Configuration Manager における Microsoft 接続済みキャッシュMicrosoft Connected Cache in Configuration Manager

「オブジェクトの適用対象: Configuration Manager (Current Branch)Applies to: Configuration Manager (current branch)

バージョン 1906 以降、配布ポイントに Microsoft 接続済みキャッシュ サーバーをインストールできます。Starting in version 1906, you can install a Microsoft Connected Cache server on your distribution points. このコンテンツをオンプレミスでキャッシュすることによって、クライアントは配信の最適化機能から恩恵を受けることができますが、お客様が WAN リンクを保護するのに役立てることができます。By caching this content on-premises, your clients can benefit from the Delivery Optimization feature, but you can help to protect WAN links.

注意

バージョン 1910 以降、この機能は、Microsoft 接続済みキャッシュという名前になりました。Starting in version 1910, this feature is now called Microsoft Connected Cache. 以前は、"配信の最適化のネットワーク内キャッシュ" (DOINC) という名前でした。It was previously known as Delivery Optimization In-Network Cache (DOINC).

このキャッシュ サーバーは、配信の最適化によってダウンロードされたコンテンツに対して、オンデマンドの透過型キャッシュとして機能します。This cache server acts as an on-demand transparent cache for content downloaded by Delivery Optimization. クライアント設定を使用して、このサーバーがローカルの Configuration Manager 境界グループのメンバーにのみ提供されるようにします。Use client settings to make sure this server is offered only to the members of the local Configuration Manager boundary group.

このキャッシュは、Configuration Manager の配布ポイントのコンテンツとは別のものです。This cache is separate from Configuration Manager's distribution point content. 配布ポイントの役割と同じドライブを選択した場合は、コンテンツは個別に格納されます。If you choose the same drive as the distribution point role, it stores content separately.

注意

接続済みキャッシュ サーバーは、Windows Server にインストールされているアプリケーションです。The Connected Cache server is an application installed on Windows Server. このアプリケーションはまだ開発中です。This application is still in development.

しくみHow it works

接続済みキャッシュ サーバーを使用するようにクライアントを構成すると、クライアントはインターネットから Microsoft クラウドで管理されたコンテンツを要求しなくなります。When you configure clients to use the Connected Cache server, they no longer request Microsoft cloud-managed content from the internet. クライアントは、このコンテンツを、配布ポイントにインストールされたキャッシュ サーバーから要求します。Clients request this content from the cache server installed on the distribution point. オンプレミス サーバーは、アプリケーション要求ルーティング処理 (ARR) の IIS 機能を使用して、このコンテンツをキャッシュします。The on-premises server caches this content using the IIS feature for Application Request Routing (ARR). キャッシュ サーバーは、同じコンテンツに対するその後のすべての要求にすばやく応答することができます。Then the cache server can quickly respond to any future requests for the same content. 接続済みキャッシュ サーバーを使用できない場合、またはコンテンツがまだキャッシュされていない場合、クライアントはコンテンツをインターネットからダウンロードします。If the Connected Cache server is unavailable, or the content isn't yet cached, clients download the content from the internet. また、クライアントは、配信の最適化を使用するため、コンテンツの一部を自身のネットワーク内のピアからダウンロードします。Clients also use Delivery Optimization, so download portions of the content from peers in their network.

接続済みキャッシュのしくみの図

  1. クライアントは、更新をチェックして、コンテンツ配信ネットワーク (CDN) のアドレスを取得します。Client checks for updates and gets the address for the content delivery network (CDN).

  2. Configuration Manager は、キャッシュ サーバー名など、クライアントの配信の最適化 (DO) 設定を構成します。Configuration Manager configures Delivery Optimization (DO) settings on the client, including the cache server name.

  3. クライアント A は、DO キャッシュ サーバーからコンテンツを要求します。Client A requests content from the DO cache server.

  4. キャッシュにコンテンツが含まれていない場合、DO キャッシュ サーバーは CDN からコンテンツを取得します。If the cache doesn't include the content, then the DO cache server gets it from the CDN.

  5. キャッシュ サーバーが応答に失敗すると、クライアントは CDN からコンテンツをダウンロードします。If the cache server fails to respond, the client downloads the content from the CDN.

  6. クライアントは、DO を使用してピアからコンテンツの一部を取得します。Clients use DO to get pieces of the content from peers.

前提条件と制限事項Prerequisites and limitations

  • オンプレミスの配布ポイントには、次の構成が必要です。An on-premises distribution point, with the following configurations:

    • Windows Server 2012、Windows Server 2012 R2、Windows Server 2016、または Windows Server 2019 を実行Running Windows Server 2012, Windows Server 2012 R2, Windows Server 2016, or Windows Server 2019

    • 既定の Web サイトはポート 80 で有効The default web site enabled on port 80

    • IIS アプリケーション要求ルーティング処理 (ARR) 機能をプレインストールしないでください。Don't preinstall the IIS Application Request Routing (ARR) feature. 接続済みキャッシュにより、ARR のインストールとその設定の構成が行われます。Connected Cache installs ARR and configures its settings. Microsoft は、接続済みキャッシュによる ARR の構成が、サーバー上でこの機能を使用する他のアプリケーションと競合しないことを保証することはできません。Microsoft can't guarantee that the Connected Cache's ARR configuration won't conflict with other applications on the server that also use this feature.

    • 配布ポイントには、Microsoft クラウドへのインターネット アクセスが必要です。The distribution point requires internet access to the Microsoft cloud. 特定の URL は、特定のクラウド対応のコンテンツによって異なる場合があります。The specific URLs can vary depending upon the specific cloud-enabled content. 詳細については、「Internet access requirements (インターネット アクセスの要件)」を参照してください。For more information, see Internet access requirements.

  • Windows 10 バージョン 1709 以降を実行しているクライアントClients running Windows 10 version 1709 or later

接続済みキャッシュを有効にするEnable Connected Cache

  1. Configuration Manager コンソールで、 [管理] ワークスペースに移動して、 [配布ポイント] ノードを選択します。In the Configuration Manager console, go to the Administration workspace, and select the Distribution Points node.

  2. "オンプレミス" の配布ポイントを選択して、リボンで [プロパティ] を選択します。Select an on-premises distribution point, and then in the ribbon select Properties.

  3. 配布ポイントの役割のプロパティの [全般] タブで、次の設定を構成します。In the properties of the distribution point role, on the General tab, configure the following settings:

    1. [Microsoft 接続済みキャッシュ サーバーとして使用するためにこの配布ポイントを有効にする] オプションを有効にしますEnable the option to Enable this distribution point to be used as Microsoft Connected Cache server

      ライセンス条項を表示して同意します。View and accept the license terms.

    2. 使用するローカル ドライブ: キャッシュ用に使用するディスクを選択します。Local drive to be used: Select the disk to use for the cache. 既定値は [自動] で、最も多くの空き領域を含むディスクを使用します。注 1Automatic is the default value, which uses the disk with the most free space.Note 1

      注意

      このドライブは後で変更できます。You can change this drive later. キャッシュされたコンテンツは、新しいドライブにコピーしない限り消失します。Any cached content is lost, unless you copy it to the new drive.

    3. ディスク領域: GB 単位で予約するディスク領域の容量または合計ディスク領域の割合を選択します。Disk space: Select the amount of disk space to reserve in GB or a percentage of the total disk space. 既定値は 100 GB です。By default, this value is 100 GB.

      注意

      ほとんどの場合、既定のキャッシュ サイズで十分です。The default cache size should be sufficient for most customers. キャッシュ サイズは後で調整できます。You can adjust the cache size later.

    4. 接続済みキャッシュ サーバーを無効にする場合にキャッシュを保持する: キャッシュ サーバーを削除して、このオプションを有効にした場合、サーバーでディスク上のキャッシュのコンテンツが保持されます。Retain cache when disabling the Connected Cache server: If you remove the cache server, and you enable this option, the server keeps the cache's content on the disk.

  4. クライアント設定の [配信の最適化] グループで、 [Configuration Manager で管理されるデバイスで、コンテンツのダウンロードに Microsoft 接続済みキャッシュ サーバーを使用できるようにします] を設定します。In client settings, in the Delivery Optimization group, configure the setting to Enable devices managed by Configuration Manager to use Microsoft Connected Cache servers for content download.

注 1:ドライブの選択についてNote 1: About drive selection

[自動] を選択した場合、Configuration Manager で接続済みキャッシュ コンポーネントがインストールされるとき、no_sms_on_drive.sms ファイルが優先されます。If you select Automatic, when Configuration Manager installs the Connected Cache component, it honors the no_sms_on_drive.sms file. たとえば、配布ポイントにファイル C:\no_sms_on_drive.sms があります。For example, the distribution point has the file C:\no_sms_on_drive.sms. C: ドライブの空き容量が最も多い場合でも、Configuration Manager では、そのキャッシュに別のドライブを使用するように接続済みキャッシュが構成されます。Even if the C: drive has the most free space, Configuration Manager configures Connected Cache to use another drive for its cache.

既に no_sms_on_drive.sms ファイルが含まれている特定のドライブを選択すると、Configuration Manager ではファイルが無視されます。If you select a specific drive that already has the no_sms_on_drive.sms file, Configuration Manager ignores the file. そのドライブを使用するように接続済みキャッシュを構成することは、明示的な意図です。Configuring Connected Cache to use that drive is an explicit intent. たとえば、配布ポイントにファイル F:\no_sms_on_drive.sms があります。For example, the distribution point has the file F:\no_sms_on_drive.sms. F: ドライブを使用するように配布ポイントのプロパティを明示的に構成すると、Configuration Manager では、そのキャッシュに F: ドライブを使用するように接続済みキャッシュが構成されます。When you explicitly configure the distribution point properties to use the F: drive, Configuration Manager configures Connected Cache to use the F: drive for its cache.

接続済みキャッシュをインストールした後にドライブを変更するには:To change the drive after you install Connected Cache:

  • 特定のドライブ文字を使用するように配布ポイントのプロパティを手動で構成します。Manually configure the distribution point properties to use a specific drive letter.

  • 自動に設定されている場合、最初に no_sms_on_drive.sms ファイルを作成します。If set to automatic, first create the no_sms_on_drive.sms file. 次に、構成変更をトリガーするように配布ポイントのプロパティにいくつかの変更を加えます。Then make some change to the distribution point properties to trigger a configuration change.

確認事項Verify

クライアントがクラウドで管理されたコンテンツをダウンロードするときに、配布ポイントにインストールされたキャッシュ サーバーから配信の最適化を使用します。When clients download cloud-managed content, they use Delivery Optimization from the cache server installed on your distribution point. クラウドで管理されたコンテンツには、次の種類が含まれています。Cloud-managed content includes the following types:

  • Microsoft Store アプリMicrosoft Store apps
  • オンデマンドの Windows 機能 (言語など)Windows features on demand, such as languages
  • Windows Update for Business ポリシーを有効にする場合: Windows 10 の機能と品質更新プログラムIf you enable Windows Update for Business policies: Windows 10 feature and quality updates
  • 共同管理ワークロードの場合:For co-management workloads:
    • Windows Update for Business: Windows 10 の機能と品質更新プログラムWindows Update for Business: Windows 10 feature and quality updates
    • Office クイック実行アプリ: Office アプリと更新プログラムOffice Click-to-Run apps: Office apps and updates
    • クライアント アプリ: Microsoft Store アプリと更新プログラムClient apps: Microsoft Store apps and updates
    • エンドポイント保護:Windows Defender の定義更新プログラムEndpoint Protection: Windows Defender definition updates

Windows 10 バージョン 1809 以降で、Get-DeliveryOptimizationStatus Windows PowerShell コマンドレットを使ってこの動作を確認します。On Windows 10 version 1809 or later, verify this behavior with the Get-DeliveryOptimizationStatus Windows PowerShell cmdlet. コマンドレットの出力で、BytesFromCacheServer の値を確認します。In the cmdlet output, review the BytesFromCacheServer value. 詳細については、「配信の最適化を監視する」をご覧ください。For more information, see Monitor Delivery Optimization.

キャッシュ サーバーによって任意の HTTP エラーが返された場合、配信の最適化クライアントは元のクラウド ソースに戻されます。If the cache server returns any HTTP failure, the Delivery Optimization client falls back to the original cloud source.

詳細については、「Configuration Manager における Microsoft 接続済みキャッシュのトラブルシューティング」を参照してください。For more detailed information, see Troubleshoot Microsoft Connected Cache in Configuration Manager.

Intune Win32 アプリのサポートSupport for Intune Win32 apps

バージョン 1910 以降、Configuration Manager 配布ポイントで接続済みキャッシュを有効にすると、Microsoft Intune Win32 アプリを共同管理クライアントに提供できます。Starting in version 1910, when you enable Connected Cache on your Configuration Manager distribution points, they can serve Microsoft Intune Win32 apps to co-managed clients.

[前提条件]Prerequisites

クライアントClient

  • クライアントを最新バージョンに更新します。Update the client to the latest version.

  • クライアント デバイスには、少なくとも 4 GB のメモリが必要です。The client device needs to have at least 4 GB of memory.

    ヒント

    次のグループ ポリシー設定を使用します。[コンピューターの構成] > [管理用テンプレート] > [Windows コンポーネント] > [配信の最適化] > [ピア キャッシュの使用に必要な最小 RAM 容量 (GB)]Use the following group policy setting: Computer Configuration > Administrative Templates > Windows Components > Delivery Optimization > Minimum RAM capacity (inclusive) required to enable use of Peer Caching (in GB).

サイトSite

  • 配布ポイント上で Connected Cache を有効にします。Enable Connected Cache on a distribution point. 詳細については、Microsoft 接続済みキャッシュに関するページを参照してください。For more information, see Microsoft Connected Cache.

  • クライアントと Connected Cache 対応の配布ポイントは、同じ境界グループに存在する必要があります。The client and the Connected Cache-enabled distribution point need to be in the same boundary group.

  • [配信の最適化] グループで、次のクライアント設定を有効にします。Enable the following client settings in the Delivery Optimization group:

    • 配信の最適化グループ ID に Configuration Manager 境界グループを使用しますUse Configuration Manager Boundary Groups for Delivery Optimization Group ID
    • Configuration Manager で管理されるデバイスで、コンテンツのダウンロードに Microsoft の接続済みキャッシュ サーバーを使用できるようにしますEnable devices managed by Configuration Manger to use Microsoft Connected Cache servers for content download
  • 共同管理デバイス向けのクライアント アプリのプレリリース機能を有効にします。Enable the pre-release feature Client apps for co-managed devices. 詳細については、「プレリリース機能」を参照してください。For more information, see Pre-release features.

  • 共同管理を有効にし、 [クライアント アプリ] ワークロードを Pilot Intune または Intune に切り替えます。Enable co-management, and switch the Client apps workload to Pilot Intune or Intune. 詳細については、以下の記事を参照してください。For more information, see the following articles:

IntuneIntune

  • この機能では、Intune Win32 アプリの種類のみがサポートされます。This feature only supports the Intune Win32 app type.

    • この目的のために、Intune で新しいアプリを作成して割り当て (展開) します。Create and assign (deploy) a new app in Intune for this purpose. (Intune バージョン 1811 より前に作成されたアプリは機能しません。)詳細については、Intune の Win32 アプリの管理に関する記事を参照してください。(Apps created before Intune version 1811 don't work.) For more information, see Intune Win32 app management.

    • アプリのサイズは 100 MB 以上である必要があります。The app needs to be at least 100 MB in size.

      ヒント

      次のグループ ポリシー設定を使用します。[コンピューターの構成] > [管理用テンプレート] > [Windows コンポーネント] > [配信の最適化] > [最小ピア キャッシュ コンテンツ ファイル サイズ (MB)]Use the following group policy setting: Computer Configuration > Administrative Templates > Windows Components > Delivery Optimization > Minimum Peer Caching Content File Size (in MB).

関連項目See also

Windows 10 更新プログラムの配信の最適化Optimize Windows 10 updates with Delivery Optimization

Configuration Manager における Microsoft 接続済みキャッシュのトラブルシューティングTroubleshoot Microsoft Connected Cache in Configuration Manager