Configuration Manager でクライアントとデバイスに対してサポートされる OS のバージョンSupported OS versions for clients and devices for Configuration Manager

「オブジェクトの適用対象: Configuration Manager (Current Branch)Applies to: Configuration Manager (current branch)

Configuration Manager は、Windows および macOS コンピューター上のクライアント ソフトウェアのインストールをサポートします。Configuration Manager supports installing client software on Windows and macOS computers.

一般的な要件と制限事項General requirements and limitations

すべてのクライアントの次の要件と制限事項を確認します。Review the following requirements and limitations for all clients:

  • Configuration Manager サービスについては、スタートアップの種類やログオン方法の設定の変更はサポートされていません。Changing the startup type or Log on as settings for any Configuration Manager service isn't supported. 変更すると、主要なサービスが正しく実行できなくなる可能性があります。This change can prevent key services from running correctly.

Windows コンピューターWindows computers

次のバージョンの Windows OS を管理するには、Configuration Manager に含まれているクライアントを使用します。To manage the following Windows OS versions, use the client that's included with Configuration Manager. 詳しくは、「Windows コンピューターにクライアントを展開する方法」をご覧ください。For more information, see How to deploy clients to Windows computers.

サポートされているクライアントの OS のバージョンSupported client OS versions

  • Windows 10Windows 10

    詳細については、Windows 10 のサポートに関するページをご覧ください。For more detailed information, see Support for Windows 10.

  • Windows 8.1 (x86、x64):Professional、EnterpriseWindows 8.1 (x86, x64): Professional, Enterprise

  • Windows 7 SP1 (x86、x64):Professional、Enterprise、および UltimateWindows 7 with SP1 (x86, x64): Professional, Enterprise, and Ultimate

Windows Virtual DesktopWindows Virtual Desktop

Windows Virtual Desktop は Microsoft Azure と Microsoft 365 のプレビュー機能です。Windows Virtual Desktop is a preview feature of Microsoft Azure and Microsoft 365. バージョン 1906 以降では、Configuration Manager を使用して、Azure で Windows が実行されているこれらの仮想デバイスを管理できます。Starting in version 1906, use Configuration Manager to manage these virtual devices running Windows in Azure.

ターミナル サーバーと同様に、これらの仮想デバイスの中には、アクティブ ユーザーの同時実行セッションが複数許可されるものもあります。Similar to a terminal server, some of these virtual devices allow multiple concurrent active user sessions. クライアントのパフォーマンスを支援する目的で、Configuration Manager では、このような複数のユーザー セッションを許可するあらゆるデバイスでユーザー ポリシーが無効になりました。To help with client performance, Configuration Manager now disables user policies on any device that allows these multiple user sessions. ユーザー ポリシーを有効にした場合でも、Windows 10 Enterprise マルチセッションやターミナル サーバーを含む、これらのデバイスでは、クライアントによって既定でポリシーが無効化されます。Even if you enable user policies, the client disables them by default on these devices, which include Windows 10 Enterprise multi-session and terminal servers.

新しいインストール中、この種類のデバイスが検出されたときにのみ、クライアントによりユーザー ポリシーが無効化されます。The client only disables user policy when it detects this type of device during a new installation. このバージョンに更新した、この種類の既存クライアントの場合、前の動作が存続します。For an existing client of this type that you update to this version, the previous behavior persists. 既存のデバイスでは、複数のユーザー セッションがデバイスで許可されることが検出された場合でも、ユーザー ポリシー設定が構成されます。On an existing device, it configures the user policy setting even if it detects that the device allows multiple user sessions.

このシナリオでユーザー ポリシーが必要で、パフォーマンスに影響する可能性を受け入れる場合は、次のいずれかの方法を使用してユーザー ポリシーを有効にします。If you require user policy in this scenario, and accept any potential performance impact, use one of the following methods to enable user policy:

  • バージョン 1910 以降では、クライアント設定を使用します。In version 1910 and later, use client settings. [クライアントポリシー] グループで、次の設定を構成します。複数のユーザー セッションのユーザー ポリシーを有効にしますIn the Client Policy group, configure the following setting: Enable user policy for multiple user sessions.

  • バージョン 1906 では、Configuration Manager SDK と SMS_PolicyAgentConfig サーバー WMI クラスを使用します。In version 1906, use the Configuration Manager SDK with the SMS_PolicyAgentConfig server WMI class. 新しい PolicyEnableUserPolicyOnTS プロパティを true に設定します。Set the new PolicyEnableUserPolicyOnTS property to true.

注意

Windows 10 Enterprise マルチセッションを実行しているクライアントで共同管理を使用することはできません。You can't use co-management with a client running Windows 10 Enterprise multi-session.

サポートされているサーバーの OS のバージョンSupported server OS versions

  • Windows Server 2019:Standard、Datacenter 注 1Windows Server 2019: Standard, Datacenter Note 1
    (Configuration Manager バージョン 1806 以降。)(Starting with Configuration Manager version 1806.)

  • Windows Server 2016:Standard、Datacenter 注 1Windows Server 2016: Standard, Datacenter Note 1

  • Windows Storage Server 2016:Workgroup、StandardWindows Storage Server 2016: Workgroup, Standard

  • Windows Server 2012 R2 (x64):Standard、Datacenter 注 1Windows Server 2012 R2 (x64): Standard, Datacenter Note 1

  • Windows Storage Server 2012 R2 (x64)Windows Storage Server 2012 R2 (x64)

  • Windows Server 2012 (x64):Standard、Datacenter 注 1Windows Server 2012 (x64): Standard, Datacenter Note 1

  • Windows Storage Server 2012 (x64)Windows Storage Server 2012 (x64)

  • Windows Server 2008 R2 SP1 (x64):Standard、Enterprise、Datacenter 注 1Windows Server 2008 R2 with SP1 (x64): Standard, Enterprise, Datacenter Note 1

  • Windows Storage Server 2008 R2 (x86、x64):Workgroup、Standard、EnterpriseWindows Storage Server 2008 R2 (x86, x64): Workgroup, Standard, Enterprise

  • Windows Server 2008 SP2 (x86、x64):Standard、Enterprise、Datacenter 注 1Windows Server 2008 with SP2 (x86, x64): Standard, Enterprise, Datacenter Note 1

Server CoreServer Core

次のバージョンでは具体的に OS の Server Core インストールが参照されます。The following versions specifically refer to the Server Core installation of the OS. 注 3Note 3

Windows Server の半期チャネル バージョンは Server Core インストールです (Windows Server バージョン 1809 など)。Windows Server semi-annual channel versions are Server Core installations, such as Windows Server, version 1809. Configuration Manager クライアントとして、これらは関連する Windows 10 の半期チャネル バージョンと同じようにサポートされています。As a Configuration Manager client, they're supported the same as the associated Windows 10 semi-annual channel version. 詳細については、Windows 10 のサポートに関するページをご覧ください。For more information, see Support for Windows 10.

  • Windows Server 2019 (x64) 注 2Windows Server 2019 (x64) Note 2

  • Windows Server 2016 (x64) 注 2Windows Server 2016 (x64) Note 2

  • Windows Server 2012 R2 (x64) 注 2Windows Server 2012 R2 (x64) Note 2

  • Windows Server 2012 (x64) 注 2Windows Server 2012 (x64) Note 2

  • Windows Server 2008 R2 サービス パックなし、または SP1 (x64)Windows Server 2008 R2 with no service pack, or with SP1 (x64)

  • Windows Server 2008 SP2 (x86、x64)Windows Server 2008 SP2 (x86, x64)

注 1Note 1

Configuration Manager では Windows Server Datacenter エディションがテストおよびサポートされていますが、Windows Server に対して公式に認定されていません。Configuration Manager tests and supports Windows Server Datacenter editions, but isn't officially certified for Windows Server. Windows Server Datacenter エディションに固有の問題に対しては、Configuration Manager の修正プログラムのサポートは提供されません。Configuration Manager hotfix support isn't offered for issues that are specific to Windows Server Datacenter Edition. Windows Server の認定プログラムについて詳しくは、Windows Server カタログをご覧ください。For more information on the Windows Server certification program, see Windows Server Catalog.

注 2Note 2

クライアント プッシュ インストールをサポートするには、[ファイルおよび記憶域サービス] サーバー ロールのファイル サーバー サービスを追加します。To support client push installation, add the File Server service of the File and Storage Services server role. Server Core への Windows 機能のインストールについて詳しくは、「Install roles, role services, and features by using Windows PowerShell cmdlets」(Windows PowerShell コマンドレットを使用して役割、役割サービス、機能をインストールする) をご覧ください。For more information about installing Windows features on Server Core, see Install roles, role services, and features by using Windows PowerShell cmdlets.

注 3Note 3

新しいソフトウェア センター アプリは、Windows Server Core のどのバージョンでもサポートされていません。The new Software Center app isn't supported on any version of Windows Server Core.

Windows Embedded コンピューターWindows Embedded computers

Windows Embedded デバイスを管理するには、デバイス上に Configuration Manager クライアントをインストールします。Manage Windows Embedded devices by installing the Configuration Manager client on the device. 詳細については、「Windows Embedded デバイスへのクライアント展開の計画」を参照してください。For more information, see Planning for client deployment to Windows Embedded devices.

要件と制限事項Requirements and limitations

  • すべてのクライアント機能は、書き込みフィルターが有効ではない Windows Embedded システムでサポートされます。All client features are supported on Windows Embedded systems that don't have write filters enabled.

  • 次のいずれかを使用するクライアントは、電源管理以外のすべての機能がサポートされます。Clients that use one of the following are supported for all features except power management:

    • Enhanced Write Filter (EWF)Enhanced Write Filters (EWF)

    • RAM ファイル ベースの書き込みフィルター (FBWF)RAM File-Based Write Filters (FBWF)

    • Unified Write Filter (UWF)Unified Write Filters (UWF)

  • アプリケーション カタログは、どのような Windows Embedded デバイスについてもサポートされません。The application catalog isn't supported for any Windows Embedded device.

サポートされている OS のバージョンSupported OS versions

  • Windows 10 Enterprise (x86、x64)Windows 10 Enterprise (x86, x64)

  • Windows 10 IoT Enterprise (x86、x64)Windows 10 IoT Enterprise (x86, x64)
    このバージョンには、長期的なサービス チャネル (LTSC) が含まれています。This version includes the long-term servicing channel (LTSC). 詳細については、「Windows 10 IoT Enterprise の概要」を参照してください。For more information, see Overview of Windows 10 IoT Enterprise.

  • Windows Embedded 8.1 Industry (x86、x64)Windows Embedded 8.1 Industry (x86, x64)

  • Windows Embedded 8 Standard (x86、x64)Windows Embedded 8 Standard (x86, x64)

  • Windows Thin PC (x86、x64)Windows Thin PC (x86, x64)

  • Windows Embedded POSReady 7 (x86、x64)Windows Embedded POSReady 7 (x86, x64)

  • Windows Embedded Standard 7 SP1 (x86、x64)Windows Embedded Standard 7 with SP1 (x86, x64)

Windows CE コンピューターWindows CE computers

Configuration Manager に含まれる Configuration Manager モバイル デバイス レガシ クライアントで Windows CE デバイスを管理します。Manage Windows CE devices with the Configuration Manager mobile device legacy client that is included with Configuration Manager.

要件と制限事項Requirements and limitations

  • モバイル デバイス クライアントのインストールには、0.78 MB の記憶領域が必要です。The mobile device client requires 0.78 MB of storage space for installation. サインインするには、さらに最大で 256 KB の追加の記憶領域が必要な場合があります。Sign-in can require up to 256 KB of additional storage space.

  • これらのモバイル デバイスの機能は、プラットフォームとクライアントの種類によって異なります。Features for these mobile devices vary by platform and client type. サポートされる管理機能の詳細については、「デバイス管理ソリューションの選択」を参照してください。For information about which management functions are supported, see Choose a device management solution.

サポートされている OS のバージョンSupported OS versions

次の言語がサポートされていますSupported languages include

  • 中国語 (簡体字、繁体字)Chinese (simplified and traditional)

  • 英語 (米国)English (US)

  • フランス語 (フランス)French (France)

  • ドイツ語German

  • イタリア語Italian

  • 日本語Japanese

  • 韓国語Korean

  • ポルトガル語 (ブラジル)Portuguese (Brazil)

  • ロシア語Russian

  • スペイン語 (スペイン)Spanish (Spain)

延長セキュリティ更新プログラムと Configuration ManagerExtended Security Updates and Configuration Manager

延長セキュリティ更新プログラム (ESU) は、特定のレガシ Microsoft 製品をサポート終了後に実行する必要があるお客様のための最後の手段となります。The Extended Security Updates (ESU) program is a last resort option for customers who need to run certain legacy Microsoft products past the end of support. これには、製品の延長サポート期間が終了してから最長 3 年間、重大または重要なセキュリティ更新プログラム (Microsoft Security Response Center (MSRC) によって定義されています) が含まれます。It includes Critical and/or Important security updates (as defined by the Microsoft Security Response Center (MSRC)) for a maximum of three years after the product’s End of Extended Support date.

既にサポート ライフサイクルが終了している製品は、Configuration Manager ではサポートされません。Products that are beyond their support lifecycle aren't supported for use with Configuration Manager. これには、ESU プログラムの対象となるすべての製品が含まれます。This includes any products that are covered under the ESU program. ESU プログラムでリリースされたセキュリティ更新プログラムは、Windows Server Update Services (WSUS) に発行されます。Security updates released under the ESU program will be published to Windows Server Update Services (WSUS). これらの更新プログラムは、Configuration Manager コンソールに表示されます。These updates will appear in the Configuration Manager console. ESU プログラムの対象となる製品は、Configuration Manager での使用がサポートされなくなりましたが、最新リリース バージョンの Configuration Manager の現在のブランチを使用して、プログラムでリリースされた Windows セキュリティ更新プログラムを展開およびインストールできます。While products that are covered under the ESU program are no longer supported for use with Configuration Manager, the latest released version of Configuration Manager current branch can be used to deploy and install Windows security updates released under the program. 最新のリリース バージョンを使用すると、オペレーティング システムの展開 (OSD) により、サポートされている OS を展開することもできます。The latest released version can also be used to deploy supported OSes via operating system deployment (OSD).

Windows ソフトウェア更新プログラムの管理または OSD に関係のないクライアント管理機能は、ESU プログラムの対象となるオペレーティング システムではテストされなくなり、引き続き機能することが保証されません。Client management features not related to Windows software update management or OSD will no longer be tested on the operating systems covered under the ESU program and we don't guarantee that they'll continue to function. クライアント管理のサポートを受けるには、できるだけ早く現在のバージョンのオペレーティング システムにアップグレードまたは移行することを強くお勧めします。It's highly recommended to upgrade or migrate to a current version of the operating systems as soon as possible to receive client management support.

Mac コンピューターMac computers

macOS 向けの Configuration Manager クライアントで Apple Mac コンピューターを管理します。Manage Apple Mac computers with the Configuration Manager client for macOS.

Configuration Manager メディアでは、macOS クライアント インストール パッケージは提供されません。The macOS client installation package isn't supplied with the Configuration Manager media. Microsoft ダウンロード センターから、追加のオペレーティング システム用のクライアントをダウンロードします。Download the Clients for Additional Operating Systems from the Microsoft Download Center.

詳しくは、「Mac にクライアントを展開する方法」をご覧ください。For more information, see How to deploy clients to Macs.

要件と制限事項Requirements and limitations

  • root 以外のアカウント下のコンピューターでは、macOS 用の Configuration Manager クライアントのインストールと実行はサポートされていません。Installing or running the Configuration Manager client for macOS on computers under an account other than root isn't supported. そのようにすると、主要なサービスが正しく実行できなくなる可能性があります。Doing so can prevent key services from running correctly.

サポートされるバージョンSupported versions

  • macOS Mojave (10.14)macOS Mojave (10.14)

  • macOS High Sierra (10.13)macOS High Sierra (10.13)

  • macOS Sierra (10.12)macOS Sierra (10.12)

  • macOS 10.11 (El Capitan)macOS 10.11 (El Capitan)

  • macOS 10.10 (Yosemite)macOS 10.10 (Yosemite)

  • macOS 10.9 (Mavericks)macOS 10.9 (Mavericks)

  • macOS 10.8 (Mountain Lion)macOS 10.8 (Mountain Lion)

  • macOS 10.7 (Lion)macOS 10.7 (Lion)

  • macOS 10.6 (Snow Leopard)macOS 10.6 (Snow Leopard)

Linux および UNIX サーバーLinux and UNIX servers

重要

Configuration Manager バージョン 1902 では、クライアントとして Linux および UNIX のサポートが削除されます。Configuration Manager version 1902 drops support for Linux and UNIX as a client. 廃止はバージョン 1802 で発表されました。Deprecation was announced with version 1802. Linux サーバーを管理するには、Microsoft Azure の管理を検討してください。Consider Microsoft Azure Management for managing Linux servers. Azure ソリューションには広範囲な Linux サポートが含まれており、ほとんどの場合、Linux のエンドツーエンド パッチ管理など、Configuration Manager 以上の機能を備えています。Azure solutions have extensive Linux support that in most cases exceed Configuration Manager functionality, including end-to-end patch management for Linux.

Configuration Manager メディアでは、Linux および UNIX クライアント インストール パッケージは提供されません。The Linux and UNIX client installation packages aren't supplied with the Configuration Manager media. Microsoft ダウンロード センターから、追加のオペレーティング システム用のクライアントをダウンロードします。Download the Clients for Additional Operating Systems from the Microsoft Download Center. クライアント インストール パッケージに加え、クライアント ダウンロードには、各コンピューター上でクライアントのインストールを管理するスクリプトも含まれています。In addition to client installation packages, the client download includes the script that manages the installation of the client on each computer.

要件と制限事項Requirements and limitations

サポートされるバージョンSupported versions

次のバージョンは、指定された .tar ファイルを使用してサポートされます。The following versions are supported by using the indicated .tar file.

AIXAIX

バージョンVersion TAR ファイルTAR file
バージョン 6.1 (Power)Version 6.1 (Power) ccm-Aix61ppc.<ビルド>.tarccm-Aix61ppc.<build>.tar
バージョン 7.1 (Power)Version 7.1 (Power) ccm-Aix71ppc.<ビルド>.tarccm-Aix71ppc.<build>.tar

CentOSCentOS

バージョンVersion TAR ファイルTAR file
バージョン 5 x86Version 5 x86 ccm-Universalx86.<ビルド>.tarccm-Universalx86.<build>.tar
バージョン 5 x64Version 5 x64 ccm-Universalx64.<ビルド>.tarccm-Universalx64.<build>.tar
バージョン 6 x86Version 6 x86 ccm-Universalx86.<ビルド>.tarccm-Universalx86.<build>.tar
バージョン 6 x64Version 6 x64 ccm-Universalx64.<ビルド>.tarccm-Universalx64.<build>.tar
バージョン 7 x64Version 7 x64 ccm-Universalx64.<ビルド>.tarccm-Universalx64.<build>.tar

DebianDebian

バージョンVersion TAR ファイルTAR file
バージョン 5 x86Version 5 x86 ccm-Universalx86.<ビルド>.tarccm-Universalx86.<build>.tar
バージョン 5 x64Version 5 x64 ccm-Universalx64.<ビルド>.tarccm-Universalx64.<build>.tar
バージョン 6 x86Version 6 x86 ccm-Universalx86.<ビルド>.tarccm-Universalx86.<build>.tar
バージョン 6 x64Version 6 x64 ccm-Universalx64.<ビルド>.tarccm-Universalx64.<build>.tar
バージョン 7 x86Version 7 x86 ccm-Universalx86.<ビルド>.tarccm-Universalx86.<build>.tar
バージョン 7 x64Version 7 x64 ccm-Universalx64.<ビルド>.tarccm-Universalx64.<build>.tar
バージョン 8 x86Version 8 x86 ccm-Universalx86.<ビルド>.tarccm-Universalx86.<build>.tar
バージョン 8 x64Version 8 x64 ccm-Universalx64.<ビルド>.tarccm-Universalx64.<build>.tar

HP-UXHP-UX

バージョンVersion TAR ファイルTAR file
バージョン 11iv3 IA64Version 11iv3 IA64 ccm-HpuxB.11.31i64.<ビルド>.tarccm-HpuxB.11.31i64.<build>.tar

Oracle LinuxOracle Linux

バージョンVersion TAR ファイルTAR file
バージョン 5 x86Version 5 x86 ccm-Universalx86.<ビルド>.tarccm-Universalx86.<build>.tar
バージョン 5 x64Version 5 x64 ccm-Universalx64.<ビルド>.tarccm-Universalx64.<build>.tar
バージョン 6 x86Version 6 x86 ccm-Universalx86.<ビルド>.tarccm-Universalx86.<build>.tar
バージョン 6 x64Version 6 x64 ccm-Universalx64.<ビルド>.tarccm-Universalx64.<build>.tar
バージョン 7 x64Version 7 x64 ccm-Universalx64.<ビルド>.tarccm-Universalx64.<build>.tar

Red Hat Enterprise Linux (RHEL)Red Hat Enterprise Linux (RHEL)

バージョンVersion TAR ファイルTAR file
バージョン 5 x86Version 5 x86 ccm-Universalx86.<ビルド>.tarccm-Universalx86.<build>.tar
バージョン 5 x64Version 5 x64 ccm-Universalx64.<ビルド>.tarccm-Universalx64.<build>.tar
バージョン 6 x86Version 6 x86 ccm-Universalx86.<ビルド>.tarccm-Universalx86.<build>.tar
バージョン 6 x64Version 6 x64 ccm-Universalx64.<ビルド>.tarccm-Universalx64.<build>.tar
バージョン 7 x64Version 7 x64 ccm-Universalx64.<ビルド>.tarccm-Universalx64.<build>.tar

SolarisSolaris

バージョンVersion TAR ファイルTAR file
バージョン 10 x86Version 10 x86 ccm-Sol10x86.<ビルド>.tarccm-Sol10x86.<build>.tar
バージョン 10 SPARCVersion 10 SPARC ccm-Sol10sparc.<ビルド>.tarccm-Sol10sparc.<build>.tar
バージョン 11 x86Version 11 x86 ccm-Sol11x86.<ビルド>.tarccm-Sol11x86.<build>.tar
バージョン 11 SPARCVersion 11 SPARC ccm-Sol11sparc.<ビルド>.tarccm-Sol11sparc.<build>.tar

SUSE Linux Enterprise Server (SLES)SUSE Linux Enterprise Server (SLES)

バージョンVersion TAR ファイルTAR file
バージョン 10 SP1 x86Version 10 SP1 x86 ccm-Universalx86.<ビルド>.tarccm-Universalx86.<build>.tar
バージョン 10 SP1 x64Version 10 SP1 x64 ccm-Universalx64.<ビルド>.tarccm-Universalx64.<build>.tar
バージョン 11 SP1 x86Version 11 SP1 x86 ccm-Universalx86.<ビルド>.tarccm-Universalx86.<build>.tar
バージョン 11 SP1 x64Version 11 SP1 x64 ccm-Universalx64.<ビルド>.tarccm-Universalx64.<build>.tar
バージョン 12 x64Version 12 x64 ccm-Universalx64.<ビルド>.tarccm-Universalx64.<build>.tar

UbuntuUbuntu

バージョンVersion TAR ファイルTAR file
バージョン 10.04 LTS x86Version 10.04 LTS x86 ccm-Universalx86.<ビルド>.tarccm-Universalx86.<build>.tar
バージョン 10.04 LTS x64Version 10.04 LTS x64 ccm-Universalx64.<ビルド>.tarccm-Universalx64.<build>.tar
バージョン 12.04 LTS x86Version 12.04 LTS x86 ccm-Universalx86.<ビルド>.tarccm-Universalx86.<build>.tar
バージョン 12.04 LTS x64Version 12.04 LTS x64 ccm-Universalx64.<ビルド>.tarccm-Universalx64.<build>.tar
バージョン 14.04 LTS x86Version 14.04 LTS x86 ccm-Universalx86.<ビルド>.tarccm-Universalx86.<build>.tar
バージョン 14.04 LTS x64Version 14.04 LTS x64 ccm-Universalx64.<ビルド>.tarccm-Universalx64.<build>.tar
バージョン 16.04 LTS x86Version 16.04 LTS x86 ccm-Universalx86.<ビルド>.tarccm-Universalx86.<build>.tar
バージョン 16.04 LTS x64Version 16.04 LTS x64 ccm-Universalx64.<ビルド>.tarccm-Universalx64.<build>.tar

オンプレミス MDMOn-premises MDM

Configuration Manager には、クライアント ソフトウェアをインストールすることなく、オンプレミスであるモバイル デバイスを管理する組み込みの機能があります。Configuration Manager has built-in capabilities for managing mobile devices that are on-premises without installing client software. 詳しくは、「オンプレミス インフラストラクチャを使用したモバイル デバイスの管理」をご覧ください。For more information, see Manage mobile devices with on-premises infrastructure.

サポートされるオペレーティング システムSupported operating systems

  • Windows 10 Pro (x86、x64)Windows 10 Pro (x86, x64)

  • Windows 10 Pro Enterprise (x86、x64)Windows 10 Pro Enterprise (x86, x64)

  • Windows 10 IoT Enterprise (x86、x64)Windows 10 IoT Enterprise (x86, x64)
    このバージョンには、長期的なサービス チャネル (LTSC) が含まれています。This version includes the long-term servicing channel (LTSC). 詳細については、「Windows 10 IoT Enterprise の概要」を参照してください。For more information, see Overview of Windows 10 IoT Enterprise.

  • Windows 10 IoT Mobile EnterpriseWindows 10 IoT Mobile Enterprise

  • Surface Hub の Windows 10 TeamWindows 10 Team for Surface Hub

  • Windows 10 MobileWindows 10 Mobile

  • Windows 10 Mobile EnterpriseWindows 10 Mobile Enterprise

    注意

    Configuration Manager では、Windows 10 Mobile と Windows 10 Mobile Enterprise のサポートは非推奨となりました。Support is deprecated for Windows 10 Mobile and Windows 10 Mobile Enterprise in Configuration Manager. 詳細については、「削除され、非推奨になった Configuration Manager クライアントの項目」を参照してください。For more information, see Removed and deprecated items for Configuration Manager clients.

Exchange Server コネクタExchange Server connector

Configuration Manager は、Configuration Manager クライアントをインストールすることがない、Exchange サーバーに接続するデバイスの限定された管理をサポートしています。Configuration Manager supports limited management of devices that connect to your Exchange Server, without installing the Configuration Manager client. 詳しくは、「Configuration Manager と Exchange によるモバイル デバイスの管理」をご覧ください。For more information, see Manage mobile devices with Configuration Manager and Exchange.  

サポートされている Exchange Server のバージョンSupported versions of Exchange Server

  • Exchange Online (Office 365) :このバージョンには、Business Productivity Online Standard Suite が含まれますExchange Online (Office 365): This version includes Business Productivity Online Standard Suite

  • Exchange Server 2016Exchange Server 2016

  • Exchange Server 2013Exchange Server 2013

  • Exchange Server 2010 SP1 または Exchange Server 2010 SP2Exchange Server 2010 SP1 or Exchange Server 2010 SP2