TraceListener.WriteIndent メソッド

定義

このクラスの実装時に作成したリスナーにインデントを書き込み、NeedIndent プロパティを false にリセットします。Writes the indent to the listener you create when you implement this class, and resets the NeedIndent property to false.

protected:
 virtual void WriteIndent();
protected virtual void WriteIndent ();
abstract member WriteIndent : unit -> unit
override this.WriteIndent : unit -> unit
Protected Overridable Sub WriteIndent ()

注釈

このメソッドは、インデントを書き込み、 NeedIndentプロパティをfalseにリセットします。This method writes the indent and resets the NeedIndent property to false. メソッドNeedIndent Write trueとメソッドWriteLineをオーバーライドする場合は、このメソッドを呼び出します。Call this method if NeedIndent is true when you are overriding the Write and WriteLine methods. 既定では、このメソッドはインデントに空白文字を使用します。By default, this method uses blank spaces for indentation. インデントのサイズは、プロパティIndentSizeIndentLevelプロパティの値によって決まります。The size of the indent is determined by the values of the IndentSize and IndentLevel properties. プロパティは、 IndentSizeプロパティによって指定されたサイズのインデントが適用される回数を表します。 IndentLevelThe IndentLevel property represents the number of times the indent of the size specified by the IndentSize property is applied. このメソッドは、 DefaultTraceListenerクラスおよびTextWriterTraceListenerクラスによって呼び出されます。This method is called by the DefaultTraceListener and TextWriterTraceListener classes.

適用対象

こちらもご覧ください