OracleParameter.Size OracleParameter.Size OracleParameter.Size OracleParameter.Size Property

定義

列内のデータの最大サイズをバイト単位で取得または設定します。Gets or sets the maximum size, in bytes, of the data within the column.

public:
 virtual property int Size { int get(); void set(int value); };
public override int Size { get; set; }
member this.Size : int with get, set
Public Overrides Property Size As Integer

プロパティ値

列内のデータの最大サイズ (バイト単位)。The maximum size, in bytes, of the data within the column. 既定値は 0 です (値の最大サイズを指定しない場合に使用されます)。The default value is 0 (to be used when you do not want to specify the maximum size of the value).

実装

次の例ではOracleParameter 、を作成し、そのプロパティの一部を設定します。The following example creates a OracleParameter and sets some of its properties.

Public Sub CreateOracleParameter()  
   Dim parameter As New OracleParameter("pDescription", OracleType.VarChar)  
   parameter.IsNullable = True  
   parameter.Direction = ParameterDirection.Output  
   parameter.Size = 88  
End Sub  
public void CreateOracleParameter()   
{  
   OracleParameter parameter = new OracleParameter("pDescription", OracleType.VarChar);  
   parameter.IsNullable = true;  
   parameter.Direction = ParameterDirection.Output;  
   parameter.Size = 88;  
}  

注釈

設定Sizeは、パラメーターの入力値のみに影響します。Setting Size affects only the input value of a parameter. 戻り値と出力パラメーターは、このプロパティの影響を受けません。Return values and output parameters are not affected by this property.

プロパティSizeは、バイナリ型および文字列型に使用されます。The Size property is used for binary and string types.

文字列以外のデータ型と ANSI 文字列データのSize場合、プロパティはバイト数を参照します。For nonstring data types and ANSI string data, the Size property refers to the number of bytes. Unicode 文字列データの場合Size 、は文字数を示します。For Unicode string data, Size refers to the number of characters. 文字列の数には、終端文字は含まれません。The count for strings does not include the terminating character.

可変長データ型の場合は、 Sizeサーバーに送信するデータの最大量を記述します。For variable-length data types, Size describes the maximum amount of data to transmit to the server. たとえば、Unicode 文字列値の場合、をSize使用して、サーバーに送信されるデータの量を最初の100文字に制限することができます。For example, for a Unicode string value, Size could be used to limit the amount of data sent to the server to the first one hundred characters.

双方向パラメーターと出力パラメーター、および戻り値については、Size の値を設定する必要があります。For bidirectional and output parameters, and return values, you must set the value of Size. これは入力パラメーターには必要ありません。明示的に設定されていない場合は、パラメーター化されたステートメントが実行されるときに、の値が指定されたパラメーターの実際のサイズから推論されます。This is not required for input parameters, and if not explicitly set, the value of is inferred from the actual size of the specified parameter when a parameterized statement is executed.

パラメーターのOracleType Value、、 Sizeおよびの各プロパティは、を設定することによって推論できます。 DbTypeThe DbType, OracleType, and Size properties of a parameter can be inferred by setting Value. そのため、指定する必要はありません。Therefore, you are not required to specify them. ただし、プロパティの設定でOracleParameterは公開されません。However, they are not exposed in OracleParameter property settings. たとえば、パラメーターのサイズが推定されている場合、 Sizeには、ステートメントの実行後の推定値は含まれません。For example, if the size of the parameter has been inferred, Size does not contain inferred value after statement execution.

固定長データ型の場合、のSize値は無視されます。For fixed length data types, the value of Size is ignored. これは情報提供を目的として取得できます。また、パラメーターの値をサーバーに送信するときに、プロバイダーが使用する最大バイト数を返します。It can be retrieved for informational purposes, and returns the maximum amount of bytes the provider uses when transmitting the value of the parameter to the server.

適用対象