apt での Azure CLI のインストールInstall Azure CLI with apt

Ubuntu や Debian など、apt が付属するディストリビューションを実行している場合は、Azure CLI 用に x86_64 パッケージを使用できます。If you are running a distribution that comes with apt, such as Ubuntu or Debian, there's an x86_64 package available for the Azure CLI. このパッケージは、以下でテストされ、サポートされています。This package has been tested with and is supported for:

  • Ubuntu trusty、xenial、artful、bionic、および discoUbuntu trusty, xenial, artful, bionic, and disco
  • Debian wheezy、jessie、および stretchDebian wheezy, jessie, and stretch

Azure CLI の現在のバージョンは 2.0.69 です。The current version of the Azure CLI is 2.0.69. 最新リリースについては、リリース ノートをご覧ください。For information about the latest release, see the release notes. インストール済みのバージョンを見つけ、更新する必要があるかどうかを確認するには、az --version を実行します。To find your installed version and see if you need to update, run az --version.

注意

Azure CLI のパッケージによって独自の Python インタープリターがインストールされ、システム上の Python は使用されません。The package for Azure CLI installs its own Python interpreter, and does not use the system Python.

InstallInstall

apt をサポートするディストリビューションで Azure CLI をインストールするために、次の 2 つの方法が提供されています。ユーザーに代わってコマンドを実行してインストールするオールインワンのスクリプトと、ユーザーが段階的なプロセスを自分で実行できる手順です。We offer two ways to install the Azure CLI with distributions that support apt: As an all-in-one script that runs the install commands for you, and instructions that you can run as a step-by-step process on your own.

1 つのコマンドでインストールするInstall with one command

1 つの手順ですべてのインストール コマンドを実行するスクリプトを提供および保守しています。We offer and maintain a script which runs all of the installation commands in one step. curl を使用してコマンドを実行し、bash に直接パイプするか、ファイルにスクリプトをダウンロードして実行前に検査します。Run it by using curl and pipe directly to bash, or download the script to a file and inspect it before running.

重要

このスクリプトは、Ubuntu 16.04 以降および Debian 8 以降でのみ検証されています。This script is only verified for Ubuntu 16.04+ and Debian 8+. 他のディストリビューションでは機能しない可能性があります。It may not work on other distributions. Linux Mint などの派生ディストリビューションを使用している場合は、手動のインストール手順に従い、必要なトラブルシューティングを実行します。If you're using a derived distribution such as Linux Mint, follow the manual install instructions and perform any necessary troubleshooting.

curl -sL https://aka.ms/InstallAzureCLIDeb | sudo bash

手動のインストール手順Manual install instructions

スーパーユーザーとしてスクリプトを実行しない場合は、次の手動の手順に従って Azure CLI をインストールします。If you don't want to run a script as superuser, follow these manual steps to install the Azure CLI.

  1. インストール プロセスに必要なパッケージを取得します。Get packages needed for the install process:

    sudo apt-get update
    sudo apt-get install curl apt-transport-https lsb-release gnupg
    
  2. Microsoft の署名キーをダウンロードしてインストールします。Download and install the Microsoft signing key:

    curl -sL https://packages.microsoft.com/keys/microsoft.asc | \
        gpg --dearmor | \
        sudo tee /etc/apt/trusted.gpg.d/microsoft.asc.gpg > /dev/null
    
  3. Azure CLI ソフトウェア リポジトリを追加します。Add the Azure CLI software repository:
    AZ_REPO=$(lsb_release -cs)
    echo "deb [arch=amd64] https://packages.microsoft.com/repos/azure-cli/ $AZ_REPO main" | \
        sudo tee /etc/apt/sources.list.d/azure-cli.list
    
  4. リポジトリ情報を更新し、azure-cli パッケージをインストールします。Update repository information and install the azure-cli package:

    sudo apt-get update
    sudo apt-get install azure-cli
    

az コマンドで Azure CLI を実行します。Run the Azure CLI with the az command. サインインするには、az login コマンドを使用します。To sign in, use the az login command.

  1. login コマンドを実行します。Run the login command.

    az login
    

    CLI で既定のブラウザーを開くことができる場合、開いたブラウザにサインイン ページが読み込まれます。If the CLI can open your default browser, it will do so and load a sign-in page.

    それ以外の場合は、ブラウザー ページを開いて、お使いのブラウザーで https://aka.ms/devicelogin に移動した後、コマンド ラインの指示に従って認証コードを入力します。Otherwise, you need to open a browser page and follow the instructions on the command line to enter an authorization code after navigating to https://aka.ms/devicelogin in your browser.

  2. ブラウザーでアカウントの資格情報を使用してサインインします。Sign in with your account credentials in the browser.

さまざまな認証方法の詳細については、「Azure CLI を使用してサインインする」を参照してください。To learn more about different authentication methods, see Sign in with Azure CLI.

トラブルシューティングTroubleshooting

ここでは、apt でのインストール時に発生する一般的な問題をいくつか示します。Here are some common problems seen when installing with apt. ここで取り上げていない問題が発生した場合は、GitHub で問題を報告してください。If you experience a problem not covered here, file an issue on github.

lsb_release がベース ディストリビューション バージョンを返さないlsb_release does not return the correct base distribution version

Linux Mint など、Ubuntu や Debian から派生する一部のディストリビューションでは、正しいバージョン名が lsb_release から返されない場合があります。Some Ubuntu- or Debian-derived distributions such as Linux Mint may not return the correct version name from lsb_release. この値は、インストール プロセスで、インストールするパッケージを特定するときに使用されます。This value is used in the install process to determine the package to install. ディストリビューションの派生元である Ubuntu バージョンまたは Debian バージョンのコード名がわかっている場合は、リポジトリを追加するときに AZ_REPO 値を手動で設定できます。If you know the code name of the Ubuntu or Debian version your distribution is derived from, you can set the AZ_REPO value manually when adding the repository. それ以外の場合は、ご自身のディストリビューションについて、ベース ディストリビューションのコード名を調べて、AZ_REPO を正しい値に設定する方法をご確認ください。Otherwise, look up information for your distribution on how to determine the base distribution code name and set AZ_REPO to the correct value.

ご使用のディストリビューションのパッケージがないNo package for your distribution

ディストリビューションがリリースされてから、そのディストリビューション用の Azure CLI パッケージが利用可能になるまではしばらくかかることがあります。Sometimes it may be a while after a distribution is released before there's an Azure CLI package available for it. Azure CLI は、以降のバージョンの依存関係に関して弾力性を持つように、また可能な限り以降のバージョンに依存しないように設計されています。The Azure CLI designed to be resilient with regards to future versions of dependencies and rely on as few of them as possible. ベース ディストリビューションに使用できるパッケージがない場合は、以前のディストリビューション用のパッケージをお試しください。If there's no package available for your base distribution, try a package for an earlier distribution.

これを行うには、リポジトリを追加するときに AZ_REPO の値を手動で設定します。To do this, set the value of AZ_REPO manually when adding the repository. Ubuntu ディストリビューションには bionic リポジトリーを使用し、Debian ディストリビューションには stretch を使用します。For Ubuntu distributions use the bionic repository, and for Debian distributions use stretch. Ubuntu Trusty および Debian Wheezy より前にリリースされたディストリビューションはサポートされていません。Distributions released before Ubuntu Trusty and Debian Wheezy are not supported.

プロキシによる接続のブロックProxy blocks connection

プロキシのために外部リソースに接続できない場合、シェルに HTTP_PROXY および HTTPS_PROXY 変数を正しく設定していることを確認してください。If you're unable to connect to an external resource due to a proxy, make sure that you've correctly set the HTTP_PROXY and HTTPS_PROXY variables in your shell. これらのプロキシ用にどのホストとポートを使用するかについては、システム管理者に問い合わせる必要があります。You will need to contact your system administrator to know what host(s) and port(s) to use for these proxies.

これらの値は、多くの Linux プログラムで使用されます (インストール プロセスで使用されるものも含む)。These values are respected by many Linux programs, including those which are used in the install process. これらの値を設定するには、次の手順を実行します。To set these values:

# No auth
export HTTP_PROXY=http://[proxy]:[port]
export HTTPS_PROXY=https://[proxy]:[port]

# Basic auth
export HTTP_PROXY=http://[username]:[password]@[proxy]:[port]
export HTTPS_PROXY=https://[username]:[password]@[proxy]:[port]

重要

プロキシの内側にいる場合は、これらのシェル変数を CLI によって Azure サービスに接続するように設定する必要があります。If you are behind a proxy, these shell variables must be set to connect to Azure services with the CLI. 基本認証を使用しない場合は、.bashrc ファイルでこれらの変数をエクスポートすることをお勧めします。If you are not using basic auth, it's recommended to export these variables in your .bashrc file. 常に、貴社のビジネスのセキュリティ ポリシーと、システム管理者の要件に従ってください。Always follow your business' security policies and the requirements of your system administrator.

常にこのプロキシを使用するように apt を明示的に構成することが必要な場合もあります。You may also want to explicitly configure apt to use this proxy at all times. 次の行が /etc/apt/apt.conf.d/apt 構成ファイルに表示されることを確認します。Make sure that the following lines appear in an apt configuration file in /etc/apt/apt.conf.d/. 既存のグローバル構成ファイル、既存のプロキシ構成ファイル、40proxies、または 99local を使用することをお勧めしますが、システム管理の要件に従ってください。We recommend using either your existing global configuration file, an existing proxy configuration file, 40proxies, or 99local, but follow your system administration requirements.

Acquire {
    http::proxy "http://[username]:[password]@[proxy]:[port]";
    https::proxy "https://[username]:[password]@[proxy]:[port]";
}

プロキシで基本認証を使用しない場合、プロキシ URL の [username]:[password]@ ポーションを__削除__します。If your proxy does not use basic auth, remove the [username]:[password]@ portion of the proxy URI. プロキシ構成について詳しくは、Ubuntu の公式ドキュメントを参照してください。If you require more information for proxy configuration, see the official Ubuntu documentation:

Microsoft 署名キーを取得し、リポジトリからパッケージを取得するには、お使いのプロキシで次のアドレスへの HTTPS 接続を許可する必要があります。In order to get the Microsoft signing key and get the package from our repository, your proxy needs to allow HTTPS connections to the following address:

  • https://packages.microsoft.com

Windows Subsystem for Linux で CLI をインストールまたは実行できないCLI fails to install or run on Windows Subsystem for Linux

Windows Subsystem for Linux (WSL) は Windows プラットフォームを基盤とするシステム呼び出し変換レイヤーであるため、Azure CLI をインストールまたは実行しようとするとエラーが発生する場合があります。Since Windows Subsystem for Linux (WSL) is a system call translation layer on top of the Windows platform, you might experience an error when trying to install or run the Azure CLI. CLI は、WSL にバグが含まれる可能性のあるいくつかの機能に依存しています。The CLI relies on some features that may have a bug in WSL. どのように CLI をインストールしてもエラーが発生する場合は、CLI のインストール プロセスではなく WSL に問題があると考えられます。If you experience an error no matter how you install the CLI, there's a good chance it's an issue with WSL and not with the CLI install process.

WSL インストールのトラブルシューティングを行い、問題を解決するには、以下を行ってください。To troubleshoot your WSL installation and possibly resolve issues:

  • 可能であれば、同じインストール プロセスを Linux マシンまたは VM で実行し、正常にインストールできるかどうかを確認します。If you can, run an identical install process on a Linux machine or VM to see if it succeeds. インストールできる場合、問題はほぼ間違いなく WSL に関連するものです。If it does, your issue is almost certainly related to WSL. Azure で Linux VM を開始するには、Azure portal での Linux 仮想マシンの作成に関するページを参照してください。To start a Linux VM in Azure, see the create a Linux VM in the Azure Portal documentation.
  • 最新バージョンの WSL を実行していることを確認します。Make sure that you're running the latest version of WSL. 最新バージョンを入手するには、Windows 10 インストールを更新してください。To get the latest version, update your Windows 10 installation.
  • 現在の問題に対処している、WSL 関連の未解決案件がないか確認します。Check for any open issues with WSL which might address your problem. この問題を回避する方法についての提案や、問題が修正される予定のリリースに関する情報が掲載されることがよくあります。Often there will be suggestions on how to work around the problem, or information about a release where the issue will be fixed.
  • 現在の問題に関する案件がまだない場合は、WSL に関する新規案件を提出します。その際は、必ず、可能な限り多くの情報を提供してください。If there are no existing issues for your problem, file a new issue with WSL and make sure that you include as much information as possible.

引き続き WSL でのインストールまたは実行の問題が発生する場合は、Windows 用の CLI のインストールを検討してください。If you continue to have issues installing or running on WSL, consider installing the CLI for Windows.

アップデートUpdate

CLI パッケージを更新するには、apt-get upgrade を使用します。Use apt-get upgrade to update the CLI package.

sudo apt-get update && sudo apt-get upgrade

注意

このコマンドにより、システムにインストールされている、依存関係が変更されていないすべてのパッケージがアップグレードされます。This command upgrades all of the installed packages on your system that have not had a dependency change. CLI だけをアップグレードするには、apt-get install を使用します。To upgrade the CLI only, use apt-get install.

sudo apt-get update && sudo apt-get install --only-upgrade -y azure-cli

アンインストールUninstall

Azure CLI が不要であると判断した場合は、アンインストールできます。If you decide to uninstall the Azure CLI, we're sorry to see you go. アンインストールする前に、az feedback コマンドを使用して、どのような改善または修正が可能かをお知らせください。Before you uninstall, use the az feedback command to let us know what could be improved or fixed. Microsoft の目標は、Azure CLI のバグをなくし、使いやすいものにすることです。Our goal is to make the Azure CLI bug-free and user-friendly. バグが見つかった場合は、GitHub で問題を報告していただきますよう、よろしくお願いいたします。If you found a bug, we'd appreciate it if you file a GitHub issue.

  1. apt-get remove を使用してアンインストールします。Uninstall with apt-get remove:

    sudo apt-get remove -y azure-cli
    
  2. CLI を再インストールする予定がない場合は、Azure CLI リポジトリ情報を削除します。If you don't plan to reinstall the CLI, remove the Azure CLI repository information:

    sudo rm /etc/apt/sources.list.d/azure-cli.list
    
  3. 署名キーを削除します。Remove the signing key:

    sudo rm /etc/apt/trusted.gpg.d/microsoft.asc.gpg
    
  4. 不要なパッケージを削除します。Remove any unneeded packages:

    sudo apt autoremove
    

次の手順Next Steps

これで Azure CLI をインストールできました。次は、その機能と一般的なコマンドを簡単に見ていきましょう。Now that you've installed the Azure CLI, take a short tour of its features and common commands.