DateTime コンストラクター

定義

DateTime 構造体の新しいインスタンスを初期化します。

オーバーロード

DateTime(Int64)

DateTime 構造体の新しいインスタンスを、指定したタイマー刻み数に初期化します。

DateTime(Int64, DateTimeKind)

DateTime 構造体の新しいインスタンスを、指定したタイマー刻み数と世界協定時刻 (UTC) または現地時刻に初期化します。

DateTime(Int32, Int32, Int32)

DateTime 構造体の新しいインスタンスを、指定した年、月、日に初期化します。

DateTime(Int32, Int32, Int32, Calendar)

DateTime 構造体の新しいインスタンスを、指定した暦の指定した年、月、および日に初期化します。

DateTime(Int32, Int32, Int32, Int32, Int32, Int32)

DateTime 構造体の新しいインスタンスを、指定した年、月、日、時、分、および秒に初期化します。

DateTime(Int32, Int32, Int32, Int32, Int32, Int32, DateTimeKind)

DateTime 構造体の新しいインスタンスを、指定した年、月、日、時、分、秒、および世界協定時刻 (UTC) または現地時刻に初期化します。

DateTime(Int32, Int32, Int32, Int32, Int32, Int32, Calendar)

DateTime 構造体の新しいインスタンスを、指定した暦の指定した年、月、日、時、分、および秒に初期化します。

DateTime(Int32, Int32, Int32, Int32, Int32, Int32, Int32)

DateTime 構造体の新しいインスタンスを、指定した年、月、日、時、分、秒、およびミリ秒に初期化します。

DateTime(Int32, Int32, Int32, Int32, Int32, Int32, Int32, DateTimeKind)

DateTime 構造体の新しいインスタンスを、指定した年、月、日、時、分、秒、ミリ秒、および世界協定時刻 (UTC) または現地時刻に初期化します。

DateTime(Int32, Int32, Int32, Int32, Int32, Int32, Int32, Calendar)

DateTime 構造体の新しいインスタンスを、指定した暦の指定した年、月、日、時、分、秒、およびミリ秒に初期化します。

DateTime(Int32, Int32, Int32, Int32, Int32, Int32, Int32, Int32)

DateTime 構造体の新しいインスタンスを、指定した暦の指定した年、月、日、時、分、秒、ミリ秒、および世界協定時刻 (UTC) または現地時刻に初期化します。

DateTime(Int32, Int32, Int32, Int32, Int32, Int32, Int32, Calendar, DateTimeKind)

DateTime 構造体の新しいインスタンスを、指定した暦の指定した年、月、日、時、分、秒、ミリ秒、および世界協定時刻 (UTC) または現地時刻に初期化します。

DateTime(Int32, Int32, Int32, Int32, Int32, Int32, Int32, Int32, DateTimeKind)

DateTime 構造体の新しいインスタンスを、指定した暦の指定した年、月、日、時、分、秒、ミリ秒、および世界協定時刻 (UTC) または現地時刻に初期化します。

DateTime(Int32, Int32, Int32, Int32, Int32, Int32, Int32, Int32, Calendar)

DateTime 構造体の新しいインスタンスを、指定した暦の指定した年、月、日、時、分、秒、ミリ秒、および世界協定時刻 (UTC) または現地時刻に初期化します。

DateTime(Int32, Int32, Int32, Int32, Int32, Int32, Int32, Int32, Calendar, DateTimeKind)

DateTime 構造体の新しいインスタンスを、指定した暦の指定した年、月、日、時、分、秒、ミリ秒、および世界協定時刻 (UTC) または現地時刻に初期化します。

DateTime(Int64)

DateTime 構造体の新しいインスタンスを、指定したタイマー刻み数に初期化します。

public:
 DateTime(long ticks);
public DateTime (long ticks);
new DateTime : int64 -> DateTime
Public Sub New (ticks As Long)

パラメーター

ticks
Int64

日時をグレゴリオ暦の 0001 年 1 月 1 日の 00:00:00.000 以降の経過時間 (100 ナノ秒単位) で表した値。

例外

ticksDateTime.MinValue より小さいか、 DateTime.MaxValue より大きい値です。

次の例は、コンストラクターの 1 つを DateTime 示しています。

// This example demonstrates the DateTime(Int64) constructor.
using namespace System;
using namespace System::Globalization;
int main()
{
   
   // Instead of using the implicit, default "G" date and time format string, we 
   // use a custom format string that aligns the results and inserts leading zeroes.
   String^ format = "{0}) The {1} date and time is {2:MM/dd/yyyy hh:mm:ss tt}";
   
   // Create a DateTime for the maximum date and time using ticks.
   DateTime dt1 = DateTime(DateTime::MaxValue.Ticks);
   
   // Create a DateTime for the minimum date and time using ticks.
   DateTime dt2 = DateTime(DateTime::MinValue.Ticks);
   
   // Create a custom DateTime for 7/28/1979 at 10:35:05 PM using a 
   // calendar based on the "en-US" culture, and ticks. 
   Int64 ticks = DateTime(1979,07,28,22,35,5,(gcnew CultureInfo( "en-US",false ))->Calendar).Ticks;
   DateTime dt3 = DateTime(ticks);
   Console::WriteLine( format, 1, "maximum", dt1 );
   Console::WriteLine( format, 2, "minimum", dt2 );
   Console::WriteLine( format, 3, "custom ", dt3 );
   Console::WriteLine( "\nThe custom date and time is created from {0:N0} ticks.", ticks );
}

/*
This example produces the following results:

1) The maximum date and time is 12/31/9999 11:59:59 PM
2) The minimum date and time is 01/01/0001 12:00:00 AM
3) The custom  date and time is 07/28/1979 10:35:05 PM

The custom date and time is created from 624,376,461,050,000,000 ticks.

*/
// This example demonstrates the DateTime(Int64) constructor.
open System
open System.Globalization

// Create a DateTime for the maximum date and time using ticks.
let dt1 = DateTime DateTime.MaxValue.Ticks

// Create a DateTime for the minimum date and time using ticks.
let dt2 = DateTime DateTime.MinValue.Ticks

// Create a custom DateTime for 7/28/1979 at 10:35:05 PM using a
// calendar based on the "en-US" culture, and ticks.
let ticks = DateTime(1979, 07, 28, 22, 35, 5, CultureInfo("en-US", false).Calendar).Ticks
let dt3 = DateTime ticks

printfn $"""1) The maximum date and time is {dt1.ToString "MM-dd/yyyy hh:mm:ss tt"}"""
printfn $"""2) The minimum date and time is {dt2.ToString "MM/dd/yyyy hh:mm:ss tt"}"""
printfn $"""3) The custom  date and time is {dt3.ToString "MM/dd/yyyy hh:mm:ss tt"}"""

printfn $"\nThe custom date and time is created from {ticks:N0} ticks."

// This example produces the following results:
//
// 1) The maximum date and time is 12/31/9999 11:59:59 PM
// 2) The minimum date and time is 01/01/0001 12:00:00 AM
// 3) The custom  date and time is 07/28/1979 10:35:05 PM
//
// The custom date and time is created from 624,376,461,050,000,000 ticks.
// This example demonstrates the DateTime(Int64) constructor.
using System;
using System.Globalization;

class Sample
{
    public static void Main()
    {
// Instead of using the implicit, default "G" date and time format string, we
// use a custom format string that aligns the results and inserts leading zeroes.
    string format = "{0}) The {1} date and time is {2:MM/dd/yyyy hh:mm:ss tt}";

// Create a DateTime for the maximum date and time using ticks.
    DateTime dt1 = new DateTime(DateTime.MaxValue.Ticks);

// Create a DateTime for the minimum date and time using ticks.
    DateTime dt2 = new DateTime(DateTime.MinValue.Ticks);

// Create a custom DateTime for 7/28/1979 at 10:35:05 PM using a
// calendar based on the "en-US" culture, and ticks.
    long ticks = new DateTime(1979, 07, 28, 22, 35, 5,
    new CultureInfo("en-US", false).Calendar).Ticks;
    DateTime dt3 = new DateTime(ticks);

    Console.WriteLine(format, 1, "maximum", dt1);
    Console.WriteLine(format, 2, "minimum", dt2);
    Console.WriteLine(format, 3, "custom ", dt3);
    Console.WriteLine("\nThe custom date and time is created from {0:N0} ticks.", ticks);
    }
}
/*
This example produces the following results:

1) The maximum date and time is 12/31/9999 11:59:59 PM
2) The minimum date and time is 01/01/0001 12:00:00 AM
3) The custom  date and time is 07/28/1979 10:35:05 PM

The custom date and time is created from 624,376,461,050,000,000 ticks.

*/
' This example demonstrates the DateTime(Int64) constructor.
Imports System.Globalization

Class Sample
   Public Shared Sub Main()
      ' Instead of using the implicit, default "G" date and time format string, we 
      ' use a custom format string that aligns the results and inserts leading zeroes.
      Dim format As String = "{0}) The {1} date and time is {2:MM/dd/yyyy hh:mm:ss tt}"
      
      ' Create a DateTime for the maximum date and time using ticks.
      Dim dt1 As New DateTime(DateTime.MaxValue.Ticks)
      
      ' Create a DateTime for the minimum date and time using ticks.
      Dim dt2 As New DateTime(DateTime.MinValue.Ticks)
      
      ' Create a custom DateTime for 7/28/1979 at 10:35:05 PM using a 
      ' calendar based on the "en-US" culture, and ticks. 
      Dim ticks As Long = New DateTime(1979, 7, 28, 22, 35, 5, _
                                       New CultureInfo("en-US", False).Calendar).Ticks
      Dim dt3 As New DateTime(ticks)
      
      Console.WriteLine(format, 1, "maximum", dt1)
      Console.WriteLine(format, 2, "minimum", dt2)
      Console.WriteLine(format, 3, "custom ", dt3)
      Console.WriteLine(vbCrLf & "The custom date and time is created from {0:N0} ticks.", ticks)
   End Sub
End Class
'
'This example produces the following results:
'
'1) The maximum date and time is 12/31/9999 11:59:59 PM
'2) The minimum date and time is 01/01/0001 12:00:00 AM
'3) The custom  date and time is 07/28/1979 10:35:05 PM
'
'The custom date and time is created from 624,376,461,050,000,000 ticks.
'

注釈

Kind プロパティは Unspecified に初期化されます。

日付と時刻データの移植性が重要なアプリケーションや、限られた程度のタイム ゾーン認識が重要なアプリケーションでは、対応する DateTimeOffset コンストラクターを使用できます。

適用対象

DateTime(Int64, DateTimeKind)

DateTime 構造体の新しいインスタンスを、指定したタイマー刻み数と世界協定時刻 (UTC) または現地時刻に初期化します。

public:
 DateTime(long ticks, DateTimeKind kind);
public DateTime (long ticks, DateTimeKind kind);
new DateTime : int64 * DateTimeKind -> DateTime
Public Sub New (ticks As Long, kind As DateTimeKind)

パラメーター

ticks
Int64

日時をグレゴリオ暦の 0001 年 1 月 1 日の 00:00:00.000 以降の経過時間 (100 ナノ秒単位) で表した値。

kind
DateTimeKind

ticks が、現地時刻、世界協定時刻 (UTC)、またはそのどちらでもない時刻のうち、どれを指定するかを示す列挙値の 1 つ。

例外

ticksDateTime.MinValue より小さいか、 DateTime.MaxValue より大きい値です。

kindDateTimeKind 値のいずれでもありません。

注釈

日付と時刻データの移植性が重要なアプリケーションや、限られた程度のタイム ゾーン認識が重要なアプリケーションでは、対応する DateTimeOffset コンストラクターを使用できます。

適用対象

DateTime(Int32, Int32, Int32)

DateTime 構造体の新しいインスタンスを、指定した年、月、日に初期化します。

public:
 DateTime(int year, int month, int day);
public DateTime (int year, int month, int day);
new DateTime : int * int * int -> DateTime
Public Sub New (year As Integer, month As Integer, day As Integer)

パラメーター

year
Int32

年 (1 から 9999)。

month
Int32

月 (1 ~ 12)。

day
Int32

日付 (1 ~ month の日数)。

例外

year が 1 未満であるか、または 9999 を超えています。

または

month が 1 未満であるか、または 12 を超えています。

または

day が 1 未満であるか、または monthの日数を超えています。

次の例では、コンストラクターを DateTime(Int32, Int32, Int32) 使用して値を DateTime インスタンス化します。 この例では、このオーバーロードによって、時刻コンポーネントが午前 0 時 (または 0:00) の値を作成 DateTime することも示されています。

DateTime date1 = new DateTime(2010, 8, 18);
Console.WriteLine(date1.ToString());
// The example displays the following output:
//      8/18/2010 12:00:00 AM
let date1 = DateTime(2010, 8, 18)
printfn $"{date1}"

// The example displays the following output:
//      8/18/2010 12:00:00 AM
Dim date1 As New Date(2010, 8, 18)
Console.WriteLine(date1.ToString())
' The example displays the following output:
'      8/18/2010 12:00:00 AM

注釈

このコンストラクターは、グレゴリオ暦の年、月、日として、monthおよび day 、を解釈yearします。 別の DateTime カレンダーで年、月、日を使用して値をインスタンス化するには、コンストラクターを DateTime(Int32, Int32, Int32, Calendar) 呼び出します。

結果 DateTime の時刻は午前 0 時 (00:00:00) です。 Kind プロパティは DateTimeKind.Unspecified に初期化されます。

適用対象

DateTime(Int32, Int32, Int32, Calendar)

DateTime 構造体の新しいインスタンスを、指定した暦の指定した年、月、および日に初期化します。

public:
 DateTime(int year, int month, int day, System::Globalization::Calendar ^ calendar);
public DateTime (int year, int month, int day, System.Globalization.Calendar calendar);
new DateTime : int * int * int * System.Globalization.Calendar -> DateTime
Public Sub New (year As Integer, month As Integer, day As Integer, calendar As Calendar)

パラメーター

year
Int32

年 (1 から calendar の年数)。

month
Int32

月 (1 から calendar の月数)。

day
Int32

日付 (1 ~ month の日数)。

calendar
Calendar

yearmonth、および day を解釈するために使用される暦。

例外

calendarnullです。

yearcalendar でサポートされる範囲にありません。

または

month は 1 未満か、calendar の月数を超えています。

または

day が 1 未満であるか、または monthの日数を超えています。

次の例では、コンストラクターを DateTime(Int32, Int32, Int32, Calendar) 2 回呼び出して 2 つの DateTime 値をインスタンス化します。 最初の呼び出しでは、オブジェクトを DateTime 使用して値が PersianCalendar インスタンス化されます。 ペルシャ暦はカルチャの既定のカレンダーとして指定できないため、ペルシャ暦に日付を表示するには、その PersianCalendar.GetMonthカレンダー、 PersianCalendar.GetDayOfMonthおよび PersianCalendar.GetYear メソッドを個別に呼び出す必要があります。 コンストラクターの 2 番目の呼び出しでは、オブジェクトを DateTime 使用して値を HijriCalendar インスタンス化します。 この例では、現在のカルチャをアラビア語 (シリア) に変更し、現在のカルチャの既定のカレンダーをイスラム暦に変更します。 Hijri は現在のカルチャの既定のカレンダーであるため、 Console.WriteLine メソッドはそれを使用して日付の書式設定を行います。 以前の現在のカルチャ (この場合は英語 (米国) が復元されると、Console.WriteLineメソッドは現在のカルチャの既定のグレゴリオ暦を使用して日付の書式を設定します。

using System;
using System.Globalization;
using System.Text.RegularExpressions;
using System.Threading;

public class Example
{
   public static void Main()
   {
      Console.WriteLine("Using the Persian Calendar:");
      PersianCalendar persian = new PersianCalendar();
      DateTime date1 = new DateTime(1389, 5, 27, persian);
      Console.WriteLine(date1.ToString());
      Console.WriteLine("{0}/{1}/{2}\n", persian.GetMonth(date1),
                                       persian.GetDayOfMonth(date1),
                                       persian.GetYear(date1));

      Console.WriteLine("Using the Hijri Calendar:");
      // Get current culture so it can later be restored.
      CultureInfo dftCulture = Thread.CurrentThread.CurrentCulture;

      // Define Hijri calendar.
      HijriCalendar hijri = new HijriCalendar();
      // Make ar-SY the current culture and Hijri the current calendar.
      Thread.CurrentThread.CurrentCulture = new CultureInfo("ar-SY");
      CultureInfo current = CultureInfo.CurrentCulture;
      current.DateTimeFormat.Calendar = hijri;
      string dFormat = current.DateTimeFormat.ShortDatePattern;
      // Ensure year is displayed as four digits.
      dFormat = Regex.Replace(dFormat, "/yy$", "/yyyy");
      current.DateTimeFormat.ShortDatePattern = dFormat;
      DateTime date2 = new DateTime(1431, 9, 9, hijri);
      Console.WriteLine("{0} culture using the {1} calendar: {2:d}", current,
                        GetCalendarName(hijri), date2);

      // Restore previous culture.
      Thread.CurrentThread.CurrentCulture = dftCulture;
      Console.WriteLine("{0} culture using the {1} calendar: {2:d}",
                        CultureInfo.CurrentCulture,
                        GetCalendarName(CultureInfo.CurrentCulture.Calendar),
                        date2);
   }

   private static string GetCalendarName(Calendar cal)
   {
      return Regex.Match(cal.ToString(), "\\.(\\w+)Calendar").Groups[1].Value;
   }
}
// The example displays the following output:
//       Using the Persian Calendar:
//       8/18/2010 12:00:00 AM
//       5/27/1389
//
//       Using the Hijri Calendar:
//       ar-SY culture using the Hijri calendar: 09/09/1431
//       en-US culture using the Gregorian calendar: 8/18/2010
open System
open System.Globalization
open System.Text.RegularExpressions
open System.Threading

let getCalendarName (cal: Calendar) =
    Regex.Match(string cal, "\\.(\\w+)Calendar").Groups[1].Value

printfn "Using the Persian Calendar:"
let persian = PersianCalendar()
let date1 = DateTime(1389, 5, 27, persian)
printfn $"{date1}"
printfn $"{persian.GetMonth date1}/{persian.GetDayOfMonth date1}/{persian.GetYear date1}\n"

printfn "Using the Hijri Calendar:"
// Get current culture so it can later be restored.
let dftCulture = Thread.CurrentThread.CurrentCulture

// Define Hijri calendar.
let hijri = HijriCalendar()
// Make ar-SY the current culture and Hijri the current calendar.
Thread.CurrentThread.CurrentCulture <- CultureInfo "ar-SY"
let current = CultureInfo.CurrentCulture
current.DateTimeFormat.Calendar <- hijri

let dFormat =
    let dFormat = current.DateTimeFormat.ShortDatePattern
    // Ensure year is displayed as four digits.
    Regex.Replace(dFormat, "/yy$", "/yyyy")

current.DateTimeFormat.ShortDatePattern <- dFormat
let date2 = DateTime(1431, 9, 9, hijri)
printfn $"{current} culture using the {getCalendarName hijri} calendar: {date2:d}"

// Restore previous culture.
Thread.CurrentThread.CurrentCulture <- dftCulture
printfn $"{CultureInfo.CurrentCulture} culture using the {getCalendarName CultureInfo.CurrentCulture.Calendar} calendar: {date2:d}"


// The example displays the following output:
//       Using the Persian Calendar:
//       8/18/2010 12:00:00 AM
//       5/27/1389
//
//       Using the Hijri Calendar:
//       ar-SY culture using the Hijri calendar: 09/09/1431
//       en-US culture using the Gregorian calendar: 8/18/2010
Imports System.Globalization
Imports System.Text.RegularExpressions
Imports System.Threading

Module Example
   Public Sub Main()
      Console.WriteLine("Using the Persian Calendar:")
      Dim persian As New PersianCalendar()
      Dim date1 As New Date(1389, 5, 27, persian)
      Console.WriteLine(date1.ToString())
      Console.WriteLine("{0}/{1}/{2}", persian.GetMonth(date1), _
                                       persian.GetDayOfMonth(date1), _
                                       persian.GetYear(date1))
      Console.WriteLine()
      
      Console.WriteLine("Using the Hijri Calendar:")
      ' Get current culture so it can later be restored.
      Dim dftCulture As CultureInfo = Thread.CurrentThread.CurrentCulture
      
      ' Define Hijri calendar.
      Dim hijri As New HijriCalendar()
      ' Make ar-SY the current culture and Hijri the current calendar.
      Thread.CurrentThread.CurrentCulture = New CultureInfo("ar-SY")
      Dim current As CultureInfo = CultureInfo.CurrentCulture
      current.DateTimeFormat.Calendar = hijri
      Dim dFormat As String = current.DateTimeFormat.ShortDatePattern
      ' Ensure year is displayed as four digits.
      dFormat = Regex.Replace(dFormat, "/yy$", "/yyyy")
      current.DateTimeFormat.ShortDatePattern = dFormat
      Dim date2 As New Date(1431, 9, 9, hijri)
      Console.WriteLine("{0} culture using the {1} calendar: {2:d}", current, _
                        GetCalendarName(hijri), date2) 
      
      ' Restore previous culture.
      Thread.CurrentThread.CurrentCulture = dftCulture
      Console.WriteLine("{0} culture using the {1} calendar: {2:d}", _
                        CultureInfo.CurrentCulture, _
                        GetCalendarName(CultureInfo.CurrentCulture.Calendar), _
                        date2) 
   End Sub
   
   Private Function GetCalendarName(cal As Calendar) As String
      Return Regex.Match(cal.ToString(), "\.(\w+)Calendar").Groups(1).Value
   End Function
End Module
' The example displays the following output:
'       Using the Persian Calendar:
'       8/18/2010 12:00:00 AM
'       5/27/1389
'       
'       Using the Hijri Calendar:
'       ar-SY culture using the Hijri calendar: 09/09/1431
'       en-US culture using the Gregorian calendar: 8/18/2010

注釈

結果 DateTime の時刻は午前 0 時 (00:00:00) です。 Kind プロパティは Unspecified に初期化されます。

に対してyear``month許容される値。およびday依存しますcalendar。 指定した日付と時刻を使用して calendar表現できない場合、例外がスローされます。

重要

和暦の時代 (年号) は天皇の代に基づいているため、変更されることが予想されます。 たとえば、JapaneseCalendarJapaneseLunisolarCalendar において、2019 年 5 月 1 日から令和時代が始まることになりました。 このような時代 (年号) の変更は、これらのカレンダーを使用するすべてのアプリケーションに影響します。 詳細およびアプリケーションが影響を受けるかどうかを判断する方法については、「 .net の日本語カレンダーでの新しい時代 (年号) の処理」を参照してください。 Windows システムでアプリケーションをテストして、時代 (年号) の変化に対応できるようにする方法については、「日本語時代 (年号) の変更に備えてアプリケーションを準備する」を参照してください。 複数の時代 (年号) を含む暦をサポートする .NET の機能について、および複数の時代 (年号) をサポートする予定表を操作する場合のベストプラクティスについては、「時代と作業

名前空間には System.Globalization 、次を含む GregorianCalendar いくつかのカレンダーが用意されています JulianCalendar

こちらもご覧ください

適用対象

DateTime(Int32, Int32, Int32, Int32, Int32, Int32)

DateTime 構造体の新しいインスタンスを、指定した年、月、日、時、分、および秒に初期化します。

public:
 DateTime(int year, int month, int day, int hour, int minute, int second);
public DateTime (int year, int month, int day, int hour, int minute, int second);
new DateTime : int * int * int * int * int * int -> DateTime
Public Sub New (year As Integer, month As Integer, day As Integer, hour As Integer, minute As Integer, second As Integer)

パラメーター

year
Int32

年 (1 から 9999)。

month
Int32

月 (1 ~ 12)。

day
Int32

日付 (1 ~ month の日数)。

hour
Int32

時間 (0 から 23)。

minute
Int32

分 (0 から 59)。

second
Int32

秒 (0 から 59)。

例外

year が 1 未満であるか、または 9999 を超えています。

または

month が 1 未満であるか、または 12 を超えています。

または

day が 1 未満であるか、または monthの日数を超えています。

または

hour が 0 未満であるか、または 23 を超えています。

または

minute が 0 未満であるか、または 59 を超えています。

または

second が 0 未満であるか、または 59 を超えています。

次の例では、コンストラクターを DateTime 使用して値を DateTime インスタンス化します。

DateTime date1 = new DateTime(2010, 8, 18, 16, 32, 0);
Console.WriteLine(date1.ToString());
// The example displays the following output, in this case for en-us culture:
//      8/18/2010 4:32:00 PM
let date1 = DateTime(2010, 8, 18, 16, 32, 0)
printfn $"{date1}"

// The example displays the following output, in this case for en-us culture:
//      8/18/2010 4:32:00 PM
Dim date1 As New Date(2010, 8, 18, 16, 32, 0)
Console.WriteLine(date1.ToString())
' The example displays the following output:
'      8/18/2010 4:32:00 PM

注釈

Kind プロパティは Unspecified に初期化されます。

このコンストラクターは、month``dayグレゴリオ暦の年、月、日として解釈yearされます。 別の DateTime カレンダーで年、月、日を使用して値をインスタンス化するには、コンストラクターを DateTime(Int32, Int32, Int32, Int32, Int32, Int32, Calendar) 呼び出します。

日付と時刻データの移植性が重要なアプリケーションや、限られた程度のタイム ゾーン認識が重要なアプリケーションでは、対応する DateTimeOffset コンストラクターを使用できます。

適用対象

DateTime(Int32, Int32, Int32, Int32, Int32, Int32, DateTimeKind)

DateTime 構造体の新しいインスタンスを、指定した年、月、日、時、分、秒、および世界協定時刻 (UTC) または現地時刻に初期化します。

public:
 DateTime(int year, int month, int day, int hour, int minute, int second, DateTimeKind kind);
public DateTime (int year, int month, int day, int hour, int minute, int second, DateTimeKind kind);
new DateTime : int * int * int * int * int * int * DateTimeKind -> DateTime
Public Sub New (year As Integer, month As Integer, day As Integer, hour As Integer, minute As Integer, second As Integer, kind As DateTimeKind)

パラメーター

year
Int32

年 (1 から 9999)。

month
Int32

月 (1 ~ 12)。

day
Int32

日付 (1 ~ month の日数)。

hour
Int32

時間 (0 から 23)。

minute
Int32

分 (0 から 59)。

second
Int32

秒 (0 から 59)。

kind
DateTimeKind

yearmonthdayhourminute、および second が、現地時刻、世界協定時刻 (UTC)、またはそのどちらでもない時刻のうち、どれを指定するかを示す列挙値の 1 つ。

例外

year が 1 未満であるか、または 9999 を超えています。

または

month が 1 未満であるか、または 12 を超えています。

または

day が 1 未満であるか、または monthの日数を超えています。

または

hour が 0 未満であるか、または 23 を超えています。

または

minute が 0 未満であるか、または 59 を超えています。

または

second が 0 未満であるか、または 59 を超えています。

kindDateTimeKind 値のいずれでもありません。

次の例では、コンストラクターを DateTime(Int32, Int32, Int32, Int32, Int32, Int32, DateTimeKind) 使用して値を DateTime インスタンス化します。

DateTime date1 = new DateTime(2010, 8, 18, 16, 32, 0, DateTimeKind.Local);
Console.WriteLine("{0} {1}", date1, date1.Kind);
// The example displays the following output, in this case for en-us culture:
//      8/18/2010 4:32:00 PM Local
let date1 = DateTime(2010, 8, 18, 16, 32, 0, DateTimeKind.Local)
printfn $"{date1} {date1.Kind}"

// The example displays the following output, in this case for en-us culture:
//      8/18/2010 4:32:00 PM Local
Dim date1 As New Date(2010, 8, 18, 16, 32, 0, DateTimeKind.Local)
Console.WriteLine("{0} {1}", date1, date1.Kind)
' The example displays the following output:
'      8/18/2010 4:32:00 PM Local

注釈

このコンストラクターは、month``dayグレゴリオ暦の年、月、日として解釈yearします。 別のカレンダーで DateTime 年、月、日を使用して値をインスタンス化するには、コンストラクターを DateTime(Int32, Int32, Int32, Int32, Int32, Int32, Int32, Calendar, DateTimeKind) 呼び出します。

日付と時刻のデータの移植性やタイム ゾーン認識の程度が限られているアプリケーションでは、対応する DateTimeOffset コンストラクターを使用できます。

適用対象

DateTime(Int32, Int32, Int32, Int32, Int32, Int32, Calendar)

DateTime 構造体の新しいインスタンスを、指定した暦の指定した年、月、日、時、分、および秒に初期化します。

public:
 DateTime(int year, int month, int day, int hour, int minute, int second, System::Globalization::Calendar ^ calendar);
public DateTime (int year, int month, int day, int hour, int minute, int second, System.Globalization.Calendar calendar);
new DateTime : int * int * int * int * int * int * System.Globalization.Calendar -> DateTime
Public Sub New (year As Integer, month As Integer, day As Integer, hour As Integer, minute As Integer, second As Integer, calendar As Calendar)

パラメーター

year
Int32

年 (1 から calendar の年数)。

month
Int32

月 (1 から calendar の月数)。

day
Int32

日付 (1 ~ month の日数)。

hour
Int32

時間 (0 から 23)。

minute
Int32

分 (0 から 59)。

second
Int32

秒 (0 から 59)。

calendar
Calendar

yearmonth、および day を解釈するために使用される暦。

例外

calendarnullです。

yearcalendar でサポートされる範囲にありません。

または

month は 1 未満か、calendar の月数を超えています。

または

day が 1 未満であるか、または monthの日数を超えています。

または

hour が 0 未満であるか、または 23 を超えています。

または

minute が 0 未満であるか、または 59 を超えています。

または

second が 0 未満であるか、または 59 を超えています。

次の例では、コンストラクターを DateTime(Int32, Int32, Int32, Int32, Int32, Int32, Calendar) 2 回呼び出して、2 つの DateTime 値をインスタンス化します。 最初の呼び出しでは、オブジェクトを DateTime 使用して値が PersianCalendar インスタンス化されます。 ペルシャ暦はカルチャの既定のカレンダーとして指定できないため、ペルシャ暦に日付を表示するには、PersianCalendar.GetDayOfMonthそのPersianCalendar.GetMonthカレンダー、およびPersianCalendar.GetYearメソッドを個別に呼び出す必要があります。 コンストラクターの 2 番目の呼び出しでは、オブジェクトを DateTime 使用して値が HijriCalendar インスタンス化されます。 この例では、現在のカルチャをアラビア語 (シリア) に変更し、現在のカルチャの既定の予定表をイスラム暦に変更します。 Hijri は現在のカルチャの既定のカレンダーであるため、 Console.WriteLine メソッドはそれを使用して日付の書式設定を行います。 以前の現在のカルチャ (この場合は英語 (米国) が復元されると、Console.WriteLineメソッドは現在のカルチャの既定のグレゴリオ暦を使用して日付の書式を設定します。

using System;
using System.Globalization;
using System.Text.RegularExpressions;
using System.Threading;

public class Example
{
   public static void Main()
   {
      Console.WriteLine("Using the Persian Calendar:");
      PersianCalendar persian = new PersianCalendar();
      DateTime date1 = new DateTime(1389, 5, 27, 16, 32, 0, persian);
      Console.WriteLine(date1.ToString());
      Console.WriteLine("{0}/{1}/{2} {3}{6}{4:D2}{6}{5:D2}\n",
                                       persian.GetMonth(date1),
                                       persian.GetDayOfMonth(date1),
                                       persian.GetYear(date1),
                                       persian.GetHour(date1),
                                       persian.GetMinute(date1),
                                       persian.GetSecond(date1),
                                       DateTimeFormatInfo.CurrentInfo.TimeSeparator);

      Console.WriteLine("Using the Hijri Calendar:");
      // Get current culture so it can later be restored.
      CultureInfo dftCulture = Thread.CurrentThread.CurrentCulture;

      // Define Hijri calendar.
      HijriCalendar hijri = new HijriCalendar();
      // Make ar-SY the current culture and Hijri the current calendar.
      Thread.CurrentThread.CurrentCulture = new CultureInfo("ar-SY");
      CultureInfo current = CultureInfo.CurrentCulture;
      current.DateTimeFormat.Calendar = hijri;
      string dFormat = current.DateTimeFormat.ShortDatePattern;
      // Ensure year is displayed as four digits.
      dFormat = Regex.Replace(dFormat, "/yy$", "/yyyy");
      current.DateTimeFormat.ShortDatePattern = dFormat;
      DateTime date2 = new DateTime(1431, 9, 9, 16, 32, 18, hijri);
      Console.WriteLine("{0} culture using the {1} calendar: {2:g}", current,
                        GetCalendarName(hijri), date2);

      // Restore previous culture.
      Thread.CurrentThread.CurrentCulture = dftCulture;
      Console.WriteLine("{0} culture using the {1} calendar: {2:g}",
                        CultureInfo.CurrentCulture,
                        GetCalendarName(CultureInfo.CurrentCulture.Calendar),
                        date2);
   }

   private static string GetCalendarName(Calendar cal)
   {
      return Regex.Match(cal.ToString(), "\\.(\\w+)Calendar").Groups[1].Value;
   }
}
// The example displays the following output:
//       Using the Persian Calendar:
//       8/18/2010 4:32:00 PM
//       5/27/1389 16:32:00
//
//       Using the Hijri Calendar:
//       ar-SY culture using the Hijri calendar: 09/09/1431 04:32 م
//       en-US culture using the Gregorian calendar: 8/18/2010 4:32 PM
open System
open System.Globalization
open System.Text.RegularExpressions
open System.Threading

let getCalendarName (cal: Calendar) =
    Regex.Match(string cal, "\\.(\\w+)Calendar").Groups[1].Value

printfn "Using the Persian Calendar:"
let persian = PersianCalendar()
let date1 = DateTime(1389, 5, 27, 16, 32, 0, persian)
printfn $"{date1}"
let sep = DateTimeFormatInfo.CurrentInfo.TimeSeparator
printfn $"{persian.GetMonth date1}/{persian.GetDayOfMonth date1}/{persian.GetYear date1} {persian.GetHour date1}{sep}%02i{persian.GetMinute date1}{sep}%02i{persian.GetSecond date1}\n"

printfn "Using the Hijri Calendar:"

// Get current culture so it can later be restored.
let dftCulture = Thread.CurrentThread.CurrentCulture

// Define Hijri calendar.
let hijri = HijriCalendar()

// Make ar-SY the current culture and Hijri the current calendar.
Thread.CurrentThread.CurrentCulture <- CultureInfo "ar-SY"
let current = CultureInfo.CurrentCulture
current.DateTimeFormat.Calendar <- hijri
let dFormat = 
    let dFormat = current.DateTimeFormat.ShortDatePattern
    // Ensure year is displayed as four digits.
    Regex.Replace(dFormat, "/yy$", "/yyyy")

current.DateTimeFormat.ShortDatePattern <- dFormat
let date2 = DateTime(1431, 9, 9, 16, 32, 18, hijri)
printfn $"{current} culture using the {getCalendarName hijri} calendar: {date2:g}"

// Restore previous culture.
Thread.CurrentThread.CurrentCulture <- dftCulture
printfn $"{CultureInfo.CurrentCulture} culture using the {getCalendarName CultureInfo.CurrentCulture.Calendar} calendar: {date2:g}"


// The example displays the following output:
//       Using the Persian Calendar:
//       8/18/2010 4:32:00 PM
//       5/27/1389 16:32:00
//
//       Using the Hijri Calendar:
//       ar-SY culture using the Hijri calendar: 09/09/1431 04:32 م
//       en-US culture using the Gregorian calendar: 8/18/2010 4:32 PM
Imports System.Globalization
Imports System.Text.RegularExpressions
Imports System.Threading

Module Example
   Public Sub Main()
      Console.WriteLine("Using the Persian Calendar:")
      Dim persian As New PersianCalendar()
      Dim date1 As New Date(1389, 5, 27, 16, 32, 0, persian)
      Console.WriteLine(date1.ToString())
      Console.WriteLine("{0}/{1}/{2} {3}{6}{4:D2}{6}{5:D2}", persian.GetMonth(date1), _
                                       persian.GetDayOfMonth(date1), _
                                       persian.GetYear(date1), _
                                       persian.GetHour(date1), _
                                       persian.GetMinute(date1), _
                                       persian.GetSecond(date1), _
                                       DateTimeFormatInfo.CurrentInfo.TimeSeparator)
      Console.WriteLine()
      
      Console.WriteLine("Using the Hijri Calendar:")
      ' Get current culture so it can later be restored.
      Dim dftCulture As CultureInfo = Thread.CurrentThread.CurrentCulture
      
      ' Define Hijri calendar.
      Dim hijri As New HijriCalendar()
      ' Make ar-SY the current culture and Hijri the current calendar.
      Thread.CurrentThread.CurrentCulture = New CultureInfo("ar-SY")
      Dim current As CultureInfo = CultureInfo.CurrentCulture
      current.DateTimeFormat.Calendar = hijri
      Dim dFormat As String = current.DateTimeFormat.ShortDatePattern
      ' Ensure year is displayed as four digits.
      dFormat = Regex.Replace(dFormat, "/yy$", "/yyyy")
      current.DateTimeFormat.ShortDatePattern = dFormat
      Dim date2 As New Date(1431, 9, 9, 16, 32, 0, hijri)
      Console.WriteLine("{0} culture using the {1} calendar: {2:g}", current, _
                        GetCalendarName(hijri), date2) 

      ' Restore previous culture.
      Thread.CurrentThread.CurrentCulture = dftCulture
      Console.WriteLine("{0} culture using the {1} calendar: {2:g}", _
                        CultureInfo.CurrentCulture, _
                        GetCalendarName(CultureInfo.CurrentCulture.Calendar), _
                        date2) 
   End Sub
   
   Private Function GetCalendarName(cal As Calendar) As String
      Return Regex.Match(cal.ToString(), "\.(\w+)Calendar").Groups(1).Value
   End Function
End Module
' The example displays the following output:
'       Using the Persian Calendar:
'       8/18/2010 4:32:00 PM
'       5/27/1389 16:32:00
'       
'       Using the Hijri Calendar:
'       ar-SY culture using the Hijri calendar: 09/09/1431 04:32 م
'       en-US culture using the Gregorian calendar: 8/18/2010 4:32 PM

注釈

Kind プロパティは Unspecified に初期化されます。

に対してyear``month許容される値。およびday依存calendarします。 指定した日時を使用して calendar表現できない場合、例外がスローされます。

重要

和暦の時代 (年号) は天皇の代に基づいているため、変更されることが予想されます。 たとえば、JapaneseCalendarJapaneseLunisolarCalendar において、2019 年 5 月 1 日から令和時代が始まることになりました。 このような時代 (年号) の変更は、これらのカレンダーを使用するすべてのアプリケーションに影響します。 詳細およびアプリケーションが影響を受けるかどうかを判断する方法については、「 .net の日本語カレンダーでの新しい時代 (年号) の処理」を参照してください。 Windows システムでアプリケーションをテストして、時代 (年号) の変化に対応できるようにする方法については、「日本語時代 (年号) の変更に備えてアプリケーションを準備する」を参照してください。 複数の時代 (年号) を含む暦をサポートする .NET の機能について、および複数の時代 (年号) をサポートする予定表を操作する場合のベストプラクティスについては、「時代と作業

名前空間には System.Globalization 、次を含む GregorianCalendar 複数の予定表が用意されています JulianCalendar

こちらもご覧ください

適用対象

DateTime(Int32, Int32, Int32, Int32, Int32, Int32, Int32)

DateTime 構造体の新しいインスタンスを、指定した年、月、日、時、分、秒、およびミリ秒に初期化します。

public:
 DateTime(int year, int month, int day, int hour, int minute, int second, int millisecond);
public DateTime (int year, int month, int day, int hour, int minute, int second, int millisecond);
new DateTime : int * int * int * int * int * int * int -> DateTime
Public Sub New (year As Integer, month As Integer, day As Integer, hour As Integer, minute As Integer, second As Integer, millisecond As Integer)

パラメーター

year
Int32

年 (1 から 9999)。

month
Int32

月 (1 ~ 12)。

day
Int32

日付 (1 ~ month の日数)。

hour
Int32

時間 (0 から 23)。

minute
Int32

分 (0 から 59)。

second
Int32

秒 (0 から 59)。

millisecond
Int32

ミリ秒 (0 から 999)。

例外

year が 1 未満であるか、または 9999 を超えています。

または

month が 1 未満であるか、または 12 を超えています。

または

day が 1 未満であるか、または monthの日数を超えています。

または

hour が 0 未満であるか、または 23 を超えています。

または

minute が 0 未満であるか、または 59 を超えています。

または

second が 0 未満であるか、または 59 を超えています。

または

millisecond が 0 未満であるか、または 999 を超えています。

次の例では、コンストラクターを DateTime(Int32, Int32, Int32, Int32, Int32, Int32, Int32) 使用して値を DateTime インスタンス化します。

DateTime date1 = new DateTime(2010, 8, 18, 16, 32, 18, 500);
Console.WriteLine(date1.ToString("M/dd/yyyy h:mm:ss.fff tt"));
// The example displays the following output, in this case for en-us culture:
//      8/18/2010 4:32:18.500 PM
let date1 = DateTime(2010, 8, 18, 16, 32, 18, 500)

date1.ToString "M/dd/yyyy h:mm:ss.fff tt"
|> printfn "%s"

// The example displays the following output, in this case for en-us culture:
//      8/18/2010 4:32:18.500 PM
Dim date1 As New Date(2010, 8, 18, 16, 32, 18, 500)
Console.WriteLine(date1.ToString("M/dd/yyyy h:mm:ss.fff tt"))
' The example displays the following output:
'      8/18/2010 4:32:18.500 PM

注釈

このコンストラクターは、month``dayグレゴリオ暦の年、月、日として解釈yearします。 別のカレンダーで DateTime 年、月、日を使用して値をインスタンス化するには、コンストラクターを DateTime(Int32, Int32, Int32, Int32, Int32, Int32, Int32, Calendar) 呼び出します。

Kind プロパティは Unspecified に初期化されます。

日付と時刻のデータの移植性やタイム ゾーン認識の程度が限られているアプリケーションでは、対応する DateTimeOffset コンストラクターを使用できます。

こちらもご覧ください

適用対象

DateTime(Int32, Int32, Int32, Int32, Int32, Int32, Int32, DateTimeKind)

DateTime 構造体の新しいインスタンスを、指定した年、月、日、時、分、秒、ミリ秒、および世界協定時刻 (UTC) または現地時刻に初期化します。

public:
 DateTime(int year, int month, int day, int hour, int minute, int second, int millisecond, DateTimeKind kind);
public DateTime (int year, int month, int day, int hour, int minute, int second, int millisecond, DateTimeKind kind);
new DateTime : int * int * int * int * int * int * int * DateTimeKind -> DateTime
Public Sub New (year As Integer, month As Integer, day As Integer, hour As Integer, minute As Integer, second As Integer, millisecond As Integer, kind As DateTimeKind)

パラメーター

year
Int32

年 (1 から 9999)。

month
Int32

月 (1 ~ 12)。

day
Int32

日付 (1 ~ month の日数)。

hour
Int32

時間 (0 から 23)。

minute
Int32

分 (0 から 59)。

second
Int32

秒 (0 から 59)。

millisecond
Int32

ミリ秒 (0 から 999)。

kind
DateTimeKind

yearmonthdayhourminutesecond、および millisecond が、現地時刻、世界協定時刻 (UTC)、またはそのどちらでもない時刻のうち、どれを指定するかを示す列挙値の 1 つ。

例外

year が 1 未満であるか、または 9999 を超えています。

または

month が 1 未満であるか、または 12 を超えています。

または

day が 1 未満であるか、または monthの日数を超えています。

または

hour が 0 未満であるか、または 23 を超えています。

または

minute が 0 未満であるか、または 59 を超えています。

または

second が 0 未満であるか、または 59 を超えています。

または

millisecond が 0 未満であるか、または 999 を超えています。

kindDateTimeKind 値のいずれでもありません。

次の例では、コンストラクターを DateTime(Int32, Int32, Int32, Int32, Int32, Int32, Int32, DateTimeKind) 使用して値を DateTime インスタンス化します。

DateTime date1 = new DateTime(2010, 8, 18, 16, 32, 18, 500,
                              DateTimeKind.Local);
Console.WriteLine("{0:M/dd/yyyy h:mm:ss.fff tt} {1}", date1, date1.Kind);
// The example displays the following output, in this case for en-us culture:
//      8/18/2010 4:32:18.500 PM Local
let date1 = DateTime(2010, 8, 18, 16, 32, 18, 500, DateTimeKind.Local)
printfn $"""{date1.ToString "M/dd/yyyy h:mm:ss.fff tt"} {date1.Kind}"""

// The example displays the following output, in this case for en-us culture:
//      8/18/2010 4:32:18.500 PM Local
Dim date1 As New Date(2010, 8, 18, 16, 32, 18, 500, DateTimeKind.Local)
Console.WriteLine("{0:M/dd/yyyy h:mm:ss.fff tt} {1}", date1, date1.Kind)
' The example displays the following output:
'      8/18/2010 4:32:18.500 PM Local

注釈

このコンストラクターは、month``dayグレゴリオ暦の年、月、日として解釈yearします。 別のカレンダーで DateTime 年、月、日を使用して値をインスタンス化するには、コンストラクターを DateTime(Int32, Int32, Int32, Int32, Int32, Int32, Int32, Calendar, DateTimeKind) 呼び出します。

日付と時刻のデータの移植性やタイム ゾーン認識の程度が限られているアプリケーションでは、対応する DateTimeOffset コンストラクターを使用できます。

適用対象

DateTime(Int32, Int32, Int32, Int32, Int32, Int32, Int32, Calendar)

DateTime 構造体の新しいインスタンスを、指定した暦の指定した年、月、日、時、分、秒、およびミリ秒に初期化します。

public:
 DateTime(int year, int month, int day, int hour, int minute, int second, int millisecond, System::Globalization::Calendar ^ calendar);
public DateTime (int year, int month, int day, int hour, int minute, int second, int millisecond, System.Globalization.Calendar calendar);
new DateTime : int * int * int * int * int * int * int * System.Globalization.Calendar -> DateTime
Public Sub New (year As Integer, month As Integer, day As Integer, hour As Integer, minute As Integer, second As Integer, millisecond As Integer, calendar As Calendar)

パラメーター

year
Int32

年 (1 から calendar の年数)。

month
Int32

月 (1 から calendar の月数)。

day
Int32

日付 (1 ~ month の日数)。

hour
Int32

時間 (0 から 23)。

minute
Int32

分 (0 から 59)。

second
Int32

秒 (0 から 59)。

millisecond
Int32

ミリ秒 (0 から 999)。

calendar
Calendar

yearmonth、および day を解釈するために使用される暦。

例外

calendarnullです。

yearcalendar でサポートされる範囲にありません。

または

month は 1 未満か、calendar の月数を超えています。

または

day が 1 未満であるか、または monthの日数を超えています。

または

hour が 0 未満であるか、または 23 を超えています。

または

minute が 0 未満であるか、または 59 を超えています。

または

second が 0 未満であるか、または 59 を超えています。

または

millisecond が 0 未満であるか、または 999 を超えています。

次の例では、コンストラクターを DateTime(Int32, Int32, Int32, Int32, Int32, Int32, Int32, Calendar) 2 回呼び出して 2 つの DateTime 値をインスタンス化します。 最初の呼び出しでは、オブジェクトを DateTime 使用して値が PersianCalendar インスタンス化されます。 ペルシャ暦はカルチャの既定のカレンダーとして指定できないため、ペルシャ暦に日付を表示するには、その PersianCalendar.GetMonthカレンダー、 PersianCalendar.GetDayOfMonthおよび PersianCalendar.GetYear メソッドを個別に呼び出す必要があります。 コンストラクターの 2 番目の呼び出しでは、オブジェクトを DateTime 使用して値を HijriCalendar インスタンス化します。 この例では、現在のカルチャをアラビア語 (シリア) に変更し、現在のカルチャの既定のカレンダーをイスラム暦に変更します。 Hijri は現在のカルチャの既定のカレンダーであるため、 Console.WriteLine メソッドはそれを使用して日付の書式設定を行います。 以前の現在のカルチャ (この場合は英語 (米国) が復元されると、Console.WriteLineメソッドは現在のカルチャの既定のグレゴリオ暦を使用して日付の書式を設定します。

using System;
using System.Globalization;
using System.Text.RegularExpressions;
using System.Threading;

public class Example
{
   public static void Main()
   {
      Console.WriteLine("Using the Persian Calendar:");
      PersianCalendar persian = new PersianCalendar();
      DateTime date1 = new DateTime(1389, 5, 27, 16, 32, 18, 500, persian);
      Console.WriteLine(date1.ToString("M/dd/yyyy h:mm:ss.fff tt"));
      Console.WriteLine("{0}/{1}/{2} {3}{7}{4:D2}{7}{5:D2}.{6:G3}\n",
                                       persian.GetMonth(date1),
                                       persian.GetDayOfMonth(date1),
                                       persian.GetYear(date1),
                                       persian.GetHour(date1),
                                       persian.GetMinute(date1),
                                       persian.GetSecond(date1),
                                       persian.GetMilliseconds(date1),
                                       DateTimeFormatInfo.CurrentInfo.TimeSeparator);

      Console.WriteLine("Using the Hijri Calendar:");
      // Get current culture so it can later be restored.
      CultureInfo dftCulture = Thread.CurrentThread.CurrentCulture;

      // Define strings for use in composite formatting.
      string dFormat;
      string fmtString;
      // Define Hijri calendar.
      HijriCalendar hijri = new HijriCalendar();
      // Make ar-SY the current culture and Hijri the current calendar.
      Thread.CurrentThread.CurrentCulture = new CultureInfo("ar-SY");
      CultureInfo current = CultureInfo.CurrentCulture;
      current.DateTimeFormat.Calendar = hijri;
      dFormat = current.DateTimeFormat.ShortDatePattern;
      // Ensure year is displayed as four digits.
      dFormat = Regex.Replace(dFormat, "/yy$", "/yyyy") + " H:mm:ss.fff";
      fmtString = "{0} culture using the {1} calendar: {2:" + dFormat + "}";
      DateTime date2 = new DateTime(1431, 9, 9, 16, 32, 18, 500, hijri);
      Console.WriteLine(fmtString, current, GetCalendarName(hijri), date2);

      // Restore previous culture.
      Thread.CurrentThread.CurrentCulture = dftCulture;
      dFormat = DateTimeFormatInfo.CurrentInfo.ShortDatePattern +" H:mm:ss.fff";
      fmtString = "{0} culture using the {1} calendar: {2:" + dFormat + "}";
      Console.WriteLine(fmtString,
                        CultureInfo.CurrentCulture,
                        GetCalendarName(CultureInfo.CurrentCulture.Calendar),
                        date2);
   }

   private static string GetCalendarName(Calendar cal)
   {
      return Regex.Match(cal.ToString(), "\\.(\\w+)Calendar").Groups[1].Value;
   }
}
// The example displays the following output:
//       8/18/2010 4:32:18.500 PM
//       5/27/1389 16:32:18.500
//
//       Using the Hijri Calendar:
//       ar-SY culture using the Hijri calendar: 09/09/1431 16:32:18.500
//       en-US culture using the Gregorian calendar: 8/18/2010 16:32:18.500
open System
open System.Globalization
open System.Text.RegularExpressions
open System.Threading

let getCalendarName (cal: Calendar) =
      Regex.Match(string cal, "\\.(\\w+)Calendar").Groups[1].Value

printfn "Using the Persian Calendar:"
let persian = PersianCalendar()
let date1 = DateTime(1389, 5, 27, 16, 32, 18, 500, persian)
printfn $"""{date1.ToString("M/dd/yyyy h:mm:ss.fff tt")}"""
let sep = DateTimeFormatInfo.CurrentInfo.TimeSeparator
printfn $"{persian.GetMonth date1}/{persian.GetDayOfMonth date1}/{persian.GetYear date1} {persian.GetHour date1}{sep}%02i{persian.GetMinute date1}{sep}%02i{persian.GetSecond date1}.%.3f{persian.GetMilliseconds date1}\n"

printfn "Using the Hijri Calendar:"
// Get current culture so it can later be restored.
let dftCulture = Thread.CurrentThread.CurrentCulture

// Define Hijri calendar.
let hijri = HijriCalendar()
// Make ar-SY the current culture and Hijri the current calendar.
Thread.CurrentThread.CurrentCulture <- CultureInfo "ar-SY"
let current = CultureInfo.CurrentCulture
current.DateTimeFormat.Calendar <- hijri

let dFormat = 
    let dFormat = current.DateTimeFormat.ShortDatePattern
    // Ensure year is displayed as four digits.
    Regex.Replace(dFormat, "/yy$", "/yyyy") + " H:mm:ss.fff"

let fmtString = "{0} culture using the {1} calendar: {2:" + dFormat + "}"
let date2 = DateTime(1431, 9, 9, 16, 32, 18, 500, hijri)
Console.WriteLine(fmtString, current, getCalendarName hijri, date2)

// Restore previous culture.
Thread.CurrentThread.CurrentCulture <- dftCulture
let dFormat2 = DateTimeFormatInfo.CurrentInfo.ShortDatePattern + " H:mm:ss.fff"
let fmtString2 = "{0} culture using the {1} calendar: {2:" + dFormat + "}"
Console.WriteLine(fmtString2, CultureInfo.CurrentCulture, getCalendarName CultureInfo.CurrentCulture.Calendar, date2)


// The example displays the following output:
//       8/18/2010 4:32:18.500 PM
//       5/27/1389 16:32:18.500
//
//       Using the Hijri Calendar:
//       ar-SY culture using the Hijri calendar: 09/09/1431 16:32:18.500
//       en-US culture using the Gregorian calendar: 8/18/2010 16:32:18.500
Imports System.Globalization
Imports System.Text.RegularExpressions
Imports System.Threading

Module Example
   Public Sub Main()
      Console.WriteLine("Using the Persian Calendar:")
      Dim persian As New PersianCalendar()
      Dim date1 As New Date(1389, 5, 27, 16, 32, 18, 500, persian)
      Console.WriteLine(date1.ToString("M/dd/yyyy h:mm:ss.fff tt"))
      Console.WriteLine("{0}/{1}/{2} {3}{7}{4:D2}{7}{5:D2}.{6:G3}", _
                                       persian.GetMonth(date1), _
                                       persian.GetDayOfMonth(date1), _
                                       persian.GetYear(date1), _
                                       persian.GetHour(date1), _
                                       persian.GetMinute(date1), _
                                       persian.GetSecond(date1), _
                                       persian.GetMilliseconds(date1), _
                                       DateTimeFormatInfo.CurrentInfo.TimeSeparator)
      Console.WriteLine()
      
      Console.WriteLine("Using the Hijri Calendar:")
      ' Get current culture so it can later be restored.
      Dim dftCulture As CultureInfo = Thread.CurrentThread.CurrentCulture
      
      ' Define strings for use in composite formatting.
      Dim dFormat As String 
      Dim fmtString As String 
      ' Define Hijri calendar.
      Dim hijri As New HijriCalendar()
      ' Make ar-SY the current culture and Hijri the current calendar.
      Thread.CurrentThread.CurrentCulture = New CultureInfo("ar-SY")
      Dim current As CultureInfo = CultureInfo.CurrentCulture
      current.DateTimeFormat.Calendar = hijri
      dFormat = current.DateTimeFormat.ShortDatePattern
      ' Ensure year is displayed as four digits.
      dFormat = Regex.Replace(dFormat, "/yy$", "/yyyy") + " H:mm:ss.fff"
      fmtString = "{0} culture using the {1} calendar: {2:" + dFormat + "}"
      Dim date2 As New Date(1431, 9, 9, 16, 32, 18, 500, hijri)
      Console.WriteLine(fmtString, current, GetCalendarName(hijri), date2) 

      ' Restore previous culture.
      Thread.CurrentThread.CurrentCulture = dftCulture
      dFormat = DateTimeFormatInfo.CurrentInfo.ShortDatePattern +" H:mm:ss.fff"
      fmtString = "{0} culture using the {1} calendar: {2:" + dFormat + "}"
      Console.WriteLine(fmtString, CultureInfo.CurrentCulture, _
                        GetCalendarName(CultureInfo.CurrentCulture.Calendar), _
                        date2) 
   End Sub
   
   Private Function GetCalendarName(cal As Calendar) As String
      Return Regex.Match(cal.ToString(), "\.(\w+)Calendar").Groups(1).Value
   End Function
End Module
' The example displays the following output:
'       Using the Persian Calendar:
'       8/18/2010 4:32:18.500 PM
'       5/27/1389 16:32:18.500
'       
'       Using the Hijri Calendar:
'       ar-SY culture using the Hijri calendar: 09/09/1431 16:32:18.500
'       en-US culture using the Gregorian calendar: 8/18/2010 16:32:18.500

注釈

Kind プロパティは Unspecified に初期化されます。

に対してyear``month許容される値。およびday依存しますcalendar。 指定した日付と時刻を使用して calendar表現できない場合、例外がスローされます。

日付と時刻データの移植性が重要なアプリケーションや、限られた程度のタイム ゾーン認識が重要なアプリケーションでは、対応する DateTimeOffset コンストラクターを使用できます。

重要

和暦の時代 (年号) は天皇の代に基づいているため、変更されることが予想されます。 たとえば、JapaneseCalendarJapaneseLunisolarCalendar において、2019 年 5 月 1 日から令和時代が始まることになりました。 このような時代 (年号) の変更は、これらのカレンダーを使用するすべてのアプリケーションに影響します。 詳細およびアプリケーションが影響を受けるかどうかを判断する方法については、「 .net の日本語カレンダーでの新しい時代 (年号) の処理」を参照してください。 Windows システムでアプリケーションをテストして、時代 (年号) の変化に対応できるようにする方法については、「日本語時代 (年号) の変更に備えてアプリケーションを準備する」を参照してください。 複数の時代 (年号) を含む暦をサポートする .NET の機能について、および複数の時代 (年号) をサポートする予定表を操作する場合のベストプラクティスについては、「時代と作業

名前空間には System.Globalization 、次を含む GregorianCalendar いくつかのカレンダーが用意されています JulianCalendar

こちらもご覧ください

適用対象

DateTime(Int32, Int32, Int32, Int32, Int32, Int32, Int32, Int32)

DateTime 構造体の新しいインスタンスを、指定した暦の指定した年、月、日、時、分、秒、ミリ秒、および世界協定時刻 (UTC) または現地時刻に初期化します。

public:
 DateTime(int year, int month, int day, int hour, int minute, int second, int millisecond, int microsecond);
public DateTime (int year, int month, int day, int hour, int minute, int second, int millisecond, int microsecond);
new DateTime : int * int * int * int * int * int * int * int -> DateTime
Public Sub New (year As Integer, month As Integer, day As Integer, hour As Integer, minute As Integer, second As Integer, millisecond As Integer, microsecond As Integer)

パラメーター

year
Int32

年 (1 から 9999)。

month
Int32

月 (1 ~ 12)。

day
Int32

日付 (1 ~ month の日数)。

hour
Int32

時間 (0 から 23)。

minute
Int32

分 (0 から 59)。

second
Int32

秒 (0 から 59)。

millisecond
Int32

ミリ秒 (0 から 999)。

microsecond
Int32

マイクロ秒 (0 ~ 999)。

例外

year が 1 未満であるか、または 9999 を超えています。

または

month が 1 未満であるか、または 12 を超えています。

または

day が 1 未満であるか、または monthの日数を超えています。

または

hour が 0 未満であるか、または 23 を超えています。

または

minute が 0 未満であるか、または 59 を超えています。

または

second が 0 未満であるか、または 59 を超えています。

または

millisecond が 0 未満であるか、または 999 を超えています。

  • または -

microsecond が 0 未満であるか、または 999 を超えています。

注釈

このコンストラクターは、グレゴリオ暦の年、月、日として解釈year``month``dayされます。 別のカレンダーで DateTime 年、月、日を使用して値をインスタンス化するには、コンストラクターを DateTime(Int32, Int32, Int32, Int32, Int32, Int32, Int32, Int32, Calendar) 呼び出します。

Kind プロパティは Unspecified に初期化されます。

日付と時刻データの移植性が重要なアプリケーションや、限られた程度のタイム ゾーン認識が重要なアプリケーションでは、対応する DateTimeOffset コンストラクターを使用できます。

適用対象

DateTime(Int32, Int32, Int32, Int32, Int32, Int32, Int32, Calendar, DateTimeKind)

DateTime 構造体の新しいインスタンスを、指定した暦の指定した年、月、日、時、分、秒、ミリ秒、および世界協定時刻 (UTC) または現地時刻に初期化します。

public:
 DateTime(int year, int month, int day, int hour, int minute, int second, int millisecond, System::Globalization::Calendar ^ calendar, DateTimeKind kind);
public DateTime (int year, int month, int day, int hour, int minute, int second, int millisecond, System.Globalization.Calendar calendar, DateTimeKind kind);
new DateTime : int * int * int * int * int * int * int * System.Globalization.Calendar * DateTimeKind -> DateTime
Public Sub New (year As Integer, month As Integer, day As Integer, hour As Integer, minute As Integer, second As Integer, millisecond As Integer, calendar As Calendar, kind As DateTimeKind)

パラメーター

year
Int32

年 (1 から calendar の年数)。

month
Int32

月 (1 から calendar の月数)。

day
Int32

日付 (1 ~ month の日数)。

hour
Int32

時間 (0 から 23)。

minute
Int32

分 (0 から 59)。

second
Int32

秒 (0 から 59)。

millisecond
Int32

ミリ秒 (0 から 999)。

calendar
Calendar

yearmonth、および day を解釈するために使用される暦。

kind
DateTimeKind

yearmonthdayhourminutesecond、および millisecond が、現地時刻、世界協定時刻 (UTC)、またはそのどちらでもない時刻のうち、どれを指定するかを示す列挙値の 1 つ。

例外

calendarnullです。

yearcalendar でサポートされる範囲にありません。

または

month は 1 未満か、calendar の月数を超えています。

または

day が 1 未満であるか、または monthの日数を超えています。

または

hour が 0 未満であるか、または 23 を超えています。

または

minute が 0 未満であるか、または 59 を超えています。

または

second が 0 未満であるか、または 59 を超えています。

または

millisecond が 0 未満であるか、または 999 を超えています。

kindDateTimeKind 値のいずれでもありません。

次の例では、コンストラクターを DateTime(Int32, Int32, Int32, Int32, Int32, Int32, Int32, Calendar, DateTimeKind) 2 回呼び出して 2 つの DateTime 値をインスタンス化します。 最初の呼び出しでは、オブジェクトを DateTime 使用して値が PersianCalendar インスタンス化されます。 ペルシャ暦はカルチャの既定のカレンダーとして指定できないため、ペルシャ暦に日付を表示するには、その PersianCalendar.GetMonthカレンダー、 PersianCalendar.GetDayOfMonthおよび PersianCalendar.GetYear メソッドを個別に呼び出す必要があります。 コンストラクターの 2 番目の呼び出しでは、オブジェクトを DateTime 使用して値を HijriCalendar インスタンス化します。 この例では、現在のカルチャをアラビア語 (シリア) に変更し、現在のカルチャの既定のカレンダーをイスラム暦に変更します。 Hijri は現在のカルチャの既定のカレンダーであるため、 Console.WriteLine メソッドはそれを使用して日付の書式設定を行います。 以前の現在のカルチャ (この場合は英語 (米国) が復元されると、Console.WriteLineメソッドは現在のカルチャの既定のグレゴリオ暦を使用して日付の書式を設定します。

using System;
using System.Globalization;
using System.Text.RegularExpressions;
using System.Threading;

public class Example
{
   public static void Main()
   {
      Console.WriteLine("Using the Persian Calendar:");
      PersianCalendar persian = new PersianCalendar();
      DateTime date1 = new DateTime(1389, 5, 27, 16, 32, 18, 500,
                                    persian, DateTimeKind.Local);
      Console.WriteLine("{0:M/dd/yyyy h:mm:ss.fff tt} {1}", date1, date1.Kind);
      Console.WriteLine("{0}/{1}/{2} {3}{8}{4:D2}{8}{5:D2}.{6:G3} {7}\n",
                                       persian.GetMonth(date1),
                                       persian.GetDayOfMonth(date1),
                                       persian.GetYear(date1),
                                       persian.GetHour(date1),
                                       persian.GetMinute(date1),
                                       persian.GetSecond(date1),
                                       persian.GetMilliseconds(date1),
                                       date1.Kind,
                                       DateTimeFormatInfo.CurrentInfo.TimeSeparator);

      Console.WriteLine("Using the Hijri Calendar:");
      // Get current culture so it can later be restored.
      CultureInfo dftCulture = Thread.CurrentThread.CurrentCulture;

      // Define strings for use in composite formatting.
      string dFormat;
      string fmtString;
      // Define Hijri calendar.
      HijriCalendar hijri = new HijriCalendar();
      // Make ar-SY the current culture and Hijri the current calendar.
      Thread.CurrentThread.CurrentCulture = new CultureInfo("ar-SY");
      CultureInfo current = CultureInfo.CurrentCulture;
      current.DateTimeFormat.Calendar = hijri;
      dFormat = current.DateTimeFormat.ShortDatePattern;
      // Ensure year is displayed as four digits.
      dFormat = Regex.Replace(dFormat, "/yy$", "/yyyy") + " H:mm:ss.fff";
      fmtString = "{0} culture using the {1} calendar: {2:" + dFormat + "} {3}";
      DateTime date2 = new DateTime(1431, 9, 9, 16, 32, 18, 500,
                                    hijri, DateTimeKind.Local);
      Console.WriteLine(fmtString, current, GetCalendarName(hijri),
                        date2, date2.Kind);

      // Restore previous culture.
      Thread.CurrentThread.CurrentCulture = dftCulture;
      dFormat = DateTimeFormatInfo.CurrentInfo.ShortDatePattern +" H:mm:ss.fff";
      fmtString = "{0} culture using the {1} calendar: {2:" + dFormat + "} {3}";
      Console.WriteLine(fmtString,
                        CultureInfo.CurrentCulture,
                        GetCalendarName(CultureInfo.CurrentCulture.Calendar),
                        date2, date2.Kind);
   }

   private static string GetCalendarName(Calendar cal)
   {
      return Regex.Match(cal.ToString(), "\\.(\\w+)Calendar").Groups[1].Value;
   }
}
// The example displays the following output:
//    Using the Persian Calendar:
//    8/18/2010 4:32:18.500 PM Local
//    5/27/1389 16:32:18.500 Local
//
//    Using the Hijri Calendar:
//    ar-SY culture using the Hijri calendar: 09/09/1431 16:32:18.500 Local
//    en-US culture using the Gregorian calendar: 8/18/2010 16:32:18.500 Local
open System
open System.Globalization
open System.Text.RegularExpressions
open System.Threading

let getCalendarName (cal: Calendar) =
      Regex.Match(string cal, "\\.(\\w+)Calendar").Groups[1].Value

printfn "Using the Persian Calendar:"
let persian = PersianCalendar()
let date1 = DateTime(1389, 5, 27, 16, 32, 18, 500, persian, DateTimeKind.Local)
printfn $"""{date1.ToString "M/dd/yyyy h:mm:ss.fff tt"} {date1.Kind}"""
let sep = DateTimeFormatInfo.CurrentInfo.TimeSeparator
printfn $"{persian.GetMonth date1}/{persian.GetDayOfMonth date1}/{persian.GetYear date1} {persian.GetHour date1}{sep}{persian.GetMinute date1:D2}{sep}{persian.GetSecond date1:D2}.{persian.GetMilliseconds date1:G3} {date1.Kind}\n"

printfn "Using the Hijri Calendar:"
// Get current culture so it can later be restored.
let dftCulture = Thread.CurrentThread.CurrentCulture

// Define Hijri calendar.
let hijri = HijriCalendar()
// Make ar-SY the current culture and Hijri the current calendar.
Thread.CurrentThread.CurrentCulture <- CultureInfo "ar-SY"
let current = CultureInfo.CurrentCulture
current.DateTimeFormat.Calendar <- hijri

let dFormat = 
    let dFormat = current.DateTimeFormat.ShortDatePattern
    // Ensure year is displayed as four digits.
    Regex.Replace(dFormat, "/yy$", "/yyyy") + " H:mm:ss.fff"

let fmtString = "{0} culture using the {1} calendar: {2:" + dFormat + "} {3}"
let date2 = DateTime(1431, 9, 9, 16, 32, 18, 500, hijri, DateTimeKind.Local)
Console.WriteLine(fmtString, current, getCalendarName hijri, date2, date2.Kind)

// Restore previous culture.
Thread.CurrentThread.CurrentCulture <- dftCulture
let dFormat2 = DateTimeFormatInfo.CurrentInfo.ShortDatePattern + " H:mm:ss.fff"
let fmtString2 = "{0} culture using the {1} calendar: {2:" + dFormat2 + "} {3}"
Console.WriteLine(fmtString2, CultureInfo.CurrentCulture, getCalendarName CultureInfo.CurrentCulture.Calendar, date2, date2.Kind)


// The example displays the following output:
//    Using the Persian Calendar:
//    8/18/2010 4:32:18.500 PM Local
//    5/27/1389 16:32:18.500 Local
//
//    Using the Hijri Calendar:
//    ar-SY culture using the Hijri calendar: 09/09/1431 16:32:18.500 Local
//    en-US culture using the Gregorian calendar: 8/18/2010 16:32:18.500 Local
Imports System.Globalization
Imports System.Text.RegularExpressions
Imports System.Threading

Module Example
   Public Sub Main()
      Console.WriteLine("Using the Persian Calendar:")
      Dim persian As New PersianCalendar()
      Dim date1 As New Date(1389, 5, 27, 16, 32, 18, 500, _
                            persian, DateTimeKind.Local)
      Console.WriteLine("{0:M/dd/yyyy h:mm:ss.fff tt} {1}", date1, date1.Kind)
      Console.WriteLine("{0}/{1}/{2} {3}{8}{4:D2}{8}{5:D2}.{6:G3} {7}", _
                                       persian.GetMonth(date1), _
                                       persian.GetDayOfMonth(date1), _
                                       persian.GetYear(date1), _
                                       persian.GetHour(date1), _
                                       persian.GetMinute(date1), _
                                       persian.GetSecond(date1), _
                                       persian.GetMilliseconds(date1), _
                                       date1.Kind, _
                                       DateTimeFormatInfo.CurrentInfo.TimeSeparator)
      Console.WriteLine()
      
      Console.WriteLine("Using the Hijri Calendar:")
      ' Get current culture so it can later be restored.
      Dim dftCulture As CultureInfo = Thread.CurrentThread.CurrentCulture
      
      ' Define strings for use in composite formatting.
      Dim dFormat As String 
      Dim fmtString As String 
      ' Define Hijri calendar.
      Dim hijri As New HijriCalendar()
      ' Make ar-SY the current culture and Hijri the current calendar.
      Thread.CurrentThread.CurrentCulture = New CultureInfo("ar-SY")
      Dim current As CultureInfo = CultureInfo.CurrentCulture
      current.DateTimeFormat.Calendar = hijri
      dFormat = current.DateTimeFormat.ShortDatePattern
      ' Ensure year is displayed as four digits.
      dFormat = Regex.Replace(dFormat, "/yy$", "/yyyy") + " H:mm:ss.fff"
      fmtString = "{0} culture using the {1} calendar: {2:" + dFormat + "} {3}"
      Dim date2 As New Date(1431, 9, 9, 16, 32, 18, 500, _
                            hijri, DateTimeKind.Local)
      Console.WriteLine(fmtString, current, GetCalendarName(hijri), _
                        date2, date2.Kind) 

      ' Restore previous culture.
      Thread.CurrentThread.CurrentCulture = dftCulture
      dFormat = DateTimeFormatInfo.CurrentInfo.ShortDatePattern +" H:mm:ss.fff"
      fmtString = "{0} culture using the {1} calendar: {2:" + dFormat + "} {3}"
      Console.WriteLine(fmtString, CultureInfo.CurrentCulture, _
                        GetCalendarName(CultureInfo.CurrentCulture.Calendar), _
                        date2, date2.Kind) 
   End Sub
   
   Private Function GetCalendarName(cal As Calendar) As String
      Return Regex.Match(cal.ToString(), "\.(\w+)Calendar").Groups(1).Value
   End Function
End Module
' The example displays the following output:
'       Using the Persian Calendar:
'       8/18/2010 4:32:18.500 PM
'       5/27/1389 16:32:18.500
'       
'       Using the Hijri Calendar:
'       ar-SY culture using the Hijri calendar: 09/09/1431 16:32:18.500
'       en-US culture using the Gregorian calendar: 8/18/2010 16:32:18.500

注釈

、およびdayパラメーターにyear``month使用できる値は、パラメーターによってcalendar異なります。 指定した日付と時刻を使用して calendar表現できない場合、例外がスローされます。

日付と時刻データの移植性が重要なアプリケーションや、限られた程度のタイム ゾーン認識が重要なアプリケーションでは、対応する DateTimeOffset コンストラクターを使用できます。

重要

和暦の時代 (年号) は天皇の代に基づいているため、変更されることが予想されます。 たとえば、JapaneseCalendarJapaneseLunisolarCalendar において、2019 年 5 月 1 日から令和時代が始まることになりました。 このような時代 (年号) の変更は、これらのカレンダーを使用するすべてのアプリケーションに影響します。 詳細およびアプリケーションが影響を受けるかどうかを判断する方法については、「 .net の日本語カレンダーでの新しい時代 (年号) の処理」を参照してください。 Windows システムでアプリケーションをテストして、時代 (年号) の変化に対応できるようにする方法については、「日本語時代 (年号) の変更に備えてアプリケーションを準備する」を参照してください。 複数の時代 (年号) を含む暦をサポートする .NET の機能について、および複数の時代 (年号) をサポートする予定表を操作する場合のベストプラクティスについては、「時代と作業

名前空間には System.Globalization 、次を含む GregorianCalendar いくつかのカレンダーが用意されています JulianCalendar

適用対象

DateTime(Int32, Int32, Int32, Int32, Int32, Int32, Int32, Int32, DateTimeKind)

DateTime 構造体の新しいインスタンスを、指定した暦の指定した年、月、日、時、分、秒、ミリ秒、および世界協定時刻 (UTC) または現地時刻に初期化します。

public:
 DateTime(int year, int month, int day, int hour, int minute, int second, int millisecond, int microsecond, DateTimeKind kind);
public DateTime (int year, int month, int day, int hour, int minute, int second, int millisecond, int microsecond, DateTimeKind kind);
new DateTime : int * int * int * int * int * int * int * int * DateTimeKind -> DateTime
Public Sub New (year As Integer, month As Integer, day As Integer, hour As Integer, minute As Integer, second As Integer, millisecond As Integer, microsecond As Integer, kind As DateTimeKind)

パラメーター

year
Int32

年 (1 から 9999)。

month
Int32

月 (1 ~ 12)。

day
Int32

日付 (1 ~ month の日数)。

hour
Int32

時間 (0 から 23)。

minute
Int32

分 (0 から 59)。

second
Int32

秒 (0 から 59)。

millisecond
Int32

ミリ秒 (0 から 999)。

microsecond
Int32

マイクロ秒 (0 ~ 999)。

kind
DateTimeKind

yearmonthdayhourminutesecond、および millisecond が、現地時刻、世界協定時刻 (UTC)、またはそのどちらでもない時刻のうち、どれを指定するかを示す列挙値の 1 つ。

例外

year が 1 未満であるか、または 9999 を超えています。

または

month が 1 未満であるか、または 12 を超えています。

または

day が 1 未満であるか、または monthの日数を超えています。

または

hour が 0 未満であるか、または 23 を超えています。

または

minute が 0 未満であるか、または 59 を超えています。

または

second が 0 未満であるか、または 59 を超えています。

または

millisecond が 0 未満であるか、または 999 を超えています。

  • または -

microsecond が 0 未満であるか、または 999 を超えています。

kindDateTimeKind 値のいずれでもありません。

注釈

このコンストラクターは、グレゴリオ暦の年、月、日として解釈year``month``dayされます。 別のカレンダーで DateTime 年、月、日を使用して値をインスタンス化するには、コンストラクターを DateTime(Int32, Int32, Int32, Int32, Int32, Int32, Int32, Int32, Calendar, DateTimeKind) 呼び出します。

日付と時刻データの移植性が重要なアプリケーションや、限られた程度のタイム ゾーン認識が重要なアプリケーションでは、対応する DateTimeOffset コンストラクターを使用できます。

適用対象

DateTime(Int32, Int32, Int32, Int32, Int32, Int32, Int32, Int32, Calendar)

DateTime 構造体の新しいインスタンスを、指定した暦の指定した年、月、日、時、分、秒、ミリ秒、および世界協定時刻 (UTC) または現地時刻に初期化します。

public:
 DateTime(int year, int month, int day, int hour, int minute, int second, int millisecond, int microsecond, System::Globalization::Calendar ^ calendar);
public DateTime (int year, int month, int day, int hour, int minute, int second, int millisecond, int microsecond, System.Globalization.Calendar calendar);
new DateTime : int * int * int * int * int * int * int * int * System.Globalization.Calendar -> DateTime
Public Sub New (year As Integer, month As Integer, day As Integer, hour As Integer, minute As Integer, second As Integer, millisecond As Integer, microsecond As Integer, calendar As Calendar)

パラメーター

year
Int32

年 (1 から calendar の年数)。

month
Int32

月 (1 から calendar の月数)。

day
Int32

日付 (1 ~ month の日数)。

hour
Int32

時間 (0 から 23)。

minute
Int32

分 (0 から 59)。

second
Int32

秒 (0 から 59)。

millisecond
Int32

ミリ秒 (0 から 999)。

microsecond
Int32

マイクロ秒 (0 ~ 999)。

calendar
Calendar

yearmonth、および day を解釈するために使用される暦。

例外

calendarnull です

yearcalendar でサポートされる範囲にありません。

または

month は 1 未満か、calendar の月数を超えています。

または

day が 1 未満であるか、または monthの日数を超えています。

または

hour が 0 未満であるか、または 23 を超えています。

または

minute が 0 未満であるか、または 59 を超えています。

または

second が 0 未満であるか、または 59 を超えています。

または

millisecond が 0 未満であるか、または 999 を超えています。

  • または -

microsecond が 0 未満であるか、または 999 を超えています。

注釈

、およびdayパラメーターにyear``month使用できる値は、パラメーターによってcalendar異なります。 指定した日付と時刻を使用して calendar表現できない場合、例外がスローされます。

日付と時刻データの移植性が重要なアプリケーションや、限られた程度のタイム ゾーン認識が重要なアプリケーションでは、対応する DateTimeOffset コンストラクターを使用できます。

適用対象

DateTime(Int32, Int32, Int32, Int32, Int32, Int32, Int32, Int32, Calendar, DateTimeKind)

DateTime 構造体の新しいインスタンスを、指定した暦の指定した年、月、日、時、分、秒、ミリ秒、および世界協定時刻 (UTC) または現地時刻に初期化します。

public:
 DateTime(int year, int month, int day, int hour, int minute, int second, int millisecond, int microsecond, System::Globalization::Calendar ^ calendar, DateTimeKind kind);
public DateTime (int year, int month, int day, int hour, int minute, int second, int millisecond, int microsecond, System.Globalization.Calendar calendar, DateTimeKind kind);
new DateTime : int * int * int * int * int * int * int * int * System.Globalization.Calendar * DateTimeKind -> DateTime
Public Sub New (year As Integer, month As Integer, day As Integer, hour As Integer, minute As Integer, second As Integer, millisecond As Integer, microsecond As Integer, calendar As Calendar, kind As DateTimeKind)

パラメーター

year
Int32

年 (1 から calendar の年数)。

month
Int32

月 (1 から calendar の月数)。

day
Int32

日付 (1 ~ month の日数)。

hour
Int32

時間 (0 から 23)。

minute
Int32

分 (0 から 59)。

second
Int32

秒 (0 から 59)。

millisecond
Int32

ミリ秒 (0 から 999)。

microsecond
Int32

マイクロ秒 (0 ~ 999)。

calendar
Calendar

yearmonth、および day を解釈するために使用される暦。

kind
DateTimeKind

yearmonthdayhourminutesecond、および millisecond が、現地時刻、世界協定時刻 (UTC)、またはそのどちらでもない時刻のうち、どれを指定するかを示す列挙値の 1 つ。

例外

calendarnull です

yearcalendar でサポートされる範囲にありません。

または

month は 1 未満か、calendar の月数を超えています。

または

day が 1 未満であるか、または monthの日数を超えています。

または

hour が 0 未満であるか、または 23 を超えています。

または

minute が 0 未満であるか、または 59 を超えています。

または

second が 0 未満であるか、または 59 を超えています。

または

millisecond が 0 未満であるか、または 999 を超えています。

  • または -

microsecond が 0 未満であるか、または 999 を超えています。

kindDateTimeKind 値のいずれでもありません。

注釈

、およびdayパラメーターにyear``month使用できる値は、パラメーターによってcalendar異なります。 指定した日付と時刻を使用して calendar表現できない場合、例外がスローされます。

日付と時刻データの移植性が重要なアプリケーションや、限られた程度のタイム ゾーン認識が重要なアプリケーションでは、対応する DateTimeOffset コンストラクターを使用できます。

適用対象