Q:スケール セット内でエフェメラル OS ディスクと通常の OS ディスクを混在させることはできますか?Q: Can you mix ephemeral and normal OS disks in a scale set?

A:いいえ。同じスケール セット内でエフェメラル OS ディスクと永続 OS ディスクのインスタンスを混在させることはできません。A: No, you can't have a mix of ephemeral and persistent OS disk instances within the same scale set.

Q:Powershell または CLI を使用してエフェメラル OS ディスクを作成できますか?Q: Can the ephemeral OS disk be created using Powershell or CLI?

A:はい。REST、テンプレート、PowerShell、CLI を使用して、エフェメラル OS ディスクで VM を作成できます。A: Yes, you can create VMs with Ephemeral OS Disk using REST, Templates, PowerShell and CLI.

Q:エフェメラル OS ディスクでサポートされていない機能は何ですか?Q: What features are not supported with ephemeral OS disk?

A:エフェメラル ディスクでサポートされていない機能は次のとおりです。A: Ephemeral disks do not support:

  • VM イメージのキャプチャCapturing VM images
  • ディスクのスナップショットDisk snapshots
  • Azure Disk EncryptionAzure Disk Encryption
  • Azure BackupAzure Backup
  • Azure Site RecoveryAzure Site Recovery
  • OS ディスクのスワップOS Disk Swap

次の手順Next steps

Azure PowerShell を使用して、エフェメラル OS ディスクで VM を作成できます。You can create a VM with an ephemeral OS disk using Azure PowerShell.