Azure Files にファイル共有を作成するCreate a file share in Azure Files

Azure のファイル共有は、 Azure portal、Azure Storage の PowerShell コマンドレット、Azure Storage のクライアント ライブラリ、または Azure Storage の REST API を使用して作成することができます。You can create Azure File shares using the Azure portal, the Azure Storage PowerShell cmdlets, the Azure Storage client libraries, or the Azure Storage REST API. このチュートリアルでは、次の事項について説明します。In this tutorial, you will learn:

前提条件Prerequisites

Azure ファイル共有を作成するには、既存のストレージ アカウントを使用するか、新しい Azure ストレージ アカウントを作成することができます。To create an Azure file share, you can use a Storage Account that already exists, or create a new Azure Storage Account. PowerShell で Azure ファイル共有を作成するには、アカウント キーとストレージ アカウントの名前が必要になります。To create an Azure file share with PowerShell, you will need the account key and name of your storage account. PowerShell または CLI を使用する場合は、ストレージ アカウント キーが必要になります。You will need a Storage account key if you plan to use Powershell or the CLI.

Azure portal を使用したファイル共有の作成Create a file share through the Azure portal

  1. Azure portal の [ストレージ アカウント] ブレードに移動しますGo to the Storage Account blade on the Azure portal:
    [ストレージ アカウント] ブレードStorage Account blade

  2. ファイル共有の追加ボタンをクリックしますClick on add File Share button:
    ファイル共有の追加ボタンをクリックするClick the add file share button

  3. 名前とクォータを指定します。クォータの現在の最大値は 5 TiB ですProvide Name and Quota. The Quota's current maximum value is 5 TiB:
    新しいファイル共有の名前と必要なクォータを指定するProvide a name and a desired quota for the new file share

  4. 新しいファイル共有を表示します新しいファイル共有を表示するView your new file share: View your new file share

  5. ファイルをアップロードしますファイルをアップロードするUpload a file: Upload a file

  6. ファイル共有を参照し、ディレクトリとファイルを管理しますファイル共有を参照するBrowse into your file share and manage your directories and files: Browse file share

PowerShell を使用したファイル共有の作成Create file share through PowerShell

注意

この記事は、新しい Azure PowerShell Az モジュールのコマンドを使用するように最近更新されました。This article has recently been updated to use commands from the new Azure PowerShell Az module. このモジュールは、Azure 用の新しい PowerShell モジュールであり、PowerShell バージョン 5.x および 6 と互換性があります。This module is the new PowerShell module for Azure, compatible with PowerShell versions 5.x and 6. AzureRM では重要なバグ修正の更新が継続されますが、新機能は Az モジュールだけに追加されます。AzureRM will continue to get critical bugfix updates, but new features will be in the Az module only.

PowerShell の使用を準備するために、Azure PowerShell コマンドレットをダウンロードしてインストールします。To prepare to use PowerShell, download and install the Azure PowerShell cmdlets. インストール先とインストール方法については、 Azure PowerShell のインストールおよび構成方法 に関するページを参照してください。See How to install and configure Azure PowerShell for the install point and installation instructions.

注意

最新の Azure PowerShell モジュールをダウンロードしてインストールするか、アップグレードすることをお勧めします。It's recommended that you download and install or upgrade to the latest Azure PowerShell module.

  1. ストレージ アカウントとキーのコンテキストを作成します。コンテキストは、ストレージ アカウント名とアカウント キーをカプセル化します。Create a context for your storage account and key The context encapsulates the storage account name and account key. Azure portal からアカウント キーをコピーする手順については、 ストレージ アカウントのアクセス キーに関するページを参照してください。For instructions on copying your account key from the Azure portal, see Storage account access keys.

    $storageContext = New-AzStorageContext <storage-account-name> <storage-account-key>
    
  2. 新しいファイル共有を作成しますCreate a new file share:

    $share = New-AzStorageShare logs -Context $storageContext
    

注意

ファイル共有の名前はすべて小文字にする必要があります。The name of your file share must be all lowercase. ファイル共有とファイルの名前付けの詳細については、「 Naming and Referencing Shares, Directories, Files, and Metadata (共有、ディレクトリ、ファイル、およびメタデータの名前付けおよび参照)」を参照してください。For complete details about naming file shares and files, see Naming and Referencing Shares, Directories, Files, and Metadata.

コマンド ライン インターフェイス (CLI) を使用したファイル共有の作成Create file share through Command Line Interface (CLI)

  1. コマンド ライン インターフェイス (CLI) の使用の準備をするには、Azure CLI をダウンロードしてインストールします。To prepare to use the Command Line Interface (CLI), download and install the Azure CLI.
    Azure CLI のインストール」と「Azure CLI の概要」を参照してください。See Install the Azure CLI and Get started with Azure CLI.

  2. 共有の作成先となるストレージ アカウントへの接続文字列を作成します。Create a connection string to the storage account where you want to create the share.
    次の例の <storage-account><resource_group> は、実際のストレージ アカウント名とリソース グループに置き換えてください。Replace <storage-account> and <resource_group> with your storage account name and resource group in the following example:

     current_env_conn_string = $(az storage account show-connection-string -n <storage-account> -g <resource-group> --query 'connectionString' -o tsv)
    
     if [[ $current_env_conn_string == "" ]]; then  
         echo "Couldn't retrieve the connection string."
     fi
    
  3. ファイル共有を作成しますCreate the file share

    az storage share create --name files --quota 2048 --connection-string $current_env_conn_string 1 > /dev/null
    

次の手順Next steps

Azure Files の詳細については、次のリンクをご覧ください。See these links for more information about Azure Files.