IDataAdapter.TableMappings IDataAdapter.TableMappings IDataAdapter.TableMappings IDataAdapter.TableMappings Property

定義

ソース テーブルをデータセット テーブルに割り当てる方法を示します。Indicates how a source table is mapped to a dataset table.

public:
 property System::Data::ITableMappingCollection ^ TableMappings { System::Data::ITableMappingCollection ^ get(); };
public System.Data.ITableMappingCollection TableMappings { get; }
member this.TableMappings : System.Data.ITableMappingCollection
Public ReadOnly Property TableMappings As ITableMappingCollection

プロパティ値

返されたレコードと DataSet との間のマスター マップを提供するコレクション。A collection that provides the master mapping between the returned records and the DataSet. 既定値は空のコレクションです。The default value is an empty collection.

注釈

では、"table" という名前のソーステーブルのマッピングのみが使用されます。IDataAdapterThe IDataAdapter uses only the mappings for the source table named "Table". すべての SELECT、INSERT、DELETE、および UPDATE ステートメントでは、一貫性のある列名を使用してデータを返す必要があります。All SELECT, INSERT, DELETE, and UPDATE statements returning data must do so using consistent column naming. レコードで返される列名は一意である必要があります。そうでない場合、名前が重複している列は前のデータを上書きします。The column names returned in the records must be unique, otherwise columns with duplicate names overwrite previous data. Updateは、"table" という名前のソーステーブルにマップされたテーブルだけが、その変更を調整します。On Update, only the table mapped to the source table named "Table" will have its changes reconciled.

適用対象