OracleParameter.OracleType OracleParameter.OracleType OracleParameter.OracleType OracleParameter.OracleType Property

定義

パラメーターの OracleType を取得または設定します。Gets or sets the OracleType of the parameter.

public:
 property System::Data::OracleClient::OracleType OracleType { System::Data::OracleClient::OracleType get(); void set(System::Data::OracleClient::OracleType value); };
[System.Data.Common.DbProviderSpecificTypeProperty(true)]
public System.Data.OracleClient.OracleType OracleType { get; set; }
member this.OracleType : System.Data.OracleClient.OracleType with get, set
Public Property OracleType As OracleType

プロパティ値

パラメーターの OracleType を示す OracleType 値。An OracleType value that is the OracleType of the parameter. 既定値は、VarChar です。The default is VarChar.

注釈

OracleTypeDbTypeがリンクされています。The OracleType and DbType are linked. したがって、をDbTypeに設定OracleTypeすると、 OracleTypeがサポートされるに変更されます。Therefore, setting the DbType changes the OracleType to a supporting OracleType.

パラメーターのOracleType Value、、 Sizeおよびの各プロパティは、を設定することによって推論できます。 DbTypeThe DbType, OracleType, and Size properties of a parameter can be inferred by setting Value. そのため、指定する必要はありません。Therefore, you are not required to specify them. ただし、プロパティの設定でOracleParameterは公開されません。However, they are not exposed in OracleParameter property settings. たとえば、パラメーターのサイズが推定されている場合、 Sizeには、ステートメントの実行後の推定値は含まれません。For example, if the size of the parameter has been inferred, Size does not contain inferred value after statement execution. データString型の場合、既定VarChar値はです。For String data types the default is VarChar.

サポートされているデータ型の一覧についてOracleTypeは、該当するメンバーを参照してください。For a list of the supported data types, see the appropriate OracleType member. 詳細については、「 DataAdapter Parameters」を参照してください。For more information, see DataAdapter Parameters.

適用対象