PipelineComponentInfo クラス

定義

ローカル コンピューターに現在インストールされているパイプライン コンポーネントを記述するための、パイプラインですぐに使用できるプロパティが含まれています。

public ref class PipelineComponentInfo sealed : Microsoft::SqlServer::Dts::Runtime::DtsObject, Microsoft::SqlServer::Dts::Runtime::IDTSName
public sealed class PipelineComponentInfo : Microsoft.SqlServer.Dts.Runtime.DtsObject, Microsoft.SqlServer.Dts.Runtime.IDTSName
type PipelineComponentInfo = class
    inherit DtsObject
    interface IDTSName
Public NotInheritable Class PipelineComponentInfo
Inherits DtsObject
Implements IDTSName
継承
PipelineComponentInfo
実装

注釈

PipelineComponentInfo オブジェクトは、コンピューターにインストールされており、クライアントによる作成が可能な、データ フロー コンポーネントを記述します。 ランタイムは、そのデータ フロー コンポーネント カテゴリ ID で登録されているパイプライン コンポーネントを列挙することによって、ネイティブ データ フロー コンポーネントを見つけます。

Integration Services (SSIS) パイプラインは、Integration Services パイプライン エンジンと Integration Services パイプライン コンポーネントで構成されます。 Integration Services パイプライン エンジンはパッケージの実行時にデータを抽出し、変換して、読み込みます。 Integration Services パイプライン コンポーネントは、グラフを構築するために使用します。

プロパティ

ComponentType

変換元、変換先、または変換としてコンポーネントを識別する DTSPipelineComponentType 列挙子を返します。 このプロパティは読み取り専用です。

CreationName

PipelineComponentInfo オブジェクトのインスタンスを作成したり、PipelineComponentInfos コレクションにオブジェクトを追加したりする際にランタイムによって使用される文字列を返します。 このプロパティは読み取り専用です。

Description

データ フロー コンポーネント オブジェクトの説明を取得します。値の設定も可能です。

FileName

データ フロー コンポーネントを含むファイルの名前を返します。 このプロパティは読み取り専用です。

FileNameVersionString

コンポーネントのバージョンを返します。 このプロパティは読み取り専用です。

HelpCollection

ヘルプの取得元となるヘルプ コレクションを取得します。

HelpKeyword

コンポーネント情報のヘルプ キーワードを取得します。

IconFile

アイコンを含むファイルの名前を返します。 このプロパティは読み取り専用です。

IconResource

コンポーネント オブジェクトに関連付けられたアイコンを返します。 このプロパティは読み取り専用です。

ID

パイプライン コンポーネントに関連付けられた一意の ID を返します。 このプロパティは読み取り専用です。

Name

グラフィカル ユーザー インターフェイスで使用されるコンポーネントの名前を取得します。値の設定も可能です。

NoEditor

[詳細プロパティ] グラフィカルエディターが無効になっているかどうかを示すブール値を返します。 このフィールドは読み取り専用です。

SamplesTag

PipelineComponentInfo のサンプル タグを取得します。

ShapeProgID

コンポーネントのデザイナー図形を返します。 このフィールドは読み取り専用です。

UITypeName

コンポーネントのユーザー インターフェイスを実装するアセンブリの修飾名を返します。 このフィールドは読み取り専用です。

メソッド

Equals(Object)

2 つのオブジェクト インスタンスが等しいかどうかを判断します。

(継承元 DtsObject)
GetHashCode()

このインスタンスのハッシュ コードを返します。

(継承元 DtsObject)

適用対象