ActiveDirectorySecurity クラス

定義

マネージド ACL ライブラリのオブジェクト セキュリティ層を使用して、ディレクトリ オブジェクトのアクセス制御機能をラップします。Uses the object security layer of the managed ACL library to wrap access control functionality for directory objects.

public ref class ActiveDirectorySecurity : System::Security::AccessControl::DirectoryObjectSecurity
public class ActiveDirectorySecurity : System.Security.AccessControl.DirectoryObjectSecurity
type ActiveDirectorySecurity = class
    inherit DirectoryObjectSecurity
Public Class ActiveDirectorySecurity
Inherits DirectoryObjectSecurity
継承

コンストラクター

ActiveDirectorySecurity()

ActiveDirectorySecurity クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the ActiveDirectorySecurity class.

プロパティ

AccessRightType

このオブジェクトのアクセス権を表す Type オブジェクトを取得します。Gets the Type object that represents an access right for this object.

AccessRulesModified

この ObjectSecurity オブジェクトに関連するアクセス規則が変更されたかどうかを指定するブール値を取得または設定します。Gets or sets a Boolean value that specifies whether the access rules associated with this ObjectSecurity object have been modified.

(継承元 ObjectSecurity)
AccessRuleType

このオブジェクトのアクセス規則を表す Type を取得します。Gets the Type that represents an access rule for this object.

AreAccessRulesCanonical

この ObjectSecurity オブジェクトに関連するアクセス規則の順序が正規順序であるかどうかを指定するブール値を取得します。Gets a Boolean value that specifies whether the access rules associated with this ObjectSecurity object are in canonical order.

(継承元 ObjectSecurity)
AreAccessRulesProtected

この ObjectSecurity オブジェクトに関連付けられている随意アクセス制御リスト (DACL) が保護されているかどうかを指定するブール値を取得します。Gets a Boolean value that specifies whether the Discretionary Access Control List (DACL) associated with this ObjectSecurity object is protected.

(継承元 ObjectSecurity)
AreAuditRulesCanonical

この ObjectSecurity オブジェクトに関連する監査規則の順序が正規順序であるかどうかを指定するブール値を取得します。Gets a Boolean value that specifies whether the audit rules associated with this ObjectSecurity object are in canonical order.

(継承元 ObjectSecurity)
AreAuditRulesProtected

この ObjectSecurity オブジェクトに関連付けられているシステム アクセス制御リスト (SACL) が保護されているかどうかを指定するブール値を取得します。Gets a Boolean value that specifies whether the System Access Control List (SACL) associated with this ObjectSecurity object is protected.

(継承元 ObjectSecurity)
AuditRulesModified

この ObjectSecurity オブジェクトに関連する監査規則が変更されたかどうかを指定するブール値を取得または設定します。Gets or sets a Boolean value that specifies whether the audit rules associated with this ObjectSecurity object have been modified.

(継承元 ObjectSecurity)
AuditRuleType

このオブジェクトの監査規則を表す Type を取得します。Gets the Type that represents an audit rule for this object.

GroupModified

セキュリティ保護可能なオブジェクトと関連付けられているグループが変更されているかどうかを指定するブール値を取得または設定します。Gets or sets a Boolean value that specifies whether the group associated with the securable object has been modified.

(継承元 ObjectSecurity)
IsContainer

この ObjectSecurity オブジェクトがコンテナー オブジェクトかどうかを指定するブール値を取得します。Gets a Boolean value that specifies whether this ObjectSecurity object is a container object.

(継承元 ObjectSecurity)
IsDS

この ObjectSecurity オブジェクトがディレクトリ オブジェクトかどうかを指定するブール値を取得します。Gets a Boolean value that specifies whether this ObjectSecurity object is a directory object.

(継承元 ObjectSecurity)
OwnerModified

セキュリティ保護可能なオブジェクトの所有者が変更されているかどうかを指定するブール値を取得または設定します。Gets or sets a Boolean value that specifies whether the owner of the securable object has been modified.

(継承元 ObjectSecurity)
SecurityDescriptor

このインスタンスのセキュリティ記述子を取得します。Gets the security descriptor for this instance.

(継承元 ObjectSecurity)

メソッド

AccessRuleFactory(IdentityReference, Int32, Boolean, InheritanceFlags, PropagationFlags, AccessControlType)

指定した値を使用して、AccessRule オブジェクトを作成します。Creates an AccessRule object with the specified values.

AccessRuleFactory(IdentityReference, Int32, Boolean, InheritanceFlags, PropagationFlags, AccessControlType, Guid, Guid)

指定した値を使用して、AccessRule オブジェクトを作成します。Creates an AccessRule object with the specified values.

AddAccessRule(ActiveDirectoryAccessRule)

アクセス規則をオブジェクトの DACL に追加します。Adds an access rule to the DACL of an object.

AddAccessRule(ObjectAccessRule)

指定したアクセス規則を、この DirectoryObjectSecurity オブジェクトに関連付けられた随意アクセス制御リスト (DACL: Discretionary Access Control List) に追加します。Adds the specified access rule to the Discretionary Access Control List (DACL) associated with this DirectoryObjectSecurity object.

(継承元 DirectoryObjectSecurity)
AddAuditRule(ActiveDirectoryAuditRule)

監査規則をオブジェクトの SACL に追加します。Adds an audit rule to the SACL of an object.

AddAuditRule(ObjectAuditRule)

指定した監査規則を、この DirectoryObjectSecurity オブジェクトに関連付けられたシステム アクセス制御リスト (SACL: System Access Control List) に追加します。Adds the specified audit rule to the System Access Control List (SACL) associated with this DirectoryObjectSecurity object.

(継承元 DirectoryObjectSecurity)
AuditRuleFactory(IdentityReference, Int32, Boolean, InheritanceFlags, PropagationFlags, AuditFlags)

指定した値を使用して、AuditRule オブジェクトを作成します。Creates an AuditRule object with the specified values.

AuditRuleFactory(IdentityReference, Int32, Boolean, InheritanceFlags, PropagationFlags, AuditFlags, Guid, Guid)

指定した値を使用して、AuditRule オブジェクトを作成します。Creates an AuditRule object with the specified values.

Equals(Object)

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判定します。Determines whether the specified object is equal to the current object.

(継承元 Object)
GetAccessRules(Boolean, Boolean, Type)

指定したセキュリティ識別子に関連付けられたアクセス規則のコレクションを取得します。Gets a collection of the access rules associated with the specified security identifier.

(継承元 DirectoryObjectSecurity)
GetAuditRules(Boolean, Boolean, Type)

指定したセキュリティ識別子に関連付けられた監査規則のコレクションを取得します。Gets a collection of the audit rules associated with the specified security identifier.

(継承元 DirectoryObjectSecurity)
GetGroup(Type)

指定された所有者に関連付けられているプライマリ グループを取得します。Gets the primary group associated with the specified owner.

(継承元 ObjectSecurity)
GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。Serves as the default hash function.

(継承元 Object)
GetOwner(Type)

指定されたプライマリ グループに関連付けられている所有者を取得します。Gets the owner associated with the specified primary group.

(継承元 ObjectSecurity)
GetSecurityDescriptorBinaryForm()

この ObjectSecurity オブジェクトに関するセキュリティ記述子の情報を表すバイト値の配列を返します。Returns an array of byte values that represents the security descriptor information for this ObjectSecurity object.

(継承元 ObjectSecurity)
GetSecurityDescriptorSddlForm(AccessControlSections)

ObjectSecurity オブジェクトに関連付けられているセキュリティ記述子の指定したセクションにあるセキュリティ記述子定義言語 (SDDL) 表現を返します。Returns the Security Descriptor Definition Language (SDDL) representation of the specified sections of the security descriptor associated with this ObjectSecurity object.

(継承元 ObjectSecurity)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。Gets the Type of the current instance.

(継承元 Object)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current Object.

(継承元 Object)
ModifyAccess(AccessControlModification, AccessRule, Boolean)

この DirectoryObjectSecurity オブジェクトに関連付けられている随意アクセス制御リスト (DACL) への指定された変更を適用します。Applies the specified modification to the Discretionary Access Control List (DACL) associated with this DirectoryObjectSecurity object.

(継承元 DirectoryObjectSecurity)
ModifyAccessRule(AccessControlModification, AccessRule, Boolean)

指定した変更を指定した AccessRule に適用します。Applies the specified modification to the specified AccessRule.

ModifyAudit(AccessControlModification, AuditRule, Boolean)

指定された変更を、この DirectoryObjectSecurity オブジェクトに関連付けられているシステム アクセス制御リスト (SACL) に適用します。Applies the specified modification to the System Access Control List (SACL) associated with this DirectoryObjectSecurity object.

(継承元 DirectoryObjectSecurity)
ModifyAuditRule(AccessControlModification, AuditRule, Boolean)

指定した変更を指定した AuditRule に適用します。Applies the specified modification to the specified AuditRule.

Persist(Boolean, String, AccessControlSections)

この ObjectSecurity オブジェクトに関連付けられたセキュリティ記述子の指定されたセクションを、永続ストレージに保存します。Saves the specified sections of the security descriptor associated with this ObjectSecurity object to permanent storage. コンストラクターと persist メソッドに渡される includeSections パラメーターの値を同一にすることをお勧めします。We recommend that the values of the includeSections parameters passed to the constructor and persist methods be identical.

(継承元 ObjectSecurity)
Persist(SafeHandle, AccessControlSections)

この ObjectSecurity オブジェクトに関連付けられたセキュリティ記述子の指定されたセクションを、永続ストレージに保存します。Saves the specified sections of the security descriptor associated with this ObjectSecurity object to permanent storage. コンストラクターと persist メソッドに渡される includeSections パラメーターの値を同一にすることをお勧めします。We recommend that the values of the includeSections parameters passed to the constructor and persist methods be identical.

(継承元 ObjectSecurity)
Persist(String, AccessControlSections)

この ObjectSecurity オブジェクトに関連付けられたセキュリティ記述子の指定されたセクションを、永続ストレージに保存します。Saves the specified sections of the security descriptor associated with this ObjectSecurity object to permanent storage. コンストラクターと persist メソッドに渡される includeSections パラメーターの値を同一にすることをお勧めします。We recommend that the values of the includeSections parameters passed to the constructor and persist methods be identical.

(継承元 ObjectSecurity)
PurgeAccessRules(IdentityReference)

指定した IdentityReference と関連付けられているすべてのアクセス規則をすべて削除します。Removes all access rules associated with the specified IdentityReference.

PurgeAuditRules(IdentityReference)

指定した IdentityReference と関連付けられている監査規則をすべて削除します。Removes all audit rules associated with the specified IdentityReference.

ReadLock()

読み取りアクセス用のこの ObjectSecurity オブジェクトをロックします。Locks this ObjectSecurity object for read access.

(継承元 ObjectSecurity)
ReadUnlock()

読み取りアクセス用のこの ObjectSecurity オブジェクトをロック解除します。Unlocks this ObjectSecurity object for read access.

(継承元 ObjectSecurity)
RemoveAccess(IdentityReference, AccessControlType)

指定した IdentityReference オブジェクトと AccessControlType オブジェクトを持つすべてのアクセス規則を、オブジェクトの DACL から削除します。Removes all access rules that have the specified IdentityReference object and AccessControlType object from the DACL of an object.

RemoveAccessRule(ActiveDirectoryAccessRule)

指定したアクセス規則と同じセキュリティ識別子とアクセス マスクを含むすべてのアクセス規則を、オブジェクトの DACL から削除します。Removes all access rules that contain the same security identifier and access mask as the specified access rule from the DACL of an object.

RemoveAccessRule(ObjectAccessRule)

指定したアクセス規則と同じセキュリティ識別子とアクセス マスクを含むアクセス規則を、この DirectoryObjectSecurity オブジェクトに関連付けられた随意アクセス制御リスト (DACL: Discretionary Access Control List) から削除します。Removes access rules that contain the same security identifier and access mask as the specified access rule from the Discretionary Access Control List (DACL) associated with this DirectoryObjectSecurity object.

(継承元 DirectoryObjectSecurity)
RemoveAccessRuleAll(ObjectAccessRule)

指定したアクセス規則と同じセキュリティ識別子を含むすべてのアクセス規則を、この DirectoryObjectSecurity オブジェクトに関連付けられた随意アクセス制御リスト (DACL: Discretionary Access Control List) から削除します。Removes all access rules that have the same security identifier as the specified access rule from the Discretionary Access Control List (DACL) associated with this DirectoryObjectSecurity object.

(継承元 DirectoryObjectSecurity)
RemoveAccessRuleSpecific(ActiveDirectoryAccessRule)

指定したアクセス規則と完全に一致するすべてのアクセス規則を、オブジェクトの DACL から削除します。Removes all access rules that exactly match the specified access rule from the DACL of an object.

RemoveAccessRuleSpecific(ObjectAccessRule)

指定したアクセス規則と完全に一致するすべてのアクセス規則を、この DirectoryObjectSecurity オブジェクトに関連付けられた随意アクセス制御リスト (DACL: Discretionary Access Control List) から削除します。Removes all access rules that exactly match the specified access rule from the Discretionary Access Control List (DACL) associated with this DirectoryObjectSecurity object.

(継承元 DirectoryObjectSecurity)
RemoveAudit(IdentityReference)

指定した IdentityReference オブジェクトを持つすべての監査規則を、オブジェクトの SACL から削除します。Removes all audit rules that have the specified IdentityReference object from the SACL of an object.

RemoveAuditRule(ActiveDirectoryAuditRule)

指定した監査規則と同じセキュリティ識別子とアクセス マスクを含むすべての監査規則を、オブジェクトのシステム アクセス制御リスト (SACL: System Access Control List) から削除します。Removes all audit rules that contain the same security identifier and access mask as the specified audit rule from the System Access Control List (SACL) of an object.

RemoveAuditRule(ObjectAuditRule)

指定した監査規則と同じセキュリティ識別子とアクセス マスクを含む監査規則を、この CommonObjectSecurity オブジェクトに関連付けられたシステム アクセス制御リスト (SACL: System Access Control List) から削除します。Removes audit rules that contain the same security identifier and access mask as the specified audit rule from the System Access Control List (SACL) associated with this CommonObjectSecurity object.

(継承元 DirectoryObjectSecurity)
RemoveAuditRuleAll(ObjectAuditRule)

指定した監査規則と同じセキュリティ識別子を含むすべての監査規則を、この DirectoryObjectSecurity オブジェクトに関連付けられたシステム アクセス制御リスト (SACL: System Access Control List) から削除します。Removes all audit rules that have the same security identifier as the specified audit rule from the System Access Control List (SACL) associated with this DirectoryObjectSecurity object.

(継承元 DirectoryObjectSecurity)
RemoveAuditRuleSpecific(ActiveDirectoryAuditRule)

指定した監査規則と完全に一致するすべての監査規則を、オブジェクトの SACL から削除します。Removes all audit rules that exactly match the specified audit rule from the SACL of an object.

RemoveAuditRuleSpecific(ObjectAuditRule)

指定した監査規則と完全に一致するすべての監査規則を、この DirectoryObjectSecurity オブジェクトに関連付けられたシステム アクセス制御リスト (SACL: System Access Control List) から削除します。Removes all audit rules that exactly match the specified audit rule from the System Access Control List (SACL) associated with this DirectoryObjectSecurity object.

(継承元 DirectoryObjectSecurity)
ResetAccessRule(ActiveDirectoryAccessRule)

rule オブジェクトで指定されたセキュリティ識別子 (SID) に一致する SID を含んだすべてのアクセス規則でオブジェクトの DACL を検索し、それらのすべてのアクセス規則を rule オブジェクトに格納されたアクセス規則に置き換えます。Searches an object's DACL for all access rules that contain a security identifier (SID) that matches the SID specified in the rule object, and replaces all of those access rules with the access rules that are contained in the rule object.

ResetAccessRule(ObjectAccessRule)

この DirectoryObjectSecurity オブジェクトに関連付けられた随意アクセス制御リスト (DACL: Discretionary Access Control List) 内のすべてのアクセス規則を削除し、指定したアクセス規則を追加します。Removes all access rules in the Discretionary Access Control List (DACL) associated with this DirectoryObjectSecurity object and then adds the specified access rule.

(継承元 DirectoryObjectSecurity)
SetAccessRule(ActiveDirectoryAccessRule)

rule オブジェクトで指定されたセキュリティ識別子 (SID) に一致する SID と、rule オブジェクトで指定された種類に一致するアクセス制御の種類 (許可または拒否) を含んだすべてのアクセス規則でオブジェクトの DACL を検索し、それらのすべてのアクセス規則を rule オブジェクトに格納されたアクセス規則に置き換えます。Searches an object's DACL for all access rules that contain a security identifier (SID) that matches the SID specified in the rule object, and an access control type (Allow or Deny) that matches the type specified in the rule object, and replaces all of those access rules with the access rules that are contained in the rule object.

SetAccessRule(ObjectAccessRule)

指定したアクセス規則と同じセキュリティ識別子と修飾子を含むすべてのアクセス規則を、この DirectoryObjectSecurity オブジェクトに関連付けられた随意アクセス制御リスト (DACL: Discretionary Access Control List) から削除し、指定したアクセス規則を追加します。Removes all access rules that contain the same security identifier and qualifier as the specified access rule in the Discretionary Access Control List (DACL) associated with this DirectoryObjectSecurity object and then adds the specified access rule.

(継承元 DirectoryObjectSecurity)
SetAccessRuleProtection(Boolean, Boolean)

この ObjectSecurity オブジェクトに関連付けられたアクセス規則の保護を設定または削除します。Sets or removes protection of the access rules associated with this ObjectSecurity object. 保護されたアクセス規則を親オブジェクトが継承によって変更することはできません。Protected access rules cannot be modified by parent objects through inheritance.

(継承元 ObjectSecurity)
SetAuditRule(ActiveDirectoryAuditRule)

オブジェクトの SACL の指定した監査規則と同じセキュリティ識別子を含むすべての監査規則を、指定した監査規則に置き換えます。Replaces all audit rules that contain the same security identifier as the specified audit rule in the SACL of an object with the specified audit rule.

SetAuditRule(ObjectAuditRule)

指定した監査規則と同じセキュリティ識別子と修飾子を含むすべての監査規則を、この DirectoryObjectSecurity オブジェクトに関連付けられたシステム アクセス制御リスト (SACL: System Access Control List) から削除し、指定した監査規則を追加します。Removes all audit rules that contain the same security identifier and qualifier as the specified audit rule in the System Access Control List (SACL) associated with this DirectoryObjectSecurity object and then adds the specified audit rule.

(継承元 DirectoryObjectSecurity)
SetAuditRuleProtection(Boolean, Boolean)

この ObjectSecurity オブジェクトに関連付けられた監査規則の保護を設定または削除します。Sets or removes protection of the audit rules associated with this ObjectSecurity object. 保護された監査規則は、親オブジェクトによる継承によって変更できません。Protected audit rules cannot be modified by parent objects through inheritance.

(継承元 ObjectSecurity)
SetGroup(IdentityReference)

この ObjectSecurity オブジェクトに関連付けられているセキュリティ記述子のプライマリ グループを設定します。Sets the primary group for the security descriptor associated with this ObjectSecurity object.

(継承元 ObjectSecurity)
SetOwner(IdentityReference)

このObjectSecurity オブジェクトに関連付けられているセキュリティ記述子の所有者を設定します。Sets the owner for the security descriptor associated with this ObjectSecurity object.

(継承元 ObjectSecurity)
SetSecurityDescriptorBinaryForm(Byte[])

バイト値の指定された配列から、この ObjectSecurity オブジェクトに関するセキュリティ記述子を設定します。Sets the security descriptor for this ObjectSecurity object from the specified array of byte values.

(継承元 ObjectSecurity)
SetSecurityDescriptorBinaryForm(Byte[], AccessControlSections)

バイト値の指定された配列から、この ObjectSecurity オブジェクトに関するセキュリティ記述子の指定されたセクションを設定します。Sets the specified sections of the security descriptor for this ObjectSecurity object from the specified array of byte values.

(継承元 ObjectSecurity)
SetSecurityDescriptorSddlForm(String)

指定したセキュリティ記述子定義言語 (SDDL) 文字列から、ObjectSecurity オブジェクトのセキュリティ記述子を設定します。Sets the security descriptor for this ObjectSecurity object from the specified Security Descriptor Definition Language (SDDL) string.

(継承元 ObjectSecurity)
SetSecurityDescriptorSddlForm(String, AccessControlSections)

指定したセキュリティ記述子定義言語 (SDDL) 文字列から、ObjectSecurity オブジェクトのセキュリティ記述子の指定したセクションを設定します。Sets the specified sections of the security descriptor for this ObjectSecurity object from the specified Security Descriptor Definition Language (SDDL) string.

(継承元 ObjectSecurity)
ToString()

現在のオブジェクトを表す string を返します。Returns a string that represents the current object.

(継承元 Object)
WriteLock()

書き込みアクセス用のこの ObjectSecurity オブジェクトをロックします。Locks this ObjectSecurity object for write access.

(継承元 ObjectSecurity)
WriteUnlock()

書き込みアクセス用にこの ObjectSecurity オブジェクトのロックを解除します。Unlocks this ObjectSecurity object for write access.

(継承元 ObjectSecurity)

適用対象

こちらもご覧ください