Azure Virtual Machines で Premium ファイル共有を使用して SQL Server フェールオーバー クラスター インスタンスを構成するConfigure SQL Server Failover Cluster Instance with premium file share on Azure Virtual Machines

この記事では、Premium ファイル共有を使用して Azure Virtual Machines で SQL Server フェールオーバー クラスター インスタンス (FCI) を作成する方法について説明します。This article explains how to create a SQL Server failover cluster instance (FCI) on Azure virtual machines using a premium file share.

Premium ファイル共有は、SSD によってバックアップされる、継続的に待機時間の短いファイル共有であり、Windows Server (2012 以降) 上の SQL Server (2012 以降) のフェールオーバー クラスター インスタンスとの使用が完全にサポートされています。Premium file shares are SSD-backed consistently-low-latency file shares that are fully supported for use with Failover Cluster Instance for SQL Server 2012 and newer on Windows Server 2012 and newer. Premium ファイル共有を使用すると、柔軟性が向上し、ダウンタイムなしでファイル共有のサイズを変更したり拡張したりすることができます。Premium file shares give you greater flexibility, allowing you to resize and scale the file share without any downtime.

開始する前にBefore you begin

知っておく必要がある点と、実行前に用意が必要なことがいくつかあります。There are a few things you need to know and a couple of things that you need in place before you proceed.

次のテクノロジについて、運用上の理解が必要です。You should have an operational understanding of the following technologies:

1 つの重要な相違点として、Azure IaaS VM フェールオーバー クラスターでは、サーバー (クラスター ノード) ごとに 1 つの NIC、および 1 つのサブネットを使用することをお勧めしています。One important difference is that on an Azure IaaS VM failover cluster, we recommend a single NIC per server (cluster node) and a single subnet. Azure ネットワークは物理的な冗長性を備えているので、Azure IaaS VM ゲスト クラスターで NIC とサブネットを追加する必要はありません。Azure networking has physical redundancy that makes additional NICs and subnets unnecessary on an Azure IaaS VM guest cluster. クラスター検証レポートで、1 つのネットワークでしかノードに到達できないという警告が出されますが、Azure IaaS VM フェールオーバー クラスターではこの警告は無視して構いません。Although the cluster validation report will issue a warning that the nodes are only reachable on a single network, this warning can be safely ignored on Azure IaaS VM failover clusters.

さらに、次のテクノロジの概要について理解しておくことが必要です。Additionally, you should have a general understanding of the following technologies:

重要

現時点では、Azure 仮想マシン上の SQL Server フェールオーバー クラスター インスタンスは、SQL Server IaaS エージェント拡張機能軽量管理モードでのみサポートされています。At this time, SQL Server failover cluster instances on Azure virtual machines are only supported with the lightweight management mode of the SQL Server IaaS Agent Extension. 完全拡張機能モードから軽量に変更するには、対応する VM の SQL 仮想マシン リソースを削除し、それらを軽量モードの SQL VM リソース プロバイダーに登録します。To change from full extension mode to lightweight, delete the SQL Virtual Machine resource for the corresponding VMs and then register them with the SQL VM resource provider in lightweight mode. Azure portal を使用して SQL 仮想マシン リソースを削除するときに、正しい仮想マシンの横のチェックボックスをオフにします。When deleting the SQL Virtual Machine resource using the Azure portal, clear the checkbox next to the correct Virtual Machine. 完全拡張機能では、自動バックアップ、パッチ適用、高度なポータル管理などの機能がサポートされます。The full extension supports features such as automated backup, patching, and advanced portal management. エージェントを軽量管理モードで再インストールすると、これらの機能は SQL VM で動作しなくなります。These features will not work for SQL VMs after the agent is reinstalled in lightweight management mode.

ワークロードに関する考慮事項Workload consideration

Premium ファイル共有は、多くのワークロードのニーズを満たす IOPS とスループット容量を提供します。Premium file shares provide IOPS and throughout capacity that will meet the needs of many workloads. ただし、IO 集中型ワークロードの場合は、マネージド Premium ディスクまたは Ultra Disk に基づく、記憶域スペース ダイレクトを使用した SQL Server FCI を検討してください。However, for IO intensive workloads, consider SQL Server FCI with Storage Spaces Direct based on managed premium disks or ultra-disks.

デプロイまたは移行を開始する前に、現在の環境の IOPS アクティビティをチェックし、必要な IOPS が Premium ファイルで提供されることを確認します。Check the IOPS activity of your current environment and verify that premium files will provide the IOPS you need before starting a deployment or migration. Windows パフォーマンス モニターのディスク カウンターを使用し、SQL Server のデータ、ログ、および一時 DB ファイルに必要な合計 IOPS (ディスク転送数/秒) とスループット (ディスク バイト数/秒) を監視します。Use Windows Performance Monitor disk counters and monitor total IOPS (Disk Transfers/sec) and throughput (Disk bytes/sec) required for SQL Server Data, Log, and Temp DB files. 多くのワークロードにはバースティング IO があるため、使用率が高い時間帯にチェックして、最大 IOPS と平均 IOPS をメモしておくことをお勧めします。Many workloads have bursting IO so it is a good idea to check during heavy usage periods and note the max IOPS as well as average IOPS. Premium ファイル共有は、共有のサイズに基づいて IOPS を提供します。Premium files shares provide IOPS based on the size of the share. また、Premium ファイルには、最大 1 時間、IO をベースライン量の 3 倍にバーストできる無料バースティングも用意されています。Premium files also provide complimentary bursting where you can burst your IO to triple the baseline amount for up to one hour.

Premium ファイル共有のパフォーマンスの詳細については、「ファイル共有のパフォーマンス レベル」を参照してください。For more information about premium file share performance, see File share performance tiers.

ライセンスと価格Licensing and pricing

Azure Virtual Machines では、従量課金制 (PAYG) またはライセンス持ち込み (BYOL) VM イメージを使用して SQL Server の使用許可を与えることができます。On Azure Virtual Machines, you can license SQL Server using pay as you go (PAYG) or bring your own license (BYOL) VM images. 選択するイメージの種類が課金方法に影響を与えます。The type of image you choose affects how you are charged.

PAYG ライセンスでは、Azure Virtual Machines 上の SQL Server のフェールオーバー クラスター インスタンス (FCI) により、FCI のすべてのノード (パッシブ ノードを含む) に対する課金が発生します。With PAYG licensing, a failover cluster instance (FCI) of SQL Server on Azure Virtual Machines incurs charges for all nodes of FCI, including the passive nodes. 詳細については、「SQL Server Enterprise Virtual Machines の料金」を参照してください。For more information, see SQL Server Enterprise Virtual Machines Pricing.

ソフトウェア アシュアランスの Enterprise Agreement を締結している顧客には、アクティブ ノードごとに 1 つの無料のパッシブ FCI ノードを使用する権利があります。Customers with Enterprise Agreement with Software Assurance have the right to use one free passive FCI node for each active node. Azure でこの利点を利用するには、BYOL VM イメージを使用した後、FCI のアクティブ ノードとパッシブ ノードの両方で同じライセンスを使用します。To take advantage of this benefit in Azure, use BYOL VM images and then use the same license on both the active and passive nodes of the FCI. 詳細については、Enterprise Agreement に関するページを参照してください。For more information, see Enterprise Agreement.

SQL Server on Azure Virtual Machines の PAYG ライセンスと BYOL ライセンスを比較するには、SQL VM の概要に関するページを参照してください。To compare PAYG and BYOL licensing for SQL Server on Azure Virtual Machines see Get started with SQL VMs.

SQL Server のライセンスに関する完全な情報については、価格に関するページを参照してください。For complete information about licensing SQL Server, see Pricing.

制限事項Limitations

  • Filestream は、Premium ファイル共有のフェールオーバー クラスターではサポートされていません。Filestream is not supported for a failover cluster with a premium file share. Filestream を使用するには、記憶域スペース ダイレクトを使用してクラスターをデプロイします。To use filestream, deploy your cluster using Storage Spaces Direct.

前提条件Prerequisites

この記事の手順を実行する前に、次のものが必要です。Before following the instructions in this article, you should already have:

  • Microsoft Azure サブスクリプションが必要です。A Microsoft Azure subscription.
  • Azure Virtual Machines 上の Windows ドメイン。A Windows domain on Azure virtual machines.
  • Azure 仮想マシン内にオブジェクトを作成する権限を持つアカウント。An account with permission to create objects in the Azure virtual machine.
  • 十分な IP アドレス空間を持つ、次のコンポーネント用の Azure 仮想ネットワークとサブネット。An Azure virtual network and subnet with sufficient IP address space for the following components:
    • 両方の仮想マシン。Both virtual machines.
    • フェールオーバー クラスターの IP アドレス。The failover cluster IP address.
    • 各 FCI の IP アドレス。An IP address for each FCI.
  • Azure ネットワーク上で構成された、ドメイン コントローラーを指す DNS。DNS configured on the Azure Network, pointing to the domain controllers.
  • データ ファイル用のデータベースのストレージ クォータに基づいた Premium ファイル共有A premium file share based on the storage quota of your database for your data files.
  • データ ファイルに使用される Premium ファイル共有とは異なるバックアップ用のファイル共有。A file share for backups that is different than the premium file share used for your data files. このファイル共有は、Standard または Premium のいずれかになります。This file share can either be standard or premium.

これらの前提条件が整ったら、フェールオーバー クラスターの構築を開始できます。With these prerequisites in place, you can proceed with building your failover cluster. 最初の手順で、仮想マシンを作成します。The first step is to create the virtual machines.

手順 1:仮想マシンを作成するStep 1: Create virtual machines

  1. お使いのサブスクリプションで、Azure Portal にログインします。Log in to the Azure portal with your subscription.

  2. Azure 可用性セットを作成しますCreate an Azure availability set.

    可用性セットを利用すると、障害ドメインと更新ドメインの仮想マシンがグループ化されます。The availability set groups virtual machines across fault domains and update domains. 可用性セットがあると、アプリケーションがネットワーク スイッチ、サーバーのラックの電源装置など、単一障害点の影響を受けないようにすることができます。The availability set makes sure that your application is not affected by single points of failure, like the network switch or the power unit of a rack of servers.

    仮想マシンのリソース グループを作成していない場合、これは Azure 可用性セットの作成時に行います。If you have not created the resource group for your virtual machines, do it when you create an Azure availability set. 可用性セットの作成に Azure Portal を使用する場合は、次の手順を実行します。If you're using the Azure portal to create the availability set, do the following steps:

    • Azure Portal で [+] をクリックし、Azure Marketplace を開きます。In the Azure portal, click + to open the Azure Marketplace. "可用性セット" を検索します。Search for Availability set.
    • [可用性セット] をクリックします。Click Availability set.
    • Create をクリックしてください。Click Create.
    • [可用性セットの作成] ブレードで、次の値を設定します。On the Create availability set blade, set the following values:
      • Name:可用性セットの名前。Name: A name for the availability set.
      • サブスクリプション:Azure サブスクリプション。Subscription: Your Azure subscription.
      • [リソース グループ] :既存のグループを使用する場合は、 [既存のものを使用] をクリックし、ドロップダウン リストからグループを選択します。Resource group: If you want to use an existing group, click Use existing and select the group from the drop-down list. または、 [新規作成] を選択し、グループの名前を入力します。Otherwise choose Create New and type a name for the group.
      • [場所] :仮想マシンを作成する予定の場所を設定します。Location: Set the location where you plan to create your virtual machines.
      • [障害ドメイン] : 既定値 (3) を使用します。Fault domains: Use the default (3).
      • [更新ドメイン] : 既定値 (5) を使用します。Update domains: Use the default (5).
    • [作成] をクリックして可用性セットを作成します。Click Create to create the availability set.
  3. 可用性セット内に仮想マシンを作成します。Create the virtual machines in the availability set.

    Azure 可用性セット内に 2 つの SQL Server 仮想マシンをプロビジョニングします。Provision two SQL Server virtual machines in the Azure availability set. 手順については、「Azure Portal での SQL Server 仮想マシンのプロビジョニング」を参照してください。For instructions, see Provision a SQL Server virtual machine in the Azure portal.

    両方の仮想マシンを配置します。Place both virtual machines:

    • 可用性セットと同じ Azure リソース グループ内。In the same Azure resource group that your availability set is in.

    • ドメイン コントローラーと同じネットワーク内。On the same network as your domain controller.

    • 両方の仮想マシン、およびこのクラスター上で最終的に使用するすべての FCI 用に十分な IP アドレス空間を持つサブネット内。On a subnet with sufficient IP address space for both virtual machines, and all FCIs that you may eventually use on this cluster.

    • Azure 可用性セット内。In the Azure availability set.

      重要

      仮想マシンを作成した後に可用性セットを設定または変更することはできません。You cannot set or change availability set after a virtual machine has been created.

    Azure Marketplace からイメージを選択します。Choose an image from the Azure Marketplace. Windows Server と SQL Server、または Windows Server だけを含む Marketplace イメージを使用できます。You can use a Marketplace image with that includes Windows Server and SQL Server, or just the Windows Server. 詳細については、「Azure Virtual Machines における SQL Server の概要」を参照してください。For details, see Overview of SQL Server on Azure Virtual Machines

    Azure ギャラリーの SQL Server の公式イメージには、インストール済みの SQL Server インスタンス、SQL Server のインストール ソフトウェア、必要なキーが含まれます。The official SQL Server images in the Azure Gallery include an installed SQL Server instance, plus the SQL Server installation software, and the required key.

    重要

    仮想マシンを作成した後、事前にインストールされていたスタンドアロンの SQL Server インスタンスを削除します。After you create the virtual machine, remove the pre-installed standalone SQL Server instance. フェールオーバー クラスターと Premium ファイル共有を記憶域として構成したら、プレインストールされた SQL Server メディアを使用して SQL Server FCI を作成します。You will use the pre-installed SQL Server media to create the SQL Server FCI after you configure the failover cluster and premium file share as storage.

    または、オペレーティング システムだけを含む Azure Marketplace イメージを使用することができます。Alternatively, you can use Azure Marketplace images with just the operating system. フェールオーバー クラスターと Premium ファイル共有を記憶域として構成した後、Windows Server 2016 Datacenter イメージを選択し、SQL Server FCI をインストールします。Choose a Windows Server 2016 Datacenter image and install the SQL Server FCI after you configure the failover cluster and premium file share as storage. このイメージには、SQL Server インストール メディアは含まれません。This image does not contain SQL Server installation media. 各サーバーへの SQL Server のインストールを実行できる場所に、インストール メディアを配置します。Place the installation media in a location where you can run the SQL Server installation for each server.

  4. Azure によって仮想マシンが作成されたら、RDP で各仮想マシンに接続します。After Azure creates your virtual machines, connect to each virtual machine with RDP.

    RDP で最初に仮想マシンに接続する際、コンピューターによって、この PC をネットワーク上で検出可能にするかどうかが確認されます。When you first connect to a virtual machine with RDP, the computer asks if you want to allow this PC to be discoverable on the network. [はい] をクリックします。Click Yes.

  5. SQL Server ベースの仮想マシン イメージの 1 つを使用している場合は、SQL Server インスタンスを削除します。If you are using one of the SQL Server-based virtual machine images, remove the SQL Server instance.

    • [プログラムと機能][Microsoft SQL Server 201_ (64 ビット)] を右クリックし、 [アンインストールと変更] をクリックします。In Programs and Features, right-click Microsoft SQL Server 201_ (64-bit) and click Uninstall/Change.

    • [削除] をクリックします。Click Remove.

    • 既定のインスタンスを選択します。Select the default instance.

    • [データベース エンジン サービス] のすべての機能を削除します。Remove all features under Database Engine Services. [共有機能] は削除しないでください。Do not remove Shared Features. 次の図を参照してください。See the following picture:

      機能を削除する

    • [次へ] をクリックし、 [削除] をクリックします。Click Next, and then click Remove.

  6. ファイアウォール ポートを開きます。Open the firewall ports.

    各仮想マシンで、Windows ファイアウォールの次のポートを開きます。On each virtual machine, open the following ports on the Windows Firewall.

    目的Purpose TCP ポートTCP Port メモNotes
    SQL ServerSQL Server 14331433 SQL Server の既定のインスタンスの通常のポートです。Normal port for default instances of SQL Server. ギャラリーからイメージを使用した場合、このポートが自動的に開きます。If you used an image from the gallery, this port is automatically opened.
    正常性プローブHealth probe 5999959999 開いている任意の TCP ポートです。Any open TCP port. 後の手順で、このポートを使用するようにロード バランサーの正常性プローブとクラスターを構成します。In a later step, configure the load balancer health probe and the cluster to use this port.
    ファイル共有File share 445445 ファイル共有サービスによって使用されるポート。Port used by the file share service.
  7. 既存のドメインに仮想マシンを追加しますAdd the virtual machines to your pre-existing domain.

仮想マシンを作成して構成したら、Premium ファイル共有を構成できます。After the virtual machines are created and configured, you can configure the premium file share.

手順 2:Premium ファイル共有をマウントするStep 2: Mount premium file share

  1. Azure portal にサインインし、お使いのストレージ アカウントに移動します。Sign into the Azure portal and go to your storage account.

  2. [ファイル サービス][ファイル共有] に移動し、SQL ストレージに使用する Premium ファイル共有を選択します。Go to File Shares under File service and select the premium file share you want to use for your SQL storage.

  3. [接続] を選択して、ファイル共有の接続文字列を表示します。Select Connect to bring up the connection string for your file share.

  4. 使用するドライブ文字をドロップダウンから選択し、両方のコード ブロックをメモ帳にコピーします。Select the drive letter you want to use from the drop-down and then copy both code blocks to a notepad.

    ファイル共有接続ポータルから両方の PowerShell コマンドをコピーする
  5. SQL Server FCI がサービス アカウントに使用するアカウントを使用して、SQL Server VM に RDP 接続します。RDP into the SQL Server VM using the account that your SQL Server FCI will use for the service account.

  6. 管理 PowerShell コマンド コンソールを起動します。Launch an administrative PowerShell command console.

  7. 前の手順で保存したコマンドをポータルから実行します。Run the commands from the portal you saved earlier.

  8. ファイル エクスプローラーで、またはネットワーク パス \\storageaccountname.file.core.windows.net\filesharename を使って [Run](実行) ダイアログ ボックス (Windows キー + r) で共有に移動します。Navigate to the share with either file explorer or the Run dialog box (Windows key + r) using the network path \\storageaccountname.file.core.windows.net\filesharename. 例: \\sqlvmstorageaccount.file.core.windows.net\sqlpremiumfileshareExample: \\sqlvmstorageaccount.file.core.windows.net\sqlpremiumfileshare

  9. 新しく接続されたファイル共有に、SQL データ ファイルを配置するフォルダーを少なくとも 1 つ作成します。Create at least one folder on the newly connected file share to place your SQL Data files into.

  10. クラスターに参加する各 SQL Server VM で、この手順を繰り返します。Repeat these steps on each SQL Server VM that will participate in the cluster.

重要

バックアップ ファイル用に別のファイル共有を使用して、この共有の IOPS とサイズ容量をデータとログ ファイル用に確保することを検討してください。Consider using a separate file share for backup files to save the IOPS and size capacity of this share for Data and Log file. バックアップ ファイルには、Premium または Standard のいずれのファイル共有も使用できますYou can use either a Premium or Standard File Share for backup files

手順 3:ファイル共有を使用してフェールオーバー クラスターを構成するStep 3: Configure failover cluster with file share

次の手順では、フェールオーバー クラスターを構成します。The next step is to configure the failover cluster. この手順では、次のサブ手順を実行します。In this step, you will do the following substeps:

  1. Windows フェールオーバー クラスタリング機能を追加するAdd Windows Failover Clustering feature
  2. クラスターを検証するValidate the cluster
  3. フェールオーバー クラスターを作成するCreate the failover cluster
  4. クラウド監視を作成するCreate the cloud witness

Windows フェールオーバー クラスタリング機能を追加するAdd Windows Failover Clustering feature

  1. これを開始するには、ローカルの Administrators のメンバーであり、かつ Active Directory でオブジェクトを作成するアクセス許可を持つドメイン アカウントを使用して、RDP で最初の仮想マシンに接続します。To begin, connect to the first virtual machine with RDP using a domain account that is a member of local administrators, and has permissions to create objects in Active Directory. このアカウントを使用して、構成を進めます。Use this account for the rest of the configuration.

  2. 各仮想マシンにフェールオーバー クラスタリング機能を追加しますAdd Failover Clustering feature to each virtual machine.

    UI からフェールオーバー クラスタリング機能をインストールするには、両方の仮想マシンで次の手順を実行します。To install Failover Clustering feature from the UI, do the following steps on both virtual machines.

    • [サーバー マネージャー] で、 [管理][役割と機能の追加] の順にクリックします。In Server Manager, click Manage, and then click Add Roles and Features.
    • 役割と機能の追加ウィザードで、 [機能の選択] ページが表示されるまで [次へ] をクリックします。In Add Roles and Features Wizard, click Next until you get to Select Features.
    • [機能の選択][フェールオーバー クラスタリング] をクリックします。In Select Features, click Failover Clustering. 必要なすべての機能と管理ツールを含めます。Include all required features and the management tools. [機能の追加] をクリックします。Click Add Features.
    • [次へ] をクリックし、 [完了] をクリックして、機能をインストールします。Click Next and then click Finish to install the features.

    PowerShell を使用したフェールオーバー クラスタリング機能をインストールするには、いずれかの仮想マシン上の管理者 PowerShell セッションから次のスクリプトを実行します。To install the Failover Clustering feature with PowerShell, run the following script from an administrator PowerShell session on one of the virtual machines.

    $nodes = ("<node1>","<node2>")
    Invoke-Command  $nodes {Install-WindowsFeature Failover-Clustering -IncludeAllSubFeature -IncludeManagementTools}
    

クラスターを検証するValidate the cluster

このガイドは、クラスターの検証に関するセクションの手順に沿っています。This guide refers to instructions under validate cluster.

UI または PowerShell を使用して、クラスターを検証します。Validate the cluster in the UI or with PowerShell.

UI を使用してクラスターを検証するには、いずれかの仮想マシンから次の手順を実行します。To validate the cluster with the UI, do the following steps from one of the virtual machines.

  1. [サーバー マネージャー] で、 [ツール][フェールオーバー クラスター マネージャー] の順にクリックします。In Server Manager, click Tools, then click Failover Cluster Manager.

  2. [フェールオーバー クラスター マネージャー] で、 [操作] をクリックし、 [構成の検証...] をクリックします。In Failover Cluster Manager, click Action, then click Validate Configuration....

  3. [次へ] をクリックします。Click Next.

  4. [サーバーまたはクラスターの選択] で、両方の仮想マシンの名前を入力します。On Select Servers or a Cluster, type the name of both virtual machines.

  5. [テスト オプション] で、 [選択するテストのみを実行する] を選択します。On Testing options, choose Run only tests I select. [次へ] をクリックします。Click Next.

  6. [テストの選択] では、 [ストレージ][記憶域スペース ダイレクト] を除くすべてのテストを含めます。On Test selection, include all tests except Storage and Storage Spaces Direct. 次の図を参照してください。See the following picture:

    クラスター検証テスト
  7. [次へ] をクリックします。Click Next.

  8. [確認][次へ] をクリックします。On Confirmation, click Next.

構成の検証ウィザードにより、検証テストが実行されます。The Validate a Configuration Wizard runs the validation tests.

PowerShell を使用してクラスターを検証するには、いずれかの仮想マシンの管理者 PowerShell セッションから次のスクリプトを実行します。To validate the cluster with PowerShell, run the following script from an administrator PowerShell session on one of the virtual machines.

Test-Cluster –Node ("<node1>","<node2>") –Include "Inventory", "Network", "System Configuration"

クラスターの検証後、フェールオーバー クラスターを作成します。After you validate the cluster, create the failover cluster.

フェールオーバー クラスターを作成するCreate the failover cluster

フェールオーバー クラスターを作成するには、以下が必要です。To create the failover cluster, you need:

  • クラスター ノードになる仮想マシンの名前。The names of the virtual machines that become the cluster nodes.
  • フェールオーバー クラスターの名前。A name for the failover cluster
  • フェールオーバー クラスターの IP アドレス。An IP address for the failover cluster. クラスター ノードと同じ Azure 仮想ネットワークおよびサブネットでは使用されていない IP アドレスを使用することができます。You can use an IP address that is not used on the same Azure virtual network and subnet as the cluster nodes.

Windows Server 2012-2016Windows Server 2012-2016

次の PowerShell は、Windows Server 2012-2016 用のフェールオーバー クラスターを作成します。The following PowerShell creates a failover cluster for Windows Server 2012-2016. ノード名 (仮想マシン名) と、Azure VNET の使用可能な IP アドレスでスクリプトを更新してください。Update the script with the names of the nodes (the virtual machine names) and an available IP address from the Azure VNET:

New-Cluster -Name <FailoverCluster-Name> -Node ("<node1>","<node2>") –StaticAddress <n.n.n.n> -NoStorage

Windows Server 2019Windows Server 2019

次の PowerShell は、Windows Server 2019 用のフェールオーバー クラスターを作成します。The following PowerShell creates a failover cluster for Windows Server 2019. 詳細については、「フェールオーバー クラスター: クラスター ネットワーク オブジェクト」を確認してください。For more information, review the blog Failover Cluster: Cluster network Object. ノード名 (仮想マシン名) と、Azure VNET の使用可能な IP アドレスでスクリプトを更新してください。Update the script with the names of the nodes (the virtual machine names) and an available IP address from the Azure VNET:

New-Cluster -Name <FailoverCluster-Name> -Node ("<node1>","<node2>") –StaticAddress <n.n.n.n> -NoStorage -ManagementPointNetworkType Singleton 

クラウド監視を作成するCreate a cloud witness

クラウド監視とは、Azure Storage Blob に格納されている、新しい種類のクラスター クォーラム監視です。Cloud Witness is a new type of cluster quorum witness stored in an Azure Storage Blob. これにより、監視共有をホストする別個の VM が不要になります。This removes the need for a separate VM hosting a witness share.

  1. フェールオーバー クラスターのクラウド監視を作成します。Create a cloud witness for the failover cluster.

  2. BLOB コンテナーを作成します。Create a blob container.

  3. アクセス キーと、コンテナーの URL を保存します。Save the access keys and the container URL.

  4. フェールオーバー クラスターのクォーラム監視を構成します。Configure the failover cluster quorum witness. ユーザー インターフェイスでクォーラム監視を構成する方法に関するページを参照してください。See, Configure the quorum witness in the user interface in the UI.

手順 4:クラスターのフェールオーバーをテストするStep 4: Test cluster failover

クラスターのフェールオーバーをテストします。Test failover of your cluster. フェールオーバー クラスター マネージャーで、クラスターを右クリックし、 [More Actions](その他のアクション) > [Move Core Cluster Resource](コア クラスター リソースの移動) > [Select node](ノードの選択) の順に選択し、クラスターの他のノードを選択します。In Failover Cluster Manager, right-click your cluster > More Actions > Move Core Cluster Resource > Select node and select the other node of the cluster. コア クラスター リソースをクラスターのすべてのノードに移動してから、プライマリ ノードに戻します。Move the core cluster resource to every node of the cluster, and then move it back to the primary node. クラスターを各ノードに正常に移動できる場合は、SQL Server をインストールする準備ができています。If you're able to successfully move the cluster to each node, then you are ready to install SQL Server.

コア リソースを他のノードに移動して、クラスター フェールオーバーをテストする

手順 5:SQL Server FCI を作成するStep 5: Create SQL Server FCI

フェールオーバー クラスターを構成したら、SQL Server FCI を作成できます。After you have configured the failover cluster, you can create the SQL Server FCI.

  1. RDP で最初の仮想マシンに接続します。Connect to the first virtual machine with RDP.

  2. フェールオーバー クラスター マネージャーで、すべてのクラスター コア リソースが最初の仮想マシン上にあることを確認します。In Failover Cluster Manager, make sure all cluster core resources are on the first virtual machine. 必要に応じて、すべてのリソースをこの仮想マシンに移動します。If necessary, move all resources to this virtual machine.

  3. インストール メディアを探します。Locate the installation media. 仮想マシンでいずれかの Azure Marketplace イメージが使用されている場合、メディアは C:\SQLServer_<version number>_Full にあります。If the virtual machine uses one of the Azure Marketplace images, the media is located at C:\SQLServer_<version number>_Full. [Setup] をクリックします。Click Setup.

  4. [SQL Server インストール センター] で、 [インストール] をクリックします。In the SQL Server Installation Center, click Installation.

  5. [SQL Server フェールオーバー クラスターの新規インストール] をクリックします。Click New SQL Server failover cluster installation. ウィザードの指示に従って、SQL Server FCI をインストールします。Follow the instructions in the wizard to install the SQL Server FCI.

    FCI データ ディレクトリは、Premium ファイル共有上に存在する必要があります。The FCI data directories need to be on the premium file share. 共有の完全なパスを \\storageaccountname.file.core.windows.net\filesharename\foldername の形式で入力します。Type in the full path of the share, in the form of \\storageaccountname.file.core.windows.net\filesharename\foldername. ファイル サーバーをデータ ディレクトリとして指定したことを通知する警告が表示されます。A warning will appear, notifying you that you have specified a file server as the data directory. これは予期されることです。This is expected. ファイル共有の保持に使用したアカウントが、SQL Server サービスが潜在的なエラーを回避するために使用しているアカウントと同じであることを確認します。Ensure that the same account you persisted the file share with is the same account that the SQL Server service uses to avoid possible failures.

    ファイル共有を SQL データ ディレクトリとして使用する
  6. ウィザードを完了すると、セットアップにより、SQL Server FCI が最初のノードにインストールされます。After you complete the wizard, Setup will install a SQL Server FCI on the first node.

  7. セットアップで FCI が最初のノードに正常にインストールされたら、RDP で 2 番目のノードに接続します。After Setup successfully installs the FCI on the first node, connect to the second node with RDP.

  8. [SQL Server インストール センター] を開きます。Open the SQL Server Installation Center. [インストール] をクリックします。Click Installation.

  9. [SQL Server フェールオーバー クラスターにノードを追加] をクリックします。Click Add node to a SQL Server failover cluster. ウィザードの指示に従って SQL Server をインストールし、このサーバーを FCI に追加します。Follow the instructions in the wizard to install SQL server and add this server to the FCI.

    注意

    SQL Server で Azure Marketplace ギャラリー イメージを使用した場合、SQL Server のツールはイメージに含まれています。If you used an Azure Marketplace gallery image with SQL Server, SQL Server tools were included with the image. このイメージを使用しなかった場合、SQL Server のツールは別途インストールしてください。If you did not use this image, install the SQL Server tools separately. SQL Server Management Studio (SSMS) のダウンロード」を参照してください。See Download SQL Server Management Studio (SSMS).

手順 6:Azure Load Balancer を作成するStep 6: Create Azure load balancer

Azure 仮想マシンでは、クラスターは、一度に 1 つのクラスター ノードに存在する必要がある IP アドレスを保持するためにロード バランサーを使用します。On Azure virtual machines, clusters use a load balancer to hold an IP address that needs to be on one cluster node at a time. このソリューションでは、ロード バランサーは SQL Server FCI の IP アドレスを保持します。In this solution, the load balancer holds the IP address for the SQL Server FCI.

Azure のロード バランサーを作成し、構成しますCreate and configure an Azure load balancer.

Azure Portal でロード バランサーを作成するCreate the load balancer in the Azure portal

ロード バランサーを作成するには、次の手順を実行します。To create the load balancer:

  1. Azure Portal で、仮想マシンが含まれているリソース グループに移動します。In the Azure portal, go to the Resource Group with the virtual machines.

  2. [+ 追加] をクリックします。Click + Add. Marketplace で "ロード バランサー" を検索します。Search the Marketplace for Load Balancer. [ロード バランサー] をクリックします。Click Load Balancer.

  3. Create をクリックしてください。Click Create.

  4. 次の項目を入力して、ロード バランサーを構成します。Configure the load balancer with:

    • サブスクリプション:Azure サブスクリプション。Subscription: Your Azure subscription.
    • リソース グループ:仮想マシンと同じリソース グループを使用します。Resource Group: Use the same resource group as your virtual machines.
    • Name:ロード バランサーを識別する名前。Name: A name that identifies the load balancer.
    • [リージョン] :仮想マシンと同じ Azure の場所を使用します。Region: Use the same Azure location as your virtual machines.
    • [タイプ] :ロード バランサーのタイプとして、パブリックまたはプライベートのどちらかを選ぶことができます。Type: The load balancer can be either public or private. プライベート ロード バランサーには、同じ VNET 内からアクセスできます。A private load balancer can be accessed from within the same VNET. プライベート ロード バランサーは、ほとんどの Azure アプリケーションで使用できます。Most Azure applications can use a private load balancer. アプリケーションがインターネット経由で直接 SQL Server にアクセスする必要がある場合は、パブリック ロード バランサーを使用します。If your application needs access to SQL Server directly over the Internet, use a public load balancer.
    • SKU:ロード バランサーの SKU は Standard である必要があります。SKU: The SKU for your load balancer should be standard.
    • [仮想ネットワーク] : 仮想マシンと同じネットワーク。Virtual Network: The same network as the virtual machines.
    • [IP アドレスの割り当て] :IP アドレスの割り当ては、静的である必要があります。IP address assignment: The IP address assignment should be static.
    • [プライベート IP アドレス] :SQL Server FCI クラスターのネットワーク リソースに割り当てたものと同じ IP アドレス。Private IP address: The same IP address that you assigned to the SQL Server FCI cluster network resource. 次の図を参照してください。See the following picture:

    CreateLoadBalancer

ロード バランサーのバックエンド プールを構成するConfigure the load balancer backend pool

  1. 仮想マシンが含まれている Azure リソース グループに戻り、新しいロード バランサーを探します。Return to the Azure Resource Group with the virtual machines and locate the new load balancer. リソース グループの表示を更新する必要がある場合があります。You may have to refresh the view on the Resource Group. ロード バランサーをクリックします。Click the load balancer.

  2. [バックエンド プール] をクリックし、 [+ 追加] をクリックしてバックエンド プールを追加します。Click Backend pools and click + Add to add a backend pool.

  3. VM を含む可用性セットにバックエンド プールを関連付けます。Associate the backend pool with the availability set that contains the VMs.

  4. [ターゲット ネットワーク IP 構成] で、 [仮想マシン] をオンにして、クラスター ノードとして参加する仮想マシンを選びます。Under Target network IP configurations, check VIRTUAL MACHINE and choose the virtual machines that will participate as cluster nodes. 必ず、FCI をホストするすべての仮想マシンを含めます。Be sure to include all virtual machines that will host the FCI.

  5. [OK] をクリックして、バックエンド プールを作成します。Click OK to create the backend pool.

ロード バランサーの正常性プローブを構成するConfigure a load balancer health probe

  1. [ロード バランサー] ブレードで [Health probes (正常性のプローブ)] をクリックします。On the load balancer blade, click Health probes.

  2. [+ 追加] をクリックします。Click + Add.

  3. [Add health probe (正常性プローブの追加)] ブレードで、正常性プローブのパラメーターを設定します。On the Add health probe blade, Set the health probe parameters:

    • Name:正常性プローブの名前。Name: A name for the health probe.
    • プロトコル:TCPProtocol: TCP.
    • ポート:こちらの手順で正常性プローブ用にファイアウォールで作成したポートに設定します。Port: Set to the port you created in the firewall for the health probe in this step. この記事の例では、TCP ポート 59999 を使用します。In this article, the example uses TCP port 59999.
    • 間隔: 5 秒Interval: 5 Seconds.
    • [異常のしきい値] : 連続エラー数 2。Unhealthy threshold: 2 consecutive failures.
  4. [OK] をクリックします。Click OK.

負荷分散規則を設定するSet load-balancing rules

  1. [ロード バランサー] ブレードで、 [負荷分散規則] をクリックします。On the load balancer blade, click Load-balancing rules.

  2. [+ 追加] をクリックします。Click + Add.

  3. 負荷分散規則のパラメーターを設定します。Set the load-balancing rules parameters:

    • Name:負荷分散規則の名前。Name: A name for the load-balancing rules.
    • [フロントエンド IP アドレス] : SQL Server FCI クラスターのネットワーク リソースの IP アドレスを使用します。Frontend IP address: Use the IP address for the SQL Server FCI cluster network resource.
    • ポート:SQL Server FCI の TCP ポートに設定します。Port: Set for the SQL Server FCI TCP port. 既定のインスタンス ポートは 1433 です。The default instance port is 1433.
    • [バックエンド ポート] :この値には、 [フローティング IP (ダイレクト サーバー リターン)] を有効にしたときの [ポート] の値と同じポートを使用します。Backend port: This value uses the same port as the Port value when you enable Floating IP (direct server return).
    • [バックエンド プール] : 先ほど構成したバックエンド プール名を使用します。Backend pool: Use the backend pool name that you configured earlier.
    • [正常性プローブ] : 先ほど構成した正常性プローブを使用します。Health probe: Use the health probe that you configured earlier.
    • [セッション永続化] : なし。Session persistence: None.
    • [アイドル タイムアウト (分)] : 4.Idle timeout (minutes): 4.
    • [フローティング IP](ダイレクト サーバー リターン) : 有効Floating IP (direct server return): Enabled
  4. Click OK.Click OK.

手順 7:プローブのクラスターを構成するStep 7: Configure cluster for probe

PowerShell でクラスターのプローブ ポート パラメーターを設定します。Set the cluster probe port parameter in PowerShell.

クラスターのプローブ ポート パラメーターを設定するには、使用環境の値を使用して、次のスクリプトで変数を更新します。To set the cluster probe port parameter, update variables in the following script with values from your environment. スクリプトから山かっこの <> を削除します。Remove the angle brackets <> from the script.

$ClusterNetworkName = "<Cluster Network Name>"
$IPResourceName = "<SQL Server FCI IP Address Resource Name>" 
$ILBIP = "<n.n.n.n>" 
[int]$ProbePort = <nnnnn>

Import-Module FailoverClusters

Get-ClusterResource $IPResourceName | Set-ClusterParameter -Multiple @{"Address"="$ILBIP";"ProbePort"=$ProbePort;"SubnetMask"="255.255.255.255";"Network"="$ClusterNetworkName";"EnableDhcp"=0}

前のスクリプトで、環境の値を設定します。In the preceding script, set the values for your environment. 次の一覧では、値について説明します。The following list describes the values:

  • <Cluster Network Name>:ネットワークの Windows Server フェールオーバー クラスターの名前。<Cluster Network Name>: Windows Server Failover Cluster name for the network. [フェールオーバー クラスター マネージャー] > [ネットワーク] で、ネットワークを右クリックして [プロパティ] をクリックします。In Failover Cluster Manager > Networks, right-click on the network and click Properties. 正しい値は [全般] タブの [名前] にあります。The correct value is under Name on the General tab.

  • <SQL Server FCI IP Address Resource Name>:SQL Server FCI IP アドレス リソースの名前。<SQL Server FCI IP Address Resource Name>: SQL Server FCI IP address resource name. [フェールオーバー クラスター マネージャー] > [Roles](ロール) で、SQL Server FCI ロールの [サーバー名] の下にある IP アドレス リソースを右クリックして [プロパティ] をクリックします。In Failover Cluster Manager > Roles, under the SQL Server FCI role, under Server Name, right-click the IP address resource, and click Properties. 正しい値は [全般] タブの [名前] にあります。The correct value is under Name on the General tab.

  • <ILBIP>:ILB の IP アドレス。<ILBIP>: The ILB IP address. このアドレスは、ILB のフロント エンド アドレスとして Azure Portal で構成されます。This address is configured in the Azure portal as the ILB front-end address. これは、SQL Server FCI の IP アドレスでもあります。This is also the SQL Server FCI IP address. [フェールオーバー クラスター マネージャー]<SQL Server FCI IP Address Resource Name> がある同じプロパティ ページで見つけることができます。You can find it in Failover Cluster Manager on the same properties page where you located the <SQL Server FCI IP Address Resource Name>.

  • <nnnnn>:ロード バランサーの正常性プローブで構成したプローブ ポートです。<nnnnn>: Is the probe port you configured in the load balancer health probe. 未使用の TCP ポートが有効です。Any unused TCP port is valid.

重要

クラスター パラメーターのサブネット マスクは、TCP IP ブロードキャスト アドレス (255.255.255.255) である必要があります。The subnet mask for the cluster parameter must be the TCP IP broadcast address: 255.255.255.255.

クラスターのプローブを設定したら、PowerShell ですべてのクラスター パラメーターを確認できます。After you set the cluster probe, you can see all of the cluster parameters in PowerShell. 次のスクリプトを実行します。Run the following script:

Get-ClusterResource $IPResourceName | Get-ClusterParameter 

ステップ 8:FCI フェールオーバーをテストするStep 8: Test FCI failover

FCI のフェールオーバーをテストして、クラスターの機能を検証します。Test failover of the FCI to validate cluster functionality. 次の手順を実行します。Do the following steps:

  1. SQL Server FCI クラスターのノードの 1 つに RDP で接続します。Connect to one of the SQL Server FCI cluster nodes with RDP.

  2. フェールオーバー クラスター マネージャーを開きます。Open Failover Cluster Manager. [ロール] をクリックします。Click Roles. SQL Server FCI ロールを所有しているノードを確認します。Notice which node owns the SQL Server FCI role.

  3. SQL Server FCI ロールを右クリックします。Right-click the SQL Server FCI role.

  4. [移動] をクリックし、 [最適なノード] をクリックします。Click Move and click Best Possible Node.

フェールオーバー クラスター マネージャーで、ロールとそのリソースがオフラインになったことが示されます。Failover Cluster Manager shows the role and its resources go offline. リソースは移動し、もう一方のノードでオンラインになります。The resources then move and come online on the other node.

接続をテストするTest connectivity

接続をテストするには、同じ仮想ネットワーク内の別の仮想マシンにログインします。To test connectivity, log in to another virtual machine in the same virtual network. SQL Server Management Studio を開き、SQL Server FCI 名に接続します。Open SQL Server Management Studio and connect to the SQL Server FCI name.

注意

必要に応じて、SQL Server Management Studio をダウンロードできます。If necessary, you can download SQL Server Management Studio.

制限事項Limitations

Azure Virtual Machines では、クラスター共有ボリューム (CSV) および Standard Load Balancer 上のストレージを備えた Windows Server 2019 で、 Microsoft 分散トランザクション コーディネーター (MSDTC) をサポートします。Azure Virtual Machines support Microsoft Distributed Transaction Coordinator (MSDTC) on Windows Server 2019 with storage on clustered shared volumes (CSV) and a standard load balancer.

Azure Virtual Machines では、次の理由から、MSDTC はWindows Server 2016 以前ではサポートされていません。On Azure virtual machines, MSDTC is not supported on Windows Server 2016 and earlier because:

  • クラスター化された MSDTC リソースは、共有ストレージを使用するように構成することはできません。The clustered MSDTC resource cannot be configured to use shared storage. Windows Server 2016 では、MSDTC リソースを作成した場合、ストレージがそこにあっても、使用可能な共有ストレージは 1 つも表示されません。With Windows Server 2016 if you create an MSDTC resource, it will not show any shared storage available for use, even if the storage is there. この問題は、Windows Server 2019 で修正済みです。This issue has been fixed in Windows Server 2019.
  • Basic Load Balance は、RPC ポートを処理しません。The basic load balancer does not handle RPC ports.

関連項目See Also