PerformanceCounter PerformanceCounter PerformanceCounter PerformanceCounter Constructors

定義

オーバーロード

PerformanceCounter() PerformanceCounter() PerformanceCounter()

システム パフォーマンス カウンターにもカスタム パフォーマンス カウンターにも関連付けずに、PerformanceCounter クラスの新しい読み取り専用インスタンスを初期化します。Initializes a new, read-only instance of the PerformanceCounter class, without associating the instance with any system or custom performance counter.

PerformanceCounter(String, String) PerformanceCounter(String, String) PerformanceCounter(String, String) PerformanceCounter(String, String)

PerformanceCounter クラスの新しい読み取り専用インスタンスを初期化し、ローカル コンピューターの指定したシステム パフォーマンス カウンターまたはカスタム パフォーマンス カウンターに関連付けます。Initializes a new, read-only instance of the PerformanceCounter class and associates it with the specified system or custom performance counter on the local computer. このコンストラクターを使用するには、カテゴリに含まれるインスタンスが 1 つだけである必要があります。This constructor requires that the category have a single instance.

PerformanceCounter(String, String, Boolean) PerformanceCounter(String, String, Boolean) PerformanceCounter(String, String, Boolean) PerformanceCounter(String, String, Boolean)

PerformanceCounter クラスの新しい読み取り専用インスタンスまたは読み取り/書き込み可能インスタンスを初期化し、ローカル コンピューターの指定したシステム パフォーマンス カウンターまたはカスタム パフォーマンス カウンターに関連付けます。Initializes a new, read-only or read/write instance of the PerformanceCounter class and associates it with the specified system or custom performance counter on the local computer. このコンストラクターを使用するには、カテゴリに含まれるインスタンスが 1 つだけである必要があります。This constructor requires that the category contain a single instance.

PerformanceCounter(String, String, String) PerformanceCounter(String, String, String) PerformanceCounter(String, String, String) PerformanceCounter(String, String, String)

PerformanceCounter クラスの新しい読み取り専用インスタンスを初期化し、ローカル コンピューターの指定したシステム パフォーマンス カウンターまたはカスタム パフォーマンス カウンター、およびカテゴリ インスタンスに関連付けます。Initializes a new, read-only instance of the PerformanceCounter class and associates it with the specified system or custom performance counter and category instance on the local computer.

PerformanceCounter(String, String, String, Boolean) PerformanceCounter(String, String, String, Boolean) PerformanceCounter(String, String, String, Boolean) PerformanceCounter(String, String, String, Boolean)

PerformanceCounter クラスの新しい読み取り専用インスタンスまたは読み書き可能なインスタンスを初期化し、ローカル コンピューターの指定したシステム パフォーマンス カウンターまたはカスタム パフォーマンス カウンター、およびカテゴリ インスタンスに関連付けます。Initializes a new, read-only or read/write instance of the PerformanceCounter class and associates it with the specified system or custom performance counter and category instance on the local computer.

PerformanceCounter(String, String, String, String) PerformanceCounter(String, String, String, String) PerformanceCounter(String, String, String, String) PerformanceCounter(String, String, String, String)

PerformanceCounter クラスの新しい読み取り専用インスタンスを初期化し、指定したコンピューターの指定したシステム パフォーマンス カウンターまたはカスタム パフォーマンス カウンター、およびカテゴリ インスタンスに関連付けます。Initializes a new, read-only instance of the PerformanceCounter class and associates it with the specified system or custom performance counter and category instance, on the specified computer.

PerformanceCounter() PerformanceCounter() PerformanceCounter()

システム パフォーマンス カウンターにもカスタム パフォーマンス カウンターにも関連付けずに、PerformanceCounter クラスの新しい読み取り専用インスタンスを初期化します。Initializes a new, read-only instance of the PerformanceCounter class, without associating the instance with any system or custom performance counter.

public:
 PerformanceCounter();
public PerformanceCounter ();
Public Sub New ()

例外

プラットフォームが Windows 98 または Windows Millennium Edition (Me) です。パフォーマンス カウンターはサポートされません。The platform is Windows 98 or Windows Millennium Edition (Me), which does not support performance counters.

次のコード例の既定のインスタンスを作成し、PerformanceCounterクラス。The following code example creates a default instance of the PerformanceCounter class. インスタンスが作成された後、 CategoryNameCounterName、およびInstanceNameプロパティの値は、セット、および呼び出しの結果、NextValueメソッドが表示されます。After the instance is created, the CategoryName, CounterName, and InstanceName property values are set, and the results of a call to the NextValue method are displayed.

PerformanceCounter^ PC = gcnew PerformanceCounter;
PC->CategoryName = "Process";
PC->CounterName = "Private Bytes";
PC->InstanceName = "Explorer";
MessageBox::Show( PC->NextValue().ToString() );
PerformanceCounter PC=new PerformanceCounter();
PC.CategoryName="Process";
PC.CounterName="Private Bytes";
PC.InstanceName="Explorer";
MessageBox.Show(PC.NextValue().ToString());
Dim PC As New PerformanceCounter()
PC.CategoryName = "Process"
PC.CounterName = "Private Bytes"
PC.InstanceName = "Explorer"
MessageBox.Show(PC.NextValue().ToString())

注釈

このオーバー ロード コンス トラクターのセットのCategoryNameCounterNameInstanceNameプロパティを空の文字列 ("")、設定と、MachineNameプロパティをローカル コンピューター (".")。This overload of the constructor sets the CategoryName, CounterName, and InstanceName properties to empty strings (""), and sets the MachineName property to the local computer, (".").

このコンス トラクターは、パフォーマンス カウンターを初期化しないため、ローカル コンピューターの既存のカウンターに、インスタンスの関連付けは行いません。This constructor does not initialize the performance counter, so it does not associate the instance with an existing counter on the local computer. 特定のパフォーマンス カウンターを指すように設定、 CategoryNameCounterName、し、必要に応じて、InstanceNameMachineNameの他のプロパティの読み取りまたはカウンターからを読み取る前にプロパティ。To point to a specific performance counter, set the CategoryName, CounterName, and, optionally, the InstanceName and MachineName properties before reading any other properties or attempting to read from a counter. パフォーマンス カウンターに書き込むには、設定、ReadOnlyプロパティをfalseします。To write to a performance counter, set the ReadOnly property to false.

注意

HostProtectionAttributeこのメンバーに適用される属性が次Resourcesプロパティ値: Synchronization |ですSharedState.The HostProtectionAttribute attribute applied to this member has the following Resources property value: Synchronization | SharedState. HostProtectionAttribute は、デスクトップ アプリケーション (通常、アイコンのダブルクリック、コマンドの入力、またはブラウザーへの URL の入力により起動されます) には影響しません。The HostProtectionAttribute does not affect desktop applications (which are typically started by double-clicking an icon, typing a command, or entering a URL in a browser). 詳細については、次を参照してください。、HostProtectionAttributeクラスまたはSQL Server プログラミングとホスト保護属性します。For more information, see the HostProtectionAttribute class or SQL Server Programming and Host Protection Attributes.

セキュリティ

PerformanceCounterPermission
場合、パフォーマンス カウンター カテゴリを記述するため、ReadOnlyプロパティはfalseします。for writing the performance counter category if the ReadOnly property is false. Write (関連する列挙体)Associated enumeration: Write.

PerformanceCounter(String, String) PerformanceCounter(String, String) PerformanceCounter(String, String) PerformanceCounter(String, String)

PerformanceCounter クラスの新しい読み取り専用インスタンスを初期化し、ローカル コンピューターの指定したシステム パフォーマンス カウンターまたはカスタム パフォーマンス カウンターに関連付けます。Initializes a new, read-only instance of the PerformanceCounter class and associates it with the specified system or custom performance counter on the local computer. このコンストラクターを使用するには、カテゴリに含まれるインスタンスが 1 つだけである必要があります。This constructor requires that the category have a single instance.

public:
 PerformanceCounter(System::String ^ categoryName, System::String ^ counterName);
public PerformanceCounter (string categoryName, string counterName);
new System.Diagnostics.PerformanceCounter : string * string -> System.Diagnostics.PerformanceCounter
Public Sub New (categoryName As String, counterName As String)

パラメーター

categoryName
String String String String

このパフォーマンス カウンターが関連付けられているパフォーマンス カウンター カテゴリ (パフォーマンス オブジェクト) の名前。The name of the performance counter category (performance object) with which this performance counter is associated.

counterName
String String String String

パフォーマンス カウンターの名前。The name of the performance counter.

例外

categoryName が空の文字列 ("") です。categoryName is an empty string ("").

または-or- counterName が空の文字列 ("") です。counterName is an empty string ("").

または-or- 指定されたカテゴリが存在しません。The category specified does not exist.

または-or- 指定されたカテゴリは複数インスタンスとしてマークされているため、インスタンス名を使用してパフォーマンス カウンターを作成する必要があります。The category specified is marked as multi-instance and requires the performance counter to be created with an instance name.

または-or- categoryName および counterName が異なる言語にローカライズされています。categoryName and counterName have been localized into different languages.

categoryName または counterNamenull です。categoryName or counterName is null.

システム API にアクセス中にエラーが発生しました。An error occurred when accessing a system API.

プラットフォームが Windows 98 または Windows Millennium Edition (Me) です。パフォーマンス カウンターはサポートされません。The platform is Windows 98 or Windows Millennium Edition (Me), which does not support performance counters.

管理特権を使用せずに実行されているコードがパフォーマンス カウンターの読み取りを試みました。Code that is executing without administrative privileges attempted to read a performance counter.

注釈

パラメーター文字列は区別されません。The parameter strings are not case-sensitive.

1 つのパフォーマンス カウンター カテゴリ インスタンスを含むカテゴリに属するローカル コンピューターのカウンターにアクセスするのにには、このオーバー ロードを使用します。Use this overload to access a counter on the local computer that belongs to a category containing a single performance counter category instance. これをポイントするこのコンス トラクターを使用しようとしたかどうかはPerformanceCounterコンス トラクターの例外をスロー、複数のインスタンスを格納しているカテゴリのインスタンス。If you attempt to use this constructor to point this PerformanceCounter instance to a category that contains multiple instances, the constructor throws an exception. このオーバー ロードは、読み取り専用アクセスまたは読み取り/書き込みカウンター、読み取り専用モードでは。This overload can access any read-only or read/write counter, but does so in a read-only mode. APerformanceCounterカウンター自身が読み取り/書き込み場合でも、カウンターをこのオーバー ロードを使用して作成されたインスタンスが書き込むことはできません。A PerformanceCounter instance created using this overload cannot write to the counter, even if the counter itself is read/write.

このオーバー ロード コンス トラクターのセットのCategoryNameCounterNameプロパティの値を渡す、設定、MachineNameプロパティをローカルのコンピューターに"."、および設定、InstanceNameプロパティを空の文字列 ("")。This overload of the constructor sets the CategoryName and CounterName properties to the values you pass in, sets the MachineName property to the local computer, ".", and sets the InstanceName property to an empty string ("").

このコンス トラクターは、パフォーマンス カウンターを初期化し、インスタンスをローカル コンピューターの既存のカウンター (システムまたはカスタムのカウンター) に関連付けます。This constructor initializes the performance counter and associates the instance with an existing counter (either a system or a custom counter) on the local computer. 指定した値、CategoryNameCounterNameプロパティは、ローカル コンピューター上の既存のパフォーマンス カウンターを指す必要があります。The values that you pass in for the CategoryName and CounterName properties must point to an existing performance counter on the local computer.

注意

Windows Vista、Windows XP Professional x64 Edition、または Windows Server 2003 でのパフォーマンス カウンターを読み取るには、Performance Monitor Users グループのメンバーであるか、管理者特権を持つ必要があります。To read performance counters in Windows Vista, Windows XP Professional x64 Edition, or Windows Server 2003, you must either be a member of the Performance Monitor Users group or have administrative privileges.

Windows Vista のパフォーマンス カウンターにアクセスする、特権を昇格することを避けるためには、Performance Monitor Users グループに追加します。To avoid having to elevate your privileges to access performance counters in Windows Vista, add yourself to the Performance Monitor Users group.

Windows Vista では、ユーザー アカウント制御 (UAC: User Account Control) でユーザーの権限が決定されます。In Windows Vista, User Account Control (UAC) determines the privileges of a user. ユーザーが組み込みの Administrators グループのメンバーである場合、そのユーザーには標準ユーザー アクセス トークンおよび管理者アクセス トークンの 2 つのランタイム アクセス トークンが割り当てられています。If you are a member of the Built-in Administrators group, you are assigned two run-time access tokens: a standard user access token and an administrator access token. 既定では、ユーザーは標準ユーザー ロールに所属します。By default, you are in the standard user role. パフォーマンス カウンターにアクセスするコードを実行するには標準ユーザーから管理者に、特権を昇格する必要があります。To execute the code that accesses performance counters, you must first elevate your privileges from standard user to administrator. この操作は、アプリケーションの起動時にアプリケーション アイコンを右クリックし、管理者として実行することを指定して行うことができます。You can do this when you start an application by right-clicking the application icon and indicating that you want to run as an administrator.

セキュリティ

PerformanceCounterPermission
場合、パフォーマンス カウンター カテゴリを記述するため、ReadOnlyプロパティはfalseします。for writing the performance counter category if the ReadOnly property is false. Write (関連する列挙体)Associated enumeration: Write.

PerformanceCounter(String, String, Boolean) PerformanceCounter(String, String, Boolean) PerformanceCounter(String, String, Boolean) PerformanceCounter(String, String, Boolean)

PerformanceCounter クラスの新しい読み取り専用インスタンスまたは読み取り/書き込み可能インスタンスを初期化し、ローカル コンピューターの指定したシステム パフォーマンス カウンターまたはカスタム パフォーマンス カウンターに関連付けます。Initializes a new, read-only or read/write instance of the PerformanceCounter class and associates it with the specified system or custom performance counter on the local computer. このコンストラクターを使用するには、カテゴリに含まれるインスタンスが 1 つだけである必要があります。This constructor requires that the category contain a single instance.

public:
 PerformanceCounter(System::String ^ categoryName, System::String ^ counterName, bool readOnly);
public PerformanceCounter (string categoryName, string counterName, bool readOnly);
new System.Diagnostics.PerformanceCounter : string * string * bool -> System.Diagnostics.PerformanceCounter
Public Sub New (categoryName As String, counterName As String, readOnly As Boolean)

パラメーター

categoryName
String String String String

このパフォーマンス カウンターが関連付けられているパフォーマンス カウンター カテゴリ (パフォーマンス オブジェクト) の名前。The name of the performance counter category (performance object) with which this performance counter is associated.

counterName
String String String String

パフォーマンス カウンターの名前。The name of the performance counter.

readOnly
Boolean Boolean Boolean Boolean

カウンターに (カウンター自身が読み取り/書き込み可能であっても) 読み取り専用モードでアクセスする場合は true。読み取り/書き込みモードでアクセスする場合は falsetrue to access the counter in read-only mode (although the counter itself could be read/write); false to access the counter in read/write mode.

例外

categoryName が空の文字列 ("") です。The categoryName is an empty string ("").

または-or- counterName が空の文字列 ("") です。The counterName is an empty string ("").

または-or- 指定されたカテゴリが存在しません。The category specified does not exist. (readOnlytrue の場合)(if readOnly is true).

または-or- 指定されたカテゴリは、.NET Framework カスタム カテゴリではありません (readOnlyfalse の場合)。The category specified is not a .NET Framework custom category (if readOnly is false).

または-or- 指定されたカテゴリは複数インスタンスとしてマークされているため、インスタンス名を使用してパフォーマンス カウンターを作成する必要があります。The category specified is marked as multi-instance and requires the performance counter to be created with an instance name.

または-or- categoryName および counterName が異なる言語にローカライズされています。categoryName and counterName have been localized into different languages.

categoryName または counterNamenull です。categoryName or counterName is null.

システム API にアクセス中にエラーが発生しました。An error occurred when accessing a system API.

プラットフォームが Windows 98 または Windows Millennium Edition (Me) です。パフォーマンス カウンターはサポートされません。The platform is Windows 98 or Windows Millennium Edition (Me), which does not support performance counters.

管理特権を使用せずに実行されているコードがパフォーマンス カウンターの読み取りを試みました。Code that is executing without administrative privileges attempted to read a performance counter.

次のコード例は、のインスタンスを作成、PerformanceCounterクラス。The following code example creates an instance of the PerformanceCounter class. 例では、カテゴリ名、カウンター名、およびカウンターが読み取り専用ではないことを示すフラグの値で渡します。The example passes in category names, counter names, and a flag value indicating that the counter is not read-only. このコード例の例の一部、PerformanceCounterクラス。This code example is part of a larger example for the PerformanceCounter class.

PC = gcnew PerformanceCounter( "AverageCounter64SampleCategory","AverageCounter64Sample",false );
avgCounter64Sample = new PerformanceCounter("AverageCounter64SampleCategory", 
    "AverageCounter64Sample", 
    false);

avgCounter64Sample = New PerformanceCounter("AverageCounter64SampleCategory", "AverageCounter64Sample", False)

注釈

パラメーター文字列は区別されません。The parameter strings are not case-sensitive.

読み取り専用アクセスまたは読み取り/書き込みの 1 つのパフォーマンス カウンター カテゴリ インスタンスが含まれるカテゴリに属するローカル コンピューターのカウンターには、このオーバー ロードを使用します。Use this overload to access a read-only or read/write counter on the local computer that belongs to a category containing a single performance counter category instance. これをポイントするこのコンス トラクターを使用しようとしたかどうかはPerformanceCounterコンス トラクターの例外をスロー、複数のインスタンスを格納しているカテゴリのインスタンス。If you attempt to use this constructor to point this PerformanceCounter instance to a category that contains multiple instances, the constructor throws an exception.

このオーバー ロード コンス トラクターのセットのCategoryNameCounterName、およびReadOnlyプロパティの値を渡す、設定、MachineNameプロパティをローカルのコンピューターに"."、および設定、InstanceNameプロパティを空の文字列 ("")。This overload of the constructor sets the CategoryName, CounterName, and ReadOnly properties to the values you pass in, sets the MachineName property to the local computer, ".", and sets the InstanceName property to an empty string ("").

このコンス トラクターは、パフォーマンス カウンターを初期化し、インスタンスをローカル コンピューターの既存のカウンター (システムまたはカスタムのカウンター) に関連付けます。This constructor initializes the performance counter and associates the instance with an existing counter (either a system or a custom counter) on the local computer. 指定した値、CategoryNameCounterNameプロパティは、ローカル コンピューター上の既存のパフォーマンス カウンターを指す必要があります。The values that you pass in for the CategoryName and CounterName properties must point to an existing performance counter on the local computer. ポイントするパフォーマンス カウンターのインスタンスが有効でない場合コンス トラクターを呼び出すと、例外がスローされます。If the performance counter instance that you point to is not valid, calling the constructor throws an exception.

注意

システム カウンターへの接続にこのオーバー ロードを使用することができますが、システム カウンターに記述することはできません。You can use this overload to connect to a system counter, but you cannot write to a system counter. そのため、設定readOnlyfalse例外をスローするコンス トラクターによってがシステム カウンターに接続される場合。Therefore, setting readOnly to false when connecting to a system counter causes the constructor to throw an exception.

注意

Windows Vista、Windows XP Professional x64 Edition、または Windows Server 2003 でのパフォーマンス カウンターを読み取るには、Performance Monitor Users グループのメンバーであるか、管理者特権を持つ必要があります。To read performance counters in Windows Vista, Windows XP Professional x64 Edition, or Windows Server 2003, you must either be a member of the Performance Monitor Users group or have administrative privileges.

Windows Vista のパフォーマンス カウンターにアクセスする、特権を昇格することを避けるためには、Performance Monitor Users グループに追加します。To avoid having to elevate your privileges to access performance counters in Windows Vista, add yourself to the Performance Monitor Users group.

Windows Vista では、ユーザー アカウント制御 (UAC: User Account Control) でユーザーの権限が決定されます。In Windows Vista, User Account Control (UAC) determines the privileges of a user. ユーザーが組み込みの Administrators グループのメンバーである場合、そのユーザーには標準ユーザー アクセス トークンおよび管理者アクセス トークンの 2 つのランタイム アクセス トークンが割り当てられています。If you are a member of the Built-in Administrators group, you are assigned two run-time access tokens: a standard user access token and an administrator access token. 既定では、ユーザーは標準ユーザー ロールに所属します。By default, you are in the standard user role. パフォーマンス カウンターにアクセスするコードを実行するには標準ユーザーから管理者に、特権を昇格する必要があります。To execute the code that accesses performance counters, you must first elevate your privileges from standard user to administrator. この操作は、アプリケーションの起動時にアプリケーション アイコンを右クリックし、管理者として実行することを指定して行うことができます。You can do this when you start an application by right-clicking the application icon and indicating that you want to run as an administrator.

セキュリティ

PerformanceCounterPermission
場合、パフォーマンス カウンター カテゴリを記述するため、ReadOnlyプロパティはfalseします。for writing the performance counter category if the ReadOnly property is false. Write (関連する列挙体)Associated enumeration: Write.

PerformanceCounter(String, String, String) PerformanceCounter(String, String, String) PerformanceCounter(String, String, String) PerformanceCounter(String, String, String)

PerformanceCounter クラスの新しい読み取り専用インスタンスを初期化し、ローカル コンピューターの指定したシステム パフォーマンス カウンターまたはカスタム パフォーマンス カウンター、およびカテゴリ インスタンスに関連付けます。Initializes a new, read-only instance of the PerformanceCounter class and associates it with the specified system or custom performance counter and category instance on the local computer.

public:
 PerformanceCounter(System::String ^ categoryName, System::String ^ counterName, System::String ^ instanceName);
public PerformanceCounter (string categoryName, string counterName, string instanceName);
new System.Diagnostics.PerformanceCounter : string * string * string -> System.Diagnostics.PerformanceCounter
Public Sub New (categoryName As String, counterName As String, instanceName As String)

パラメーター

categoryName
String String String String

このパフォーマンス カウンターが関連付けられているパフォーマンス カウンター カテゴリ (パフォーマンス オブジェクト) の名前。The name of the performance counter category (performance object) with which this performance counter is associated.

counterName
String String String String

パフォーマンス カウンターの名前。The name of the performance counter.

instanceName
String String String String

パフォーマンス カウンター カテゴリ インスタンスの名前。カテゴリに含まれるインスタンスが 1 つだけの場合は空の文字列 ("")。The name of the performance counter category instance, or an empty string (""), if the category contains a single instance.

例外

categoryName が空の文字列 ("") です。categoryName is an empty string ("").

または-or- counterName が空の文字列 ("") です。counterName is an empty string ("").

または-or- 指定されたカテゴリが有効ではありません。The category specified is not valid.

または-or- 指定されたカテゴリは複数インスタンスとしてマークされているため、インスタンス名を使用してパフォーマンス カウンターを作成する必要があります。The category specified is marked as multi-instance and requires the performance counter to be created with an instance name.

または-or- instanceName が 127 文字を超えています。instanceName is longer than 127 characters.

または-or- categoryName および counterName が異なる言語にローカライズされています。categoryName and counterName have been localized into different languages.

categoryName または counterNamenull です。categoryName or counterName is null.

システム API にアクセス中にエラーが発生しました。An error occurred when accessing a system API.

プラットフォームが Windows 98 または Windows Millennium Edition (Me) です。パフォーマンス カウンターはサポートされません。The platform is Windows 98 or Windows Millennium Edition (Me), which does not support performance counters.

管理特権を使用せずに実行されているコードがパフォーマンス カウンターの読み取りを試みました。Code that is executing without administrative privileges attempted to read a performance counter.

注釈

パラメーター文字列は区別されません。The parameter strings are not case-sensitive.

このオーバー ロード コンス トラクターのセットのCategoryNameCounterName、およびInstanceNameを渡して、プロパティの値し設定、MachineNameプロパティをローカルのコンピューターに"."です。This overload of the constructor sets the CategoryName, CounterName, and InstanceName properties to the values you pass in, and sets the MachineName property to the local computer, ".".

このコンス トラクターは、パフォーマンス カウンターを初期化し、インスタンスをローカル コンピューターの既存のカウンター (システムまたはカスタムのカウンター) に関連付けます。This constructor initializes the performance counter and associates the instance with an existing counter (either a system or a custom counter) on the local computer. 指定した値、 CategoryNameCounterName、およびInstanceNameプロパティは、ローカル コンピューター上の既存のパフォーマンス カウンターを指す必要があります。The values that you pass in for the CategoryName, CounterName, and InstanceName properties must point to an existing performance counter on the local computer. ポイントするパフォーマンス カウンター インスタンスが有効でないコンス トラクターの呼び出しは例外をスローします。If the performance counter instance you point to is not valid, calling the constructor throws an exception.

このオーバー ロードは、読み取り専用アクセスまたは読み取り/書き込みカウンター、読み取り専用モードでは。This overload can access any read-only or read/write counter, but does so in a read-only mode. APerformanceCounterカウンター自身が読み取り/書き込み場合でも、カウンターをこのオーバー ロードを使用して作成されたインスタンスが書き込むことはできません。A PerformanceCounter instance created using this overload cannot write to the counter, even if the counter itself is read/write.

パフォーマンス カテゴリのインスタンスを作成するには、指定、instanceName上、PerformanceCounterコンス トラクター。To create a performance category instance, specify an instanceName on the PerformanceCounter constructor. 指定されたカテゴリ インスタンスの場合instanceName既に存在する新しいオブジェクトは、既存のカテゴリのインスタンスを参照します。If the category instance specified by instanceName already exists the new object will reference the existing category instance.

注意

Windows Vista、Windows XP Professional x64 Edition、または Windows Server 2003 でのパフォーマンス カウンターを読み取るには、Performance Monitor Users グループのメンバーであるか、管理者特権を持つ必要があります。To read performance counters in Windows Vista, Windows XP Professional x64 Edition, or Windows Server 2003, you must either be a member of the Performance Monitor Users group or have administrative privileges.

Windows Vista のパフォーマンス カウンターにアクセスする、特権を昇格することを避けるためには、Performance Monitor Users グループに追加します。To avoid having to elevate your privileges to access performance counters in Windows Vista, add yourself to the Performance Monitor Users group.

Windows Vista では、ユーザー アカウント制御 (UAC: User Account Control) でユーザーの権限が決定されます。In Windows Vista, User Account Control (UAC) determines the privileges of a user. ユーザーが組み込みの Administrators グループのメンバーである場合、そのユーザーには標準ユーザー アクセス トークンおよび管理者アクセス トークンの 2 つのランタイム アクセス トークンが割り当てられています。If you are a member of the Built-in Administrators group, you are assigned two run-time access tokens: a standard user access token and an administrator access token. 既定では、ユーザーは標準ユーザー ロールに所属します。By default, you are in the standard user role. パフォーマンス カウンターにアクセスするコードを実行するには標準ユーザーから管理者に、特権を昇格する必要があります。To execute the code that accesses performance counters, you must first elevate your privileges from standard user to administrator. この操作は、アプリケーションの起動時にアプリケーション アイコンを右クリックし、管理者として実行することを指定して行うことができます。You can do this when you start an application by right-clicking the application icon and indicating that you want to run as an administrator.

セキュリティ

PerformanceCounterPermission
場合、パフォーマンス カウンター カテゴリを記述するため、ReadOnlyプロパティはfalseします。for writing the performance counter category if the ReadOnly property is false. Write (関連する列挙体)Associated enumeration: Write.

PerformanceCounter(String, String, String, Boolean) PerformanceCounter(String, String, String, Boolean) PerformanceCounter(String, String, String, Boolean) PerformanceCounter(String, String, String, Boolean)

PerformanceCounter クラスの新しい読み取り専用インスタンスまたは読み書き可能なインスタンスを初期化し、ローカル コンピューターの指定したシステム パフォーマンス カウンターまたはカスタム パフォーマンス カウンター、およびカテゴリ インスタンスに関連付けます。Initializes a new, read-only or read/write instance of the PerformanceCounter class and associates it with the specified system or custom performance counter and category instance on the local computer.

public:
 PerformanceCounter(System::String ^ categoryName, System::String ^ counterName, System::String ^ instanceName, bool readOnly);
public PerformanceCounter (string categoryName, string counterName, string instanceName, bool readOnly);
new System.Diagnostics.PerformanceCounter : string * string * string * bool -> System.Diagnostics.PerformanceCounter
Public Sub New (categoryName As String, counterName As String, instanceName As String, readOnly As Boolean)

パラメーター

categoryName
String String String String

このパフォーマンス カウンターが関連付けられているパフォーマンス カウンター カテゴリ (パフォーマンス オブジェクト) の名前。The name of the performance counter category (performance object) with which this performance counter is associated.

counterName
String String String String

パフォーマンス カウンターの名前。The name of the performance counter.

instanceName
String String String String

パフォーマンス カウンター カテゴリ インスタンスの名前。カテゴリに含まれるインスタンスが 1 つだけの場合は空の文字列 ("")。The name of the performance counter category instance, or an empty string (""), if the category contains a single instance.

readOnly
Boolean Boolean Boolean Boolean

読み取り専用モードでカウンターにアクセスする場合は true。読み書き可能モードでアクセスする場合は falsetrue to access a counter in read-only mode; false to access a counter in read/write mode.

例外

categoryName が空の文字列 ("") です。categoryName is an empty string ("").

または-or- counterName が空の文字列 ("") です。counterName is an empty string ("").

または-or- 要求した読み取り/書き込みアクセス許可の設定は、このカウンターでは無効です。The read/write permission setting requested is invalid for this counter.

または-or- 指定されたカテゴリが存在しません (readOnlytrue の場合)。The category specified does not exist (if readOnly is true).

または-or- 指定されたカテゴリは、.NET Framework カスタム カテゴリではありません (readOnlyfalse の場合)。The category specified is not a .NET Framework custom category (if readOnly is false).

または-or- 指定されたカテゴリは複数インスタンスとしてマークされているため、インスタンス名を使用してパフォーマンス カウンターを作成する必要があります。The category specified is marked as multi-instance and requires the performance counter to be created with an instance name.

または-or- instanceName が 127 文字を超えています。instanceName is longer than 127 characters.

または-or- categoryName および counterName が異なる言語にローカライズされています。categoryName and counterName have been localized into different languages.

categoryName または counterNamenull です。categoryName or counterName is null.

システム API にアクセス中にエラーが発生しました。An error occurred when accessing a system API.

プラットフォームが Windows 98 または Windows Millennium Edition (Me) です。パフォーマンス カウンターはサポートされません。The platform is Windows 98 or Windows Millennium Edition (Me), which does not support performance counters.

管理特権を使用せずに実行されているコードがパフォーマンス カウンターの読み取りを試みました。Code that is executing without administrative privileges attempted to read a performance counter.

注釈

パラメーター文字列は区別されません。The parameter strings are not case-sensitive.

このオーバー ロードを使用して、いずれかのパフォーマンス カウンターにアクセスする読み取り専用または読み取り/書き込みモード。Use this overload to access a performance counter in either read-only or read/write mode.

このオーバー ロード コンス トラクターのセットのCategoryNameCounterName、およびInstanceNameセットとそれに渡すプロパティの値、MachineNameプロパティをローカルのコンピューターに"."です。This overload of the constructor sets the CategoryName, CounterName, and InstanceName properties to the values you pass in, it and sets the MachineName property to the local computer, ".".

このコンス トラクターは、パフォーマンス カウンターを初期化し、インスタンスをローカル コンピューターの既存のカウンター (システムまたはカスタムのカウンター) に関連付けます。This constructor initializes the performance counter and associates the instance with an existing counter (either a system or a custom counter) on the local computer. 指定した値、 CategoryNameCounterName、およびInstanceNameプロパティは、ローカル コンピューター上の既存のパフォーマンス カウンターを指す必要があります。The values that you pass in for the CategoryName, CounterName, and InstanceName properties must point to an existing performance counter on the local computer. ポイントするパフォーマンス カウンターのインスタンスが有効でない場合コンス トラクターを呼び出すと、例外がスローされます。If the performance counter instance that you point to is not valid, calling the constructor throws an exception.

注意

システム カウンターへの接続にこのオーバー ロードを使用することができますが、システム カウンターに記述することはできません。You can use this overload to connect to a system counter, but you cannot write to a system counter. そのため、設定readOnlyfalse例外をスローするコンス トラクターによってがシステム カウンターに接続される場合。Therefore, setting readOnly to false when connecting to a system counter causes the constructor to throw an exception.

パフォーマンス カテゴリのインスタンスを作成するには、指定、instanceName上、PerformanceCounterコンス トラクター。To create a performance category instance, specify an instanceName on the PerformanceCounter constructor. 指定されたカテゴリ インスタンスの場合instanceName既に存在する新しいオブジェクトは、既存のカテゴリのインスタンスを参照します。If the category instance specified by instanceName already exists the new object will reference the existing category instance.

注意

Windows Vista、Windows XP Professional x64 Edition、または Windows Server 2003 でのパフォーマンス カウンターを読み取るには、Performance Monitor Users グループのメンバーであるか、管理者特権を持つ必要があります。To read performance counters in Windows Vista, Windows XP Professional x64 Edition, or Windows Server 2003, you must either be a member of the Performance Monitor Users group or have administrative privileges.

Windows Vista のパフォーマンス カウンターにアクセスする、特権を昇格することを避けるためには、Performance Monitor Users グループに追加します。To avoid having to elevate your privileges to access performance counters in Windows Vista, add yourself to the Performance Monitor Users group.

Windows Vista では、ユーザー アカウント制御 (UAC: User Account Control) でユーザーの権限が決定されます。In Windows Vista, User Account Control (UAC) determines the privileges of a user. ユーザーが組み込みの Administrators グループのメンバーである場合、そのユーザーには標準ユーザー アクセス トークンおよび管理者アクセス トークンの 2 つのランタイム アクセス トークンが割り当てられています。If you are a member of the Built-in Administrators group, you are assigned two run-time access tokens: a standard user access token and an administrator access token. 既定では、ユーザーは標準ユーザー ロールに所属します。By default, you are in the standard user role. パフォーマンス カウンターにアクセスするコードを実行するには標準ユーザーから管理者に、特権を昇格する必要があります。To execute the code that accesses performance counters, you must first elevate your privileges from standard user to administrator. この操作は、アプリケーションの起動時にアプリケーション アイコンを右クリックし、管理者として実行することを指定して行うことができます。You can do this when you start an application by right-clicking the application icon and indicating that you want to run as an administrator.

セキュリティ

PerformanceCounterPermission
場合、パフォーマンス カウンター カテゴリを記述するため、ReadOnlyプロパティはfalseします。for writing the performance counter category if the ReadOnly property is false. Write (関連する列挙体)Associated enumeration: Write.

PerformanceCounter(String, String, String, String) PerformanceCounter(String, String, String, String) PerformanceCounter(String, String, String, String) PerformanceCounter(String, String, String, String)

PerformanceCounter クラスの新しい読み取り専用インスタンスを初期化し、指定したコンピューターの指定したシステム パフォーマンス カウンターまたはカスタム パフォーマンス カウンター、およびカテゴリ インスタンスに関連付けます。Initializes a new, read-only instance of the PerformanceCounter class and associates it with the specified system or custom performance counter and category instance, on the specified computer.

public:
 PerformanceCounter(System::String ^ categoryName, System::String ^ counterName, System::String ^ instanceName, System::String ^ machineName);
public PerformanceCounter (string categoryName, string counterName, string instanceName, string machineName);
new System.Diagnostics.PerformanceCounter : string * string * string * string -> System.Diagnostics.PerformanceCounter
Public Sub New (categoryName As String, counterName As String, instanceName As String, machineName As String)

パラメーター

categoryName
String String String String

このパフォーマンス カウンターが関連付けられているパフォーマンス カウンター カテゴリ (パフォーマンス オブジェクト) の名前。The name of the performance counter category (performance object) with which this performance counter is associated.

counterName
String String String String

パフォーマンス カウンターの名前。The name of the performance counter.

instanceName
String String String String

パフォーマンス カウンター カテゴリ インスタンスの名前。カテゴリに含まれるインスタンスが 1 つだけの場合は空の文字列 ("")。The name of the performance counter category instance, or an empty string (""), if the category contains a single instance.

machineName
String String String String

パフォーマンス カウンターと、それに関連付けられているカテゴリが存在するコンピューター。The computer on which the performance counter and its associated category exist.

例外

categoryName が空の文字列 ("") です。categoryName is an empty string ("").

または-or- counterName が空の文字列 ("") です。counterName is an empty string ("").

または-or- 要求した読み取り/書き込みアクセス許可の設定は、このカウンターでは無効です。The read/write permission setting requested is invalid for this counter.

または-or- 指定したコンピューター上にカウンターが存在しません。The counter does not exist on the specified computer.

または-or- 指定されたカテゴリは複数インスタンスとしてマークされているため、インスタンス名を使用してパフォーマンス カウンターを作成する必要があります。The category specified is marked as multi-instance and requires the performance counter to be created with an instance name.

または-or- instanceName が 127 文字を超えています。instanceName is longer than 127 characters.

または-or- categoryName および counterName が異なる言語にローカライズされています。categoryName and counterName have been localized into different languages.

machineName パラメーターが正しくありません。The machineName parameter is not valid.

categoryName または counterNamenull です。categoryName or counterName is null.

システム API にアクセス中にエラーが発生しました。An error occurred when accessing a system API.

プラットフォームが Windows 98 または Windows Millennium Edition (Me) です。パフォーマンス カウンターはサポートされません。The platform is Windows 98 or Windows Millennium Edition (Me), which does not support performance counters.

管理特権を使用せずに実行されているコードがパフォーマンス カウンターの読み取りを試みました。Code that is executing without administrative privileges attempted to read a performance counter.

注釈

パラメーター文字列は区別されません。The parameter strings are not case-sensitive.

このオーバー ロード コンス トラクターのセットのCategoryNameCounterNameInstanceName、およびMachineNameプロパティの値を渡します。This overload of the constructor sets the CategoryName, CounterName, InstanceName, and MachineName properties to the values you pass in.

このコンス トラクターは、パフォーマンス カウンターを初期化し、インスタンスを指定したコンピューターの既存のカウンター (システムまたはカスタムのカウンター) に関連付けます。This constructor initializes the performance counter and associates the instance with an existing counter (either a system or a custom counter) on the specified computer. 指定した値、 CategoryNameCounterNameInstanceNameMachineNameプロパティは、既存のパフォーマンス カウンターを指す必要があります。The values that you pass in for the CategoryName, CounterName, InstanceName and MachineName properties must point to an existing performance counter. ポイントするパフォーマンス カウンター インスタンスが有効でないコンス トラクターの呼び出しは例外をスローします。If the performance counter instance you point to is not valid, calling the constructor throws an exception. このオーバー ロードは、読み取り専用アクセスまたは読み取り/書き込みカウンター、読み取り専用モードでは。This overload can access any read-only or read/write counter, but does so in a read-only mode. APerformanceCounterカウンター自身が読み取り/書き込み場合でも、カウンターをこのオーバー ロードを使用して作成されたインスタンスが書き込むことはできません。A PerformanceCounter instance created using this overload cannot write to the counter, even if the counter itself is read/write.

注意

リモートのパフォーマンス カウンターを書き込むことはできません。You cannot write to remote performance counters. 読み取り/書き込みインスタンスを指定できるオーバー ロードはありません、PerformanceCounterがリモート コンピューターに接続するクラス。There is no overload that allows you to specify a read/write instance of the PerformanceCounter class that connects to a remote computer.

パフォーマンス カテゴリのインスタンスを作成するには、指定、instanceName上、PerformanceCounterコンス トラクター。To create a performance category instance, specify an instanceName on the PerformanceCounter constructor. 指定されたカテゴリ インスタンスの場合instanceName既に存在する新しいオブジェクトは、既存のカテゴリのインスタンスを参照します。If the category instance specified by instanceName already exists the new object will reference the existing category instance.

注意

Windows Vista、Windows XP Professional x64 Edition、または Windows Server 2003 でのパフォーマンス カウンターを読み取るには、Performance Monitor Users グループのメンバーであるか、管理者特権を持つ必要があります。To read performance counters in Windows Vista, Windows XP Professional x64 Edition, or Windows Server 2003, you must either be a member of the Performance Monitor Users group or have administrative privileges.

Windows Vista のパフォーマンス カウンターにアクセスする、特権を昇格することを避けるためには、Performance Monitor Users グループに追加します。To avoid having to elevate your privileges to access performance counters in Windows Vista, add yourself to the Performance Monitor Users group.

Windows Vista では、ユーザー アカウント制御 (UAC: User Account Control) でユーザーの権限が決定されます。In Windows Vista, User Account Control (UAC) determines the privileges of a user. ユーザーが組み込みの Administrators グループのメンバーである場合、そのユーザーには標準ユーザー アクセス トークンおよび管理者アクセス トークンの 2 つのランタイム アクセス トークンが割り当てられています。If you are a member of the Built-in Administrators group, you are assigned two run-time access tokens: a standard user access token and an administrator access token. 既定では、ユーザーは標準ユーザー ロールに所属します。By default, you are in the standard user role. パフォーマンス カウンターにアクセスするコードを実行するには標準ユーザーから管理者に、特権を昇格する必要があります。To execute the code that accesses performance counters, you must first elevate your privileges from standard user to administrator. この操作は、アプリケーションの起動時にアプリケーション アイコンを右クリックし、管理者として実行することを指定して行うことができます。You can do this when you start an application by right-clicking the application icon and indicating that you want to run as an administrator.

注意

Windows Vista では、リモート コンピューターがワークグループのメンバーである必要があります、ローカル ユーザー アカウントがフィルター選択されないと、管理者アカウントに昇格できるように、UAC を無効にします。In Windows Vista, when the remote computer is a member of a workgroup, you may need to disable UAC so that the local user account is not filtered and can be elevated to an administrator account. セキュリティ上の理由から、UAC を無効にすると、最後の手段がある必要があります。For security reasons, disabling UAC should be a last resort. UAC を無効にする方法の詳細については、次を参照してください。ユーザー アカウント制御と WMIします。For information on disabling UAC, see User Account Control and WMI.

セキュリティ

PerformanceCounterPermission
場合、パフォーマンス カウンター カテゴリを記述するため、ReadOnlyプロパティはfalseします。for writing the performance counter category if the ReadOnly property is false. Write (関連する列挙体)Associated enumeration: Write.

適用対象