Azure にアップロードする Windows VHD または VHDX を準備する

適用対象: ✔️ Windows VM

Windows 仮想マシン (VM) をオンプレミスから Azure にアップロードする前に、仮想ハード ディスク (VHD または VHDX) を準備する必要があります。 Azure では、VHD ファイル形式で容量固定ディスクの第 1 世代および第 2 世代 VM の両方がサポートされています。 第 1 世代 VM で OS VHD に許容される最大サイズは 2 TB です。

VHDX ファイルを VHD に変換し、容量可変ディスクを容量固定ディスクに変換することはできますが、VM の世代を変更することはできません。 詳細については、「Hyper-V で第 1 世代と第 2 世代のどちらの VM を作成すべきか」および「Azure での第 2 世代 VM のサポート」を参照してください。

Azure VM のサポート ポリシーについては、「Microsoft Azure 仮想マシンのマイクロソフト サーバー ソフトウェアのサポート」を参照してください。

注意

この記事の手順は以下に適用されます。

  • Windows Server (64 ビット版) 2008 R2 以降の Windows Server オペレーティング システム。 Azure での 32 ビットのオペレーティング システムの実行については、「Azure 仮想マシンでの 32 ビット オペレーティング システムのサポート」を参照してください。
  • Azure Site Recovery や Azure Migrate など、何らかのディザスター リカバリー ツールをワークロードの移行に使用する場合でも、移行前にゲスト OS でこのプロセスを実行してイメージを準備する必要があります。

システム ファイル チェッカー

OS イメージを一般化する前に Windows システム ファイル チェッカー ユーティリティを実行する

システム ファイル チェッカー (SFC) は、Windows システム ファイルの確認と置換に使用します。

重要

この記事の例を実行するには、管理者特権の PowerShell セッションを使用してください。

次の SFC コマンドを実行します。

sfc.exe /scannow
Beginning system scan.  This process will take some time.

Beginning verification phase of system scan.
Verification 100% complete.

Windows Resource Protection did not find any integrity violations.

SFC スキャンが完了したら、Windows 更新プログラムをインストールし、コンピューターを再起動します。

Azure 用の Windows 構成を設定する

注意

一般化されたイメージから Windows VM が作成されると、Azure プラットフォームは、ISO ファイルを DVD-ROM にマウントします。 このため、一般化されたイメージの OS で DVD-ROM が有効になっている必要があります。 無効になっている場合、Windows VM は OOBE (Out-of-Box Experience) でスタックします。

  1. ルーティング テーブル内の静的な固定ルートをすべて削除します。

    • ルーティング テーブルを表示するには、route.exe print を実行します。
    • [Persistence Routes](固定ルート) セクションを確認します。 固定ルートがある場合は、route.exe delete コマンドを使って削除します。
  2. WinHTTP プロキシを削除します。

    netsh.exe winhttp reset proxy
    

    VM で特定のプロキシを使用する必要がある場合は、次のように Azure の IP アドレス (168.63.129.16) にプロキシ例外を追加します。これにより VM は Azure に接続できます。

    $proxyAddress='<your proxy server>'
    $proxyBypassList='<your list of bypasses>;168.63.129.16'
    netsh.exe winhttp set proxy $proxyAddress $proxyBypassList
    
  3. 次のように DiskPart を開きます。

    diskpart.exe
    

    ディスク SAN ポリシーを Onlineall に設定します。

    DISKPART> san policy=onlineall
    DISKPART> exit
    
  4. Windows の協定世界時 (UTC) の時刻を設定します。 また、Windows Time サービス (w32time) の起動の種類を Automatic に設定します。

    Set-ItemProperty -Path HKLM:\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\TimeZoneInformation -Name RealTimeIsUniversal -Value 1 -Type DWord -Force
    Set-Service -Name w32time -StartupType Automatic
    
  5. 電源プロファイルを高パフォーマンスに設定します。

    powercfg.exe /setactive SCHEME_MIN
    
  6. 環境変数の TEMPTMP が既定値に設定されていることを確認します。

    Set-ItemProperty -Path 'HKLM:\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Session Manager\Environment' -Name TEMP -Value "%SystemRoot%\TEMP" -Type ExpandString -Force
    Set-ItemProperty -Path 'HKLM:\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Session Manager\Environment' -Name TMP -Value "%SystemRoot%\TEMP" -Type ExpandString -Force
    
  7. レガシ オペレーティング システム (Windows Server 2012 R2 または Windows 8.1 以下) が使用されている VM では、最新の Hyper-V 統合コンポーネント サービスがインストールされていることを確認してください。 詳細については、「Windows 仮想マシン用の Hyper-V 統合コンポーネントの更新」を参照してください。

注意

オンプレミスの VMware サーバーと Azure 間のディザスター リカバリー ソリューションを使用して VM を設定するシナリオでは、Hyper-V 統合コンポーネント サービスは使用できません。 その場合は、VMware のサポートに連絡して、VM を Azure に移行し、VMware サーバーに共存させるようにしてください。

Windows サービスの確認

次の各 Windows サービスが Windows の既定値に設定されていることを確認します。 これらのサービスは、VM の接続を確保するために構成する必要がある最小のものになります。 スタートアップの設定をリセットするには、次の例を実行します。

Get-Service -Name BFE, Dhcp, Dnscache, IKEEXT, iphlpsvc, nsi, mpssvc, RemoteRegistry |
  Where-Object StartType -ne Automatic |
    Set-Service -StartupType Automatic

Get-Service -Name Netlogon, Netman, TermService |
  Where-Object StartType -ne Manual |
    Set-Service -StartupType Manual

リモート デスクトップのレジストリ設定を更新する

リモート アクセスに関して次の設定が正しく構成されていることを確認します。

注意

Set-ItemProperty -Path 'HKLM:\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Windows NT\Terminal Services -Name <string> -Value <object> の実行時にエラー メッセージが表示された場合は、無視してかまいません。 これは、ドメインがグループ ポリシー オブジェクトを介してその構成を設定していないことを意味します。

  1. リモート デスクトップ プロトコル (RDP) が有効になっていることを確認します。

    Set-ItemProperty -Path 'HKLM:\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Terminal Server' -Name fDenyTSConnections -Value 0 -Type DWord -Force
    Set-ItemProperty -Path 'HKLM:\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Windows NT\Terminal Services' -Name fDenyTSConnections -Value 0 -Type DWord -Force
    
  2. 次のように、RDP ポートが既定のポート 3389 を使用して正しくセットアップされます。

    Set-ItemProperty -Path 'HKLM:\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Terminal Server\Winstations\RDP-Tcp' -Name PortNumber -Value 3389 -Type DWord -Force
    

    VM をデプロイすると、ポート 3389 に対する既定の規則が作成されます。 ポート番号を変更するには、VM が Azure にデプロイされた後で行ってください。

  3. 次のように、リスナーがすべてのネットワーク インターフェイスでリッスンしています。

    Set-ItemProperty -Path 'HKLM:\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Terminal Server\Winstations\RDP-Tcp' -Name LanAdapter -Value 0 -Type DWord -Force
    
  4. 次のように、RDP 接続のネットワーク レベル認証 (NLA) モードを構成します。

    Set-ItemProperty -Path 'HKLM:\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Terminal Server\WinStations\RDP-Tcp' -Name UserAuthentication -Value 1 -Type DWord -Force
    Set-ItemProperty -Path 'HKLM:\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Terminal Server\WinStations\RDP-Tcp' -Name SecurityLayer -Value 1 -Type DWord -Force
    Set-ItemProperty -Path 'HKLM:\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Terminal Server\WinStations\RDP-Tcp' -Name fAllowSecProtocolNegotiation -Value 1 -Type DWord -Force
    
  5. キープアライブ値を設定します。

    Set-ItemProperty -Path 'HKLM:\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Windows NT\Terminal Services' -Name KeepAliveEnable -Value 1  -Type DWord -Force
    Set-ItemProperty -Path 'HKLM:\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Windows NT\Terminal Services' -Name KeepAliveInterval -Value 1  -Type DWord -Force
    Set-ItemProperty -Path 'HKLM:\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Terminal Server\Winstations\RDP-Tcp' -Name KeepAliveTimeout -Value 1 -Type DWord -Force
    
  6. 次のように、再接続オプションを設定します。

    Set-ItemProperty -Path 'HKLM:\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Windows NT\Terminal Services' -Name fDisableAutoReconnect -Value 0 -Type DWord -Force
    Set-ItemProperty -Path 'HKLM:\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Terminal Server\Winstations\RDP-Tcp' -Name fInheritReconnectSame -Value 1 -Type DWord -Force
    Set-ItemProperty -Path 'HKLM:\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Terminal Server\Winstations\RDP-Tcp' -Name fReconnectSame -Value 0 -Type DWord -Force
    
  7. コンカレント接続数を制限します。

    Set-ItemProperty -Path 'HKLM:\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Terminal Server\Winstations\RDP-Tcp' -Name MaxInstanceCount -Value 4294967295 -Type DWord -Force
    
  8. RDP リスナーに関連付けられている自己署名証明書をすべて削除します。

    if ((Get-Item -Path 'HKLM:\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Terminal Server\WinStations\RDP-Tcp').Property -contains 'SSLCertificateSHA1Hash')
    {
        Remove-ItemProperty -Path 'HKLM:\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Terminal Server\WinStations\RDP-Tcp' -Name SSLCertificateSHA1Hash -Force
    }
    

    このコードにより、VM をデプロイすると接続できるようになります。 これらの設定は、VM が Azure にデプロイされた後にも確認できます。

  9. VM がドメインの一部である場合は、次のポリシーをチェックして、前の設定が元に戻されていないことを確認します。

    目標 ポリシー
    RDP が有効になっている [コンピューターの構成][ポリシー][Windows の設定][管理用テンプレート][コンポーネント][リモート デスクトップ サービス][リモート デスクトップ セッション ホスト][接続] ユーザーがリモート デスクトップを使用してリモートで接続できるようにする
    NLA グループ ポリシー [設定][管理用テンプレート][コンポーネント][リモート デスクトップ サービス][リモート デスクトップ セッション ホスト][セキュリティ] NLA を使ってリモート アクセスにユーザー認証を要求する
    キープ アライブ設定 [コンピューターの構成][ポリシー][Windows の設定][管理用テンプレート][Windows コンポーネント][リモート デスクトップ サービス][リモート デスクトップ セッション ホスト][接続] キープアライブ接続間隔を構成する
    再接続設定 [コンピューターの構成][ポリシー][Windows の設定][管理用テンプレート][Windows コンポーネント][リモート デスクトップ サービス][リモート デスクトップ セッション ホスト][接続] 自動的に再接続する
    限られた数の接続の設定 [コンピューターの構成][ポリシー][Windows の設定][管理用テンプレート][Windows コンポーネント][リモート デスクトップ サービス][リモート デスクトップ セッション ホスト][接続] 接続数を制限する

Windows ファイアウォール規則の構成

  1. 3 つのプロファイル (ドメイン、標準、パブリック) で Windows ファイアウォールを有効にします。

    Set-NetFirewallProfile -Profile Domain, Public, Private -Enabled True
    
  2. 次の例を実行して、3 つのファイアウォール プロファイル (ドメイン、プライベート、パブリック) を通じて WinRM を許可し、PowerShell リモート サービスを有効にします。

    Enable-PSRemoting -Force
    Set-NetFirewallRule -Name WINRM-HTTP-In-TCP, WINRM-HTTP-In-TCP-PUBLIC -Enabled True
    
  3. RDP トラフィックを許可するために以下のファイアウォール規則を有効にします。

    Set-NetFirewallRule -Group '@FirewallAPI.dll,-28752' -Enabled True
    
  4. VM が仮想ネットワーク内部の ping 要求に応答できるように、"ファイルとプリンターの共有" 規則を有効にします。

    Set-NetFirewallRule -Name FPS-ICMP4-ERQ-In -Enabled True
    
  5. Azure プラットフォーム ネットワークのルールを作成します。

    New-NetFirewallRule -DisplayName AzurePlatform -Direction Inbound -RemoteAddress 168.63.129.16 -Profile Any -Action Allow -EdgeTraversalPolicy Allow
    New-NetFirewallRule -DisplayName AzurePlatform -Direction Outbound -RemoteAddress 168.63.129.16 -Profile Any -Action Allow
    
  6. VM がドメインの一部である場合は、次の Azure AD ポリシーをチェックして、前の設定が元に戻されていないことを確認します。

    目標 ポリシー
    Windows ファイアウォール プロファイルを有効にする [コンピューターの構成][ポリシー][Windows の設定][管理用テンプレート][ネットワーク][ネットワーク接続][Windows ファイアウォール][ドメイン プロファイル][Windows ファイアウォール] すべてのネットワーク接続を保護する
    RDP を有効にする [コンピューターの構成][ポリシー][Windows の設定][管理用テンプレート][ネットワーク][ネットワーク接続][Windows ファイアウォール][ドメイン プロファイル][Windows ファイアウォール] 着信リモート デスクトップの例外を許可する
    [コンピューターの構成][ポリシー][Windows の設定][管理用テンプレート][ネットワーク][ネットワーク接続][Windows ファイアウォール][標準プロファイル][Windows ファイアウォール] 着信リモート デスクトップの例外を許可する
    ICMP-V4 を有効にする [コンピューターの構成][ポリシー][Windows の設定][管理用テンプレート][ネットワーク][ネットワーク接続][Windows ファイアウォール][ドメイン プロファイル][Windows ファイアウォール] ICMP の例外を許可する
    [コンピューターの構成][ポリシー][Windows の設定][管理用テンプレート][ネットワーク][ネットワーク接続][Windows ファイアウォール][標準プロファイル][Windows ファイアウォール] ICMP の例外を許可する

VM の確認

VM が正常であり、セキュリティで保護されており、RDP アクセス可能であることを確認します。

  1. ディスクが正常で一貫性があることを確認するには、次回の VM 再起動時にディスクをチェックします。

    chkdsk.exe /f
    

    クリーンで正常なディスクがレポートに示されていることを確認してください。

  2. ブート構成データ (BCD) を設定します。

    cmd
    
    bcdedit.exe /set "{bootmgr}" integrityservices enable
    bcdedit.exe /set "{default}" device partition=C:
    bcdedit.exe /set "{default}" integrityservices enable
    bcdedit.exe /set "{default}" recoveryenabled Off
    bcdedit.exe /set "{default}" osdevice partition=C:
    bcdedit.exe /set "{default}" bootstatuspolicy IgnoreAllFailures
    
    #Enable Serial Console Feature
    bcdedit.exe /set "{bootmgr}" displaybootmenu yes
    bcdedit.exe /set "{bootmgr}" timeout 5
    bcdedit.exe /set "{bootmgr}" bootems yes
    bcdedit.exe /ems "{current}" ON
    bcdedit.exe /emssettings EMSPORT:1 EMSBAUDRATE:115200
    
    exit
    
  3. Dump ログは、Windows のクラッシュの問題をトラブルシューティングするのに役立つ場合があります。 Dump ログ コレクションを有効にします。

    # Set up the guest OS to collect a kernel dump on an OS crash event
    Set-ItemProperty -Path 'HKLM:\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\CrashControl' -Name CrashDumpEnabled -Type DWord -Force -Value 2
    Set-ItemProperty -Path 'HKLM:\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\CrashControl' -Name DumpFile -Type ExpandString -Force -Value "%SystemRoot%\MEMORY.DMP"
    Set-ItemProperty -Path 'HKLM:\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\CrashControl' -Name NMICrashDump -Type DWord -Force -Value 1
    
    # Set up the guest OS to collect user mode dumps on a service crash event
    $key = 'HKLM:\SOFTWARE\Microsoft\Windows\Windows Error Reporting\LocalDumps'
    if ((Test-Path -Path $key) -eq $false) {(New-Item -Path 'HKLM:\SOFTWARE\Microsoft\Windows\Windows Error Reporting' -Name LocalDumps)}
    New-ItemProperty -Path $key -Name DumpFolder -Type ExpandString -Force -Value 'C:\CrashDumps'
    New-ItemProperty -Path $key -Name CrashCount -Type DWord -Force -Value 10
    New-ItemProperty -Path $key -Name DumpType -Type DWord -Force -Value 2
    Set-Service -Name WerSvc -StartupType Manual
    
  4. Windows Management Instrumentation (WMI) リポジトリに一貫性があることを確認します。

    winmgmt.exe /verifyrepository
    

    リポジトリが破損している場合は、「WMI:リポジトリが破損しているかどうか」を参照してください。

  5. TermService 以外のアプリケーションがポート 3389 を使用していないことを確認してください。 このポートは、Azure の RDP サービスに使用します。 VM で使用されているポートを確認するには、netstat.exe -anob を実行します。

    netstat.exe -anob
    

    以下に例を示します。

    netstat.exe -anob | findstr 3389
    TCP    0.0.0.0:3389           0.0.0.0:0              LISTENING       4056
    TCP    [::]:3389              [::]:0                 LISTENING       4056
    UDP    0.0.0.0:3389           *:*                                    4056
    UDP    [::]:3389              *:*                                    4056
    
    tasklist /svc | findstr 4056
    svchost.exe                   4056 TermService
    
  6. ドメイン コントローラーである Windows VHD をアップロードするには、次のようにします。

    • この追加の手順に従って、ディスクを準備します。

    • Directory Services Restore Mode (DSRM) で VM を起動しなければならない場合に備えて、DSRM パスワードを把握しておいてください。 詳細については、「DSRM パスワードの設定」を参照してください。

  7. あらかじめ登録された Administrator アカウントとパスワードを把握していることを確認します。 現在のローカル Administrator パスワードをリセットし、このアカウントを使用して RDP 接続を介して Windows にサインイン可能であることを確認することもできます。 このアクセス許可は、"リモート デスクトップ サービスを使ったログオンを許可" グループ ポリシー オブジェクトによって制御されています。 このオブジェクトは、次の場所からローカル グループ ポリシー エディターで表示します。

    • Computer Configuration\Windows Settings\Security Settings\Local Policies\User Rights Assignment
  8. 次の Azure AD ポリシーをチェックして、RDP アクセスをブロックしていないことを確認します。

    • Computer Configuration\Windows Settings\Security Settings\Local Policies\User Rights Assignment\Deny access to this computer from the network

    • Computer Configuration\Windows Settings\Security Settings\Local Policies\User Rights Assignment\Deny log on through Remote Desktop Services

  9. 次の Azure AD ポリシーをチェックして、必要なアクセス アカウントがいずれも削除されていないことを確認します。

    • Computer Configuration\Windows Settings\Security Settings\Local Policies\User Rights Assignment\Access this computer from the network

    ポリシーには次のグループが一覧表示されるはずです。

    • 管理者

    • Backup Operators

    • Everyone

    • ユーザー

  10. VM を再起動して、Windows が引き続き正常であり、RDP 接続を介してアクセス可能であることを確認します。 この時点で、ローカル Hyper-V サーバーに VM を作成して、VM が完全に起動することを確認することを検討してください。 次に、RDP を介して VM に到達できることを確認するためのテストを実行します。

  11. 余分な Transport Driver Interface (TDI) フィルターはすべて削除します。 たとえば、TCP パケットや追加のファイアウォールを分析するソフトウェアは削除します。

  12. 物理コンポーネントまたはその他の仮想化テクノロジに関連する、その他のサードパーティ ソフトウェアまたはドライバーをアンインストールします。

Windows 更新プログラムのインストール

注意

VM のプロビジョニング中に誤って再起動が行われないようにするために、Windows のすべての更新プログラムのインストールを完了し、保留中の再起動がないことを確認することをお勧めします。 これを行う 1 つの方法は、Azure への移行を実行する前に、すべての Windows 更新プログラムをインストールし、VM を再起動することです。

また、OS (sysprep) の一般化を行う必要がある場合は、Sysprep コマンドを実行する前に、Windows を更新して VM を再起動する必要があります。

理想的には、継続して "パッチ レベル" でマシンを更新する必要があります。そうできない場合は、以下の更新プログラムがインストールされていることを確認してください。 最新の更新プログラムを入手するには、Windows Update の履歴ページを参照してください。Windows 10 および Windows Server 2019Windows 8.1 および Windows Server 2012 R2Windows 7 SP1 および Windows Server 2008 R2 SP1


コンポーネント Binary Windows 7 SP1、Windows Server 2008 R2 SP1 Windows 8、Windows Server 2012 Windows 8.1、Windows Server 2012 R2 Windows 10 v1607、Windows Server 2016 v1607 Windows 10 v1703 Windows 10 v1709、Windows Server 2016 v1709 Windows 10 v1803、Windows Server 2016 v1803
ストレージ disk.sys 6.1.7601.23403 - KB3125574 6.2.9200.17638 / 6.2.9200.21757 - KB3137061 6.3.9600.18203 - KB3137061 - - - -
storport.sys 6.1.7601.23403 - KB3125574 6.2.9200.17188 / 6.2.9200.21306 - KB3018489 6.3.9600.18573 - KB4022726 10.0.14393.1358 - KB4022715 10.0.15063.332 - -
ntfs.sys 6.1.7601.23403 - KB3125574 6.2.9200.17623 / 6.2.9200.21743 - KB3121255 6.3.9600.18654 - KB4022726 10.0.14393.1198 - KB4022715 10.0.15063.447 - -
Iologmsg.dll 6.1.7601.23403 - KB3125574 6.2.9200.16384 - KB2995387 - - - - -
Classpnp.sys 6.1.7601.23403 - KB3125574 6.2.9200.17061 / 6.2.9200.21180 - KB2995387 6.3.9600.18334 - KB3172614 10.0.14393.953 - KB4022715 - - -
Volsnap.sys 6.1.7601.23403 - KB3125574 6.2.9200.17047 / 6.2.9200.21165 - KB2975331 6.3.9600.18265 - KB3145384 - 10.0.15063.0 - -
partmgr.sys 6.1.7601.23403 - KB3125574 6.2.9200.16681 - KB2877114 6.3.9600.17401 - KB3000850 10.0.14393.953 - KB4022715 10.0.15063.0 - -
volmgr.sys 10.0.15063.0 - -
Volmgrx.sys 6.1.7601.23403 - KB3125574 - - - 10.0.15063.0 - -
Msiscsi.sys 6.1.7601.23403 - KB3125574 6.2.9200.21006 - KB2955163 6.3.9600.18624 - KB4022726 10.0.14393.1066 - KB4022715 10.0.15063.447 - -
Msdsm.sys 6.1.7601.23403 - KB3125574 6.2.9200.21474 - KB3046101 6.3.9600.18592 - KB4022726 - - - -
Mpio.sys 6.1.7601.23403 - KB3125574 6.2.9200.21190 - KB3046101 6.3.9600.18616 - KB4022726 10.0.14393.1198 - KB4022715 - - -
vmstorfl.sys 6.3.9600.18907 - KB4072650 6.3.9600.18080 - KB3063109 6.3.9600.18907 - KB4072650 10.0.14393.2007 - KB4345418 10.0.15063.850 - KB4345419 10.0.16299.371 - KB4345420 -
Fveapi.dll 6.1.7601.23311 - KB3125574 6.2.9200.20930 - KB2930244 6.3.9600.18294 - KB3172614 10.0.14393.576 - KB4022715 - - -
Fveapibase.dll 6.1.7601.23403 - KB3125574 6.2.9200.20930 - KB2930244 6.3.9600.17415 - KB3172614 10.0.14393.206 - KB4022715 - - -
ネットワーク netvsc.sys - - - 10.0.14393.1198 - KB4022715 10.0.15063.250 - KB4020001 - -
mrxsmb10.sys 6.1.7601.23816 - KB4022722 6.2.9200.22108 - KB4022724 6.3.9600.18603 - KB4022726 10.0.14393.479 - KB4022715 10.0.15063.483 - -
mrxsmb20.sys 6.1.7601.23816 - KB4022722 6.2.9200.21548 - KB4022724 6.3.9600.18586 - KB4022726 10.0.14393.953 - KB4022715 10.0.15063.483 - -
mrxsmb.sys 6.1.7601.23816 - KB4022722 6.2.9200.22074 - KB4022724 6.3.9600.18586 - KB4022726 10.0.14393.953 - KB4022715 10.0.15063.0 - -
tcpip.sys 6.1.7601.23761 - KB4022722 6.2.9200.22070 - KB4022724 6.3.9600.18478 - KB4022726 10.0.14393.1358 - KB4022715 10.0.15063.447 - -
http.sys 6.1.7601.23403 - KB3125574 6.2.9200.17285 - KB3042553 6.3.9600.18574 - KB4022726 10.0.14393.251 - KB4022715 10.0.15063.483 - -
vmswitch.sys 6.1.7601.23727 - KB4022719 6.2.9200.22117 - KB4022724 6.3.9600.18654 - KB4022726 10.0.14393.1358 - KB4022715 10.0.15063.138 - -
コア ntoskrnl.exe 6.1.7601.23807 - KB4022719 6.2.9200.22170 - KB4022718 6.3.9600.18696 - KB4022726 10.0.14393.1358 - KB4022715 10.0.15063.483 - -
リモート デスクトップ サービス rdpcorets.dll 6.2.9200.21506 - KB4022719 6.2.9200.22104 - KB4022724 6.3.9600.18619 - KB4022726 10.0.14393.1198 - KB4022715 10.0.15063.0 - -
termsrv.dll 6.1.7601.23403 - KB3125574 6.2.9200.17048 - KB2973501 6.3.9600.17415 - KB3000850 10.0.14393.0 - KB4022715 10.0.15063.0 - -
termdd.sys 6.1.7601.23403 - KB3125574 - - - - - -
win32k.sys 6.1.7601.23807 - KB4022719 6.2.9200.22168 - KB4022718 6.3.9600.18698 - KB4022726 10.0.14393.594 - KB4022715 - - -
rdpdd.dll 6.1.7601.23403 - KB3125574 - - - - - -
rdpwd.sys 6.1.7601.23403 - KB3125574 - - - - - -
Security MS17-010 KB4012212 KB4012213 KB4012213 KB4012606 KB4012606 - -
KB4012216 KB4013198 KB4013198 - -
KB4012215 KB4012214 KB4012216 KB4013429 KB4013429 - -
KB4012217 KB4013429 KB4013429 - -
CVE-2018-0886 KB4103718 KB4103730 KB4103725 KB4103723 KB4103731 KB4103727 KB4103721
KB4103712 KB4103726 KB4103715

注意

VM のプロビジョニング中に誤って再起動されないようにするために、すべての Windows Update インストールが完了し、保留中の更新プログラムがないことを確認することをお勧めします。 これを行う 1 つの方法は、考えられるすべての Windows 更新プログラムをインストールし、一度再起動してから、sysprep.exe コマンドを実行します。

Sysprep を使用する状況の判断

システム準備ツール (sysprep.exe) は、Windows インストールをリセットするために使用できるプロセスです。 Sysprep は、個人データをすべて削除し、コンポーネントをいくつかリセットすることによって、"すぐに使用できる" エクスペリエンスを提供します。

sysprep.exe は通常、特定の構成を持つ他の複数の VM のデプロイ元となるテンプレートを作成するために実行します。 このテンプレートは、一般化されたイメージ と呼ばれます。

1 つのディスクから 1 つの VM のみを作成する場合は、Sysprep を使用する必要はありません。 代わりに、特殊化されたイメージ から VM を作成することができます。 特殊化されたディスクから VM を作成する方法については、以下を参照してください。

一般化されたイメージを作成する場合は、Sysprep を実行する必要があります。 詳しくは、「How to use Sysprep: An Introduction」 (Sysprep の使用方法: 概要) をご覧ください。

Windows ベースのコンピューターにインストールされているロールまたはアプリケーションには、一般化されたイメージをサポートしていないものもあります。 この手順を使用する前に、Sysprep でお使いのコンピューターのロールがサポートされていることを確認してください。 詳しくは、「Sysprep Support for Server Roles (サーバー ロールの sysprep サポート)」を参照してください。

特に、Sysprep では、実行前にドライブを完全に復号化する必要があります。 VM で暗号化を有効にしている場合は、Sysprep を実行する前に無効にしてください。

VHD の一般化

注意

既存の Azure VM から汎用イメージを作成する場合は、sysprep を実行する前に VM 拡張機能を削除することをお勧めします。

注意

次の手順で sysprep.exe を実行した後、VM をオフにします。 Azure でそれからイメージを作成するまでは再びオンにしないでください。

  1. Windows VM にサインインします。

  2. PowerShell セッションを管理者として実行します。

  3. panther ディレクトリ (C:\Windows\Panther) を削除します。

  4. ディレクトリを %windir%\system32\sysprep に変更します 次に、sysprep.exe を実行します。

  5. [システム準備ツール] ダイアログ ボックスで [システムの OOBE (Out-of-Box Experience) に入る] を選択し、 [一般化する] チェック ボックスがオンになっていることを確認します。

    システム準備ツール

  6. [シャットダウン オプション][シャットダウン] を選択します。

  7. [OK] を選択します。

  8. Sysprep が完了したら、VM をシャットダウンします。 VM をシャットダウンするために [再起動] を使用しないでください。

これで VHD をアップロードする準備ができました。 一般化されたディスクから VM を作成する方法の詳細については、一般化された VHD のアップロードと Azure での新しい VM の作成に関するページをご覧ください。

注意

カスタム unattend.xml ファイルはサポートされていません。 additionalUnattendContent プロパティはサポートされていますが、Azure プロビジョニング エージェントが使用する unattend.xml ファイルに microsoft-windows-shell-setup オプションを追加するためのサポートは限られています。 たとえば、FirstLogonCommands と LogonCommands を追加するには、additionalUnattendContent を使用できます。 詳細については、「additionalUnattendContent FirstLogonCommands の例」をご覧ください。

仮想ディスクを容量固定の VHD に変換する

このセクションのいずれかの方法を使用して、仮想ディスクを Azure に必要な形式に変換し、サイズ変更します。

  1. 仮想ディスクの変換またはサイズ変更処理を実行する前に、VM をバックアップします。

  2. Windows VHD がローカル サーバーで正しく動作していることを確認します。 Azure に変換またはアップロードする前に、VM 自体に発生しているすべてのエラーを解決します。

  3. 仮想ディスクを固定の種類に変換します。

  4. Azure の要件を満たすように仮想ディスクのサイズを変更します。

    1. Azure のディスクの仮想サイズは、1 MiB にアラインする必要があります。 VHD に 1 MiB の端数がある場合は、1 MiB の倍数になるようにディスクのサイズを変更する必要があります。 MiB の端数があるディスクでは、アップロードした VHD からイメージを作成する際にエラーが発生します。 サイズを確認するには、PowerShell の Get-VHD コマンドレットを使用し、"Size" (Azure で 1 MiB の倍数である必要があります) と "FileSize" ("Size" に VHD フッターの 512 バイトを足した値に等しくなります) を表示します。

      $vhd = Get-VHD -Path C:\test\MyNewVM.vhd
      $vhd.Size % 1MB
      0
      $vhd.FileSize - $vhd.Size
      512
      
    2. 第 1 世代 VM で OS VHD に許容される最大サイズは 2,048 GiB (2 TiB) です。

    3. データ ディスクの最大サイズは 32,767 GiB (32 TiB) です。

注意

  • 固定ディスクに変換し、必要に応じてサイズを変更した後に Windows OS ディスクを準備する場合は、そのディスクを使用する VM を作成します。 VM を起動してサインインし、この記事のセクションを続行して、アップロードの準備を完了します。
  • データ ディスクを準備している場合は、このセクションで中断し、ディスクのアップロードに進むことができます。

Hyper-V マネージャーを使用してディスクを変換する

  1. Hyper-V マネージャーを開いて、左側のローカル コンピューターを選択します。 コンピューター リストの上にあるメニューで、 [アクション] > [ディスクの編集] の順に選択します。
  2. [仮想ハード ディスクの場所] ページで、お使いの仮想ディスクを選択します。
  3. [アクションの選択] ページで、 [変換] > [次へ] の順に選択します。
  4. VHDX から変換するには、 [VHD] > [次へ] の順に選択します。
  5. 容量可変ディスクから変換するには、 [容量固定] > [次へ] の順に選択します。
  6. 新しい VHD ファイルの保存先となるパスを見つけて選択します。
  7. [完了] を選択します。

PowerShell を使用してディスクを変換する

PowerShell で Convert-VHD コマンドレットを使用して、仮想ディスクを変換できます。 このコマンドレットのインストールに関する情報が必要な場合は、Hyper-V ロールのインストールに関するページを参照してください。

次の例は、ディスクを VHDX から VHD に変換します。 また、ディスクを容量可変ディスクを容量固定ディスクに変換します。

Convert-VHD -Path C:\test\MyVM.vhdx -DestinationPath C:\test\MyNewVM.vhd -VHDType Fixed

この例で、Path の値を、変換する仮想ハード ディスクのパスに置き換えてください。 DestinationPath の値を、変換したディスクの新しいパスおよび名前に置き換えます。

Hyper-V マネージャーを使用してディスクのサイズを変更する

  1. Hyper-V マネージャーを開いて、左側のローカル コンピューターを選択します。 コンピューター リストの上にあるメニューで、 [アクション] > [ディスクの編集] の順に選択します。
  2. [仮想ハード ディスクの場所] ページで、お使いの仮想ディスクを選択します。
  3. [アクションの選択] ページで、 [展開] > [次へ] の順に選択します。
  4. [仮想ハード ディスクの場所] ページで、新しいサイズを GiB 単位で入力し、 [次へ] を選択します。
  5. [完了] を選択します。

PowerShell を使用してディスクのサイズを変更する

PowerShell で Resize-VHD コマンドレットを使用して、仮想ディスクのサイズを変更できます。 このコマンドレットのインストールに関する情報が必要な場合は、Hyper-V ロールのインストールに関するページを参照してください。

次の例では、Azure のアラインメント要件を満たすために、ディスクのサイズを 100.5 MiB から 101 MiB に変更します。

Resize-VHD -Path C:\test\MyNewVM.vhd -SizeBytes 105906176

この例では、Path の値をサイズ変更する仮想ハード ディスクのパスに置き換えます。 SizeBytes の値を、ディスクの新しいサイズ (バイト単位) に置き換えます。

VMware VMDK ディスク フォーマットからの変換

VMDK ファイル形式の Windows VM イメージがある場合は、Azure Migrate を使用して VMDK を変換し、Azure にアップロードできます。

次の設定は、VHD のアップロードに影響しません。 ただし、これらを構成しておくことを強くお勧めします。

  • Azure 仮想マシン エージェントをインストールします。 その後で、VM 拡張機能を有効にできます。 VM 拡張機能によって、VM で使用する重要な機能のほとんどが実装されます。 たとえば、パスワードをリセットしたり、RDP を構成したりするには、拡張機能が必要です。 詳細については、「Azure 仮想マシン エージェントの概要」を参照してください。

  • Azure で VM を作成した後は、パフォーマンスを向上させるために、ページ ファイルを "テンポラル ドライブ ボリューム" 上に置くことをお勧めします。 次のようにファイルの配置をセットアップできます。

    Set-ItemProperty -Path 'HKLM:\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Session Manager\Memory Management' -Name PagingFiles -Value 'D:\pagefile.sys' -Type MultiString -Force
    

    データ ディスクが VM に接続されている場合、テンポラル ドライブ ボリュームの文字は通常 D になります。この指定は、設定や使用可能なドライブ数に応じて異なる場合があります。

    • ウイルス対策ソフトウェアによって提供されている可能性のあるスクリプト ブロッカーを無効にすることをお勧めします。 イメージから新しい VM をデプロイするときに実行される Windows プロビジョニング エージェント スクリプトが干渉されて、ブロックされる可能性があります。

次のステップ