TraceListener.Fail TraceListener.Fail TraceListener.Fail TraceListener.Fail Method

定義

TraceListener クラスの実装時に、作成したリスナーにエラー メッセージを出力します。Emits error messages to the listener you create when you implement the TraceListener class.

オーバーロード

Fail(String) Fail(String) Fail(String) Fail(String)

TraceListener クラスの実装時に、作成したリスナーにエラー メッセージを出力します。Emits an error message to the listener you create when you implement the TraceListener class.

Fail(String, String) Fail(String, String) Fail(String, String) Fail(String, String)

TraceListener クラスの実装時に、作成したリスナーにエラー メッセージと詳細エラー メッセージを出力します。Emits an error message and a detailed error message to the listener you create when you implement the TraceListener class.

Fail(String) Fail(String) Fail(String) Fail(String)

TraceListener クラスの実装時に、作成したリスナーにエラー メッセージを出力します。Emits an error message to the listener you create when you implement the TraceListener class.

public:
 virtual void Fail(System::String ^ message);
public virtual void Fail (string message);
abstract member Fail : string -> unit
override this.Fail : string -> unit
Public Overridable Sub Fail (message As String)

パラメーター

message
String String String String

出力するメッセージ。A message to emit.

注釈

既定の動作がユーザー インターフェイス モードには、アプリケーションが実行されているときに、メッセージ ボックスに、指定したメッセージを表示するには、TraceListenerインスタンス、TraceListenerCollectionコレクション。The default behavior is to display the specified message in a message box when the application is running in a user-interface mode, and to the TraceListener instances in a TraceListenerCollection collection. 既定で、TraceListenerCollectionコレクションのインスタンスが実行されて、DefaultTraceListenerします。By default, the TraceListenerCollection collection has an instance of a DefaultTraceListener. 追加することでこの動作をカスタマイズすることができます、TraceListenerにまたはコレクションから 1 つを削除します。You can customize this behavior by adding a TraceListener to or removing one from the collection.

こちらもご覧ください

Fail(String, String) Fail(String, String) Fail(String, String) Fail(String, String)

TraceListener クラスの実装時に、作成したリスナーにエラー メッセージと詳細エラー メッセージを出力します。Emits an error message and a detailed error message to the listener you create when you implement the TraceListener class.

public:
 virtual void Fail(System::String ^ message, System::String ^ detailMessage);
public virtual void Fail (string message, string detailMessage);
abstract member Fail : string * string -> unit
override this.Fail : string * string -> unit
Public Overridable Sub Fail (message As String, detailMessage As String)

パラメーター

message
String String String String

出力するメッセージ。A message to emit.

detailMessage
String String String String

出力する詳細メッセージ。A detailed message to emit.

注釈

既定の動作がユーザー インターフェイス モードには、アプリケーションが実行されているときに、メッセージ ボックスに、メッセージと詳細なメッセージを表示するには、TraceListenerインスタンス、TraceListenerCollectionコレクション。The default behavior is to display the message and detailed message in a message box when the application is running in a user-interface mode, and to the TraceListener instances in a TraceListenerCollection collection. 既定で、TraceListenerCollectionコレクションのインスタンスが実行されて、DefaultTraceListenerします。By default, the TraceListenerCollection collection has an instance of a DefaultTraceListener. 追加することでこの動作をカスタマイズすることができます、TraceListenerにまたはコレクションから 1 つを削除します。You can customize this behavior by adding a TraceListener to or removing one from the collection.

こちらもご覧ください

適用対象