List<T> クラス

定義

インデックスを使用してアクセスできる、厳密に型指定されたオブジェクトのリストを表します。 リストの検索、並べ替え、および操作のためのメソッドを提供します。

generic <typename T>
public ref class List : System::Collections::Generic::ICollection<T>, System::Collections::Generic::IEnumerable<T>, System::Collections::Generic::IList<T>, System::Collections::Generic::IReadOnlyCollection<T>, System::Collections::Generic::IReadOnlyList<T>, System::Collections::IList
generic <typename T>
public ref class List : System::Collections::Generic::ICollection<T>, System::Collections::Generic::IEnumerable<T>, System::Collections::Generic::IList<T>, System::Collections::IList
public class List<T> : System.Collections.Generic.ICollection<T>, System.Collections.Generic.IEnumerable<T>, System.Collections.Generic.IList<T>, System.Collections.Generic.IReadOnlyCollection<T>, System.Collections.Generic.IReadOnlyList<T>, System.Collections.IList
[System.Serializable]
public class List<T> : System.Collections.Generic.ICollection<T>, System.Collections.Generic.IEnumerable<T>, System.Collections.Generic.IList<T>, System.Collections.IList
[System.Serializable]
public class List<T> : System.Collections.Generic.ICollection<T>, System.Collections.Generic.IEnumerable<T>, System.Collections.Generic.IList<T>, System.Collections.Generic.IReadOnlyCollection<T>, System.Collections.Generic.IReadOnlyList<T>, System.Collections.IList
type List<'T> = class
    interface ICollection<'T>
    interface seq<'T>
    interface IEnumerable
    interface IList<'T>
    interface IReadOnlyCollection<'T>
    interface IReadOnlyList<'T>
    interface ICollection
    interface IList
[<System.Serializable>]
type List<'T> = class
    interface IList<'T>
    interface ICollection<'T>
    interface seq<'T>
    interface IList
    interface ICollection
    interface IEnumerable
[<System.Serializable>]
type List<'T> = class
    interface IList<'T>
    interface ICollection<'T>
    interface IList
    interface ICollection
    interface IReadOnlyList<'T>
    interface IReadOnlyCollection<'T>
    interface seq<'T>
    interface IEnumerable
[<System.Serializable>]
type List<'T> = class
    interface IList<'T>
    interface ICollection<'T>
    interface seq<'T>
    interface IEnumerable
    interface IList
    interface ICollection
    interface IReadOnlyList<'T>
    interface IReadOnlyCollection<'T>
type List<'T> = class
    interface IList<'T>
    interface ICollection<'T>
    interface IReadOnlyList<'T>
    interface IReadOnlyCollection<'T>
    interface seq<'T>
    interface IList
    interface ICollection
    interface IEnumerable
[<System.Serializable>]
type List<'T> = class
    interface IList<'T>
    interface IList
    interface IReadOnlyList<'T>
    interface ICollection<'T>
    interface seq<'T>
    interface IEnumerable
    interface ICollection
    interface IReadOnlyCollection<'T>
Public Class List(Of T)
Implements ICollection(Of T), IEnumerable(Of T), IList, IList(Of T), IReadOnlyCollection(Of T), IReadOnlyList(Of T)
Public Class List(Of T)
Implements ICollection(Of T), IEnumerable(Of T), IList, IList(Of T)

型パラメーター

T

リスト内の要素の型です。

継承
List<T>
派生
属性
実装

次の例では、 に単純なビジネス オブジェクトを追加、削除、挿入する方法を示します List<T>

using System;
using System.Collections.Generic;
// Simple business object. A PartId is used to identify the type of part
// but the part name can change.
public class Part : IEquatable<Part>
    {
        public string PartName { get; set; }

        public int PartId { get; set; }

        public override string ToString()
        {
            return "ID: " + PartId + "   Name: " + PartName;
        }
        public override bool Equals(object obj)
        {
            if (obj == null) return false;
            Part objAsPart = obj as Part;
            if (objAsPart == null) return false;
            else return Equals(objAsPart);
        }
        public override int GetHashCode()
        {
            return PartId;
        }
        public bool Equals(Part other)
        {
            if (other == null) return false;
            return (this.PartId.Equals(other.PartId));
        }
    // Should also override == and != operators.
    }
public class Example
{
    public static void Main()
    {
        // Create a list of parts.
        List<Part> parts = new List<Part>();

        // Add parts to the list.
        parts.Add(new Part() { PartName = "crank arm", PartId = 1234 });
        parts.Add(new Part() { PartName = "chain ring", PartId = 1334 });
        parts.Add(new Part() { PartName = "regular seat", PartId = 1434 });
        parts.Add(new Part() { PartName = "banana seat", PartId = 1444 });
        parts.Add(new Part() { PartName = "cassette", PartId = 1534 });
        parts.Add(new Part() { PartName = "shift lever", PartId = 1634 });

        // Write out the parts in the list. This will call the overridden ToString method
        // in the Part class.
        Console.WriteLine();
        foreach (Part aPart in parts)
        {
            Console.WriteLine(aPart);
        }

        // Check the list for part #1734. This calls the IEquatable.Equals method
        // of the Part class, which checks the PartId for equality.
        Console.WriteLine("\nContains(\"1734\"): {0}",
        parts.Contains(new Part { PartId = 1734, PartName = "" }));

        // Insert a new item at position 2.
        Console.WriteLine("\nInsert(2, \"1834\")");
        parts.Insert(2, new Part() { PartName = "brake lever", PartId = 1834 });

        //Console.WriteLine();
        foreach (Part aPart in parts)
        {
            Console.WriteLine(aPart);
        }

        Console.WriteLine("\nParts[3]: {0}", parts[3]);

        Console.WriteLine("\nRemove(\"1534\")");

        // This will remove part 1534 even though the PartName is different,
        // because the Equals method only checks PartId for equality.
        parts.Remove(new Part() { PartId = 1534, PartName = "cogs" });

        Console.WriteLine();
        foreach (Part aPart in parts)
        {
            Console.WriteLine(aPart);
        }
        Console.WriteLine("\nRemoveAt(3)");
        // This will remove the part at index 3.
        parts.RemoveAt(3);

        Console.WriteLine();
        foreach (Part aPart in parts)
        {
            Console.WriteLine(aPart);
        }

            /*

             ID: 1234   Name: crank arm
             ID: 1334   Name: chain ring
             ID: 1434   Name: regular seat
             ID: 1444   Name: banana seat
             ID: 1534   Name: cassette
             ID: 1634   Name: shift lever

             Contains("1734"): False

             Insert(2, "1834")
             ID: 1234   Name: crank arm
             ID: 1334   Name: chain ring
             ID: 1834   Name: brake lever
             ID: 1434   Name: regular seat
             ID: 1444   Name: banana seat
             ID: 1534   Name: cassette
             ID: 1634   Name: shift lever

             Parts[3]: ID: 1434   Name: regular seat

             Remove("1534")

             ID: 1234   Name: crank arm
             ID: 1334   Name: chain ring
             ID: 1834   Name: brake lever
             ID: 1434   Name: regular seat
             ID: 1444   Name: banana seat
             ID: 1634   Name: shift lever

             RemoveAt(3)

             ID: 1234   Name: crank arm
             ID: 1334   Name: chain ring
             ID: 1834   Name: brake lever
             ID: 1444   Name: banana seat
             ID: 1634   Name: shift lever


         */
    }
}
Imports System.Collections.Generic

' Simple business object. A PartId is used to identify the type of part 
' but the part name can change. 
Public Class Part
    Implements IEquatable(Of Part)
    Public Property PartName() As String
        Get
            Return m_PartName
        End Get
        Set(value As String)
            m_PartName = Value
        End Set
    End Property
    Private m_PartName As String

    Public Property PartId() As Integer
        Get
            Return m_PartId
        End Get
        Set(value As Integer)
            m_PartId = Value
        End Set
    End Property
    Private m_PartId As Integer

    Public Overrides Function ToString() As String
        Return "ID: " & PartId & "   Name: " & PartName
    End Function
    Public Overrides Function Equals(obj As Object) As Boolean
        If obj Is Nothing Then
            Return False
        End If
        Dim objAsPart As Part = TryCast(obj, Part)
        If objAsPart Is Nothing Then
            Return False
        Else
            Return Equals(objAsPart)
        End If
    End Function
    Public Overrides Function GetHashCode() As Integer
        Return PartId
    End Function
    Public Overloads Function Equals(other As Part) As Boolean _
        Implements IEquatable(Of Part).Equals
        If other Is Nothing Then
            Return False
        End If
        Return (Me.PartId.Equals(other.PartId))
    End Function
    ' Should also override == and != operators.

End Class
Public Class Example
    Public Shared Sub Main()
        ' Create a list of parts.
        Dim parts As New List(Of Part)()

        ' Add parts to the list.
        parts.Add(New Part() With { _
             .PartName = "crank arm", _
             .PartId = 1234 _
        })
        parts.Add(New Part() With { _
             .PartName = "chain ring", _
             .PartId = 1334 _
        })
        parts.Add(New Part() With { _
             .PartName = "regular seat", _
             .PartId = 1434 _
        })
        parts.Add(New Part() With { _
             .PartName = "banana seat", _
             .PartId = 1444 _
        })
        parts.Add(New Part() With { _
             .PartName = "cassette", _
             .PartId = 1534 _
        })
        parts.Add(New Part() With { _
             .PartName = "shift lever", _
             .PartId = 1634 _
        })



        ' Write out the parts in the list. This will call the overridden ToString method
        ' in the Part class.
        Console.WriteLine()
        For Each aPart As Part In parts
            Console.WriteLine(aPart)
        Next


        ' Check the list for part #1734. This calls the IEquatable.Equals method
        ' of the Part class, which checks the PartId for equality.
        Console.WriteLine(vbLf & "Contains(""1734""): {0}", parts.Contains(New Part() With { _
             .PartId = 1734, _
             .PartName = "" _
        }))

        ' Insert a new item at position 2.
        Console.WriteLine(vbLf & "Insert(2, ""1834"")")
        parts.Insert(2, New Part() With { _
             .PartName = "brake lever", _
             .PartId = 1834 _
        })


        'Console.WriteLine();
        For Each aPart As Part In parts
            Console.WriteLine(aPart)
        Next

        Console.WriteLine(vbLf & "Parts[3]: {0}", parts(3))

        Console.WriteLine(vbLf & "Remove(""1534"")")

        ' This will remove part 1534 even though the PartName is different,
        ' because the Equals method only checks PartId for equality.
        parts.Remove(New Part() With { _
             .PartId = 1534, _
             .PartName = "cogs" _
        })

        Console.WriteLine()
        For Each aPart As Part In parts
            Console.WriteLine(aPart)
        Next

        Console.WriteLine(vbLf & "RemoveAt(3)")
        ' This will remove part at index 3.
        parts.RemoveAt(3)

        Console.WriteLine()
        For Each aPart As Part In parts
            Console.WriteLine(aPart)
        Next
    End Sub
    '
    '        This example code produces the following output:
    '        ID: 1234   Name: crank arm
    '        ID: 1334   Name: chain ring
    '        ID: 1434   Name: regular seat
    '        ID: 1444   Name: banana seat
    '        ID: 1534   Name: cassette
    '        ID: 1634   Name: shift lever
    '
    '        Contains("1734"): False
    '
    '        Insert(2, "1834")
    '        ID: 1234   Name: crank arm
    '        ID: 1334   Name: chain ring
    '        ID: 1834   Name: brake lever
    '        ID: 1434   Name: regular seat
    '        ID: 1444   Name: banana seat
    '        ID: 1534   Name: cassette
    '        ID: 1634   Name: shift lever
    '
    '        Parts[3]: ID: 1434   Name: regular seat
    '
    '        Remove("1534")
    '
    '        ID: 1234   Name: crank arm
    '        ID: 1334   Name: chain ring
    '        ID: 1834   Name: brake lever
    '        ID: 1434   Name: regular seat
    '        ID: 1444   Name: banana seat
    '        ID: 1634   Name: shift lever
    '   '
    '        RemoveAt(3)
    '
    '        ID: 1234   Name: crank arm
    '        ID: 1334   Name: chain ring
    '        ID: 1834   Name: brake lever
    '        ID: 1444   Name: banana seat
    '        ID: 1634   Name: shift lever
    '        

End Class

// Simple business object. A PartId is used to identify the type of part  
// but the part name can change.  
[<CustomEquality; NoComparison>]
type Part = { PartId : int ; mutable PartName : string } with
    override this.GetHashCode() = hash this.PartId
    override this.Equals(other) =
        match other with
        | :? Part as p -> this.PartId = p.PartId
        | _ -> false
    override this.ToString() = sprintf "ID: %i   Name: %s" this.PartId this.PartName

[<EntryPoint>]
let main argv = 
    // We refer to System.Collections.Generic.List<'T> by its type 
    // abbreviation ResizeArray<'T> to avoid conflicts with the F# List module.    
    // Note: In F# code, F# linked lists are usually preferred over
    // ResizeArray<'T> when an extendable collection is required.
    let parts = ResizeArray<_>()
    parts.Add({PartName = "crank arm" ; PartId = 1234})
    parts.Add({PartName = "chain ring"; PartId = 1334 })
    parts.Add({PartName = "regular seat"; PartId = 1434 })
    parts.Add({PartName = "banana seat"; PartId = 1444 })
    parts.Add({PartName = "cassette"; PartId = 1534 })
    parts.Add({PartName = "shift lever"; PartId = 1634 })

    // Write out the parts in the ResizeArray.  This will call the overridden ToString method
    // in the Part type
    printfn ""
    parts |> Seq.iter (fun p -> printfn "%O" p)

    // Check the ResizeArray for part #1734. This calls the IEquatable.Equals method 
    // of the Part type, which checks the PartId for equality.    
    printfn "\nContains(\"1734\"): %b" (parts.Contains({PartId=1734; PartName=""}))
    
    // Insert a new item at position 2.
    printfn "\nInsert(2, \"1834\")"
    parts.Insert(2, { PartName = "brake lever"; PartId = 1834 })

    // Write out all parts
    parts |> Seq.iter (fun p -> printfn "%O" p)

    printfn "\nParts[3]: %O" parts.[3]

    printfn "\nRemove(\"1534\")"
    // This will remove part 1534 even though the PartName is different, 
    // because the Equals method only checks PartId for equality.
    // Since Remove returns true or false, we need to ignore the result
    parts.Remove({PartId=1534; PartName="cogs"}) |> ignore

    // Write out all parts
    printfn ""
    parts |> Seq.iter (fun p -> printfn "%O" p)

    printfn "\nRemoveAt(3)"
    // This will remove the part at index 3.
    parts.RemoveAt(3)

    // Write out all parts
    printfn ""
    parts |> Seq.iter (fun p -> printfn "%O" p)

    0 // return an integer exit code

次の例は、string 型のジェネリック クラスのいくつかのプロパティと List<T> メソッドを示しています。 (複合型のの List<T> 例については、 メソッドを Contains 参照してください)。

パラメーターなしコンストラクターは、既定の容量を持つ文字列のリストを作成するために使用されます。 プロパティ Capacity が表示され、 メソッド Add を使用して複数の項目が追加されます。 項目が一覧表示され、 プロパティが プロパティと共に再び表示され、必要に応じて容量が増加した Capacity Count と表示されます。

メソッドは、リスト内の項目の存在をテストするために使用されます。メソッドは、リストの中央に新しい項目を挿入するために使用され、リストの内容が再 Contains Insert び表示されます。

既定のプロパティ (C# のインデクサー) を使用して項目を取得し、 メソッドを使用して、前に追加した重複項目の最初のインスタンスを削除し、内容を再度 Item[] Remove 表示します。 メソッド Remove は、検出された最初のインスタンスを常に削除します。

メソッド TrimExcess は、カウントに合わせて容量を減らすために使用され、 プロパティと Capacity プロパティ Count が表示されます。 未使用の容量が合計容量の 10% 未満だった場合、一覧のサイズは変更されません。

最後に、 Clear メソッドを使用して一覧からすべての項目を削除し、 プロパティと Capacity プロパティ Count が表示されます。

using namespace System;
using namespace System::Collections::Generic;

void main()
{
    List<String^>^ dinosaurs = gcnew List<String^>();

    Console::WriteLine("\nCapacity: {0}", dinosaurs->Capacity);

    dinosaurs->Add("Tyrannosaurus");
    dinosaurs->Add("Amargasaurus");
    dinosaurs->Add("Mamenchisaurus");
    dinosaurs->Add("Deinonychus");
    dinosaurs->Add("Compsognathus");

    Console::WriteLine();
    for each(String^ dinosaur in dinosaurs )
    {
        Console::WriteLine(dinosaur);
    }

    Console::WriteLine("\nCapacity: {0}", dinosaurs->Capacity);
    Console::WriteLine("Count: {0}", dinosaurs->Count);

    Console::WriteLine("\nContains(\"Deinonychus\"): {0}",
        dinosaurs->Contains("Deinonychus"));

    Console::WriteLine("\nInsert(2, \"Compsognathus\")");
    dinosaurs->Insert(2, "Compsognathus");

    Console::WriteLine();
    for each(String^ dinosaur in dinosaurs )
    {
        Console::WriteLine(dinosaur);
    }

    Console::WriteLine("\ndinosaurs[3]: {0}", dinosaurs[3]);

    Console::WriteLine("\nRemove(\"Compsognathus\")");
    dinosaurs->Remove("Compsognathus");

    Console::WriteLine();
    for each(String^ dinosaur in dinosaurs )
    {
        Console::WriteLine(dinosaur);
    }

    dinosaurs->TrimExcess();
    Console::WriteLine("\nTrimExcess()");
    Console::WriteLine("Capacity: {0}", dinosaurs->Capacity);
    Console::WriteLine("Count: {0}", dinosaurs->Count);

    dinosaurs->Clear();
    Console::WriteLine("\nClear()");
    Console::WriteLine("Capacity: {0}", dinosaurs->Capacity);
    Console::WriteLine("Count: {0}", dinosaurs->Count);
}

/* This code example produces the following output:

Capacity: 0

Tyrannosaurus
Amargasaurus
Mamenchisaurus
Deinonychus
Compsognathus

Capacity: 8
Count: 5

Contains("Deinonychus"): True

Insert(2, "Compsognathus")

Tyrannosaurus
Amargasaurus
Compsognathus
Mamenchisaurus
Deinonychus
Compsognathus

dinosaurs[3]: Mamenchisaurus

Remove("Compsognathus")

Tyrannosaurus
Amargasaurus
Mamenchisaurus
Deinonychus
Compsognathus

TrimExcess()
Capacity: 5
Count: 5

Clear()
Capacity: 5
Count: 0
 */
List<string> dinosaurs = new List<string>();

Console.WriteLine("\nCapacity: {0}", dinosaurs.Capacity);

dinosaurs.Add("Tyrannosaurus");
dinosaurs.Add("Amargasaurus");
dinosaurs.Add("Mamenchisaurus");
dinosaurs.Add("Deinonychus");
dinosaurs.Add("Compsognathus");
Console.WriteLine();
foreach(string dinosaur in dinosaurs)
{
    Console.WriteLine(dinosaur);
}

Console.WriteLine("\nCapacity: {0}", dinosaurs.Capacity);
Console.WriteLine("Count: {0}", dinosaurs.Count);

Console.WriteLine("\nContains(\"Deinonychus\"): {0}",
    dinosaurs.Contains("Deinonychus"));

Console.WriteLine("\nInsert(2, \"Compsognathus\")");
dinosaurs.Insert(2, "Compsognathus");

Console.WriteLine();
foreach(string dinosaur in dinosaurs)
{
    Console.WriteLine(dinosaur);
}

// Shows accessing the list using the Item property.
Console.WriteLine("\ndinosaurs[3]: {0}", dinosaurs[3]);

Console.WriteLine("\nRemove(\"Compsognathus\")");
dinosaurs.Remove("Compsognathus");

Console.WriteLine();
foreach(string dinosaur in dinosaurs)
{
    Console.WriteLine(dinosaur);
}

dinosaurs.TrimExcess();
Console.WriteLine("\nTrimExcess()");
Console.WriteLine("Capacity: {0}", dinosaurs.Capacity);
Console.WriteLine("Count: {0}", dinosaurs.Count);

dinosaurs.Clear();
Console.WriteLine("\nClear()");
Console.WriteLine("Capacity: {0}", dinosaurs.Capacity);
Console.WriteLine("Count: {0}", dinosaurs.Count);

/* This code example produces the following output:

Capacity: 0

Tyrannosaurus
Amargasaurus
Mamenchisaurus
Deinonychus
Compsognathus

Capacity: 8
Count: 5

Contains("Deinonychus"): True

Insert(2, "Compsognathus")

Tyrannosaurus
Amargasaurus
Compsognathus
Mamenchisaurus
Deinonychus
Compsognathus

dinosaurs[3]: Mamenchisaurus

Remove("Compsognathus")

Tyrannosaurus
Amargasaurus
Mamenchisaurus
Deinonychus
Compsognathus

TrimExcess()
Capacity: 5
Count: 5

Clear()
Capacity: 5
Count: 0
 */
Imports System.Collections.Generic

Public Class Example

    Public Shared Sub Main()
        Dim dinosaurs As New List(Of String)

        Console.WriteLine(vbLf & "Capacity: {0}", dinosaurs.Capacity)

        dinosaurs.Add("Tyrannosaurus")
        dinosaurs.Add("Amargasaurus")
        dinosaurs.Add("Mamenchisaurus")
        dinosaurs.Add("Deinonychus")
        dinosaurs.Add("Compsognathus")

        Console.WriteLine()
        For Each dinosaur As String In dinosaurs
            Console.WriteLine(dinosaur)
        Next

        Console.WriteLine(vbLf & "Capacity: {0}", dinosaurs.Capacity)
        Console.WriteLine("Count: {0}", dinosaurs.Count)

        Console.WriteLine(vbLf & "Contains(""Deinonychus""): {0}", _
            dinosaurs.Contains("Deinonychus"))

        Console.WriteLine(vbLf & "Insert(2, ""Compsognathus"")")
        dinosaurs.Insert(2, "Compsognathus")

        Console.WriteLine()
        For Each dinosaur As String In dinosaurs
            Console.WriteLine(dinosaur)
        Next
        ' Shows how to access the list using the Item property.
        Console.WriteLine(vbLf & "dinosaurs(3): {0}", dinosaurs(3))
        Console.WriteLine(vbLf & "Remove(""Compsognathus"")")
        dinosaurs.Remove("Compsognathus")

        Console.WriteLine()
        For Each dinosaur As String In dinosaurs
            Console.WriteLine(dinosaur)
        Next

        dinosaurs.TrimExcess()
        Console.WriteLine(vbLf & "TrimExcess()")
        Console.WriteLine("Capacity: {0}", dinosaurs.Capacity)
        Console.WriteLine("Count: {0}", dinosaurs.Count)

        dinosaurs.Clear()
        Console.WriteLine(vbLf & "Clear()")
        Console.WriteLine("Capacity: {0}", dinosaurs.Capacity)
        Console.WriteLine("Count: {0}", dinosaurs.Count)
    End Sub
End Class

' This code example produces the following output:
'
'Capacity: 0
'
'Tyrannosaurus
'Amargasaurus
'Mamenchisaurus
'Deinonychus
'Compsognathus
'
'Capacity: 8
'Count: 5
'
'Contains("Deinonychus"): True
'
'Insert(2, "Compsognathus")
'
'Tyrannosaurus
'Amargasaurus
'Compsognathus
'Mamenchisaurus
'Deinonychus
'Compsognathus
'
'dinosaurs(3): Mamenchisaurus
'
'Remove("Compsognathus")
'
'Tyrannosaurus
'Amargasaurus
'Mamenchisaurus
'Deinonychus
'Compsognathus
'
'TrimExcess()
'Capacity: 5
'Count: 5
'
'Clear()
'Capacity: 5
'Count: 0

[<EntryPoint>]
let main argv = 
    // We refer to System.Collections.Generic.List<'T> by its type 
    // abbreviation ResizeArray<'T> to avoid conflict with the List module.    
    // Note: In F# code, F# linked lists are usually preferred over
    // ResizeArray<'T> when an extendable collection is required.
    let dinosaurs = ResizeArray<_>()
 
    // Write out the dinosaurs in the ResizeArray.
    let printDinosaurs() =
        printfn ""
        dinosaurs |> Seq.iter (fun p -> printfn "%O" p) 
 
    
    printfn "\nCapacity: %i" dinosaurs.Capacity
 
    dinosaurs.Add("Tyrannosaurus")
    dinosaurs.Add("Amargasaurus")
    dinosaurs.Add("Mamenchisaurus")
    dinosaurs.Add("Deinonychus")
    dinosaurs.Add("Compsognathus")
 
    printDinosaurs()
 
    printfn "\nCapacity: %i" dinosaurs.Capacity
    printfn "Count: %i" dinosaurs.Count
 
    printfn "\nContains(\"Deinonychus\"): %b" (dinosaurs.Contains("Deinonychus"))
 
    printfn "\nInsert(2, \"Compsognathus\")"
    dinosaurs.Insert(2, "Compsognathus")
 
    printDinosaurs()
 
    // Shows accessing the list using the Item property.
    printfn "\ndinosaurs[3]: %s" dinosaurs.[3]
 
    printfn "\nRemove(\"Compsognathus\")"
    dinosaurs.Remove("Compsognathus") |> ignore
 
    printDinosaurs()
 
    dinosaurs.TrimExcess()
    printfn "\nTrimExcess()"
    printfn "Capacity: %i" dinosaurs.Capacity
    printfn "Count: %i" dinosaurs.Count
 
    dinosaurs.Clear()
    printfn "\nClear()"
    printfn "Capacity: %i" dinosaurs.Capacity
    printfn "Count: %i" dinosaurs.Count
 
    0 // return an integer exit code
 
    (* This code example produces the following output:
 
Capacity: 0
 
Tyrannosaurus
Amargasaurus
Mamenchisaurus
Deinonychus
Compsognathus
 
Capacity: 8
Count: 5
 
Contains("Deinonychus"): true
 
Insert(2, "Compsognathus")
 
Tyrannosaurus
Amargasaurus
Compsognathus
Mamenchisaurus
Deinonychus
Compsognathus
 
dinosaurs[3]: Mamenchisaurus
 
Remove("Compsognathus")
 
Tyrannosaurus
Amargasaurus
Mamenchisaurus
Deinonychus
Compsognathus
 
TrimExcess()
Capacity: 5
Count: 5
 
Clear()
Capacity: 5
Count: 0
    *)

注釈

クラス List<T> は、 クラスと同等のジェネリック ArrayList クラスです。 必要に応じてサイズが動的に増加する配列を使用して、ジェネリック インターフェイス IList<T> を実装します。

メソッドまたは メソッドを使用 List<T> して、 に項目 AddAddRange 追加できます。

クラス List<T> は、等値比較子と順序比較子の両方を使用します。

  • 、、、 などの Contains メソッド IndexOf は、 LastIndexOf Remove リスト要素に等値比較子を使用します。 型の既定の等値比較子は T 、次のように決定されます。 型がジェネリック インターフェイスを実装する場合、等値比較子はそのインターフェイスのメソッドです。それ以外の場合、既定の等値比較 T IEquatable<T> Equals(T) 子は です Object.Equals(Object)

  • や などのメソッドでは BinarySearchSort リスト要素に対して並べ替え比較子を使用します。 型の既定の比較子は T 、次のように決定されます。 型がジェネリック インターフェイスを実装する場合、既定の比較子はそのインターフェイスのメソッドです。それ以外の場合、型が非ジェネリック インターフェイスを実装する場合、既定の比較子はそのインターフェイスのメソッドです。 T IComparable<T> CompareTo(T) T IComparable CompareTo(Object) 型がどちらのインターフェイスも実装しない場合、既定の比較子は使用されません。比較子または比較デリゲートを明示的 T に指定する必要があります。

List<T> 並べ替えされる保証はありません。 を並べ替える必要がある操作 (など) を実行する前に、 List<T> BinarySearch を並 List<T> べ替える必要があります。

このコレクション内の要素には、整数インデックスを使用してアクセスできます。 このコレクション内のインデックスは 0 から始ります。

.NET Frameworkのみ: 非常に大きなオブジェクトの場合、実行時環境で 構成要素の 属性を に設定することで、64 ビット システムの最大容量を 20 億要素に増や List<T> enabled <gcAllowVeryLargeObjects> true します。

List<T> は参照 null 型の有効な値としてを受け取り、重複する要素を許可します。

クラスの変更できないバージョンについては、「」 List<T> を参照してください ImmutableList<T>

パフォーマンスに関する考慮事項

クラスまたは クラスのどちらを使用するか (両方とも同様の機能を持つ) を決定する際には、ほとんどの場合、クラスのパフォーマンスが向上し、タイプ セーフである点 List<T> ArrayList List<T> に注意してください。 参照型がクラスの型に使用されている場合、2 つのクラスの T List<T> 動作は同じです。 ただし、 型に値型を使用する場合 T は、実装とボックス化の問題を考慮する必要があります。

型に値型が使用されている場合、コンパイラは、その値型専用の クラス T List<T> の実装を生成します。 つまり、 オブジェクトのリスト要素は、 要素を使用する前にボックス化する必要がなされません。また、約 500 のリスト要素が作成された後、ボックス化リスト要素を保存しないメモリは、クラス実装の生成に使用されるメモリよりも大きくなります。 List<T>

型に使用される値型がジェネリック T インターフェイスを実装している IEquatable<T> 必要があります。 そうではない場合、 などのメソッドは、 メソッドを呼び出す必要があります。このメソッドは、影響を受ける Contains Object.Equals(Object) リスト要素をボックスにします。 値型が インターフェイスを実装し、ソース コードを所有している場合は、 メソッドと メソッドがリスト要素をボックス化するのを防ぐためのジェネリック インターフェイス IComparable IComparable<T> BinarySearch Sort も実装します。 ソース コードを所有していない場合は、 オブジェクトを メソッド IComparer<T> と メソッド BinarySearchSort 渡します。

クラスを使用したり、強く型指定されたラッパー コレクションを自分で記述したりするのではなく、 クラスの型固有の実装を使用する利点 List<T> ArrayList があります。 その理由は、実装で .NET Framework が既に行っている処理を実行する必要があります。また、共通言語ランタイムは Microsoft の中間言語コードとメタデータを共有できます。この実装では実行できません。

F# に関する考慮事項

クラス List<T> は、F# コードでは頻繁に使用されません。 代わりに、 変更できない、1 つのリンクリストであるリストが通常推奨されます。 F# は、順序付けされた変更できない一連の値を提供し、関数型の開発 List で使用するためにサポートされています。 F# から使用する場合、 クラスは、通常、F# リストとの名前付けの競合を回避するために、型の省略形 List<T> ResizeArray<'T> によって参照されます。

コンストラクター

List<T>()

空で、既定の初期量を備えた、List<T> クラスの新しいインスタンスを初期化します。

List<T>(IEnumerable<T>)

指定したコレクションからコピーした要素を格納し、コピーされる要素の数を格納できるだけの容量を備えた、List<T> クラスの新しいインスタンスを初期化します。

List<T>(Int32)

空で、指定した初期量を備えた、List<T> クラスの新しいインスタンスを初期化します。

プロパティ

Capacity

内部データ構造体がサイズ変更せずに格納できる要素の合計数を取得または設定します。

Count

List<T> に格納されている要素の数を取得します。

Item[Int32]

指定したインデックスにある要素を取得または設定します。

メソッド

Add(T)

List<T> の末尾にオブジェクトを追加します。

AddRange(IEnumerable<T>)

指定したコレクションの要素を List<T> の末尾に追加します。

AsReadOnly()

現在のコレクションの読み取り専用の ReadOnlyCollection<T> ラッパーを返します。

BinarySearch(Int32, Int32, T, IComparer<T>)

指定した比較子を使用して、並べ替えられた要素の List<T> の 1 つの要素の範囲を検索し、その要素の 0 から始まるインデックスを返します。

BinarySearch(T)

既定の比較子を使用して、並べ替えられた要素の List<T> 全体を検索し、その要素の 0 から始まるインデックスを返します。

BinarySearch(T, IComparer<T>)

指定した比較子を使用して、並べ替えられた要素の List<T> 全体を検索し、その要素の 0 から始まるインデックスを返します。

Clear()

List<T> からすべての要素を削除します。

Contains(T)

ある要素が List<T> 内に存在するかどうかを判断します。

ConvertAll<TOutput>(Converter<T,TOutput>)

現在の List<T> の要素を別の型に変換し、変換された要素が格納されたリストを返します。

CopyTo(Int32, T[], Int32, Int32)

List<T> のうちある範囲の要素を、互換性のある 1 次元の配列にコピーします。コピー操作は、コピー先の配列の指定したインデックスから始まります。

CopyTo(T[])

List<T> 全体を互換性のある 1 次元の配列にコピーします。コピー操作は、コピー先の配列の先頭から始まります。

CopyTo(T[], Int32)

List<T> 全体を、互換性のある 1 次元配列の、指定したインデックスから始まる位置にコピーします。

EnsureCapacity(Int32)

このリストの容量が、少なくとも指定した である必要があります capacity 。 現在の容量が 未満の場合は、指定された 以上になるまで、連続して現在の容量の 2 倍 capacity に増やされます capacity

Equals(Object)

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。

(継承元 Object)
Exists(Predicate<T>)

List<T> に、指定された述語によって定義された条件と一致する要素が含まれているかどうかを判断します。

Find(Predicate<T>)

指定された述語によって定義された条件と一致する要素を検索し、List<T> 全体の中で最もインデックス番号の小さい要素を返します。

FindAll(Predicate<T>)

指定された述語によって定義された条件と一致するすべての要素を取得します。

FindIndex(Int32, Int32, Predicate<T>)

List<T> のうち、指定したインデックスから始まり、指定した要素数が含まれる範囲の中で、指定した述語によって定義される条件に一致する要素を検索し、そのうち最もインデックス番号の小さい要素の 0 から始まるインデックスを返します。

FindIndex(Int32, Predicate<T>)

List<T> の指定したインデックスから最後の要素までの範囲内で、指定した述語にで定義される条件に一致する要素を検索し、最初に見つかった 0 から始まるインデックスを返します。

FindIndex(Predicate<T>)

List<T> 全体から、指定した述語によって定義される条件に一致する要素を検索し、最もインデックス番号の小さい要素の 0 から始まるインデックスを返します。

FindLast(Predicate<T>)

指定された述語によって定義された条件と一致する要素を、List<T> 全体を対象に検索し、最もインデックス番号の大きい要素を返します。

FindLastIndex(Int32, Int32, Predicate<T>)

List<T> のうち、指定したインデックスで終わり、指定した要素数が含まれる範囲の中で、指定した述語によって定義される条件に一致する要素を検索し、そのうち最もインデックス番号の大きい要素の 0 から始まるインデックスを返します。

FindLastIndex(Int32, Predicate<T>)

List<T> のうち、先頭の要素から指定したインデックスまでの範囲の中で、指定した述語によって定義される条件に一致する要素を検索し、そのうち最もインデックス番号の大きい要素の 0 から始まるインデックスを返します。

FindLastIndex(Predicate<T>)

List<T> 全体から、指定した述語によって定義される条件に一致する要素を検索し、最もインデックス番号の大きい要素の 0 から始まるインデックスを返します。

ForEach(Action<T>)

List<T> の各要素に対して、指定された処理を実行します。

GetEnumerator()

List<T> を反復処理する列挙子を返します。

GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。

(継承元 Object)
GetRange(Int32, Int32)

コピー元の List<T> 内の、ある範囲の要素の簡易コピーを作成します。

GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。

(継承元 Object)
IndexOf(T)

List<T> 全体から指定したオブジェクトを検索し、最初に見つかったオブジェクトのインデックス (0 から始まる) を返します。

IndexOf(T, Int32)

List<T> のうち指定したインデックスから最後の要素までの要素範囲の中から、指定したオブジェクトを検索し、最初に出現する位置の 0 から始まるインデックス番号を返します。

IndexOf(T, Int32, Int32)

指定したインデックスから始まり、指定した数の要素が含まれる List<T> の要素範囲内で、指定したオブジェクトを検索し、最初に出現する位置の 0 から始まるインデックス番号を返します。

Insert(Int32, T)

List<T> 内の指定したインデックスの位置に要素を挿入します。

InsertRange(Int32, IEnumerable<T>)

コレクションの要素を List<T> 内の指定したインデックスの位置に挿入します。

LastIndexOf(T)

List<T> 全体から指定したオブジェクトを検索し、最後に見つかったオブジェクトのインデックス (0 から始まる) を返します。

LastIndexOf(T, Int32)

List<T> のうち、最初の要素から指定したインデックスまでの要素範囲の中で、指定したオブジェクトを検索し、最後に出現する位置の 0 から始まるインデックス番号を返します。

LastIndexOf(T, Int32, Int32)

List<T> のうち、指定した要素数が含まれ、指定したインデックスの位置で終了する要素範囲の中で、指定したオブジェクトを検索し、最後に出現する位置の 0 から始まるインデックス番号を返します。

MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。

(継承元 Object)
Remove(T)

特定のオブジェクトが List<T> 内にあるときに、最初に出現したものを削除します。

RemoveAll(Predicate<T>)

指定した述語によって定義される条件に一致するすべての要素を削除します。

RemoveAt(Int32)

List<T> の指定したインデックスにある要素を削除します。

RemoveRange(Int32, Int32)

List<T> から要素の範囲を削除します。

Reverse()

List<T> 全体の要素の順序を反転させます。

Reverse(Int32, Int32)

指定した範囲の要素の順序を反転させます。

Sort()

既定の比較子を使用して、List<T> 全体内の要素を並べ替えます。

Sort(Comparison<T>)

指定した Comparison<T> を使用して、List<T> 全体内の要素を並べ替えます。

Sort(IComparer<T>)

指定した比較子を使用して、List<T> 全体内の要素を並べ替えます。

Sort(Int32, Int32, IComparer<T>)

指定した比較子を使用して、List<T> 内の要素の範囲内の要素を並べ替えます。

ToArray()

List<T> の要素を新しい配列にコピーします。

ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。

(継承元 Object)
TrimExcess()

List<T> 内にある実際の要素数がしきい値未満の場合は、容量をその数に設定します。

TrueForAll(Predicate<T>)

List<T> 内のすべての要素が、指定した述語によって定義される条件に一致するかどうかを調べます。

明示的なインターフェイスの実装

ICollection.CopyTo(Array, Int32)

ICollection の要素を Array にコピーします。Array の特定のインデックスからコピーが開始されます。

ICollection.IsSynchronized

ICollection へのアクセスが同期されている (スレッド セーフである) かどうかを示す値を取得します。

ICollection.SyncRoot

ICollection へのアクセスを同期するために使用できるオブジェクトを取得します。

ICollection<T>.IsReadOnly

ICollection<T> が読み取り専用かどうかを示す値を取得します。

IEnumerable.GetEnumerator()

コレクションを反復処理する列挙子を返します。

IEnumerable<T>.GetEnumerator()

コレクションを反復処理する列挙子を返します。

IList.Add(Object)

IList に項目を追加します。

IList.Contains(Object)

IList に特定の値が格納されているかどうかを判断します。

IList.IndexOf(Object)

IList 内の特定の項目のインデックスを確認します。

IList.Insert(Int32, Object)

指定したインデックスの IList に項目を挿入します。

IList.IsFixedSize

IList が固定サイズかどうかを示す値を取得します。

IList.IsReadOnly

IList が読み取り専用かどうかを示す値を取得します。

IList.Item[Int32]

指定したインデックスにある要素を取得または設定します。

IList.Remove(Object)

特定のオブジェクトが IList 内にあるときに、最初に出現したものを削除します。

拡張メソッド

ToImmutableArray<TSource>(IEnumerable<TSource>)

指定されたコレクションから、変更できない配列を作成します。

ToImmutableDictionary<TSource,TKey>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,TKey>)

ソース キーに変換関数を適用し、変更できないディクショナリを既存の要素のコレクションから作成します。

ToImmutableDictionary<TSource,TKey>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,TKey>, IEqualityComparer<TKey>)

シーケンスの変換に基づき、変更できないディクショナリを作成します。

ToImmutableDictionary<TSource,TKey,TValue>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,TKey>, Func<TSource,TValue>)

シーケンスを列挙して変換し、その内容の変更できないディクショナリを生成します。

ToImmutableDictionary<TSource,TKey,TValue>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,TKey>, Func<TSource,TValue>, IEqualityComparer<TKey>)

シーケンスを列挙して変換し、指定されたキーの比較子を使用してその内容の変更できないディクショナリを生成します。

ToImmutableDictionary<TSource,TKey,TValue>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,TKey>, Func<TSource,TValue>, IEqualityComparer<TKey>, IEqualityComparer<TValue>)

シーケンスを列挙して変換し、指定されたキーの比較子および値の比較子を使用してその内容の変更できないディクショナリを生成します。

ToImmutableHashSet<TSource>(IEnumerable<TSource>)

シーケンスを列挙し、その内容の変更できないハッシュ セットを生成します。

ToImmutableHashSet<TSource>(IEnumerable<TSource>, IEqualityComparer<TSource>)

シーケンスを列挙し、その内容の変更できないハッシュ セットを生成して、指定された等値比較子をセットの種類に使用します。

ToImmutableList<TSource>(IEnumerable<TSource>)

シーケンスを列挙し、その内容の変更できないリストを生成します。

ToImmutableSortedDictionary<TSource,TKey,TValue>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,TKey>, Func<TSource,TValue>)

シーケンスを列挙して変換し、その内容の変更できない並べ替えられたディクショナリを生成します。

ToImmutableSortedDictionary<TSource,TKey,TValue>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,TKey>, Func<TSource,TValue>, IComparer<TKey>)

シーケンスを列挙して変換し、指定されたキーの比較子を使用してその内容の変更できない並べ替えられたディクショナリを生成します。

ToImmutableSortedDictionary<TSource,TKey,TValue>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,TKey>, Func<TSource,TValue>, IComparer<TKey>, IEqualityComparer<TValue>)

シーケンスを列挙して変換し、指定されたキーの比較子と値の比較子を使用してその内容の変更できない並べ替えられたディクショナリを生成します。

ToImmutableSortedSet<TSource>(IEnumerable<TSource>)

シーケンスを列挙し、その内容の変更できない並べ替えられたセットを生成します。

ToImmutableSortedSet<TSource>(IEnumerable<TSource>, IComparer<TSource>)

シーケンスを列挙し、その内容の変更できない並べ替えられたセットを生成して、指定された比較子を使用します。

CopyToDataTable<T>(IEnumerable<T>)

指定した入力 DataTable オブジェクトに応じて (ジェネリック パラメーター TDataRow)、IEnumerable<T> オブジェクトのコピーを格納する DataRow を返します。

CopyToDataTable<T>(IEnumerable<T>, DataTable, LoadOption)

指定した入力 DataRow オブジェクトに応じて (ジェネリック パラメーター TDataTable)、指定した IEnumerable<T>DataRow オブジェクトをコピーします。

CopyToDataTable<T>(IEnumerable<T>, DataTable, LoadOption, FillErrorEventHandler)

指定した入力 DataRow オブジェクトに応じて (ジェネリック パラメーター TDataTable)、指定した IEnumerable<T>DataRow オブジェクトをコピーします。

Aggregate<TSource>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,TSource,TSource>)

シーケンスにアキュムレータ関数を適用します。

Aggregate<TSource,TAccumulate>(IEnumerable<TSource>, TAccumulate, Func<TAccumulate,TSource,TAccumulate>)

シーケンスにアキュムレータ関数を適用します。 指定されたシード値が最初のアキュムレータ値として使用されます。

Aggregate<TSource,TAccumulate,TResult>(IEnumerable<TSource>, TAccumulate, Func<TAccumulate,TSource,TAccumulate>, Func<TAccumulate,TResult>)

シーケンスにアキュムレータ関数を適用します。 指定したシード値は最初のアキュムレータ値として使用され、指定した関数は結果値の選択に使用されます。

All<TSource>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,Boolean>)

シーケンスのすべての要素が条件を満たしているかどうかを判断します。

Any<TSource>(IEnumerable<TSource>)

シーケンスに要素が含まれているかどうかを判断します。

Any<TSource>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,Boolean>)

シーケンスの任意の要素が条件を満たしているかどうかを判断します。

Append<TSource>(IEnumerable<TSource>, TSource)

シーケンスの末尾に値を追加します。

AsEnumerable<TSource>(IEnumerable<TSource>)

IEnumerable<T> として型指定された入力を返します。

Average<TSource>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,Decimal>)

入力シーケンスの各要素に対して変換関数を呼び出して取得する Decimal 値のシーケンスの平均値を計算します。

Average<TSource>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,Double>)

入力シーケンスの各要素に対して変換関数を呼び出して取得する Double 値のシーケンスの平均値を計算します。

Average<TSource>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,Int32>)

入力シーケンスの各要素に対して変換関数を呼び出して取得する Int32 値のシーケンスの平均値を計算します。

Average<TSource>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,Int64>)

入力シーケンスの各要素に対して変換関数を呼び出して取得する Int64 値のシーケンスの平均値を計算します。

Average<TSource>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,Nullable<Decimal>>)

入力シーケンスの各要素に対して変換関数を呼び出して取得する null 許容の Decimal 値のシーケンスの平均値を計算します。

Average<TSource>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,Nullable<Double>>)

入力シーケンスの各要素に対して変換関数を呼び出して取得する null 許容の Double 値のシーケンスの平均値を計算します。

Average<TSource>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,Nullable<Int32>>)

入力シーケンスの各要素に対して変換関数を呼び出して取得する null 許容の Int32 値のシーケンスの平均値を計算します。

Average<TSource>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,Nullable<Int64>>)

入力シーケンスの各要素に対して変換関数を呼び出して取得する null 許容の Int64 値のシーケンスの平均値を計算します。

Average<TSource>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,Nullable<Single>>)

入力シーケンスの各要素に対して変換関数を呼び出して取得する null 許容の Single 値のシーケンスの平均値を計算します。

Average<TSource>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,Single>)

入力シーケンスの各要素に対して変換関数を呼び出して取得する Single 値のシーケンスの平均値を計算します。

Cast<TResult>(IEnumerable)

IEnumerable の要素を、指定した型にキャストします。

Chunk<TSource>(IEnumerable<TSource>, Int32)

シーケンスの要素を最大で サイズのチャンクに分割します size

Concat<TSource>(IEnumerable<TSource>, IEnumerable<TSource>)

2 つのシーケンスを連結します。

Contains<TSource>(IEnumerable<TSource>, TSource)

既定の等値比較子を使用して、指定した要素がシーケンスに含まれているかどうかを判断します。

Contains<TSource>(IEnumerable<TSource>, TSource, IEqualityComparer<TSource>)

指定した IEqualityComparer<T> を使用して、指定した要素がシーケンスに含まれているかどうかを判断します。

Count<TSource>(IEnumerable<TSource>)

シーケンス内の要素数を返します。

Count<TSource>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,Boolean>)

条件を満たす、指定されたシーケンス内の要素の数を表す数値を返します。

DefaultIfEmpty<TSource>(IEnumerable<TSource>)

指定したシーケンスの要素を返します。シーケンスが空の場合はシングルトン コレクションにある型パラメーターの既定値を返します。

DefaultIfEmpty<TSource>(IEnumerable<TSource>, TSource)

指定されたシーケンスの要素を返します。シーケンスが空の場合はシングルトン コレクションにある型パラメーターの既定値を返します。

Distinct<TSource>(IEnumerable<TSource>)

既定の等値比較子を使用して値を比較することにより、シーケンスから一意の要素を返します。

Distinct<TSource>(IEnumerable<TSource>, IEqualityComparer<TSource>)

指定された IEqualityComparer<T> を使用して値を比較することにより、シーケンスから一意の要素を返します。

DistinctBy<TSource,TKey>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,TKey>)

指定したキー セレクター関数に従って、シーケンスから個別の要素を返します。

DistinctBy<TSource,TKey>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,TKey>, IEqualityComparer<TKey>)

指定したキー セレクター関数に従って、シーケンスから個別の要素を返します。

ElementAt<TSource>(IEnumerable<TSource>, Index)

シーケンス内の指定されたインデックス位置にある要素を返します。

ElementAt<TSource>(IEnumerable<TSource>, Int32)

シーケンス内の指定されたインデックス位置にある要素を返します。

ElementAtOrDefault<TSource>(IEnumerable<TSource>, Index)

シーケンス内の指定したインデックス位置にある要素を返します。インデックスが範囲外の場合は既定値を返します。

ElementAtOrDefault<TSource>(IEnumerable<TSource>, Int32)

シーケンス内の指定したインデックス位置にある要素を返します。インデックスが範囲外の場合は既定値を返します。

Except<TSource>(IEnumerable<TSource>, IEnumerable<TSource>)

既定の等値比較子を使用して値を比較することにより、2 つのシーケンスの差集合を生成します。

Except<TSource>(IEnumerable<TSource>, IEnumerable<TSource>, IEqualityComparer<TSource>)

指定された IEqualityComparer<T> を使用して値を比較することにより、2 つのシーケンスの差集合を生成します。

ExceptBy<TSource,TKey>(IEnumerable<TSource>, IEnumerable<TKey>, Func<TSource,TKey>)

指定されたキーセレクター関数に従って、2つのシーケンスの差集合を生成します。

ExceptBy<TSource,TKey>(IEnumerable<TSource>, IEnumerable<TKey>, Func<TSource,TKey>, IEqualityComparer<TKey>)

指定されたキーセレクター関数に従って、2つのシーケンスの差集合を生成します。

First<TSource>(IEnumerable<TSource>)

シーケンスの最初の要素を返します。

First<TSource>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,Boolean>)

指定された条件を満たす、シーケンスの最初の要素を返します。

FirstOrDefault<TSource>(IEnumerable<TSource>)

シーケンスの最初の要素を返します。シーケンスに要素が含まれていない場合は既定値を返します。

FirstOrDefault<TSource>(IEnumerable<TSource>, TSource)

シーケンスの最初の要素を返します。シーケンスに要素が含まれていない場合は既定値を返します。

FirstOrDefault<TSource>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,Boolean>)

条件を満たす、シーケンスの最初の要素を返します。このような要素が見つからない場合は既定値を返します。

FirstOrDefault<TSource>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,Boolean>, TSource)

条件を満たす、シーケンスの最初の要素を返します。このような要素が見つからない場合は既定値を返します。

GroupBy<TSource,TKey>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,TKey>)

指定されたキー セレクター関数に従ってシーケンスの要素をグループ化します。

GroupBy<TSource,TKey>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,TKey>, IEqualityComparer<TKey>)

指定されたキー セレクター関数に従ってシーケンスの要素をグループ化し、指定された比較子を使用してキーを比較します。

GroupBy<TSource,TKey,TElement>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,TKey>, Func<TSource,TElement>)

指定されたキー セレクター関数に従ってシーケンスの要素をグループ化し、指定された関数を使用して各グループの要素を射影します。

GroupBy<TSource,TKey,TElement>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,TKey>, Func<TSource,TElement>, IEqualityComparer<TKey>)

キー セレクター関数に従ってシーケンスの要素をグループ化します。 キーの比較には、比較子を使用し、各グループの要素の射影には、指定された関数を使用します。

GroupBy<TSource,TKey,TResult>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,TKey>, Func<TKey,IEnumerable<TSource>,TResult>)

指定されたキー セレクター関数に従ってシーケンスの要素をグループ化し、各グループとそのキーから結果値を作成します。

GroupBy<TSource,TKey,TResult>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,TKey>, Func<TKey,IEnumerable<TSource>,TResult>, IEqualityComparer<TKey>)

指定されたキー セレクター関数に従ってシーケンスの要素をグループ化し、各グループとそのキーから結果値を作成します。 キーの比較には、指定された比較子を使用します。

GroupBy<TSource,TKey,TElement,TResult>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,TKey>, Func<TSource,TElement>, Func<TKey,IEnumerable<TElement>,TResult>)

指定されたキー セレクター関数に従ってシーケンスの要素をグループ化し、各グループとそのキーから結果値を作成します。 各グループの要素は、指定された関数を使用して射影されます。

GroupBy<TSource,TKey,TElement,TResult>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,TKey>, Func<TSource,TElement>, Func<TKey,IEnumerable<TElement>,TResult>, IEqualityComparer<TKey>)

指定されたキー セレクター関数に従ってシーケンスの要素をグループ化し、各グループとそのキーから結果値を作成します。 キー値の比較には、指定された比較子を使用し、各グループの要素の射影には、指定された関数を使用します。

GroupJoin<TOuter,TInner,TKey,TResult>(IEnumerable<TOuter>, IEnumerable<TInner>, Func<TOuter,TKey>, Func<TInner,TKey>, Func<TOuter,IEnumerable<TInner>,TResult>)

キーが等しいかどうかに基づいて 2 つのシーケンスの要素を相互に関連付け、その結果をグループ化します。 キーの比較には既定の等値比較子が使用されます。

GroupJoin<TOuter,TInner,TKey,TResult>(IEnumerable<TOuter>, IEnumerable<TInner>, Func<TOuter,TKey>, Func<TInner,TKey>, Func<TOuter,IEnumerable<TInner>,TResult>, IEqualityComparer<TKey>)

キーが等しいかどうかに基づいて 2 つのシーケンスの要素を相互に関連付け、その結果をグループ化します。 指定された IEqualityComparer<T> を使用してキーを比較します。

Intersect<TSource>(IEnumerable<TSource>, IEnumerable<TSource>)

既定の等値比較子を使用して値を比較することにより、2 つのシーケンスの積集合を生成します。

Intersect<TSource>(IEnumerable<TSource>, IEnumerable<TSource>, IEqualityComparer<TSource>)

指定された IEqualityComparer<T> を使用して値を比較することにより、2 つのシーケンスの積集合を生成します。

IntersectBy<TSource,TKey>(IEnumerable<TSource>, IEnumerable<TKey>, Func<TSource,TKey>)

指定されたキーセレクター関数に従って、2つのシーケンスの積集合を生成します。

IntersectBy<TSource,TKey>(IEnumerable<TSource>, IEnumerable<TKey>, Func<TSource,TKey>, IEqualityComparer<TKey>)

指定されたキーセレクター関数に従って、2つのシーケンスの積集合を生成します。

Join<TOuter,TInner,TKey,TResult>(IEnumerable<TOuter>, IEnumerable<TInner>, Func<TOuter,TKey>, Func<TInner,TKey>, Func<TOuter,TInner,TResult>)

一致するキーに基づいて 2 つのシーケンスの要素を相互に関連付けます。 キーの比較には既定の等値比較子が使用されます。

Join<TOuter,TInner,TKey,TResult>(IEnumerable<TOuter>, IEnumerable<TInner>, Func<TOuter,TKey>, Func<TInner,TKey>, Func<TOuter,TInner,TResult>, IEqualityComparer<TKey>)

一致するキーに基づいて 2 つのシーケンスの要素を相互に関連付けます。 指定された IEqualityComparer<T> を使用してキーを比較します。

Last<TSource>(IEnumerable<TSource>)

シーケンスの最後の要素を返します。

Last<TSource>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,Boolean>)

指定された条件を満たす、シーケンスの最後の要素を返します。

LastOrDefault<TSource>(IEnumerable<TSource>)

シーケンスの最後の要素を返します。シーケンスに要素が含まれていない場合は既定値を返します。

LastOrDefault<TSource>(IEnumerable<TSource>, TSource)

シーケンスの最後の要素を返します。シーケンスに要素が含まれていない場合は既定値を返します。

LastOrDefault<TSource>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,Boolean>)

条件を満たす、シーケンスの最後の要素を返します。このような要素が見つからない場合は既定値を返します。

LastOrDefault<TSource>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,Boolean>, TSource)

条件を満たす、シーケンスの最後の要素を返します。このような要素が見つからない場合は既定値を返します。

LongCount<TSource>(IEnumerable<TSource>)

シーケンス内の要素の合計数を表す Int64 を返します。

LongCount<TSource>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,Boolean>)

シーケンス内で条件を満たす要素の数を表す Int64 を返します。

Max<TSource>(IEnumerable<TSource>)

ジェネリック シーケンスの最大値を返します。

Max<TSource>(IEnumerable<TSource>, IComparer<TSource>)

ジェネリック シーケンスの最大値を返します。

Max<TSource>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,Decimal>)

シーケンスの各要素に対して変換関数を呼び出し、Decimal の最大値を返します。

Max<TSource>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,Double>)

シーケンスの各要素に対して変換関数を呼び出し、Double の最大値を返します。

Max<TSource>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,Int32>)

シーケンスの各要素に対して変換関数を呼び出し、Int32 の最大値を返します。

Max<TSource>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,Int64>)

シーケンスの各要素に対して変換関数を呼び出し、Int64 の最大値を返します。

Max<TSource>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,Nullable<Decimal>>)

シーケンスの各要素に対して変換関数を呼び出し、null 許容の Decimal の最大値を返します。

Max<TSource>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,Nullable<Double>>)

シーケンスの各要素に対して変換関数を呼び出し、null 許容の Double の最大値を返します。

Max<TSource>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,Nullable<Int32>>)

シーケンスの各要素に対して変換関数を呼び出し、null 許容の Int32 の最大値を返します。

Max<TSource>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,Nullable<Int64>>)

シーケンスの各要素に対して変換関数を呼び出し、null 許容の Int64 の最大値を返します。

Max<TSource>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,Nullable<Single>>)

シーケンスの各要素に対して変換関数を呼び出し、null 許容の Single の最大値を返します。

Max<TSource>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,Single>)

シーケンスの各要素に対して変換関数を呼び出し、Single の最大値を返します。

Max<TSource,TResult>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,TResult>)

ジェネリック シーケンスの各要素に対して変換関数を呼び出し、結果の最大値を返します。

MaxBy<TSource,TKey>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,TKey>)

指定されたキーセレクター関数に従って、ジェネリックシーケンスの最大値を返します。

MaxBy<TSource,TKey>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,TKey>, IComparer<TKey>)

指定されたキーセレクター関数に従って、ジェネリックシーケンスの最大値を返します。

Min<TSource>(IEnumerable<TSource>)

ジェネリック シーケンスの最小値を返します。

Min<TSource>(IEnumerable<TSource>, IComparer<TSource>)

ジェネリック シーケンスの最小値を返します。

Min<TSource>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,Decimal>)

シーケンスの各要素に対して変換関数を呼び出し、Decimal の最小値を返します。

Min<TSource>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,Double>)

シーケンスの各要素に対して変換関数を呼び出し、Double の最小値を返します。

Min<TSource>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,Int32>)

シーケンスの各要素に対して変換関数を呼び出し、Int32 の最小値を返します。

Min<TSource>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,Int64>)

シーケンスの各要素に対して変換関数を呼び出し、Int64 の最小値を返します。

Min<TSource>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,Nullable<Decimal>>)

シーケンスの各要素に対して変換関数を呼び出し、null 許容の Decimal の最小値を返します。

Min<TSource>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,Nullable<Double>>)

シーケンスの各要素に対して変換関数を呼び出し、null 許容の Double の最小値を返します。

Min<TSource>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,Nullable<Int32>>)

シーケンスの各要素に対して変換関数を呼び出し、null 許容の Int32 の最小値を返します。

Min<TSource>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,Nullable<Int64>>)

シーケンスの各要素に対して変換関数を呼び出し、null 許容の Int64 の最小値を返します。

Min<TSource>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,Nullable<Single>>)

シーケンスの各要素に対して変換関数を呼び出し、null 許容の Single の最小値を返します。

Min<TSource>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,Single>)

シーケンスの各要素に対して変換関数を呼び出し、Single の最小値を返します。

Min<TSource,TResult>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,TResult>)

ジェネリック シーケンスの各要素に対して変換関数を呼び出し、結果の最小値を返します。

MinBy<TSource,TKey>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,TKey>)

指定されたキーセレクター関数に従って、ジェネリックシーケンスの最小値を返します。

MinBy<TSource,TKey>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,TKey>, IComparer<TKey>)

指定されたキーセレクター関数に従って、ジェネリックシーケンスの最小値を返します。

OfType<TResult>(IEnumerable)

指定された型に基づいて IEnumerable の要素をフィルター処理します。

OrderBy<TSource,TKey>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,TKey>)

シーケンスの要素をキーに従って昇順に並べ替えます。

OrderBy<TSource,TKey>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,TKey>, IComparer<TKey>)

指定された比較子を使用してシーケンスの要素を昇順に並べ替えます。

OrderByDescending<TSource,TKey>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,TKey>)

シーケンスの要素をキーに従って降順に並べ替えます。

OrderByDescending<TSource,TKey>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,TKey>, IComparer<TKey>)

指定された比較子を使用してシーケンスの要素を降順に並べ替えます。

Prepend<TSource>(IEnumerable<TSource>, TSource)

シーケンスの先頭に値を追加します。

Reverse<TSource>(IEnumerable<TSource>)

シーケンスの要素の順序を反転させます。

Select<TSource,TResult>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,TResult>)

シーケンスの各要素を新しいフォームに射影します。

Select<TSource,TResult>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,Int32,TResult>)

要素のインデックスを組み込むことにより、シーケンスの各要素を新しいフォームに射影します。

SelectMany<TSource,TResult>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,IEnumerable<TResult>>)

シーケンスの各要素を IEnumerable<T> に射影し、結果のシーケンスを 1 つのシーケンスに平坦化します。

SelectMany<TSource,TResult>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,Int32,IEnumerable<TResult>>)

シーケンスの各要素を IEnumerable<T> に射影し、結果のシーケンスを 1 つのシーケンスに平坦化します。 各ソース要素のインデックスは、その要素の射影されたフォームで使用されます。

SelectMany<TSource,TCollection,TResult>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,IEnumerable<TCollection>>, Func<TSource,TCollection,TResult>)

シーケンスの各要素を IEnumerable<T> に射影し、結果のシーケンスを 1 つのシーケンスに平坦化して、その各要素に対して結果のセレクター関数を呼び出します。

SelectMany<TSource,TCollection,TResult>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,Int32,IEnumerable<TCollection>>, Func<TSource,TCollection,TResult>)

シーケンスの各要素を IEnumerable<T> に射影し、結果のシーケンスを 1 つのシーケンスに平坦化して、その各要素に対して結果のセレクター関数を呼び出します。 各ソース要素のインデックスは、その要素の中間の射影されたフォームで使用されます。

SequenceEqual<TSource>(IEnumerable<TSource>, IEnumerable<TSource>)

要素の型に対して既定の等値比較子を使用して要素を比較することで、2 つのシーケンスが等しいかどうかを判断します。

SequenceEqual<TSource>(IEnumerable<TSource>, IEnumerable<TSource>, IEqualityComparer<TSource>)

指定された IEqualityComparer<T> を使用して要素を比較することで、2 つのシーケンスが等しいかどうかを判断します。

Single<TSource>(IEnumerable<TSource>)

シーケンスの唯一の要素を返し、シーケンス内の要素が 1 つだけでない場合は例外をスローします。

Single<TSource>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,Boolean>)

指定された条件を満たす、シーケンスの唯一の要素を返し、そのような要素が複数存在する場合は例外をスローします。

SingleOrDefault<TSource>(IEnumerable<TSource>)

シーケンスの唯一の要素を返します。シーケンスが空の場合、既定値を返します。シーケンス内に要素が複数ある場合、このメソッドは例外をスローします。

SingleOrDefault<TSource>(IEnumerable<TSource>, TSource)

シーケンスの唯一の要素を返します。シーケンスが空の場合、既定値を返します。シーケンス内に要素が複数ある場合、このメソッドは例外をスローします。

SingleOrDefault<TSource>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,Boolean>)

指定された条件を満たすシーケンスの唯一の要素、またはそのような要素がない場合は既定値を返します。このメソッドは、複数の要素が条件を満たす場合に例外をスローします。

SingleOrDefault<TSource>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,Boolean>, TSource)

指定された条件を満たすシーケンスの唯一の要素、またはそのような要素がない場合は既定値を返します。このメソッドは、複数の要素が条件を満たす場合に例外をスローします。

Skip<TSource>(IEnumerable<TSource>, Int32)

シーケンス内の指定された数の要素をバイパスし、残りの要素を返します。

SkipLast<TSource>(IEnumerable<TSource>, Int32)

source の要素と、省略されたソース コレクションの最後の count 要素を含む、列挙可能な新しいコレクションを返します。

SkipWhile<TSource>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,Boolean>)

指定された条件が満たされる限り、シーケンスの要素をバイパスした後、残りの要素を返します。

SkipWhile<TSource>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,Int32,Boolean>)

指定された条件が満たされる限り、シーケンスの要素をバイパスした後、残りの要素を返します。 要素のインデックスは、述語関数のロジックで使用されます。

Sum<TSource>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,Decimal>)

入力シーケンスの各要素に対して変換関数を呼び出して取得する Decimal 値のシーケンスの合計を計算します。

Sum<TSource>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,Double>)

入力シーケンスの各要素に対して変換関数を呼び出して取得する Double 値のシーケンスの合計を計算します。

Sum<TSource>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,Int32>)

入力シーケンスの各要素に対して変換関数を呼び出して取得する Int32 値のシーケンスの合計を計算します。

Sum<TSource>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,Int64>)

入力シーケンスの各要素に対して変換関数を呼び出して取得する Int64 値のシーケンスの合計を計算します。

Sum<TSource>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,Nullable<Decimal>>)

入力シーケンスの各要素に対して変換関数を呼び出して取得する null 許容の Decimal 値のシーケンスの合計を計算します。

Sum<TSource>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,Nullable<Double>>)

入力シーケンスの各要素に対して変換関数を呼び出して取得する null 許容の Double 値のシーケンスの合計を計算します。

Sum<TSource>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,Nullable<Int32>>)

入力シーケンスの各要素に対して変換関数を呼び出して取得する null 許容の Int32 値のシーケンスの合計を計算します。

Sum<TSource>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,Nullable<Int64>>)

入力シーケンスの各要素に対して変換関数を呼び出して取得する null 許容の Int64 値のシーケンスの合計を計算します。

Sum<TSource>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,Nullable<Single>>)

入力シーケンスの各要素に対して変換関数を呼び出して取得する null 許容の Single 値のシーケンスの合計を計算します。

Sum<TSource>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,Single>)

入力シーケンスの各要素に対して変換関数を呼び出して取得する Single 値のシーケンスの合計を計算します。

Take<TSource>(IEnumerable<TSource>, Int32)

シーケンスの先頭から、指定された数の連続する要素を返します。

Take<TSource>(IEnumerable<TSource>, Range)

シーケンスから、指定された範囲の連続する要素を返します。

TakeLast<TSource>(IEnumerable<TSource>, Int32)

source の最後の count 要素を含む、列挙可能な新しいコレクションを返します。

TakeWhile<TSource>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,Boolean>)

指定された条件が満たされる限り、シーケンスから要素を返します。

TakeWhile<TSource>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,Int32,Boolean>)

指定された条件が満たされる限り、シーケンスから要素を返します。 要素のインデックスは、述語関数のロジックで使用されます。

ToArray<TSource>(IEnumerable<TSource>)

IEnumerable<T> から配列を作成します。

ToDictionary<TSource,TKey>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,TKey>)

指定されたキー セレクター関数に従って、Dictionary<TKey,TValue> から IEnumerable<T> を作成します。

ToDictionary<TSource,TKey>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,TKey>, IEqualityComparer<TKey>)

指定されたキー セレクター関数およびキーの比較子に従って、Dictionary<TKey,TValue> から IEnumerable<T> を作成します。

ToDictionary<TSource,TKey,TElement>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,TKey>, Func<TSource,TElement>)

指定されたキー セレクター関数および要素セレクター関数に従って、Dictionary<TKey,TValue> から IEnumerable<T> を作成します。

ToDictionary<TSource,TKey,TElement>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,TKey>, Func<TSource,TElement>, IEqualityComparer<TKey>)

指定されたキー セレクター関数、比較子、および要素セレクター関数に従って、Dictionary<TKey,TValue> から IEnumerable<T> を作成します。

ToHashSet<TSource>(IEnumerable<TSource>)

IEnumerable<T> から HashSet<T> を作成します。

ToHashSet<TSource>(IEnumerable<TSource>, IEqualityComparer<TSource>)

comparer を使用して IEnumerable<T>から HashSet<T> を作成し、キーを比較します。

ToList<TSource>(IEnumerable<TSource>)

IEnumerable<T> から List<T> を作成します。

ToLookup<TSource,TKey>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,TKey>)

指定されたキー セレクター関数に従って、Lookup<TKey,TElement> から IEnumerable<T> を作成します。

ToLookup<TSource,TKey>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,TKey>, IEqualityComparer<TKey>)

指定されたキー セレクター関数およびキーの比較子に従って、Lookup<TKey,TElement> から IEnumerable<T> を作成します。

ToLookup<TSource,TKey,TElement>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,TKey>, Func<TSource,TElement>)

指定されたキー セレクター関数および要素セレクター関数に従って、Lookup<TKey,TElement> から IEnumerable<T> を作成します。

ToLookup<TSource,TKey,TElement>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,TKey>, Func<TSource,TElement>, IEqualityComparer<TKey>)

指定されたキー セレクター関数、比較子、および要素セレクター関数に従って、Lookup<TKey,TElement> から IEnumerable<T> を作成します。

TryGetNonEnumeratedCount<TSource>(IEnumerable<TSource>, Int32)

列挙を強制せずに、シーケンス内の要素の数を特定しようとします。

Union<TSource>(IEnumerable<TSource>, IEnumerable<TSource>)

既定の等値比較子を使用して、2 つのシーケンスの和集合を生成します。

Union<TSource>(IEnumerable<TSource>, IEnumerable<TSource>, IEqualityComparer<TSource>)

指定された IEqualityComparer<T> を使用して 2 つのシーケンスの和集合を生成します。

UnionBy<TSource,TKey>(IEnumerable<TSource>, IEnumerable<TSource>, Func<TSource,TKey>)

指定されたキーセレクター関数に従って、2つのシーケンスの和集合を生成します。

UnionBy<TSource,TKey>(IEnumerable<TSource>, IEnumerable<TSource>, Func<TSource,TKey>, IEqualityComparer<TKey>)

指定されたキーセレクター関数に従って、2つのシーケンスの和集合を生成します。

Where<TSource>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,Boolean>)

述語に基づいて値のシーケンスをフィルター処理します。

Where<TSource>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,Int32,Boolean>)

述語に基づいて値のシーケンスをフィルター処理します。 各要素のインデックスは、述語関数のロジックで使用されます。

Zip<TFirst,TSecond>(IEnumerable<TFirst>, IEnumerable<TSecond>)

指定された 2 つのシーケンスの要素を持つタプルのシーケンスを生成します。

Zip<TFirst,TSecond,TThird>(IEnumerable<TFirst>, IEnumerable<TSecond>, IEnumerable<TThird>)

指定した 3 つのシーケンスの要素を含むタプルのシーケンスを生成します。

Zip<TFirst,TSecond,TResult>(IEnumerable<TFirst>, IEnumerable<TSecond>, Func<TFirst,TSecond,TResult>)

2 つのシーケンスの対応する要素に対して、1 つの指定した関数を適用し、結果として 1 つのシーケンスを生成します。

AsParallel(IEnumerable)

クエリの並列化を有効にします。

AsParallel<TSource>(IEnumerable<TSource>)

クエリの並列化を有効にします。

AsQueryable(IEnumerable)

IEnumerableIQueryable に変換します。

AsQueryable<TElement>(IEnumerable<TElement>)

ジェネリックの IEnumerable<T> をジェネリックの IQueryable<T> に変換します。

Ancestors<T>(IEnumerable<T>)

ソース コレクション内のすべてのノードの先祖が格納された、要素のコレクションを返します。

Ancestors<T>(IEnumerable<T>, XName)

ソース コレクション内のすべてのノードの先祖が格納され、フィルター処理された要素のコレクションを返します。 一致する XName を持つ要素のみがコレクションに含められます。

DescendantNodes<T>(IEnumerable<T>)

ソース コレクション内のすべてのドキュメントおよび要素の子孫ノードのコレクションを返します。

Descendants<T>(IEnumerable<T>)

ソース コレクション内のすべての要素とドキュメントの子孫要素が格納された要素のコレクションを返します。

Descendants<T>(IEnumerable<T>, XName)

ソース コレクション内のすべての要素とドキュメントの子孫要素が格納され、フィルター処理された要素のコレクションを返します。 一致する XName を持つ要素のみがコレクションに含められます。

Elements<T>(IEnumerable<T>)

ソース コレクション内のすべての要素およびドキュメントの子要素のコレクションを返します。

Elements<T>(IEnumerable<T>, XName)

ソース コレクション内のすべての要素およびドキュメントの、フィルター処理された子要素のコレクションを返します。 一致する XName を持つ要素のみがコレクションに含められます。

InDocumentOrder<T>(IEnumerable<T>)

ソース コレクション内のすべてのノードがドキュメント順に並べ替えて格納された、ノードのコレクションを返します。

Nodes<T>(IEnumerable<T>)

ソース コレクション内のすべてのドキュメントおよび要素の子ノードのコレクションを返します。

Remove<T>(IEnumerable<T>)

ソース コレクション内の親ノードからすべてのノードを削除します。

適用対象

スレッド セーフ

パブリック静的 (Visual Basic ではShared) なこの型のメンバーはスレッド セーフです インスタンス メンバーの場合は、スレッド セーフであるとは限りません。

に対して複数の読み取り操作を実行しても安全ですが、コレクションが読み取り中に変更された場合に問題 List<T> が発生する可能性があります。 スレッドセーフを確保するには、読み取りまたは書き込み操作中にコレクションをロックします。 読み取りおよび書き込みのために複数のスレッドからコレクションにアクセスするには、独自の同期を実装する必要があります。 同期が組み込みのコレクションについては、 名前空間のクラスを参照 System.Collections.Concurrent してください。 本質的にスレッド セーフな代替手段については、 クラスを参照 ImmutableList<T> してください。

こちらもご覧ください