IDataAdapter IDataAdapter IDataAdapter IDataAdapter Interface

定義

オブジェクトが DataAdapter を実装できるようにします。DataSet の格納と更新およびデータ ソースの更新に使用するメソッドとマップ アクション関連プロパティのセットを表します。Allows an object to implement a DataAdapter, and represents a set of methods and mapping action-related properties that are used to fill and update a DataSet and update a data source.

IDbDataAdapter インスタンスは、テキスト コマンド (例: Transact-SQL) を入力するリレーショナル データベースのデータ ソース (またはそれに類似したもの) で、IDataAdapter インスタンスは任意の型のデータ ソースに使用できます。IDbDataAdapter instances are for data sources that are (or resemble) relational databases with textual commands (like Transact-SQL), while IDataAdapter instances could can use any type of data source.

public interface class IDataAdapter
public interface IDataAdapter
type IDataAdapter = interface
Public Interface IDataAdapter
派生

次の例では、派生クラスSqlCommand SqlDataAdapter、、、 SqlConnectionおよびを使用して、データベースからレコードを選択します。The following example uses the derived classes, SqlCommand, SqlDataAdapter, and SqlConnection, to select records from a database. 次にDataSet 、入力されたが返されます。The filled DataSet is then returned. これを行うには、メソッドに、初期DataSet化された、接続文字列、および transact-sql SELECT ステートメントであるクエリ文字列が渡されます。To do this, the method is passed an initialized DataSet, a connection string, and a query string that is a Transact-SQL SELECT statement.

private static DataSet SelectRows(DataSet dataset,
    string connectionString,string queryString) 
{
    using (SqlConnection connection = 
        new SqlConnection(connectionString))
    {
        SqlDataAdapter adapter = new SqlDataAdapter();
        adapter.SelectCommand = new SqlCommand(
            queryString, connection);
        adapter.Fill(dataset);
        return dataset;
    }
}

Public Function SelectRows( _
    ByVal dataSet As DataSet, ByVal connectionString As String, _
    ByVal queryString As String) As DataSet

    Using connection As New SqlConnection(connectionString)
        Dim adapter As New SqlDataAdapter()
        adapter.SelectCommand = New SqlCommand( _
            queryString, connection)
        adapter.Fill(dataSet)
        Return dataSet
    End Using
End Function

注釈

インターフェイスを使用すると、継承クラスは、データソースとのDataSet間のブリッジを表す DataAdapter クラスを実装できます。 IDataAdapterThe IDataAdapter interface allows an inheriting class to implement a DataAdapter class, which represents the bridge between a data source and a DataSet. DataAdapter クラスの詳細については、「 dataadapter からのデータセットの読み込み」を参照してください。For more information about DataAdapter classes, see Populating a DataSet from a DataAdapter.

アプリケーションは、 IDataAdapterインターフェイスのインスタンスを直接作成するのではなく、を継承IDataAdapterするクラスのインスタンスを実装します。An application does not create an instance of the IDataAdapter interface directly, but implements an instance of a class that inherits IDataAdapter.

継承IDataAdapterするクラスは、継承されたメンバーを実装する必要があり、通常は、プロバイダー固有の機能を追加するための追加メンバーを定義します。Classes that inherit IDataAdapter must implement the inherited members, and they typically define additional members to add provider-specific functionality. たとえば、インターフェイスはIDataAdapterDataSetパラメーターとFillして受け取るメソッドを定義します。For example, the IDataAdapter interface defines a Fill method that takes a DataSet as a parameter. 次に、クラスOleDbDataAdapterFillメソッドを継承し、ADO レコードセットオブジェクトをパラメーター Fillとして受け取るメソッドの2つの追加のオーバーロードも定義します。In turn, the OleDbDataAdapter class inherits the Fill method and also defines two additional overloads of the Fill method that take an ADO Recordset object as a parameter.

注意 (実装者)

.NET Framework データプロバイダー間の一貫性を高めるには、 Prv Prv DataAdapter という形式で継承クラスに名前を付けます。は、特定の .NET Framework データプロバイダーの名前空間のすべてのクラスに指定された一様なプレフィックスです。To promote consistency among .NET Framework data providers, name the inheriting class in the form Prv DataAdapter where Prv is the uniform prefix given to all classes in a specific .NET Framework data provider namespace. たとえば、 SqlSystem.Data.SqlClient名前空間のSqlDataAdapterクラスのプレフィックスです。For example, Sql is the prefix of the SqlDataAdapter class in the System.Data.SqlClient namespace.

IDataAdapterインターフェイスから継承する場合は、次のコンストラクターを実装する必要があります。When you inherit from the IDataAdapter interface, you should implement the following constructors:

アイテムItem 説明Description
PrvDataAdapter()PrvDataAdapter() PrvDataAdapter クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the PrvDataAdapter class.

PrvDataAdapter (PrvCommand selectCommand)PrvDataAdapter(PrvCommand selectCommand) 指定した SQL SELECT ステートメントを使用して、PrvDataAdapter クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the PrvDataAdapter class by using the specified SQL SELECT statement.

PrvDataAdapter (string selectCommandText、string Selectcommandtext)PrvDataAdapter(string selectCommandText, string selectConnectionString) SQL SELECT ステートメントと接続文字列を使用して、PrvDataAdapter クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the PrvDataAdapter class by using an SQL SELECT statement and a connection string.

PrvDataAdapter(string selectCommandText, PrvConnection selectConnection)PrvDataAdapter(string selectCommandText, PrvConnection selectConnection) SQL SELECT ステートメントと PrvConnection オブジェクトを使用して、PrvDataAdapter クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the PrvDataAdapter class by using an SQL SELECT statement and a PrvConnection object.

プロパティ

MissingMappingAction MissingMappingAction MissingMappingAction MissingMappingAction

割り当てられていないソース テーブルまたはソース列をソース名で渡して、フィルター処理するか、エラーを発生させるかどうかを指示または指定します。Indicates or specifies whether unmapped source tables or columns are passed with their source names in order to be filtered or to raise an error.

MissingSchemaAction MissingSchemaAction MissingSchemaAction MissingSchemaAction

存在しないソース テーブル、ソース列、それらのリレーションシップをデータセット スキーマに追加するか、無視するか、またはエラーを発生させるかを表示または指定します。Indicates or specifies whether missing source tables, columns, and their relationships are added to the dataset schema, ignored, or cause an error to be raised.

TableMappings TableMappings TableMappings TableMappings

ソース テーブルをデータセット テーブルに割り当てる方法を示します。Indicates how a source table is mapped to a dataset table.

メソッド

Fill(DataSet) Fill(DataSet) Fill(DataSet) Fill(DataSet)

DataSet 名を使用して、データ ソース内の行と一致するように、DataSet 内の行を追加または更新します。また、Table という名前の DataTable を作成します。Adds or updates rows in the DataSet to match those in the data source using the DataSet name, and creates a DataTable named "Table".

FillSchema(DataSet, SchemaType) FillSchema(DataSet, SchemaType) FillSchema(DataSet, SchemaType) FillSchema(DataSet, SchemaType)

"Table" という名前の DataTable を指定された DataSet に追加し、指定された SchemaType に基づいて、データ ソースにあるスキーマと一致するようにスキーマを構成します。Adds a DataTable named "Table" to the specified DataSet and configures the schema to match that in the data source based on the specified SchemaType.

GetFillParameters() GetFillParameters() GetFillParameters() GetFillParameters()

SQL SELECT ステートメントの実行時にユーザーが設定したパラメーターを取得します。Gets the parameters set by the user when executing an SQL SELECT statement.

Update(DataSet) Update(DataSet) Update(DataSet) Update(DataSet)

指定された DataSet 内の Table という名前の DataTable に含まれる挿入行、更新行、または削除行に対して、INSERT、UPDATE、または DELETE ステートメントを個別に呼び出します。Calls the respective INSERT, UPDATE, or DELETE statements for each inserted, updated, or deleted row in the specified DataSet from a DataTable named "Table".

適用対象