Graphics.EnumerateMetafile メソッド

定義

指定した Metafile のレコードをコールバック メソッドに一度に 1 つずつ送信して、指定した点に表示します。Sends the records in the specified Metafile, one at a time, to a callback method for display at a specified point.

オーバーロード

EnumerateMetafile(Metafile, PointF, RectangleF, GraphicsUnit, Graphics+EnumerateMetafileProc, IntPtr)

Metafile から選択した四角形内のレコードをコールバック メソッドに一度に 1 つずつ送信して、指定した点に表示します。Sends the records in a selected rectangle from a Metafile, one at a time, to a callback method for display at a specified point.

EnumerateMetafile(Metafile, Rectangle, Graphics+EnumerateMetafileProc, IntPtr, ImageAttributes)

指定したイメージ属性を使用して、指定した Metafile のレコードをコールバック メソッドに一度に 1 つずつ送信して、指定した四角形内に表示します。Sends the records of the specified Metafile, one at a time, to a callback method for display in a specified rectangle using specified image attributes.

EnumerateMetafile(Metafile, Rectangle, Rectangle, GraphicsUnit, Graphics+EnumerateMetafileProc)

Metafile から選択した四角形内のレコードをコールバック メソッドに一度に 1 つずつ送信して、指定した四角形内に表示します。Sends the records of a selected rectangle from a Metafile, one at a time, to a callback method for display in a specified rectangle.

EnumerateMetafile(Metafile, RectangleF, Graphics+EnumerateMetafileProc, IntPtr, ImageAttributes)

指定したイメージ属性を使用して、指定した Metafile のレコードをコールバック メソッドに一度に 1 つずつ送信して、指定した四角形内に表示します。Sends the records of the specified Metafile, one at a time, to a callback method for display in a specified rectangle using specified image attributes.

EnumerateMetafile(Metafile, RectangleF, RectangleF, GraphicsUnit, Graphics+EnumerateMetafileProc)

Metafile から選択した四角形内のレコードをコールバック メソッドに一度に 1 つずつ送信して、指定した四角形内に表示します。Sends the records of a selected rectangle from a Metafile, one at a time, to a callback method for display in a specified rectangle.

EnumerateMetafile(Metafile, Point, Rectangle, GraphicsUnit, Graphics+EnumerateMetafileProc, IntPtr)

Metafile から選択した四角形内のレコードをコールバック メソッドに一度に 1 つずつ送信して、指定した点に表示します。Sends the records in a selected rectangle from a Metafile, one at a time, to a callback method for display at a specified point.

EnumerateMetafile(Metafile, Point[], Rectangle, GraphicsUnit, Graphics+EnumerateMetafileProc, IntPtr)

Metafile から選択した四角形内のレコードをコールバック メソッドに一度に 1 つずつ送信して、指定した平行四辺形内に表示します。Sends the records in a selected rectangle from a Metafile, one at a time, to a callback method for display in a specified parallelogram.

EnumerateMetafile(Metafile, PointF[], RectangleF, GraphicsUnit, Graphics+EnumerateMetafileProc, IntPtr)

Metafile から選択した四角形内のレコードをコールバック メソッドに一度に 1 つずつ送信して、指定した平行四辺形内に表示します。Sends the records in a selected rectangle from a Metafile, one at a time, to a callback method for display in a specified parallelogram.

EnumerateMetafile(Metafile, PointF[], RectangleF, GraphicsUnit, Graphics+EnumerateMetafileProc, IntPtr, ImageAttributes)

指定したイメージ属性を使用して、Metafile から選択された四角形のレコードをコールバック メソッドに一度に 1 つずつ送信して、指定した平行四辺形内に表示します。Sends the records in a selected rectangle from a Metafile, one at a time, to a callback method for display in a specified parallelogram using specified image attributes.

EnumerateMetafile(Metafile, RectangleF, RectangleF, GraphicsUnit, Graphics+EnumerateMetafileProc, IntPtr)

Metafile から選択した四角形内のレコードをコールバック メソッドに一度に 1 つずつ送信して、指定した四角形内に表示します。Sends the records of a selected rectangle from a Metafile, one at a time, to a callback method for display in a specified rectangle.

EnumerateMetafile(Metafile, Point, Rectangle, GraphicsUnit, Graphics+EnumerateMetafileProc, IntPtr, ImageAttributes)

指定したイメージ属性を使用して、Metafile から選択された四角形のレコードをコールバック メソッドに一度に 1 つずつ送信して、指定した点に表示します。Sends the records in a selected rectangle from a Metafile, one at a time, to a callback method for display at a specified point using specified image attributes.

EnumerateMetafile(Metafile, Point[], Rectangle, GraphicsUnit, Graphics+EnumerateMetafileProc, IntPtr, ImageAttributes)

指定したイメージ属性を使用して、Metafile から選択された四角形のレコードをコールバック メソッドに一度に 1 つずつ送信して、指定した平行四辺形内に表示します。Sends the records in a selected rectangle from a Metafile, one at a time, to a callback method for display in a specified parallelogram using specified image attributes.

EnumerateMetafile(Metafile, PointF, RectangleF, GraphicsUnit, Graphics+EnumerateMetafileProc, IntPtr, ImageAttributes)

指定したイメージ属性を使用して、Metafile から選択された四角形のレコードをコールバック メソッドに一度に 1 つずつ送信して、指定した点に表示します。Sends the records in a selected rectangle from a Metafile, one at a time, to a callback method for display at a specified point using specified image attributes.

EnumerateMetafile(Metafile, PointF[], RectangleF, GraphicsUnit, Graphics+EnumerateMetafileProc)

Metafile から選択した四角形内のレコードをコールバック メソッドに一度に 1 つずつ送信して、指定した平行四辺形内に表示します。Sends the records in a selected rectangle from a Metafile, one at a time, to a callback method for display in a specified parallelogram.

EnumerateMetafile(Metafile, Rectangle, Rectangle, GraphicsUnit, Graphics+EnumerateMetafileProc, IntPtr, ImageAttributes)

指定したイメージ属性を使用して、Metafile から選択された四角形のレコードをコールバック メソッドに一度に 1 つずつ送信して、指定した四角形内に表示します。Sends the records of a selected rectangle from a Metafile, one at a time, to a callback method for display in a specified rectangle using specified image attributes.

EnumerateMetafile(Metafile, RectangleF, RectangleF, GraphicsUnit, Graphics+EnumerateMetafileProc, IntPtr, ImageAttributes)

指定したイメージ属性を使用して、Metafile から選択された四角形のレコードをコールバック メソッドに一度に 1 つずつ送信して、指定した四角形内に表示します。Sends the records of a selected rectangle from a Metafile, one at a time, to a callback method for display in a specified rectangle using specified image attributes.

EnumerateMetafile(Metafile, Rectangle, Rectangle, GraphicsUnit, Graphics+EnumerateMetafileProc, IntPtr)

Metafile から選択した四角形内のレコードをコールバック メソッドに一度に 1 つずつ送信して、指定した四角形内に表示します。Sends the records of a selected rectangle from a Metafile, one at a time, to a callback method for display in a specified rectangle.

EnumerateMetafile(Metafile, PointF[], Graphics+EnumerateMetafileProc, IntPtr, ImageAttributes)

指定したイメージ属性を使用して、指定した Metafile のレコードをコールバック メソッドに一度に 1 つずつ送信して、指定した平行四辺形に表示します。Sends the records in the specified Metafile, one at a time, to a callback method for display in a specified parallelogram using specified image attributes.

EnumerateMetafile(Metafile, Point[], Rectangle, GraphicsUnit, Graphics+EnumerateMetafileProc)

Metafile から選択した四角形内のレコードをコールバック メソッドに一度に 1 つずつ送信して、指定した平行四辺形内に表示します。Sends the records in a selected rectangle from a Metafile, one at a time, to a callback method for display in a specified parallelogram.

EnumerateMetafile(Metafile, PointF, Graphics+EnumerateMetafileProc, IntPtr, ImageAttributes)

指定したイメージ属性を使用して、指定した Metafile のレコードをコールバック メソッドに一度に 1 つずつ送信して、指定した点に表示します。Sends the records in the specified Metafile, one at a time, to a callback method for display at a specified point using specified image attributes.

EnumerateMetafile(Metafile, Point, Graphics+EnumerateMetafileProc)

指定した Metafile のレコードをコールバック メソッドに一度に 1 つずつ送信して、指定した点に表示します。Sends the records in the specified Metafile, one at a time, to a callback method for display at a specified point.

EnumerateMetafile(Metafile, Point[], Graphics+EnumerateMetafileProc)

指定した Metafile のレコードをコールバック メソッドに一度に 1 つずつ送信して、指定した平行四辺形内に表示します。Sends the records in the specified Metafile, one at a time, to a callback method for display in a specified parallelogram.

EnumerateMetafile(Metafile, PointF, Graphics+EnumerateMetafileProc)

指定した Metafile のレコードをコールバック メソッドに一度に 1 つずつ送信して、指定した点に表示します。Sends the records in the specified Metafile, one at a time, to a callback method for display at a specified point.

EnumerateMetafile(Metafile, PointF[], Graphics+EnumerateMetafileProc)

指定した Metafile のレコードをコールバック メソッドに一度に 1 つずつ送信して、指定した平行四辺形内に表示します。Sends the records in the specified Metafile, one at a time, to a callback method for display in a specified parallelogram.

EnumerateMetafile(Metafile, RectangleF, Graphics+EnumerateMetafileProc)

指定した Metafile のレコードをコールバック メソッドに一度に 1 つずつ送信して、指定した四角形内に表示します。Sends the records of the specified Metafile, one at a time, to a callback method for display in a specified rectangle.

EnumerateMetafile(Metafile, Point, Graphics+EnumerateMetafileProc, IntPtr)

指定した Metafile のレコードをコールバック メソッドに一度に 1 つずつ送信して、指定した点に表示します。Sends the records in the specified Metafile, one at a time, to a callback method for display at a specified point.

EnumerateMetafile(Metafile, Point[], Graphics+EnumerateMetafileProc, IntPtr)

指定した Metafile のレコードをコールバック メソッドに一度に 1 つずつ送信して、指定した平行四辺形内に表示します。Sends the records in the specified Metafile, one at a time, to a callback method for display in a specified parallelogram.

EnumerateMetafile(Metafile, Rectangle, Graphics+EnumerateMetafileProc)

指定した Metafile のレコードをコールバック メソッドに一度に 1 つずつ送信して、指定した四角形内に表示します。Sends the records of the specified Metafile, one at a time, to a callback method for display in a specified rectangle.

EnumerateMetafile(Metafile, PointF[], Graphics+EnumerateMetafileProc, IntPtr)

指定した Metafile のレコードをコールバック メソッドに一度に 1 つずつ送信して、指定した平行四辺形内に表示します。Sends the records in the specified Metafile, one at a time, to a callback method for display in a specified parallelogram.

EnumerateMetafile(Metafile, Rectangle, Graphics+EnumerateMetafileProc, IntPtr)

指定した Metafile のレコードをコールバック メソッドに一度に 1 つずつ送信して、指定した四角形内に表示します。Sends the records of the specified Metafile, one at a time, to a callback method for display in a specified rectangle.

EnumerateMetafile(Metafile, RectangleF, Graphics+EnumerateMetafileProc, IntPtr)

指定した Metafile のレコードをコールバック メソッドに一度に 1 つずつ送信して、指定した四角形内に表示します。Sends the records of the specified Metafile, one at a time, to a callback method for display in a specified rectangle.

EnumerateMetafile(Metafile, Point, Graphics+EnumerateMetafileProc, IntPtr, ImageAttributes)

指定したイメージ属性を使用して、指定した Metafile のレコードをコールバック メソッドに一度に 1 つずつ送信して、指定した点に表示します。Sends the records in the specified Metafile, one at a time, to a callback method for display at a specified point using specified image attributes.

EnumerateMetafile(Metafile, Point, Rectangle, GraphicsUnit, Graphics+EnumerateMetafileProc)

Metafile から選択した四角形内のレコードをコールバック メソッドに一度に 1 つずつ送信して、指定した点に表示します。Sends the records in a selected rectangle from a Metafile, one at a time, to a callback method for display at a specified point.

EnumerateMetafile(Metafile, Point[], Graphics+EnumerateMetafileProc, IntPtr, ImageAttributes)

指定したイメージ属性を使用して、指定した Metafile のレコードをコールバック メソッドに一度に 1 つずつ送信して、指定した平行四辺形に表示します。Sends the records in the specified Metafile, one at a time, to a callback method for display in a specified parallelogram using specified image attributes.

EnumerateMetafile(Metafile, PointF, RectangleF, GraphicsUnit, Graphics+EnumerateMetafileProc)

Metafile から選択した四角形内のレコードをコールバック メソッドに一度に 1 つずつ送信して、指定した点に表示します。Sends the records in a selected rectangle from a Metafile, one at a time, to a callback method for display at a specified point.

EnumerateMetafile(Metafile, PointF, Graphics+EnumerateMetafileProc, IntPtr)

指定した Metafile のレコードをコールバック メソッドに一度に 1 つずつ送信して、指定した点に表示します。Sends the records in the specified Metafile, one at a time, to a callback method for display at a specified point.

EnumerateMetafile(Metafile, PointF, RectangleF, GraphicsUnit, Graphics+EnumerateMetafileProc, IntPtr)

Metafile から選択した四角形内のレコードをコールバック メソッドに一度に 1 つずつ送信して、指定した点に表示します。Sends the records in a selected rectangle from a Metafile, one at a time, to a callback method for display at a specified point.

public:
 void EnumerateMetafile(System::Drawing::Imaging::Metafile ^ metafile, System::Drawing::PointF destPoint, System::Drawing::RectangleF srcRect, System::Drawing::GraphicsUnit srcUnit, System::Drawing::Graphics::EnumerateMetafileProc ^ callback, IntPtr callbackData);
public void EnumerateMetafile (System.Drawing.Imaging.Metafile metafile, System.Drawing.PointF destPoint, System.Drawing.RectangleF srcRect, System.Drawing.GraphicsUnit srcUnit, System.Drawing.Graphics.EnumerateMetafileProc callback, IntPtr callbackData);
member this.EnumerateMetafile : System.Drawing.Imaging.Metafile * System.Drawing.PointF * System.Drawing.RectangleF * System.Drawing.GraphicsUnit * System.Drawing.Graphics.EnumerateMetafileProc * nativeint -> unit

パラメーター

metafile
Metafile

列挙する MetafileMetafile to enumerate.

destPoint
PointF

描画するメタファイルの左上隅の位置を指定する PointF 構造体。PointF structure that specifies the location of the upper-left corner of the drawn metafile.

srcRect
RectangleF

左上隅を基準に相対的に、描画するメタファイルの部分を指定する RectangleF 構造体。RectangleF structure that specifies the portion of the metafile, relative to its upper-left corner, to draw.

srcUnit
GraphicsUnit

GraphicsUnit パラメーターで指定された四角形に含まれるメタファイルの部分の決定に使用される単位を指定する srcRect 列挙体のメンバー。Member of the GraphicsUnit enumeration that specifies the unit of measure used to determine the portion of the metafile that the rectangle specified by the srcRect parameter contains.

callback
Graphics.EnumerateMetafileProc

メタファイル レコードの送信先のメソッドを指定する Graphics.EnumerateMetafileProc デリゲート。Graphics.EnumerateMetafileProc delegate that specifies the method to which the metafile records are sent.

callbackData
IntPtr

必須だが無視される内部ポインター。Internal pointer that is required, but ignored. このパラメーターには、Zero を渡すことができます。You can pass Zero for this parameter.

コード例については、「EnumerateMetafile(Metafile, Point, Graphics+EnumerateMetafileProc)」を参照してください。For a code example, see EnumerateMetafile(Metafile, Point, Graphics+EnumerateMetafileProc).

注釈

このメソッドは、指定したメタファイルに格納されているレコードを列挙します。This method enumerates the records contained in the specified metafile. 各レコードは、callback パラメーターによって指定されたコールバックメソッドに個別に送信されます。Each record is individually sent to a callback method specified by the callback parameter. 通常、コールバックメソッドは、PlayRecord メソッドを呼び出して、レコードを "再生" または描画します。Typically, the callback method calls the PlayRecord method to "play back", or draw, the record.

コールバックメソッドが PlayRecordを呼び出す場合は、列挙されている特定の MetafilePlayRecord メソッドを呼び出すことによって呼び出す必要があります。If the callback method calls PlayRecord, it must do so by calling the PlayRecord method of the specific Metafile that is being enumerated.

srcRect パラメーターで指定された四角形の外側で実行される描画はすべて無視されます。Any drawing that takes place outside of the rectangle specified by the srcRect parameter is ignored.

こちらもご覧ください

EnumerateMetafile(Metafile, Rectangle, Graphics+EnumerateMetafileProc, IntPtr, ImageAttributes)

指定したイメージ属性を使用して、指定した Metafile のレコードをコールバック メソッドに一度に 1 つずつ送信して、指定した四角形内に表示します。Sends the records of the specified Metafile, one at a time, to a callback method for display in a specified rectangle using specified image attributes.

public:
 void EnumerateMetafile(System::Drawing::Imaging::Metafile ^ metafile, System::Drawing::Rectangle destRect, System::Drawing::Graphics::EnumerateMetafileProc ^ callback, IntPtr callbackData, System::Drawing::Imaging::ImageAttributes ^ imageAttr);
public void EnumerateMetafile (System.Drawing.Imaging.Metafile metafile, System.Drawing.Rectangle destRect, System.Drawing.Graphics.EnumerateMetafileProc callback, IntPtr callbackData, System.Drawing.Imaging.ImageAttributes imageAttr);
member this.EnumerateMetafile : System.Drawing.Imaging.Metafile * System.Drawing.Rectangle * System.Drawing.Graphics.EnumerateMetafileProc * nativeint * System.Drawing.Imaging.ImageAttributes -> unit

パラメーター

metafile
Metafile

列挙する MetafileMetafile to enumerate.

destRect
Rectangle

描画するメタファイルの位置とサイズを指定する Rectangle 構造体。Rectangle structure that specifies the location and size of the drawn metafile.

callback
Graphics.EnumerateMetafileProc

メタファイル レコードの送信先のメソッドを指定する Graphics.EnumerateMetafileProc デリゲート。Graphics.EnumerateMetafileProc delegate that specifies the method to which the metafile records are sent.

callbackData
IntPtr

必須だが無視される内部ポインター。Internal pointer that is required, but ignored. このパラメーターには、Zero を渡すことができます。You can pass Zero for this parameter.

imageAttr
ImageAttributes

描画イメージのイメージ属性情報を指定する ImageAttributesImageAttributes that specifies image attribute information for the drawn image.

コード例については、「EnumerateMetafile(Metafile, Point, Graphics+EnumerateMetafileProc)」を参照してください。For a code example, see EnumerateMetafile(Metafile, Point, Graphics+EnumerateMetafileProc).

注釈

このメソッドは、指定したメタファイルに格納されているレコードを列挙します。This method enumerates the records contained in the specified metafile. 各レコードは、callback パラメーターによって指定されたコールバックメソッドに個別に送信されます。Each record is individually sent to a callback method specified by the callback parameter. 通常、コールバックメソッドは、PlayRecord メソッドを呼び出して、レコードを "再生" または描画します。Typically, the callback method calls the PlayRecord method to "play back", or draw, the record.

コールバックメソッドが PlayRecordを呼び出す場合は、列挙されている特定の MetafilePlayRecord メソッドを呼び出すことによって呼び出す必要があります。If the callback method calls PlayRecord, it must do so by calling the PlayRecord method of the specific Metafile that is being enumerated.

imageAttr パラメーターによって指定されたイメージ属性は、メタファイルが書き込まれたときに指定された属性を置き換えます。The image attributes specified by the imageAttr parameter replace those specified when the metafile was written.

こちらもご覧ください

EnumerateMetafile(Metafile, Rectangle, Rectangle, GraphicsUnit, Graphics+EnumerateMetafileProc)

Metafile から選択した四角形内のレコードをコールバック メソッドに一度に 1 つずつ送信して、指定した四角形内に表示します。Sends the records of a selected rectangle from a Metafile, one at a time, to a callback method for display in a specified rectangle.

public:
 void EnumerateMetafile(System::Drawing::Imaging::Metafile ^ metafile, System::Drawing::Rectangle destRect, System::Drawing::Rectangle srcRect, System::Drawing::GraphicsUnit srcUnit, System::Drawing::Graphics::EnumerateMetafileProc ^ callback);
public void EnumerateMetafile (System.Drawing.Imaging.Metafile metafile, System.Drawing.Rectangle destRect, System.Drawing.Rectangle srcRect, System.Drawing.GraphicsUnit srcUnit, System.Drawing.Graphics.EnumerateMetafileProc callback);
member this.EnumerateMetafile : System.Drawing.Imaging.Metafile * System.Drawing.Rectangle * System.Drawing.Rectangle * System.Drawing.GraphicsUnit * System.Drawing.Graphics.EnumerateMetafileProc -> unit

パラメーター

metafile
Metafile

列挙する MetafileMetafile to enumerate.

destRect
Rectangle

描画するメタファイルの位置とサイズを指定する Rectangle 構造体。Rectangle structure that specifies the location and size of the drawn metafile.

srcRect
Rectangle

左上隅を基準に相対的に、描画するメタファイルの部分を指定する Rectangle 構造体。Rectangle structure that specifies the portion of the metafile, relative to its upper-left corner, to draw.

srcUnit
GraphicsUnit

GraphicsUnit パラメーターで指定された四角形に含まれるメタファイルの部分の決定に使用される単位を指定する srcRect 列挙体のメンバー。Member of the GraphicsUnit enumeration that specifies the unit of measure used to determine the portion of the metafile that the rectangle specified by the srcRect parameter contains.

callback
Graphics.EnumerateMetafileProc

メタファイル レコードの送信先のメソッドを指定する Graphics.EnumerateMetafileProc デリゲート。Graphics.EnumerateMetafileProc delegate that specifies the method to which the metafile records are sent.

コード例については、「EnumerateMetafile(Metafile, Point, Graphics+EnumerateMetafileProc)」を参照してください。For a code example, see EnumerateMetafile(Metafile, Point, Graphics+EnumerateMetafileProc).

注釈

このメソッドは、指定したメタファイルに格納されているレコードを列挙します。This method enumerates the records contained in the specified metafile. 各レコードは、callback パラメーターによって指定されたコールバックメソッドに個別に送信されます。Each record is individually sent to a callback method specified by the callback parameter. 通常、コールバックメソッドは、PlayRecord メソッドを呼び出して、レコードを "再生" または描画します。Typically, the callback method calls the PlayRecord method to "play back", or draw, the record.

コールバックメソッドが PlayRecordを呼び出す場合は、列挙されている特定の MetafilePlayRecord メソッドを呼び出すことによって呼び出す必要があります。If the callback method calls PlayRecord, it must do so by calling the PlayRecord method of the specific Metafile that is being enumerated.

srcRect パラメーターで指定された四角形の外側で実行される描画はすべて無視されます。Any drawing that takes place outside of the rectangle specified by the srcRect parameter is ignored.

こちらもご覧ください

EnumerateMetafile(Metafile, RectangleF, Graphics+EnumerateMetafileProc, IntPtr, ImageAttributes)

指定したイメージ属性を使用して、指定した Metafile のレコードをコールバック メソッドに一度に 1 つずつ送信して、指定した四角形内に表示します。Sends the records of the specified Metafile, one at a time, to a callback method for display in a specified rectangle using specified image attributes.

public:
 void EnumerateMetafile(System::Drawing::Imaging::Metafile ^ metafile, System::Drawing::RectangleF destRect, System::Drawing::Graphics::EnumerateMetafileProc ^ callback, IntPtr callbackData, System::Drawing::Imaging::ImageAttributes ^ imageAttr);
public void EnumerateMetafile (System.Drawing.Imaging.Metafile metafile, System.Drawing.RectangleF destRect, System.Drawing.Graphics.EnumerateMetafileProc callback, IntPtr callbackData, System.Drawing.Imaging.ImageAttributes imageAttr);
member this.EnumerateMetafile : System.Drawing.Imaging.Metafile * System.Drawing.RectangleF * System.Drawing.Graphics.EnumerateMetafileProc * nativeint * System.Drawing.Imaging.ImageAttributes -> unit

パラメーター

metafile
Metafile

列挙する MetafileMetafile to enumerate.

destRect
RectangleF

描画するメタファイルの位置とサイズを指定する RectangleF 構造体。RectangleF structure that specifies the location and size of the drawn metafile.

callback
Graphics.EnumerateMetafileProc

メタファイル レコードの送信先のメソッドを指定する Graphics.EnumerateMetafileProc デリゲート。Graphics.EnumerateMetafileProc delegate that specifies the method to which the metafile records are sent.

callbackData
IntPtr

必須だが無視される内部ポインター。Internal pointer that is required, but ignored. このパラメーターには、Zero を渡すことができます。You can pass Zero for this parameter.

imageAttr
ImageAttributes

描画イメージのイメージ属性情報を指定する ImageAttributesImageAttributes that specifies image attribute information for the drawn image.

コード例については、「EnumerateMetafile(Metafile, Point, Graphics+EnumerateMetafileProc)」を参照してください。For a code example, see EnumerateMetafile(Metafile, Point, Graphics+EnumerateMetafileProc).

注釈

このメソッドは、指定したメタファイルに格納されているレコードを列挙します。This method enumerates the records contained in the specified metafile. 各レコードは、callback パラメーターによって指定されたコールバックメソッドに個別に送信されます。Each record is individually sent to a callback method specified by the callback parameter. 通常、コールバックメソッドは、PlayRecord メソッドを呼び出して、レコードを "再生" または描画します。Typically, the callback method calls the PlayRecord method to "play back", or draw, the record.

コールバックメソッドが PlayRecordを呼び出す場合は、列挙されている特定の MetafilePlayRecord メソッドを呼び出すことによって呼び出す必要があります。If the callback method calls PlayRecord, it must do so by calling the PlayRecord method of the specific Metafile that is being enumerated.

imageAttr パラメーターによって指定されたイメージ属性は、メタファイルが書き込まれたときに指定された属性を置き換えます。The image attributes specified by the imageAttr parameter replace those specified when the metafile was written.

こちらもご覧ください

EnumerateMetafile(Metafile, RectangleF, RectangleF, GraphicsUnit, Graphics+EnumerateMetafileProc)

Metafile から選択した四角形内のレコードをコールバック メソッドに一度に 1 つずつ送信して、指定した四角形内に表示します。Sends the records of a selected rectangle from a Metafile, one at a time, to a callback method for display in a specified rectangle.

public:
 void EnumerateMetafile(System::Drawing::Imaging::Metafile ^ metafile, System::Drawing::RectangleF destRect, System::Drawing::RectangleF srcRect, System::Drawing::GraphicsUnit srcUnit, System::Drawing::Graphics::EnumerateMetafileProc ^ callback);
public void EnumerateMetafile (System.Drawing.Imaging.Metafile metafile, System.Drawing.RectangleF destRect, System.Drawing.RectangleF srcRect, System.Drawing.GraphicsUnit srcUnit, System.Drawing.Graphics.EnumerateMetafileProc callback);
member this.EnumerateMetafile : System.Drawing.Imaging.Metafile * System.Drawing.RectangleF * System.Drawing.RectangleF * System.Drawing.GraphicsUnit * System.Drawing.Graphics.EnumerateMetafileProc -> unit

パラメーター

metafile
Metafile

列挙する MetafileMetafile to enumerate.

destRect
RectangleF

描画するメタファイルの位置とサイズを指定する RectangleF 構造体。RectangleF structure that specifies the location and size of the drawn metafile.

srcRect
RectangleF

左上隅を基準に相対的に、描画するメタファイルの部分を指定する RectangleF 構造体。RectangleF structure that specifies the portion of the metafile, relative to its upper-left corner, to draw.

srcUnit
GraphicsUnit

GraphicsUnit パラメーターで指定された四角形に含まれるメタファイルの部分の決定に使用される単位を指定する srcRect 列挙体のメンバー。Member of the GraphicsUnit enumeration that specifies the unit of measure used to determine the portion of the metafile that the rectangle specified by the srcRect parameter contains.

callback
Graphics.EnumerateMetafileProc

メタファイル レコードの送信先のメソッドを指定する Graphics.EnumerateMetafileProc デリゲート。Graphics.EnumerateMetafileProc delegate that specifies the method to which the metafile records are sent.

コード例については、「EnumerateMetafile(Metafile, Point, Graphics+EnumerateMetafileProc)」を参照してください。For a code example, see EnumerateMetafile(Metafile, Point, Graphics+EnumerateMetafileProc).

注釈

このメソッドは、指定したメタファイルに格納されているレコードを列挙します。This method enumerates the records contained in the specified metafile. 各レコードは、callback パラメーターによって指定されたコールバックメソッドに個別に送信されます。Each record is individually sent to a callback method specified by the callback parameter. 通常、コールバックメソッドは、PlayRecord メソッドを呼び出して、レコードを "再生" または描画します。Typically, the callback method calls the PlayRecord method to "play back", or draw, the record.

コールバックメソッドが PlayRecordを呼び出す場合は、列挙されている特定の MetafilePlayRecord メソッドを呼び出すことによって呼び出す必要があります。If the callback method calls PlayRecord, it must do so by calling the PlayRecord method of the specific Metafile that is being enumerated.

srcRect パラメーターで指定された四角形の外側で実行される描画はすべて無視されます。Any drawing that takes place outside of the rectangle specified by the srcRect parameter is ignored.

こちらもご覧ください

EnumerateMetafile(Metafile, Point, Rectangle, GraphicsUnit, Graphics+EnumerateMetafileProc, IntPtr)

Metafile から選択した四角形内のレコードをコールバック メソッドに一度に 1 つずつ送信して、指定した点に表示します。Sends the records in a selected rectangle from a Metafile, one at a time, to a callback method for display at a specified point.

public:
 void EnumerateMetafile(System::Drawing::Imaging::Metafile ^ metafile, System::Drawing::Point destPoint, System::Drawing::Rectangle srcRect, System::Drawing::GraphicsUnit srcUnit, System::Drawing::Graphics::EnumerateMetafileProc ^ callback, IntPtr callbackData);
public void EnumerateMetafile (System.Drawing.Imaging.Metafile metafile, System.Drawing.Point destPoint, System.Drawing.Rectangle srcRect, System.Drawing.GraphicsUnit srcUnit, System.Drawing.Graphics.EnumerateMetafileProc callback, IntPtr callbackData);
member this.EnumerateMetafile : System.Drawing.Imaging.Metafile * System.Drawing.Point * System.Drawing.Rectangle * System.Drawing.GraphicsUnit * System.Drawing.Graphics.EnumerateMetafileProc * nativeint -> unit

パラメーター

metafile
Metafile

列挙する MetafileMetafile to enumerate.

destPoint
Point

描画するメタファイルの左上隅の位置を指定する Point 構造体。Point structure that specifies the location of the upper-left corner of the drawn metafile.

srcRect
Rectangle

左上隅を基準に相対的に、描画するメタファイルの部分を指定する Rectangle 構造体。Rectangle structure that specifies the portion of the metafile, relative to its upper-left corner, to draw.

srcUnit
GraphicsUnit

GraphicsUnit パラメーターで指定された四角形に含まれるメタファイルの部分の決定に使用される単位を指定する srcRect 列挙体のメンバー。Member of the GraphicsUnit enumeration that specifies the unit of measure used to determine the portion of the metafile that the rectangle specified by the srcRect parameter contains.

callback
Graphics.EnumerateMetafileProc

メタファイル レコードの送信先のメソッドを指定する Graphics.EnumerateMetafileProc デリゲート。Graphics.EnumerateMetafileProc delegate that specifies the method to which the metafile records are sent.

callbackData
IntPtr

必須だが無視される内部ポインター。Internal pointer that is required, but ignored. このパラメーターには、Zero を渡すことができます。You can pass Zero for this parameter.

コード例については、「EnumerateMetafile(Metafile, Point, Graphics+EnumerateMetafileProc)」を参照してください。For a code example, see EnumerateMetafile(Metafile, Point, Graphics+EnumerateMetafileProc).

注釈

このメソッドは、指定したメタファイルに格納されているレコードを列挙します。This method enumerates the records contained in the specified metafile. 各レコードは、callback パラメーターによって指定されたコールバックメソッドに個別に送信されます。Each record is individually sent to a callback method specified by the callback parameter. 通常、コールバックメソッドは、PlayRecord メソッドを呼び出して、レコードを "再生" または描画します。Typically, the callback method calls the PlayRecord method to "play back", or draw, the record.

コールバックメソッドが PlayRecordを呼び出す場合は、列挙されている特定の MetafilePlayRecord メソッドを呼び出すことによって呼び出す必要があります。If the callback method calls PlayRecord, it must do so by calling the PlayRecord method of the specific Metafile that is being enumerated.

こちらもご覧ください

EnumerateMetafile(Metafile, Point[], Rectangle, GraphicsUnit, Graphics+EnumerateMetafileProc, IntPtr)

Metafile から選択した四角形内のレコードをコールバック メソッドに一度に 1 つずつ送信して、指定した平行四辺形内に表示します。Sends the records in a selected rectangle from a Metafile, one at a time, to a callback method for display in a specified parallelogram.

public:
 void EnumerateMetafile(System::Drawing::Imaging::Metafile ^ metafile, cli::array <System::Drawing::Point> ^ destPoints, System::Drawing::Rectangle srcRect, System::Drawing::GraphicsUnit srcUnit, System::Drawing::Graphics::EnumerateMetafileProc ^ callback, IntPtr callbackData);
public void EnumerateMetafile (System.Drawing.Imaging.Metafile metafile, System.Drawing.Point[] destPoints, System.Drawing.Rectangle srcRect, System.Drawing.GraphicsUnit srcUnit, System.Drawing.Graphics.EnumerateMetafileProc callback, IntPtr callbackData);
member this.EnumerateMetafile : System.Drawing.Imaging.Metafile * System.Drawing.Point[] * System.Drawing.Rectangle * System.Drawing.GraphicsUnit * System.Drawing.Graphics.EnumerateMetafileProc * nativeint -> unit

パラメーター

metafile
Metafile

列挙する MetafileMetafile to enumerate.

destPoints
Point[]

描画するメタファイルのサイズと位置を決定する平行四辺形を定義する 3 つの Point 構造体の配列。Array of three Point structures that define a parallelogram that determines the size and location of the drawn metafile.

srcRect
Rectangle

左上隅を基準に相対的に、描画するメタファイルの部分を指定する Rectangle 構造体。Rectangle structure that specifies the portion of the metafile, relative to its upper-left corner, to draw.

srcUnit
GraphicsUnit

GraphicsUnit パラメーターで指定された四角形に含まれるメタファイルの部分の決定に使用される単位を指定する srcRect 列挙体のメンバー。Member of the GraphicsUnit enumeration that specifies the unit of measure used to determine the portion of the metafile that the rectangle specified by the srcRect parameter contains.

callback
Graphics.EnumerateMetafileProc

メタファイル レコードの送信先のメソッドを指定する Graphics.EnumerateMetafileProc デリゲート。Graphics.EnumerateMetafileProc delegate that specifies the method to which the metafile records are sent.

callbackData
IntPtr

必須だが無視される内部ポインター。Internal pointer that is required, but ignored. このパラメーターには、Zero を渡すことができます。You can pass Zero for this parameter.

コード例については、「EnumerateMetafile(Metafile, Point, Graphics+EnumerateMetafileProc)」を参照してください。For a code example, see EnumerateMetafile(Metafile, Point, Graphics+EnumerateMetafileProc).

注釈

このメソッドは、指定したメタファイルに格納されているレコードを列挙します。This method enumerates the records contained in the specified metafile. 各レコードは、callback パラメーターによって指定されたコールバックメソッドに個別に送信されます。Each record is individually sent to a callback method specified by the callback parameter. 通常、コールバックメソッドは、PlayRecord メソッドを呼び出して、レコードを "再生" または描画します。Typically, the callback method calls the PlayRecord method to "play back", or draw, the record.

コールバックメソッドが PlayRecordを呼び出す場合は、列挙されている特定の MetafilePlayRecord メソッドを呼び出すことによって呼び出す必要があります。If the callback method calls PlayRecord, it must do so by calling the PlayRecord method of the specific Metafile that is being enumerated.

destPoints パラメーターは、平行四辺形の3つの点を指定します。The destPoints parameter specifies three points of a parallelogram. 3つの Point 構造体は、平行四辺形の左上、右上、左下の各角を表します。The three Point structures represent the upper-left, upper-right, and lower-left corners of the parallelogram. 4番目のポイントは、平行四辺形を形成するために最初の3から推定されます。The fourth point is extrapolated from the first three to form a parallelogram. 描画されたメタファイルは、平行四辺形に合わせて拡大縮小および傾斜されます。The drawn metafile is scaled and sheared to fit the parallelogram.

srcRect パラメーターで指定された四角形の外側で実行される描画はすべて無視されます。Any drawing that takes place outside of the rectangle specified by the srcRect parameter is ignored.

こちらもご覧ください

EnumerateMetafile(Metafile, PointF[], RectangleF, GraphicsUnit, Graphics+EnumerateMetafileProc, IntPtr)

Metafile から選択した四角形内のレコードをコールバック メソッドに一度に 1 つずつ送信して、指定した平行四辺形内に表示します。Sends the records in a selected rectangle from a Metafile, one at a time, to a callback method for display in a specified parallelogram.

public:
 void EnumerateMetafile(System::Drawing::Imaging::Metafile ^ metafile, cli::array <System::Drawing::PointF> ^ destPoints, System::Drawing::RectangleF srcRect, System::Drawing::GraphicsUnit srcUnit, System::Drawing::Graphics::EnumerateMetafileProc ^ callback, IntPtr callbackData);
public void EnumerateMetafile (System.Drawing.Imaging.Metafile metafile, System.Drawing.PointF[] destPoints, System.Drawing.RectangleF srcRect, System.Drawing.GraphicsUnit srcUnit, System.Drawing.Graphics.EnumerateMetafileProc callback, IntPtr callbackData);
member this.EnumerateMetafile : System.Drawing.Imaging.Metafile * System.Drawing.PointF[] * System.Drawing.RectangleF * System.Drawing.GraphicsUnit * System.Drawing.Graphics.EnumerateMetafileProc * nativeint -> unit

パラメーター

metafile
Metafile

列挙する MetafileMetafile to enumerate.

destPoints
PointF[]

描画するメタファイルのサイズと位置を決定する平行四辺形を定義する 3 つの PointF 構造体の配列。Array of three PointF structures that define a parallelogram that determines the size and location of the drawn metafile.

srcRect
RectangleF

左上隅を基準に相対的に、描画するメタファイルの部分を指定する RectangleF 構造体。RectangleF structure that specifies the portion of the metafile, relative to its upper-left corner, to draw.

srcUnit
GraphicsUnit

GraphicsUnit パラメーターで指定された四角形に含まれるメタファイルの部分の決定に使用される単位を指定する srcRect 列挙体のメンバー。Member of the GraphicsUnit enumeration that specifies the unit of measure used to determine the portion of the metafile that the rectangle specified by the srcRect parameter contains.

callback
Graphics.EnumerateMetafileProc

メタファイル レコードの送信先のメソッドを指定する Graphics.EnumerateMetafileProc デリゲート。Graphics.EnumerateMetafileProc delegate that specifies the method to which the metafile records are sent.

callbackData
IntPtr

必須だが無視される内部ポインター。Internal pointer that is required, but ignored. このパラメーターには、Zero を渡すことができます。You can pass Zero for this parameter.

コード例については、「EnumerateMetafile(Metafile, Point, Graphics+EnumerateMetafileProc)」を参照してください。For a code example, see EnumerateMetafile(Metafile, Point, Graphics+EnumerateMetafileProc).

注釈

このメソッドは、指定したメタファイルに格納されているレコードを列挙します。This method enumerates the records contained in the specified metafile. 各レコードは、callback パラメーターによって指定されたコールバックメソッドに個別に送信されます。Each record is individually sent to a callback method specified by the callback parameter. 通常、コールバックメソッドは、PlayRecord メソッドを呼び出して、レコードを "再生" または描画します。Typically, the callback method calls the PlayRecord method to "play back", or draw, the record.

コールバックメソッドが PlayRecordを呼び出す場合は、列挙されている特定の MetafilePlayRecord メソッドを呼び出すことによって呼び出す必要があります。If the callback method calls PlayRecord, it must do so by calling the PlayRecord method of the specific Metafile that is being enumerated.

destPoints パラメーターは、平行四辺形の3つの点を指定します。The destPoints parameter specifies three points of a parallelogram. 3つの PointF 構造体は、平行四辺形の左上、右上、左下の各角を表します。The three PointF structures represent the upper-left, upper-right, and lower-left corners of the parallelogram. 4番目のポイントは、平行四辺形を形成するために最初の3から推定されます。The fourth point is extrapolated from the first three to form a parallelogram. 描画されたメタファイルは、平行四辺形に合わせて拡大縮小および傾斜されます。The drawn metafile is scaled and sheared to fit the parallelogram.

srcRect パラメーターで指定された四角形の外側で実行される描画はすべて無視されます。Any drawing that takes place outside of the rectangle specified by the srcRect parameter is ignored.

こちらもご覧ください

EnumerateMetafile(Metafile, PointF[], RectangleF, GraphicsUnit, Graphics+EnumerateMetafileProc, IntPtr, ImageAttributes)

指定したイメージ属性を使用して、Metafile から選択された四角形のレコードをコールバック メソッドに一度に 1 つずつ送信して、指定した平行四辺形内に表示します。Sends the records in a selected rectangle from a Metafile, one at a time, to a callback method for display in a specified parallelogram using specified image attributes.

public:
 void EnumerateMetafile(System::Drawing::Imaging::Metafile ^ metafile, cli::array <System::Drawing::PointF> ^ destPoints, System::Drawing::RectangleF srcRect, System::Drawing::GraphicsUnit unit, System::Drawing::Graphics::EnumerateMetafileProc ^ callback, IntPtr callbackData, System::Drawing::Imaging::ImageAttributes ^ imageAttr);
public void EnumerateMetafile (System.Drawing.Imaging.Metafile metafile, System.Drawing.PointF[] destPoints, System.Drawing.RectangleF srcRect, System.Drawing.GraphicsUnit unit, System.Drawing.Graphics.EnumerateMetafileProc callback, IntPtr callbackData, System.Drawing.Imaging.ImageAttributes imageAttr);
member this.EnumerateMetafile : System.Drawing.Imaging.Metafile * System.Drawing.PointF[] * System.Drawing.RectangleF * System.Drawing.GraphicsUnit * System.Drawing.Graphics.EnumerateMetafileProc * nativeint * System.Drawing.Imaging.ImageAttributes -> unit

パラメーター

metafile
Metafile

列挙する MetafileMetafile to enumerate.

destPoints
PointF[]

描画するメタファイルのサイズと位置を決定する平行四辺形を定義する 3 つの PointF 構造体の配列。Array of three PointF structures that define a parallelogram that determines the size and location of the drawn metafile.

srcRect
RectangleF

左上隅を基準に相対的に、描画するメタファイルの部分を指定する RectangleF 構造体。RectangleF structure that specifies the portion of the metafile, relative to its upper-left corner, to draw.

unit
GraphicsUnit

GraphicsUnit パラメーターで指定された四角形に含まれるメタファイルの部分の決定に使用される単位を指定する srcRect 列挙体のメンバー。Member of the GraphicsUnit enumeration that specifies the unit of measure used to determine the portion of the metafile that the rectangle specified by the srcRect parameter contains.

callback
Graphics.EnumerateMetafileProc

メタファイル レコードの送信先のメソッドを指定する Graphics.EnumerateMetafileProc デリゲート。Graphics.EnumerateMetafileProc delegate that specifies the method to which the metafile records are sent.

callbackData
IntPtr

必須だが無視される内部ポインター。Internal pointer that is required, but ignored. このパラメーターには、Zero を渡すことができます。You can pass Zero for this parameter.

imageAttr
ImageAttributes

描画イメージのイメージ属性情報を指定する ImageAttributesImageAttributes that specifies image attribute information for the drawn image.

コード例については、「EnumerateMetafile(Metafile, Point, Graphics+EnumerateMetafileProc)」を参照してください。For a code example, see EnumerateMetafile(Metafile, Point, Graphics+EnumerateMetafileProc).

注釈

このメソッドは、指定したメタファイルに格納されているレコードを列挙します。This method enumerates the records contained in the specified metafile. 各レコードは、callback パラメーターによって指定されたコールバックメソッドに個別に送信されます。Each record is individually sent to a callback method specified by the callback parameter. 通常、コールバックメソッドは、PlayRecord メソッドを呼び出して、レコードを "再生" または描画します。Typically, the callback method calls the PlayRecord method to "play back", or draw, the record.

コールバックメソッドが PlayRecordを呼び出す場合は、列挙されている特定の MetafilePlayRecord メソッドを呼び出すことによって呼び出す必要があります。If the callback method calls PlayRecord, it must do so by calling the PlayRecord method of the specific Metafile that is being enumerated.

destPoints パラメーターは、平行四辺形の3つの点を指定します。The destPoints parameter specifies three points of a parallelogram. 3つの PointF 構造体は、平行四辺形の左上、右上、左下の各角を表します。The three PointF structures represent the upper-left, upper-right, and lower-left corners of the parallelogram. 4番目のポイントは、平行四辺形を形成するために最初の3から推定されます。The fourth point is extrapolated from the first three to form a parallelogram. 描画されたメタファイルは、平行四辺形に合わせて拡大縮小および傾斜されます。The drawn metafile is scaled and sheared to fit the parallelogram.

srcRect パラメーターで指定された四角形の外側で実行される描画はすべて無視されます。Any drawing that takes place outside of the rectangle specified by the srcRect parameter is ignored.

imageAttr パラメーターによって指定されたイメージ属性は、メタファイルが書き込まれたときに指定された属性を置き換えます。The image attributes specified by the imageAttr parameter replace those specified when the metafile was written.

こちらもご覧ください

EnumerateMetafile(Metafile, RectangleF, RectangleF, GraphicsUnit, Graphics+EnumerateMetafileProc, IntPtr)

Metafile から選択した四角形内のレコードをコールバック メソッドに一度に 1 つずつ送信して、指定した四角形内に表示します。Sends the records of a selected rectangle from a Metafile, one at a time, to a callback method for display in a specified rectangle.

public:
 void EnumerateMetafile(System::Drawing::Imaging::Metafile ^ metafile, System::Drawing::RectangleF destRect, System::Drawing::RectangleF srcRect, System::Drawing::GraphicsUnit srcUnit, System::Drawing::Graphics::EnumerateMetafileProc ^ callback, IntPtr callbackData);
public void EnumerateMetafile (System.Drawing.Imaging.Metafile metafile, System.Drawing.RectangleF destRect, System.Drawing.RectangleF srcRect, System.Drawing.GraphicsUnit srcUnit, System.Drawing.Graphics.EnumerateMetafileProc callback, IntPtr callbackData);
member this.EnumerateMetafile : System.Drawing.Imaging.Metafile * System.Drawing.RectangleF * System.Drawing.RectangleF * System.Drawing.GraphicsUnit * System.Drawing.Graphics.EnumerateMetafileProc * nativeint -> unit

パラメーター

metafile
Metafile

列挙する MetafileMetafile to enumerate.

destRect
RectangleF

描画するメタファイルの位置とサイズを指定する RectangleF 構造体。RectangleF structure that specifies the location and size of the drawn metafile.

srcRect
RectangleF

左上隅を基準に相対的に、描画するメタファイルの部分を指定する RectangleF 構造体。RectangleF structure that specifies the portion of the metafile, relative to its upper-left corner, to draw.

srcUnit
GraphicsUnit

GraphicsUnit パラメーターで指定された四角形に含まれるメタファイルの部分の決定に使用される単位を指定する srcRect 列挙体のメンバー。Member of the GraphicsUnit enumeration that specifies the unit of measure used to determine the portion of the metafile that the rectangle specified by the srcRect parameter contains.

callback
Graphics.EnumerateMetafileProc

メタファイル レコードの送信先のメソッドを指定する Graphics.EnumerateMetafileProc デリゲート。Graphics.EnumerateMetafileProc delegate that specifies the method to which the metafile records are sent.

callbackData
IntPtr

必須だが無視される内部ポインター。Internal pointer that is required, but ignored. このパラメーターには、Zero を渡すことができます。You can pass Zero for this parameter.

コード例については、「EnumerateMetafile(Metafile, Point, Graphics+EnumerateMetafileProc)」を参照してください。For a code example, see EnumerateMetafile(Metafile, Point, Graphics+EnumerateMetafileProc).

注釈

このメソッドは、指定したメタファイルに格納されているレコードを列挙します。This method enumerates the records contained in the specified metafile. 各レコードは、callback パラメーターによって指定されたコールバックメソッドに個別に送信されます。Each record is individually sent to a callback method specified by thecallback parameter. 通常、コールバックメソッドは、PlayRecord メソッドを呼び出して、レコードを "再生" または描画します。Typically, the callback method calls the PlayRecord method to "play back", or draw, the record.

コールバックメソッドが PlayRecordを呼び出す場合は、列挙されている特定の MetafilePlayRecord メソッドを呼び出すことによって呼び出す必要があります。If the callback method calls PlayRecord, it must do so by calling the PlayRecord method of the specific Metafile that is being enumerated.

srcRect パラメーターで指定された四角形の外側で実行される描画はすべて無視されます。Any drawing that takes place outside of the rectangle specified by the srcRect parameter is ignored.

こちらもご覧ください

EnumerateMetafile(Metafile, Point, Rectangle, GraphicsUnit, Graphics+EnumerateMetafileProc, IntPtr, ImageAttributes)

指定したイメージ属性を使用して、Metafile から選択された四角形のレコードをコールバック メソッドに一度に 1 つずつ送信して、指定した点に表示します。Sends the records in a selected rectangle from a Metafile, one at a time, to a callback method for display at a specified point using specified image attributes.

public:
 void EnumerateMetafile(System::Drawing::Imaging::Metafile ^ metafile, System::Drawing::Point destPoint, System::Drawing::Rectangle srcRect, System::Drawing::GraphicsUnit unit, System::Drawing::Graphics::EnumerateMetafileProc ^ callback, IntPtr callbackData, System::Drawing::Imaging::ImageAttributes ^ imageAttr);
public void EnumerateMetafile (System.Drawing.Imaging.Metafile metafile, System.Drawing.Point destPoint, System.Drawing.Rectangle srcRect, System.Drawing.GraphicsUnit unit, System.Drawing.Graphics.EnumerateMetafileProc callback, IntPtr callbackData, System.Drawing.Imaging.ImageAttributes imageAttr);
member this.EnumerateMetafile : System.Drawing.Imaging.Metafile * System.Drawing.Point * System.Drawing.Rectangle * System.Drawing.GraphicsUnit * System.Drawing.Graphics.EnumerateMetafileProc * nativeint * System.Drawing.Imaging.ImageAttributes -> unit

パラメーター

metafile
Metafile

列挙する MetafileMetafile to enumerate.

destPoint
Point

描画するメタファイルの左上隅の位置を指定する Point 構造体。Point structure that specifies the location of the upper-left corner of the drawn metafile.

srcRect
Rectangle

左上隅を基準に相対的に、描画するメタファイルの部分を指定する Rectangle 構造体。Rectangle structure that specifies the portion of the metafile, relative to its upper-left corner, to draw.

unit
GraphicsUnit

GraphicsUnit パラメーターで指定された四角形に含まれるメタファイルの部分の決定に使用される単位を指定する srcRect 列挙体のメンバー。Member of the GraphicsUnit enumeration that specifies the unit of measure used to determine the portion of the metafile that the rectangle specified by the srcRect parameter contains.

callback
Graphics.EnumerateMetafileProc

メタファイル レコードの送信先のメソッドを指定する Graphics.EnumerateMetafileProc デリゲート。Graphics.EnumerateMetafileProc delegate that specifies the method to which the metafile records are sent.

callbackData
IntPtr

必須だが無視される内部ポインター。Internal pointer that is required, but ignored. このパラメーターには、Zero を渡すことができます。You can pass Zero for this parameter.

imageAttr
ImageAttributes

描画イメージのイメージ属性情報を指定する ImageAttributesImageAttributes that specifies image attribute information for the drawn image.

コード例については、「EnumerateMetafile(Metafile, Point, Graphics+EnumerateMetafileProc)」を参照してください。For a code example, see EnumerateMetafile(Metafile, Point, Graphics+EnumerateMetafileProc).

注釈

このメソッドは、指定したメタファイルに格納されているレコードを列挙します。This method enumerates the records contained in the specified metafile. 各レコードは、callback パラメーターによって指定されたコールバックメソッドに個別に送信されます。Each record is individually sent to a callback method specified by the callback parameter. 通常、コールバックメソッドは、PlayRecord メソッドを呼び出して、レコードを "再生" または描画します。Typically, the callback method calls the PlayRecord method to "play back", or draw, the record.

コールバックメソッドが PlayRecordを呼び出す場合は、列挙されている特定の MetafilePlayRecord メソッドを呼び出すことによって呼び出す必要があります。If the callback method calls PlayRecord, it must do so by calling the PlayRecord method of the specific Metafile that is being enumerated.

EnumerateMetafile(Metafile, Point[], Rectangle, GraphicsUnit, Graphics+EnumerateMetafileProc, IntPtr, ImageAttributes)

指定したイメージ属性を使用して、Metafile から選択された四角形のレコードをコールバック メソッドに一度に 1 つずつ送信して、指定した平行四辺形内に表示します。Sends the records in a selected rectangle from a Metafile, one at a time, to a callback method for display in a specified parallelogram using specified image attributes.

public:
 void EnumerateMetafile(System::Drawing::Imaging::Metafile ^ metafile, cli::array <System::Drawing::Point> ^ destPoints, System::Drawing::Rectangle srcRect, System::Drawing::GraphicsUnit unit, System::Drawing::Graphics::EnumerateMetafileProc ^ callback, IntPtr callbackData, System::Drawing::Imaging::ImageAttributes ^ imageAttr);
public void EnumerateMetafile (System.Drawing.Imaging.Metafile metafile, System.Drawing.Point[] destPoints, System.Drawing.Rectangle srcRect, System.Drawing.GraphicsUnit unit, System.Drawing.Graphics.EnumerateMetafileProc callback, IntPtr callbackData, System.Drawing.Imaging.ImageAttributes imageAttr);
member this.EnumerateMetafile : System.Drawing.Imaging.Metafile * System.Drawing.Point[] * System.Drawing.Rectangle * System.Drawing.GraphicsUnit * System.Drawing.Graphics.EnumerateMetafileProc * nativeint * System.Drawing.Imaging.ImageAttributes -> unit

パラメーター

metafile
Metafile

列挙する MetafileMetafile to enumerate.

destPoints
Point[]

描画するメタファイルのサイズと位置を決定する平行四辺形を定義する 3 つの Point 構造体の配列。Array of three Point structures that define a parallelogram that determines the size and location of the drawn metafile.

srcRect
Rectangle

左上隅を基準に相対的に、描画するメタファイルの部分を指定する Rectangle 構造体。Rectangle structure that specifies the portion of the metafile, relative to its upper-left corner, to draw.

unit
GraphicsUnit

GraphicsUnit パラメーターで指定された四角形に含まれるメタファイルの部分の決定に使用される単位を指定する srcRect 列挙体のメンバー。Member of the GraphicsUnit enumeration that specifies the unit of measure used to determine the portion of the metafile that the rectangle specified by the srcRect parameter contains.

callback
Graphics.EnumerateMetafileProc

メタファイル レコードの送信先のメソッドを指定する Graphics.EnumerateMetafileProc デリゲート。Graphics.EnumerateMetafileProc delegate that specifies the method to which the metafile records are sent.

callbackData
IntPtr

必須だが無視される内部ポインター。Internal pointer that is required, but ignored. このパラメーターには、Zero を渡すことができます。You can pass Zero for this parameter.

imageAttr
ImageAttributes

描画イメージのイメージ属性情報を指定する ImageAttributesImageAttributes that specifies image attribute information for the drawn image.

コード例については、「EnumerateMetafile(Metafile, Point, Graphics+EnumerateMetafileProc)」を参照してください。For a code example, see EnumerateMetafile(Metafile, Point, Graphics+EnumerateMetafileProc).

注釈

このメソッドは、指定したメタファイルに格納されているレコードを列挙します。This method enumerates the records contained in the specified metafile. 各レコードは、callback パラメーターによって指定されたコールバックメソッドに個別に送信されます。Each record is individually sent to a callback method specified by the callback parameter. 通常、コールバックメソッドは、PlayRecord メソッドを呼び出して、レコードを "再生" または描画します。Typically, the callback method calls the PlayRecord method to "play back", or draw, the record.

コールバックメソッドが PlayRecordを呼び出す場合は、列挙されている特定の MetafilePlayRecord メソッドを呼び出すことによって呼び出す必要があります。If the callback method calls PlayRecord, it must do so by calling the PlayRecord method of the specific Metafile that is being enumerated.

destPoints パラメーターは、平行四辺形の3つの点を指定します。The destPoints parameter specifies three points of a parallelogram. 3つの Point 構造体は、平行四辺形の左上、右上、左下の各角を表します。The three Point structures represent the upper-left, upper-right, and lower-left corners of the parallelogram. 4番目のポイントは、平行四辺形を形成するために最初の3から推定されます。The fourth point is extrapolated from the first three to form a parallelogram. 描画されたメタファイルは、平行四辺形に合わせて拡大縮小および傾斜されます。The drawn metafile is scaled and sheared to fit the parallelogram.

srcRect パラメーターで指定された四角形の外側で実行される描画はすべて無視されます。Any drawing that takes place outside of the rectangle specified by the srcRect parameter is ignored.

imageAttr パラメーターによって指定されたイメージ属性は、メタファイルが書き込まれたときに指定された属性を置き換えます。The image attributes specified by the imageAttr parameter replace those specified when the metafile was written.

こちらもご覧ください

EnumerateMetafile(Metafile, PointF, RectangleF, GraphicsUnit, Graphics+EnumerateMetafileProc, IntPtr, ImageAttributes)

指定したイメージ属性を使用して、Metafile から選択された四角形のレコードをコールバック メソッドに一度に 1 つずつ送信して、指定した点に表示します。Sends the records in a selected rectangle from a Metafile, one at a time, to a callback method for display at a specified point using specified image attributes.

public:
 void EnumerateMetafile(System::Drawing::Imaging::Metafile ^ metafile, System::Drawing::PointF destPoint, System::Drawing::RectangleF srcRect, System::Drawing::GraphicsUnit unit, System::Drawing::Graphics::EnumerateMetafileProc ^ callback, IntPtr callbackData, System::Drawing::Imaging::ImageAttributes ^ imageAttr);
public void EnumerateMetafile (System.Drawing.Imaging.Metafile metafile, System.Drawing.PointF destPoint, System.Drawing.RectangleF srcRect, System.Drawing.GraphicsUnit unit, System.Drawing.Graphics.EnumerateMetafileProc callback, IntPtr callbackData, System.Drawing.Imaging.ImageAttributes imageAttr);
member this.EnumerateMetafile : System.Drawing.Imaging.Metafile * System.Drawing.PointF * System.Drawing.RectangleF * System.Drawing.GraphicsUnit * System.Drawing.Graphics.EnumerateMetafileProc * nativeint * System.Drawing.Imaging.ImageAttributes -> unit

パラメーター

metafile
Metafile

列挙する MetafileMetafile to enumerate.

destPoint
PointF

描画するメタファイルの左上隅の位置を指定する PointF 構造体。PointF structure that specifies the location of the upper-left corner of the drawn metafile.

srcRect
RectangleF

左上隅を基準に相対的に、描画するメタファイルの部分を指定する RectangleF 構造体。RectangleF structure that specifies the portion of the metafile, relative to its upper-left corner, to draw.

unit
GraphicsUnit

GraphicsUnit パラメーターで指定された四角形に含まれるメタファイルの部分の決定に使用される単位を指定する srcRect 列挙体のメンバー。Member of the GraphicsUnit enumeration that specifies the unit of measure used to determine the portion of the metafile that the rectangle specified by the srcRect parameter contains.

callback
Graphics.EnumerateMetafileProc

メタファイル レコードの送信先のメソッドを指定する Graphics.EnumerateMetafileProc デリゲート。Graphics.EnumerateMetafileProc delegate that specifies the method to which the metafile records are sent.

callbackData
IntPtr

必須だが無視される内部ポインター。Internal pointer that is required, but ignored. このパラメーターには、Zero を渡すことができます。You can pass Zero for this parameter.

imageAttr
ImageAttributes

描画イメージのイメージ属性情報を指定する ImageAttributesImageAttributes that specifies image attribute information for the drawn image.

コード例については、「EnumerateMetafile(Metafile, Point, Graphics+EnumerateMetafileProc)」を参照してください。For a code example, see EnumerateMetafile(Metafile, Point, Graphics+EnumerateMetafileProc).

注釈

このメソッドは、指定したメタファイルに格納されているレコードを列挙します。This method enumerates the records contained in the specified metafile. 各レコードは、callback パラメーターによって指定されたコールバックメソッドに個別に送信されます。Each record is individually sent to a callback method specified by the callback parameter. 通常、コールバックメソッドは、PlayRecord メソッドを呼び出して、レコードを "再生" または描画します。Typically, the callback method calls the PlayRecord method to "play back", or draw, the record.

コールバックメソッドが PlayRecordを呼び出す場合は、列挙されている特定の MetafilePlayRecord メソッドを呼び出すことによって呼び出す必要があります。If the callback method calls PlayRecord, it must do so by calling the PlayRecord method of the specific Metafile that is being enumerated.

srcRect パラメーターで指定された四角形の外側で実行される描画はすべて無視されます。Any drawing that takes place outside of the rectangle specified by the srcRect parameter is ignored.

imageAttr パラメーターによって指定されたイメージ属性は、メタファイルが書き込まれたときに指定された属性を置き換えます。The image attributes specified by the imageAttr parameter replace those specified when the metafile was written.

EnumerateMetafile(Metafile, PointF[], RectangleF, GraphicsUnit, Graphics+EnumerateMetafileProc)

Metafile から選択した四角形内のレコードをコールバック メソッドに一度に 1 つずつ送信して、指定した平行四辺形内に表示します。Sends the records in a selected rectangle from a Metafile, one at a time, to a callback method for display in a specified parallelogram.

public:
 void EnumerateMetafile(System::Drawing::Imaging::Metafile ^ metafile, cli::array <System::Drawing::PointF> ^ destPoints, System::Drawing::RectangleF srcRect, System::Drawing::GraphicsUnit srcUnit, System::Drawing::Graphics::EnumerateMetafileProc ^ callback);
public void EnumerateMetafile (System.Drawing.Imaging.Metafile metafile, System.Drawing.PointF[] destPoints, System.Drawing.RectangleF srcRect, System.Drawing.GraphicsUnit srcUnit, System.Drawing.Graphics.EnumerateMetafileProc callback);
member this.EnumerateMetafile : System.Drawing.Imaging.Metafile * System.Drawing.PointF[] * System.Drawing.RectangleF * System.Drawing.GraphicsUnit * System.Drawing.Graphics.EnumerateMetafileProc -> unit

パラメーター

metafile
Metafile

列挙する MetafileMetafile to enumerate.

destPoints
PointF[]

描画するメタファイルのサイズと位置を決定する平行四辺形を定義する 3 つの PointF 構造体の配列。Array of three PointF structures that define a parallelogram that determines the size and location of the drawn metafile.

srcRect
RectangleF

左上隅を基準に相対的に、描画するメタファイルの部分を指定する RectangleF 構造体。RectangleF structures that specifies the portion of the metafile, relative to its upper-left corner, to draw.

srcUnit
GraphicsUnit

GraphicsUnit パラメーターで指定された四角形に含まれるメタファイルの部分の決定に使用される単位を指定する srcRect 列挙体のメンバー。Member of the GraphicsUnit enumeration that specifies the unit of measure used to determine the portion of the metafile that the rectangle specified by the srcRect parameter contains.

callback
Graphics.EnumerateMetafileProc

メタファイル レコードの送信先のメソッドを指定する Graphics.EnumerateMetafileProc デリゲート。Graphics.EnumerateMetafileProc delegate that specifies the method to which the metafile records are sent.

コード例については、「EnumerateMetafile(Metafile, Point, Graphics+EnumerateMetafileProc)」を参照してください。For a code example, see EnumerateMetafile(Metafile, Point, Graphics+EnumerateMetafileProc).

注釈

このメソッドは、指定したメタファイルに格納されているレコードを列挙します。This method enumerates the records contained in the specified metafile. 各レコードは、callback パラメーターによって指定されたコールバックメソッドに個別に送信されます。Each record is individually sent to a callback method specified by the callback parameter. 通常、コールバックメソッドは、PlayRecord メソッドを呼び出して、レコードを "再生" または描画します。Typically, the callback method calls the PlayRecord method to "play back", or draw, the record.

コールバックメソッドが PlayRecordを呼び出す場合は、列挙されている特定の MetafilePlayRecord メソッドを呼び出すことによって呼び出す必要があります。If the callback method calls PlayRecord, it must do so by calling the PlayRecord method of the specific Metafile that is being enumerated.

destPoints パラメーターは、平行四辺形の3つの点を指定します。The destPoints parameter specifies three points of a parallelogram. 3つの Point 構造体は、平行四辺形の左上、右上、左下の各角を表します。The three Point structures represent the upper-left, upper-right, and lower-left corners of the parallelogram. 4番目のポイントは、平行四辺形を形成するために最初の3から推定されます。The fourth point is extrapolated from the first three to form a parallelogram. 描画されたメタファイルは、平行四辺形に合わせて拡大縮小および傾斜されます。The drawn metafile is scaled and sheared to fit the parallelogram.

srcRect パラメーターで指定された四角形の外側で実行される描画はすべて無視されます。Any drawing that takes place outside of the rectangle specified by the srcRect parameter is ignored.

こちらもご覧ください

EnumerateMetafile(Metafile, Rectangle, Rectangle, GraphicsUnit, Graphics+EnumerateMetafileProc, IntPtr, ImageAttributes)

指定したイメージ属性を使用して、Metafile から選択された四角形のレコードをコールバック メソッドに一度に 1 つずつ送信して、指定した四角形内に表示します。Sends the records of a selected rectangle from a Metafile, one at a time, to a callback method for display in a specified rectangle using specified image attributes.

public:
 void EnumerateMetafile(System::Drawing::Imaging::Metafile ^ metafile, System::Drawing::Rectangle destRect, System::Drawing::Rectangle srcRect, System::Drawing::GraphicsUnit unit, System::Drawing::Graphics::EnumerateMetafileProc ^ callback, IntPtr callbackData, System::Drawing::Imaging::ImageAttributes ^ imageAttr);
public void EnumerateMetafile (System.Drawing.Imaging.Metafile metafile, System.Drawing.Rectangle destRect, System.Drawing.Rectangle srcRect, System.Drawing.GraphicsUnit unit, System.Drawing.Graphics.EnumerateMetafileProc callback, IntPtr callbackData, System.Drawing.Imaging.ImageAttributes imageAttr);
member this.EnumerateMetafile : System.Drawing.Imaging.Metafile * System.Drawing.Rectangle * System.Drawing.Rectangle * System.Drawing.GraphicsUnit * System.Drawing.Graphics.EnumerateMetafileProc * nativeint * System.Drawing.Imaging.ImageAttributes -> unit

パラメーター

metafile
Metafile

列挙する MetafileMetafile to enumerate.

destRect
Rectangle

描画するメタファイルの位置とサイズを指定する Rectangle 構造体。Rectangle structure that specifies the location and size of the drawn metafile.

srcRect
Rectangle

左上隅を基準に相対的に、描画するメタファイルの部分を指定する Rectangle 構造体。Rectangle structure that specifies the portion of the metafile, relative to its upper-left corner, to draw.

unit
GraphicsUnit

GraphicsUnit パラメーターで指定された四角形に含まれるメタファイルの部分の決定に使用される単位を指定する srcRect 列挙体のメンバー。Member of the GraphicsUnit enumeration that specifies the unit of measure used to determine the portion of the metafile that the rectangle specified by the srcRect parameter contains.

callback
Graphics.EnumerateMetafileProc

メタファイル レコードの送信先のメソッドを指定する Graphics.EnumerateMetafileProc デリゲート。Graphics.EnumerateMetafileProc delegate that specifies the method to which the metafile records are sent.

callbackData
IntPtr

必須だが無視される内部ポインター。Internal pointer that is required, but ignored. このパラメーターには、Zero を渡すことができます。You can pass Zero for this parameter.

imageAttr
ImageAttributes

描画イメージのイメージ属性情報を指定する ImageAttributesImageAttributes that specifies image attribute information for the drawn image.

コード例については、「EnumerateMetafile(Metafile, Point, Graphics+EnumerateMetafileProc)」を参照してください。For a code example, see EnumerateMetafile(Metafile, Point, Graphics+EnumerateMetafileProc).

注釈

このメソッドは、指定したメタファイルに格納されているレコードを列挙します。This method enumerates the records contained in the specified metafile. 各レコードは、callback パラメーターによって指定されたコールバックメソッドに個別に送信されます。Each record is individually sent to a callback method specified by the callback parameter. 通常、コールバックメソッドは、PlayRecord メソッドを呼び出して、レコードを "再生" または描画します。Typically, the callback method calls the PlayRecord method to "play back", or draw, the record.

コールバックメソッドが PlayRecordを呼び出す場合は、列挙されている特定の MetafilePlayRecord メソッドを呼び出すことによって呼び出す必要があります。If the callback method calls PlayRecord, it must do so by calling the PlayRecord method of the specific Metafile that is being enumerated.

srcRect パラメーターで指定された四角形の外側で実行される描画はすべて無視されます。Any drawing that takes place outside of the rectangle specified by the srcRect parameter is ignored.

imageAttr パラメーターによって指定されたイメージ属性は、メタファイルが書き込まれたときに指定された属性を置き換えます。The image attributes specified by the imageAttr parameter replace those specified when the metafile was written.

こちらもご覧ください

EnumerateMetafile(Metafile, RectangleF, RectangleF, GraphicsUnit, Graphics+EnumerateMetafileProc, IntPtr, ImageAttributes)

指定したイメージ属性を使用して、Metafile から選択された四角形のレコードをコールバック メソッドに一度に 1 つずつ送信して、指定した四角形内に表示します。Sends the records of a selected rectangle from a Metafile, one at a time, to a callback method for display in a specified rectangle using specified image attributes.

public:
 void EnumerateMetafile(System::Drawing::Imaging::Metafile ^ metafile, System::Drawing::RectangleF destRect, System::Drawing::RectangleF srcRect, System::Drawing::GraphicsUnit unit, System::Drawing::Graphics::EnumerateMetafileProc ^ callback, IntPtr callbackData, System::Drawing::Imaging::ImageAttributes ^ imageAttr);
public void EnumerateMetafile (System.Drawing.Imaging.Metafile metafile, System.Drawing.RectangleF destRect, System.Drawing.RectangleF srcRect, System.Drawing.GraphicsUnit unit, System.Drawing.Graphics.EnumerateMetafileProc callback, IntPtr callbackData, System.Drawing.Imaging.ImageAttributes imageAttr);
member this.EnumerateMetafile : System.Drawing.Imaging.Metafile * System.Drawing.RectangleF * System.Drawing.RectangleF * System.Drawing.GraphicsUnit * System.Drawing.Graphics.EnumerateMetafileProc * nativeint * System.Drawing.Imaging.ImageAttributes -> unit

パラメーター

metafile
Metafile

列挙する MetafileMetafile to enumerate.

destRect
RectangleF

描画するメタファイルの位置とサイズを指定する RectangleF 構造体。RectangleF structure that specifies the location and size of the drawn metafile.

srcRect
RectangleF

左上隅を基準に相対的に、描画するメタファイルの部分を指定する RectangleF 構造体。RectangleF structure that specifies the portion of the metafile, relative to its upper-left corner, to draw.

unit
GraphicsUnit

GraphicsUnit パラメーターで指定された四角形に含まれるメタファイルの部分の決定に使用される単位を指定する srcRect 列挙体のメンバー。Member of the GraphicsUnit enumeration that specifies the unit of measure used to determine the portion of the metafile that the rectangle specified by the srcRect parameter contains.

callback
Graphics.EnumerateMetafileProc

メタファイル レコードの送信先のメソッドを指定する Graphics.EnumerateMetafileProc デリゲート。Graphics.EnumerateMetafileProc delegate that specifies the method to which the metafile records are sent.

callbackData
IntPtr

必須だが無視される内部ポインター。Internal pointer that is required, but ignored. このパラメーターには、Zero を渡すことができます。You can pass Zero for this parameter.

imageAttr
ImageAttributes

描画イメージのイメージ属性情報を指定する ImageAttributesImageAttributes that specifies image attribute information for the drawn image.

コード例については、「EnumerateMetafile(Metafile, Point, Graphics+EnumerateMetafileProc)」を参照してください。For a code example, see EnumerateMetafile(Metafile, Point, Graphics+EnumerateMetafileProc).

注釈

このメソッドは、指定したメタファイルに格納されているレコードを列挙します。This method enumerates the records contained in the specified metafile. 各レコードは、callback パラメーターによって指定されたコールバックメソッドに個別に送信されます。Each record is individually sent to a callback method specified by the callback parameter. 通常、コールバックメソッドは、PlayRecord メソッドを呼び出して、レコードを "再生" または描画します。Typically, the callback method calls the PlayRecord method to "play back", or draw, the record.

コールバックメソッドが PlayRecordを呼び出す場合は、列挙されている特定の MetafilePlayRecord メソッドを呼び出すことによって呼び出す必要があります。If the callback method calls PlayRecord, it must do so by calling the PlayRecord method of the specific Metafile that is being enumerated.

srcRect パラメーターで指定された四角形の外側で実行される描画はすべて無視されます。Any drawing that takes place outside of the rectangle specified by the srcRect parameter is ignored.

imageAttr パラメーターによって指定されたイメージ属性は、メタファイルが書き込まれたときに指定された属性を置き換えます。The image attributes specified by the imageAttr parameter replace those specified when the metafile was written.

こちらもご覧ください

EnumerateMetafile(Metafile, Rectangle, Rectangle, GraphicsUnit, Graphics+EnumerateMetafileProc, IntPtr)

Metafile から選択した四角形内のレコードをコールバック メソッドに一度に 1 つずつ送信して、指定した四角形内に表示します。Sends the records of a selected rectangle from a Metafile, one at a time, to a callback method for display in a specified rectangle.

public:
 void EnumerateMetafile(System::Drawing::Imaging::Metafile ^ metafile, System::Drawing::Rectangle destRect, System::Drawing::Rectangle srcRect, System::Drawing::GraphicsUnit srcUnit, System::Drawing::Graphics::EnumerateMetafileProc ^ callback, IntPtr callbackData);
public void EnumerateMetafile (System.Drawing.Imaging.Metafile metafile, System.Drawing.Rectangle destRect, System.Drawing.Rectangle srcRect, System.Drawing.GraphicsUnit srcUnit, System.Drawing.Graphics.EnumerateMetafileProc callback, IntPtr callbackData);
member this.EnumerateMetafile : System.Drawing.Imaging.Metafile * System.Drawing.Rectangle * System.Drawing.Rectangle * System.Drawing.GraphicsUnit * System.Drawing.Graphics.EnumerateMetafileProc * nativeint -> unit

パラメーター

metafile
Metafile

列挙する MetafileMetafile to enumerate.

destRect
Rectangle

描画するメタファイルの位置とサイズを指定する Rectangle 構造体。Rectangle structure that specifies the location and size of the drawn metafile.

srcRect
Rectangle

左上隅を基準に相対的に、描画するメタファイルの部分を指定する Rectangle 構造体。Rectangle structure that specifies the portion of the metafile, relative to its upper-left corner, to draw.

srcUnit
GraphicsUnit

GraphicsUnit パラメーターで指定された四角形に含まれるメタファイルの部分の決定に使用される単位を指定する srcRect 列挙体のメンバー。Member of the GraphicsUnit enumeration that specifies the unit of measure used to determine the portion of the metafile that the rectangle specified by the srcRect parameter contains.

callback
Graphics.EnumerateMetafileProc

メタファイル レコードの送信先のメソッドを指定する Graphics.EnumerateMetafileProc デリゲート。Graphics.EnumerateMetafileProc delegate that specifies the method to which the metafile records are sent.

callbackData
IntPtr

必須だが無視される内部ポインター。Internal pointer that is required, but ignored. このパラメーターには、Zero を渡すことができます。You can pass Zero for this parameter.

コード例については、「EnumerateMetafile(Metafile, Point, Graphics+EnumerateMetafileProc)」を参照してください。For a code example, see EnumerateMetafile(Metafile, Point, Graphics+EnumerateMetafileProc).

注釈

このメソッドは、指定したメタファイルに格納されているレコードを列挙します。This method enumerates the records contained in the specified metafile. 各レコードは、callback パラメーターによって指定されたコールバックメソッドに個別に送信されます。Each record is individually sent to a callback method specified by the callback parameter. 通常、コールバックメソッドは、PlayRecord メソッドを呼び出して、レコードを "再生" または描画します。Typically, the callback method calls the PlayRecord method to "play back", or draw, the record.

コールバックメソッドが PlayRecordを呼び出す場合は、列挙されている特定の MetafilePlayRecord メソッドを呼び出すことによって呼び出す必要があります。If the callback method calls PlayRecord, it must do so by calling the PlayRecord method of the specific Metafile that is being enumerated.

srcRect パラメーターで指定された四角形の外側で実行される描画はすべて無視されます。Any drawing that takes place outside of the rectangle specified by the srcRect parameter is ignored.

こちらもご覧ください

EnumerateMetafile(Metafile, PointF[], Graphics+EnumerateMetafileProc, IntPtr, ImageAttributes)

指定したイメージ属性を使用して、指定した Metafile のレコードをコールバック メソッドに一度に 1 つずつ送信して、指定した平行四辺形に表示します。Sends the records in the specified Metafile, one at a time, to a callback method for display in a specified parallelogram using specified image attributes.

public:
 void EnumerateMetafile(System::Drawing::Imaging::Metafile ^ metafile, cli::array <System::Drawing::PointF> ^ destPoints, System::Drawing::Graphics::EnumerateMetafileProc ^ callback, IntPtr callbackData, System::Drawing::Imaging::ImageAttributes ^ imageAttr);
public void EnumerateMetafile (System.Drawing.Imaging.Metafile metafile, System.Drawing.PointF[] destPoints, System.Drawing.Graphics.EnumerateMetafileProc callback, IntPtr callbackData, System.Drawing.Imaging.ImageAttributes imageAttr);
member this.EnumerateMetafile : System.Drawing.Imaging.Metafile * System.Drawing.PointF[] * System.Drawing.Graphics.EnumerateMetafileProc * nativeint * System.Drawing.Imaging.ImageAttributes -> unit

パラメーター

metafile
Metafile

列挙する MetafileMetafile to enumerate.

destPoints
PointF[]

描画するメタファイルのサイズと位置を決定する平行四辺形を定義する 3 つの PointF 構造体の配列。Array of three PointF structures that define a parallelogram that determines the size and location of the drawn metafile.

callback
Graphics.EnumerateMetafileProc

メタファイル レコードの送信先のメソッドを指定する Graphics.EnumerateMetafileProc デリゲート。Graphics.EnumerateMetafileProc delegate that specifies the method to which the metafile records are sent.

callbackData
IntPtr

必須だが無視される内部ポインター。Internal pointer that is required, but ignored. このパラメーターには、Zero を渡すことができます。You can pass Zero for this parameter.

imageAttr
ImageAttributes

描画イメージのイメージ属性情報を指定する ImageAttributesImageAttributes that specifies image attribute information for the drawn image.

コード例については、「EnumerateMetafile(Metafile, Point, Graphics+EnumerateMetafileProc)」を参照してください。For a code example, see EnumerateMetafile(Metafile, Point, Graphics+EnumerateMetafileProc).

注釈

このメソッドは、指定したメタファイルに格納されているレコードを列挙します。This method enumerates the records contained in the specified metafile. 各レコードは、callback パラメーターによって指定されたコールバックメソッドに個別に送信されます。Each record is individually sent to a callback method specified by the callback parameter. 通常、コールバックメソッドは、PlayRecord メソッドを呼び出して、レコードを "再生" または描画します。Typically, the callback method calls the PlayRecord method to "play back", or draw, the record.

コールバックメソッドが PlayRecordを呼び出す場合は、列挙されている特定の MetafilePlayRecord メソッドを呼び出すことによって呼び出す必要があります。If the callback method calls PlayRecord, it must do so by calling the PlayRecord method of the specific Metafile that is being enumerated.

destPoints パラメーターは、平行四辺形の3つの点を指定します。The destPoints parameter specifies three points of a parallelogram. 3つの PointF 構造体は、平行四辺形の左上、右上、左下の各角を表します。The three PointF structures represent the upper-left, upper-right, and lower-left corners of the parallelogram. 4番目のポイントは、平行四辺形を形成するために最初の3から推定されます。The fourth point is extrapolated from the first three to form a parallelogram. 描画されたメタファイルは、平行四辺形に合わせて拡大縮小および傾斜されます。The drawn metafile is scaled and sheared to fit the parallelogram.

imageAttr パラメーターによって指定されたイメージ属性は、メタファイルが書き込まれたときに指定された属性を置き換えます。The image attributes specified by the imageAttr parameter replace those specified when the metafile was written.

こちらもご覧ください

EnumerateMetafile(Metafile, Point[], Rectangle, GraphicsUnit, Graphics+EnumerateMetafileProc)

Metafile から選択した四角形内のレコードをコールバック メソッドに一度に 1 つずつ送信して、指定した平行四辺形内に表示します。Sends the records in a selected rectangle from a Metafile, one at a time, to a callback method for display in a specified parallelogram.

public:
 void EnumerateMetafile(System::Drawing::Imaging::Metafile ^ metafile, cli::array <System::Drawing::Point> ^ destPoints, System::Drawing::Rectangle srcRect, System::Drawing::GraphicsUnit srcUnit, System::Drawing::Graphics::EnumerateMetafileProc ^ callback);
public void EnumerateMetafile (System.Drawing.Imaging.Metafile metafile, System.Drawing.Point[] destPoints, System.Drawing.Rectangle srcRect, System.Drawing.GraphicsUnit srcUnit, System.Drawing.Graphics.EnumerateMetafileProc callback);
member this.EnumerateMetafile : System.Drawing.Imaging.Metafile * System.Drawing.Point[] * System.Drawing.Rectangle * System.Drawing.GraphicsUnit * System.Drawing.Graphics.EnumerateMetafileProc -> unit

パラメーター

metafile
Metafile

列挙する MetafileMetafile to enumerate.

destPoints
Point[]

描画するメタファイルのサイズと位置を決定する平行四辺形を定義する 3 つの Point 構造体の配列。Array of three Point structures that define a parallelogram that determines the size and location of the drawn metafile.

srcRect
Rectangle

左上隅を基準に相対的に、描画するメタファイルの部分を指定する Rectangle 構造体。Rectangle structure that specifies the portion of the metafile, relative to its upper-left corner, to draw.

srcUnit
GraphicsUnit

GraphicsUnit パラメーターで指定された四角形に含まれるメタファイルの部分の決定に使用される単位を指定する srcRect 列挙体のメンバー。Member of the GraphicsUnit enumeration that specifies the unit of measure used to determine the portion of the metafile that the rectangle specified by the srcRect parameter contains.

callback
Graphics.EnumerateMetafileProc

メタファイル レコードの送信先のメソッドを指定する Graphics.EnumerateMetafileProc デリゲート。Graphics.EnumerateMetafileProc delegate that specifies the method to which the metafile records are sent.

コード例については、「EnumerateMetafile(Metafile, Point, Graphics+EnumerateMetafileProc)」を参照してください。For a code example, see EnumerateMetafile(Metafile, Point, Graphics+EnumerateMetafileProc).

注釈

このメソッドは、指定したメタファイルに格納されているレコードを列挙します。This method enumerates the records contained in the specified metafile. 各レコードは、callback パラメーターによって指定されたコールバックメソッドに個別に送信されます。Each record is individually sent to a callback method specified by the callback parameter. 通常、コールバックメソッドは、PlayRecord メソッドを呼び出して、レコードを "再生" または描画します。Typically, the callback method calls the PlayRecord method to "play back", or draw, the record.

コールバックメソッドが PlayRecordを呼び出す場合は、列挙されている特定の MetafilePlayRecord メソッドを呼び出すことによって呼び出す必要があります。If the callback method calls PlayRecord, it must do so by calling the PlayRecord method of the specific Metafile that is being enumerated.

destPoints パラメーターは、平行四辺形の3つの点を指定します。The destPoints parameter specifies three points of a parallelogram. 3つの Point 構造体は、平行四辺形の左上、右上、左下の各角を表します。The three Point structures represent the upper-left, upper-right, and lower-left corners of the parallelogram. 4番目のポイントは、平行四辺形を形成するために最初の3から推定されます。The fourth point is extrapolated from the first three to form a parallelogram. 描画されたメタファイルは、平行四辺形に合わせて拡大縮小および傾斜されます。The drawn metafile is scaled and sheared to fit the parallelogram.

srcRect パラメーターで指定された四角形の外側で実行される描画はすべて無視されます。Any drawing that takes place outside of the rectangle specified by the srcRect parameter is ignored.

EnumerateMetafile(Metafile, PointF, Graphics+EnumerateMetafileProc, IntPtr, ImageAttributes)

指定したイメージ属性を使用して、指定した Metafile のレコードをコールバック メソッドに一度に 1 つずつ送信して、指定した点に表示します。Sends the records in the specified Metafile, one at a time, to a callback method for display at a specified point using specified image attributes.

public:
 void EnumerateMetafile(System::Drawing::Imaging::Metafile ^ metafile, System::Drawing::PointF destPoint, System::Drawing::Graphics::EnumerateMetafileProc ^ callback, IntPtr callbackData, System::Drawing::Imaging::ImageAttributes ^ imageAttr);
public void EnumerateMetafile (System.Drawing.Imaging.Metafile metafile, System.Drawing.PointF destPoint, System.Drawing.Graphics.EnumerateMetafileProc callback, IntPtr callbackData, System.Drawing.Imaging.ImageAttributes imageAttr);
member this.EnumerateMetafile : System.Drawing.Imaging.Metafile * System.Drawing.PointF * System.Drawing.Graphics.EnumerateMetafileProc * nativeint * System.Drawing.Imaging.ImageAttributes -> unit

パラメーター

metafile
Metafile

列挙する MetafileMetafile to enumerate.

destPoint
PointF

描画するメタファイルの左上隅の位置を指定する PointF 構造体。PointF structure that specifies the location of the upper-left corner of the drawn metafile.

callback
Graphics.EnumerateMetafileProc

メタファイル レコードの送信先のメソッドを指定する Graphics.EnumerateMetafileProc デリゲート。Graphics.EnumerateMetafileProc delegate that specifies the method to which the metafile records are sent.

callbackData
IntPtr

必須だが無視される内部ポインター。Internal pointer that is required, but ignored. このパラメーターには、Zero を渡すことができます。You can pass Zero for this parameter.

imageAttr
ImageAttributes

描画イメージのイメージ属性情報を指定する ImageAttributesImageAttributes that specifies image attribute information for the drawn image.

コード例については、「EnumerateMetafile(Metafile, Point, Graphics+EnumerateMetafileProc)」を参照してください。For a code example, see EnumerateMetafile(Metafile, Point, Graphics+EnumerateMetafileProc).

注釈

このメソッドは、指定したメタファイルに格納されているレコードを列挙します。This method enumerates the records contained in the specified metafile. 各レコードは、callback パラメーターによって指定されたコールバックメソッドに個別に送信されます。Each record is individually sent to a callback method specified by the callback parameter. 通常、コールバックメソッドは、PlayRecord メソッドを呼び出して、レコードを "再生" または描画します。Typically, the callback method calls the PlayRecord method to "play back", or draw, the record.

コールバックメソッドが PlayRecordを呼び出す場合は、列挙されている特定の Metafile のメソッドを呼び出すことによって呼び出す必要があります。If the callback method calls PlayRecord, it must do so by calling the method of the specific Metafile that is being enumerated.

imageAttr パラメーターによって指定されたイメージ属性は、メタファイルが書き込まれたときに指定された属性を置き換えます。The image attributes specified by the imageAttr parameter replace those specified when the metafile was written.

こちらもご覧ください

EnumerateMetafile(Metafile, Point, Graphics+EnumerateMetafileProc)

指定した Metafile のレコードをコールバック メソッドに一度に 1 つずつ送信して、指定した点に表示します。Sends the records in the specified Metafile, one at a time, to a callback method for display at a specified point.

public:
 void EnumerateMetafile(System::Drawing::Imaging::Metafile ^ metafile, System::Drawing::Point destPoint, System::Drawing::Graphics::EnumerateMetafileProc ^ callback);
public void EnumerateMetafile (System.Drawing.Imaging.Metafile metafile, System.Drawing.Point destPoint, System.Drawing.Graphics.EnumerateMetafileProc callback);
member this.EnumerateMetafile : System.Drawing.Imaging.Metafile * System.Drawing.Point * System.Drawing.Graphics.EnumerateMetafileProc -> unit

パラメーター

metafile
Metafile

列挙する MetafileMetafile to enumerate.

destPoint
Point

描画するメタファイルの左上隅の位置を指定する Point 構造体。Point structure that specifies the location of the upper-left corner of the drawn metafile.

callback
Graphics.EnumerateMetafileProc

メタファイル レコードの送信先のメソッドを指定する Graphics.EnumerateMetafileProc デリゲート。Graphics.EnumerateMetafileProc delegate that specifies the method to which the metafile records are sent.

次のコード例では、プライベートメンバーの1つとして Metafile を持つフォームを作成します。The following code example creates a form that has a Metafile as one of its private members. OnPaint メソッドは EnumerateMetafileを呼び出します。これにより、メタファイル内の各レコードに対してフォームの MetafileCallback メソッドが呼び出されます。The OnPaint method calls EnumerateMetafile, which calls the form's MetafileCallback method for each record in the metafile. MetafileCallback メソッドは PlayRecord メソッドを呼び出します。The MetafileCallback method calls the PlayRecord method. MetafileCallback メソッドはレコードデータを IntPtrとして受け取ることに注意してくださいが、PlayRecord メソッドでは、レコードデータがバイト配列であることが想定されています。Notice that the MetafileCallback method receives the record data as an IntPtr, but the PlayRecord method expects the record data to be a byte array. Copy を呼び出すと、PlayRecordに渡すことができるように、レコードデータがバイト配列にコピーされます。The call to Copy copies the record data to a byte array so that it can be passed to PlayRecord.


using System;
using System.Drawing;
using System.Drawing.Imaging;
using System.Windows.Forms;

// for Marshal.Copy
using System.Runtime.InteropServices; 

public class Form1 : Form
{
    private Metafile metafile1;
    private Graphics.EnumerateMetafileProc metafileDelegate;
    private Point destPoint;
    public Form1()
    {
        metafile1 = new Metafile(@"C:\Test.wmf");
        metafileDelegate = new Graphics.EnumerateMetafileProc(MetafileCallback);
        destPoint = new Point(20, 10);
    }
    protected override void OnPaint(PaintEventArgs e)
    {
        e.Graphics.EnumerateMetafile(metafile1, destPoint, metafileDelegate);
    }
    private bool MetafileCallback(
       EmfPlusRecordType recordType,
       int flags,
       int dataSize,
       IntPtr data,
       PlayRecordCallback callbackData)
    {
        byte[] dataArray = null;
        if (data != IntPtr.Zero)
        {
            // Copy the unmanaged record to a managed byte buffer 
            // that can be used by PlayRecord.
            dataArray = new byte[dataSize];
            Marshal.Copy(data, dataArray, 0, dataSize);
        }

        metafile1.PlayRecord(recordType, flags, dataSize, dataArray);

        return true;
    }

    static void Main()
    {
        Application.Run(new Form1());
    }
}
Imports System.Drawing
Imports System.Drawing.Imaging
Imports System.Windows.Forms
' for Marshal.Copy
Imports System.Runtime.InteropServices


Public Class Form1
    Inherits Form
    Private metafile1 As Metafile
    Private metafileDelegate As Graphics.EnumerateMetafileProc
    Private destPoint As Point
    
    Public Sub New() 
        metafile1 = New Metafile("C:\test.wmf")
        metafileDelegate = New Graphics.EnumerateMetafileProc(AddressOf MetafileCallback)
        destPoint = New Point(20, 10)
    
    End Sub
    
    Protected Overrides Sub OnPaint(ByVal e As PaintEventArgs) 
        e.Graphics.EnumerateMetafile(metafile1, destPoint, metafileDelegate)
    
    End Sub
    
    Private Function MetafileCallback(ByVal recordType As _
        EmfPlusRecordType, ByVal flags As Integer, ByVal dataSize As Integer, _
        ByVal data As IntPtr, ByVal callbackData As PlayRecordCallback) As Boolean

        Dim dataArray As Byte() = Nothing
        If data <> IntPtr.Zero Then

            ' Copy the unmanaged record to a managed byte buffer 
            ' that can be used by PlayRecord.
            dataArray = New Byte(dataSize) {}
            Marshal.Copy(data, dataArray, 0, dataSize)
        End If

        metafile1.PlayRecord(recordType, flags, dataSize, dataArray)
        Return True

    End Function
    
    Shared Sub Main() 
        Application.Run(New Form1())
    End Sub

End Class

注釈

このメソッドは、指定したメタファイルに格納されているレコードを列挙します。This method enumerates the records contained in the specified metafile. 各レコードは、callback パラメーターによって指定されたコールバックメソッドに個別に送信されます。Each record is individually sent to a callback method specified by the callback parameter. 通常、コールバックメソッドは、PlayRecord メソッドを呼び出して、レコードを "再生" または描画します。Typically, the callback method calls the PlayRecord method to "play back", or draw, the record.

コールバックメソッドが PlayRecordを呼び出す場合は、列挙されている特定の MetafilePlayRecord メソッドを呼び出すことによって呼び出す必要があります。If the callback method calls PlayRecord, it must do so by calling the PlayRecord method of the specific Metafile that is being enumerated.

こちらもご覧ください

EnumerateMetafile(Metafile, Point[], Graphics+EnumerateMetafileProc)

指定した Metafile のレコードをコールバック メソッドに一度に 1 つずつ送信して、指定した平行四辺形内に表示します。Sends the records in the specified Metafile, one at a time, to a callback method for display in a specified parallelogram.

public:
 void EnumerateMetafile(System::Drawing::Imaging::Metafile ^ metafile, cli::array <System::Drawing::Point> ^ destPoints, System::Drawing::Graphics::EnumerateMetafileProc ^ callback);
public void EnumerateMetafile (System.Drawing.Imaging.Metafile metafile, System.Drawing.Point[] destPoints, System.Drawing.Graphics.EnumerateMetafileProc callback);
member this.EnumerateMetafile : System.Drawing.Imaging.Metafile * System.Drawing.Point[] * System.Drawing.Graphics.EnumerateMetafileProc -> unit

パラメーター

metafile
Metafile

列挙する MetafileMetafile to enumerate.

destPoints
Point[]

描画するメタファイルのサイズと位置を決定する平行四辺形を定義する 3 つの Point 構造体の配列。Array of three Point structures that define a parallelogram that determines the size and location of the drawn metafile.

callback
Graphics.EnumerateMetafileProc

メタファイル レコードの送信先のメソッドを指定する Graphics.EnumerateMetafileProc デリゲート。Graphics.EnumerateMetafileProc delegate that specifies the method to which the metafile records are sent.

コード例については、「EnumerateMetafile(Metafile, Point, Graphics+EnumerateMetafileProc)」を参照してください。For a code example, see EnumerateMetafile(Metafile, Point, Graphics+EnumerateMetafileProc).

注釈

このメソッドは、指定したメタファイルに格納されているレコードを列挙します。This method enumerates the records contained in the specified metafile. 各レコードは、callback パラメーターによって指定されたコールバックメソッドに個別に送信されます。Each record is individually sent to a callback method specified by the callback parameter. 通常、コールバックメソッドは、PlayRecord メソッドを呼び出して、レコードを "再生" または描画します。Typically, the callback method calls the PlayRecord method to "play back", or draw, the record.

コールバックメソッドが PlayRecordを呼び出す場合は、列挙されている特定の MetafilePlayRecord メソッドを呼び出すことによって呼び出す必要があります。If the callback method calls PlayRecord, it must do so by calling the PlayRecord method of the specific Metafile that is being enumerated.

こちらもご覧ください

EnumerateMetafile(Metafile, PointF, Graphics+EnumerateMetafileProc)

指定した Metafile のレコードをコールバック メソッドに一度に 1 つずつ送信して、指定した点に表示します。Sends the records in the specified Metafile, one at a time, to a callback method for display at a specified point.

public:
 void EnumerateMetafile(System::Drawing::Imaging::Metafile ^ metafile, System::Drawing::PointF destPoint, System::Drawing::Graphics::EnumerateMetafileProc ^ callback);
public void EnumerateMetafile (System.Drawing.Imaging.Metafile metafile, System.Drawing.PointF destPoint, System.Drawing.Graphics.EnumerateMetafileProc callback);
member this.EnumerateMetafile : System.Drawing.Imaging.Metafile * System.Drawing.PointF * System.Drawing.Graphics.EnumerateMetafileProc -> unit

パラメーター

metafile
Metafile

列挙する MetafileMetafile to enumerate.

destPoint
PointF

描画するメタファイルの左上隅の位置を指定する PointF 構造体。PointF structure that specifies the location of the upper-left corner of the drawn metafile.

callback
Graphics.EnumerateMetafileProc

メタファイル レコードの送信先のメソッドを指定する Graphics.EnumerateMetafileProc デリゲート。Graphics.EnumerateMetafileProc delegate that specifies the method to which the metafile records are sent.

コード例については、「EnumerateMetafile(Metafile, Point, Graphics+EnumerateMetafileProc)」を参照してください。For a code example, see EnumerateMetafile(Metafile, Point, Graphics+EnumerateMetafileProc).

注釈

このメソッドは、指定したメタファイルに格納されているレコードを列挙します。This method enumerates the records contained in the specified metafile. 各レコードは、callback パラメーターによって指定されたコールバックメソッドに個別に送信されます。Each record is individually sent to a callback method specified by the callback parameter. 通常、コールバックメソッドは、PlayRecord メソッドを呼び出して、レコードを "再生" または描画します。Typically, the callback method calls the PlayRecord method to "play back", or draw, the record.

コールバックメソッドが PlayRecordを呼び出す場合は、列挙されている特定の MetafilePlayRecord メソッドを呼び出すことによって呼び出す必要があります。If the callback method calls PlayRecord, it must do so by calling the PlayRecord method of the specific Metafile that is being enumerated.

こちらもご覧ください

EnumerateMetafile(Metafile, PointF[], Graphics+EnumerateMetafileProc)

指定した Metafile のレコードをコールバック メソッドに一度に 1 つずつ送信して、指定した平行四辺形内に表示します。Sends the records in the specified Metafile, one at a time, to a callback method for display in a specified parallelogram.

public:
 void EnumerateMetafile(System::Drawing::Imaging::Metafile ^ metafile, cli::array <System::Drawing::PointF> ^ destPoints, System::Drawing::Graphics::EnumerateMetafileProc ^ callback);
public void EnumerateMetafile (System.Drawing.Imaging.Metafile metafile, System.Drawing.PointF[] destPoints, System.Drawing.Graphics.EnumerateMetafileProc callback);
member this.EnumerateMetafile : System.Drawing.Imaging.Metafile * System.Drawing.PointF[] * System.Drawing.Graphics.EnumerateMetafileProc -> unit

パラメーター

metafile
Metafile

列挙する MetafileMetafile to enumerate.

destPoints
PointF[]

描画するメタファイルのサイズと位置を決定する平行四辺形を定義する 3 つの PointF 構造体の配列。Array of three PointF structures that define a parallelogram that determines the size and location of the drawn metafile.

callback
Graphics.EnumerateMetafileProc

メタファイル レコードの送信先のメソッドを指定する Graphics.EnumerateMetafileProc デリゲート。Graphics.EnumerateMetafileProc delegate that specifies the method to which the metafile records are sent.

コード例については、「EnumerateMetafile(Metafile, Point, Graphics+EnumerateMetafileProc)」を参照してください。For a code example, see EnumerateMetafile(Metafile, Point, Graphics+EnumerateMetafileProc).

注釈

このメソッドは、指定したメタファイルに格納されているレコードを列挙します。This method enumerates the records contained in the specified metafile. 各レコードは、callback パラメーターによって指定されたコールバックメソッドに個別に送信されます。Each record is individually sent to a callback method specified by the callback parameter. 通常、コールバックメソッドは、PlayRecord メソッドを呼び出して、レコードを "再生" または描画します。Typically, the callback method calls the PlayRecord method to "play back", or draw, the record.

コールバックメソッドが PlayRecordを呼び出す場合は、列挙されている特定の MetafilePlayRecord メソッドを呼び出すことによって呼び出す必要があります。If the callback method calls PlayRecord, it must do so by calling the PlayRecord method of the specific Metafile that is being enumerated.

destPoints パラメーターは、平行四辺形の3つの点を指定します。The destPoints parameter specifies three points of a parallelogram. 3つの PointF 構造体は、平行四辺形の左上、右上、左下の各角を表します。The three PointF structures represent the upper-left, upper-right, and lower-left corners of the parallelogram. 4番目のポイントは、平行四辺形を形成するために最初の3から推定されます。The fourth point is extrapolated from the first three to form a parallelogram. 描画されたメタファイルは、平行四辺形に合わせて拡大縮小および傾斜されます。The drawn metafile is scaled and sheared to fit the parallelogram.

こちらもご覧ください

EnumerateMetafile(Metafile, RectangleF, Graphics+EnumerateMetafileProc)

指定した Metafile のレコードをコールバック メソッドに一度に 1 つずつ送信して、指定した四角形内に表示します。Sends the records of the specified Metafile, one at a time, to a callback method for display in a specified rectangle.

public:
 void EnumerateMetafile(System::Drawing::Imaging::Metafile ^ metafile, System::Drawing::RectangleF destRect, System::Drawing::Graphics::EnumerateMetafileProc ^ callback);
public void EnumerateMetafile (System.Drawing.Imaging.Metafile metafile, System.Drawing.RectangleF destRect, System.Drawing.Graphics.EnumerateMetafileProc callback);
member this.EnumerateMetafile : System.Drawing.Imaging.Metafile * System.Drawing.RectangleF * System.Drawing.Graphics.EnumerateMetafileProc -> unit

パラメーター

metafile
Metafile

列挙する MetafileMetafile to enumerate.

destRect
RectangleF

描画するメタファイルの位置とサイズを指定する RectangleF 構造体。RectangleF structure that specifies the location and size of the drawn metafile.

callback
Graphics.EnumerateMetafileProc

メタファイル レコードの送信先のメソッドを指定する Graphics.EnumerateMetafileProc デリゲート。Graphics.EnumerateMetafileProc delegate that specifies the method to which the metafile records are sent.

コード例については、「EnumerateMetafile(Metafile, Point, Graphics+EnumerateMetafileProc)」を参照してください。For a code example, see EnumerateMetafile(Metafile, Point, Graphics+EnumerateMetafileProc).

注釈

このメソッドは、指定したメタファイルに格納されているレコードを列挙します。This method enumerates the records contained in the specified metafile. 各レコードは、callback パラメーターによって指定されたコールバックメソッドに個別に送信されます。Each record is individually sent to a callback method specified by the callback parameter. 通常、コールバックメソッドは、PlayRecord メソッドを呼び出して、レコードを "再生" または描画します。Typically, the callback method calls the PlayRecord method to "play back", or draw, the record.

コールバックメソッドが PlayRecordを呼び出す場合は、列挙されている特定の MetafilePlayRecord メソッドを呼び出すことによって呼び出す必要があります。If the callback method calls PlayRecord, it must do so by calling the PlayRecord method of the specific Metafile that is being enumerated.

こちらもご覧ください

EnumerateMetafile(Metafile, Point, Graphics+EnumerateMetafileProc, IntPtr)

指定した Metafile のレコードをコールバック メソッドに一度に 1 つずつ送信して、指定した点に表示します。Sends the records in the specified Metafile, one at a time, to a callback method for display at a specified point.

public:
 void EnumerateMetafile(System::Drawing::Imaging::Metafile ^ metafile, System::Drawing::Point destPoint, System::Drawing::Graphics::EnumerateMetafileProc ^ callback, IntPtr callbackData);
public void EnumerateMetafile (System.Drawing.Imaging.Metafile metafile, System.Drawing.Point destPoint, System.Drawing.Graphics.EnumerateMetafileProc callback, IntPtr callbackData);
member this.EnumerateMetafile : System.Drawing.Imaging.Metafile * System.Drawing.Point * System.Drawing.Graphics.EnumerateMetafileProc * nativeint -> unit

パラメーター

metafile
Metafile

列挙する MetafileMetafile to enumerate.

destPoint
Point

描画するメタファイルの左上隅の位置を指定する Point 構造体。Point structure that specifies the location of the upper-left corner of the drawn metafile.

callback
Graphics.EnumerateMetafileProc

メタファイル レコードの送信先のメソッドを指定する Graphics.EnumerateMetafileProc デリゲート。Graphics.EnumerateMetafileProc delegate that specifies the method to which the metafile records are sent.

callbackData
IntPtr

必須だが無視される内部ポインター。Internal pointer that is required, but ignored. このパラメーターには、Zero を渡すことができます。You can pass Zero for this parameter.

コード例については、「EnumerateMetafile」を参照してください。For a code example, see EnumerateMetafile.

注釈

このメソッドは、指定したメタファイルに格納されているレコードを列挙します。This method enumerates the records contained in the specified metafile. 各レコードは、callback パラメーターによって指定されたコールバックメソッドに個別に送信されます。Each record is individually sent to a callback method specified by the callback parameter. 通常、コールバックメソッドは、PlayRecord メソッドを呼び出して、レコードを "再生" または描画します。Typically, the callback method calls the PlayRecord method to "play back", or draw, the record.

コールバックメソッドが PlayRecordを呼び出す場合は、列挙されている特定の MetafilePlayRecord メソッドを呼び出すことによって呼び出す必要があります。If the callback method calls PlayRecord, it must do so by calling the PlayRecord method of the specific Metafile that is being enumerated.

こちらもご覧ください

EnumerateMetafile(Metafile, Point[], Graphics+EnumerateMetafileProc, IntPtr)

指定した Metafile のレコードをコールバック メソッドに一度に 1 つずつ送信して、指定した平行四辺形内に表示します。Sends the records in the specified Metafile, one at a time, to a callback method for display in a specified parallelogram.

public:
 void EnumerateMetafile(System::Drawing::Imaging::Metafile ^ metafile, cli::array <System::Drawing::Point> ^ destPoints, System::Drawing::Graphics::EnumerateMetafileProc ^ callback, IntPtr callbackData);
public void EnumerateMetafile (System.Drawing.Imaging.Metafile metafile, System.Drawing.Point[] destPoints, System.Drawing.Graphics.EnumerateMetafileProc callback, IntPtr callbackData);
member this.EnumerateMetafile : System.Drawing.Imaging.Metafile * System.Drawing.Point[] * System.Drawing.Graphics.EnumerateMetafileProc * nativeint -> unit

パラメーター

metafile
Metafile

列挙する MetafileMetafile to enumerate.

destPoints
Point[]

描画するメタファイルのサイズと位置を決定する平行四辺形を定義する 3 つの Point 構造体の配列。Array of three Point structures that define a parallelogram that determines the size and location of the drawn metafile.

callback
Graphics.EnumerateMetafileProc

メタファイル レコードの送信先のメソッドを指定する Graphics.EnumerateMetafileProc デリゲート。Graphics.EnumerateMetafileProc delegate that specifies the method to which the metafile records are sent.

callbackData
IntPtr

必須だが無視される内部ポインター。Internal pointer that is required, but ignored. このパラメーターには、Zero を渡すことができます。You can pass Zero for this parameter.

コード例については、「EnumerateMetafile(Metafile, Point, Graphics+EnumerateMetafileProc)」を参照してください。For a code example, see EnumerateMetafile(Metafile, Point, Graphics+EnumerateMetafileProc).

注釈

このメソッドは、指定したメタファイルに格納されているレコードを列挙します。This method enumerates the records contained in the specified metafile. 各レコードは、callback パラメーターによって指定されたコールバックメソッドに個別に送信されます。Each record is individually sent to a callback method specified by the callback parameter. 通常、コールバックメソッドは、PlayRecord メソッドを呼び出して、レコードを "再生" または描画します。Typically, the callback method calls the PlayRecord method to "play back", or draw, the record.

コールバックメソッドが PlayRecordを呼び出す場合は、列挙されている特定の MetafilePlayRecord メソッドを呼び出すことによって呼び出す必要があります。If the callback method calls PlayRecord, it must do so by calling the PlayRecord method of the specific Metafile that is being enumerated.

EnumerateMetafile(Metafile, Rectangle, Graphics+EnumerateMetafileProc)

指定した Metafile のレコードをコールバック メソッドに一度に 1 つずつ送信して、指定した四角形内に表示します。Sends the records of the specified Metafile, one at a time, to a callback method for display in a specified rectangle.

public:
 void EnumerateMetafile(System::Drawing::Imaging::Metafile ^ metafile, System::Drawing::Rectangle destRect, System::Drawing::Graphics::EnumerateMetafileProc ^ callback);
public void EnumerateMetafile (System.Drawing.Imaging.Metafile metafile, System.Drawing.Rectangle destRect, System.Drawing.Graphics.EnumerateMetafileProc callback);
member this.EnumerateMetafile : System.Drawing.Imaging.Metafile * System.Drawing.Rectangle * System.Drawing.Graphics.EnumerateMetafileProc -> unit

パラメーター

metafile
Metafile

列挙する MetafileMetafile to enumerate.

destRect
Rectangle

描画するメタファイルの位置とサイズを指定する Rectangle 構造体。Rectangle structure that specifies the location and size of the drawn metafile.

callback
Graphics.EnumerateMetafileProc

メタファイル レコードの送信先のメソッドを指定する Graphics.EnumerateMetafileProc デリゲート。Graphics.EnumerateMetafileProc delegate that specifies the method to which the metafile records are sent.

コード例については、「EnumerateMetafile(Metafile, Point, Graphics+EnumerateMetafileProc)」を参照してください。For a code example, see EnumerateMetafile(Metafile, Point, Graphics+EnumerateMetafileProc).

注釈

このメソッドは、指定したメタファイルに格納されているレコードを列挙します。This method enumerates the records contained in the specified metafile. 各レコードは、callback パラメーターによって指定されたコールバックメソッドに個別に送信されます。Each record is individually sent to a callback method specified by the callback parameter. 通常、コールバックメソッドは、PlayRecord メソッドを呼び出して、レコードを "再生" または描画します。Typically, the callback method calls the PlayRecord method to "play back", or draw, the record.

コールバックメソッドが PlayRecordを呼び出す場合は、列挙されている特定の MetafilePlayRecord メソッドを呼び出すことによって呼び出す必要があります。If the callback method calls PlayRecord, it must do so by calling the PlayRecord method of the specific Metafile that is being enumerated.

こちらもご覧ください

EnumerateMetafile(Metafile, PointF[], Graphics+EnumerateMetafileProc, IntPtr)

指定した Metafile のレコードをコールバック メソッドに一度に 1 つずつ送信して、指定した平行四辺形内に表示します。Sends the records in the specified Metafile, one at a time, to a callback method for display in a specified parallelogram.

public:
 void EnumerateMetafile(System::Drawing::Imaging::Metafile ^ metafile, cli::array <System::Drawing::PointF> ^ destPoints, System::Drawing::Graphics::EnumerateMetafileProc ^ callback, IntPtr callbackData);
public void EnumerateMetafile (System.Drawing.Imaging.Metafile metafile, System.Drawing.PointF[] destPoints, System.Drawing.Graphics.EnumerateMetafileProc callback, IntPtr callbackData);
member this.EnumerateMetafile : System.Drawing.Imaging.Metafile * System.Drawing.PointF[] * System.Drawing.Graphics.EnumerateMetafileProc * nativeint -> unit

パラメーター

metafile
Metafile

列挙する MetafileMetafile to enumerate.

destPoints
PointF[]

描画するメタファイルのサイズと位置を決定する平行四辺形を定義する 3 つの PointF 構造体の配列。Array of three PointF structures that define a parallelogram that determines the size and location of the drawn metafile.

callback
Graphics.EnumerateMetafileProc

メタファイル レコードの送信先のメソッドを指定する Graphics.EnumerateMetafileProc デリゲート。Graphics.EnumerateMetafileProc delegate that specifies the method to which the metafile records are sent.

callbackData
IntPtr

必須だが無視される内部ポインター。Internal pointer that is required, but ignored. このパラメーターには、Zero を渡すことができます。You can pass Zero for this parameter.

コード例については、「EnumerateMetafile(Metafile, Point, Graphics+EnumerateMetafileProc)」を参照してください。For a code example, see EnumerateMetafile(Metafile, Point, Graphics+EnumerateMetafileProc).

注釈

このメソッドは、指定したメタファイルに格納されているレコードを列挙します。This method enumerates the records contained in the specified metafile. 各レコードは、callback パラメーターによって指定されたコールバックメソッドに個別に送信されます。Each record is individually sent to a callback method specified by the callback parameter. 通常、コールバックメソッドは、PlayRecord メソッドを呼び出して、レコードを "再生" または描画します。Typically, the callback method calls the PlayRecord method to "play back", or draw, the record.

コールバックメソッドが PlayRecordを呼び出す場合は、列挙されている特定の MetafilePlayRecord メソッドを呼び出すことによって呼び出す必要があります。If the callback method calls PlayRecord, it must do so by calling the PlayRecord method of the specific Metafile that is being enumerated.

destPoints パラメーターは、平行四辺形の3つの点を指定します。The destPoints parameter specifies three points of a parallelogram. 3つの PointF 構造体は、平行四辺形の左上、右上、左下の各角を表します。The three PointF structures represent the upper-left, upper-right, and lower-left corners of the parallelogram. 4番目のポイントは、平行四辺形を形成するために最初の3から推定されます。The fourth point is extrapolated from the first three to form a parallelogram. 描画されたメタファイルは、平行四辺形に合わせて拡大縮小および傾斜されます。The drawn metafile is scaled and sheared to fit the parallelogram.

こちらもご覧ください

EnumerateMetafile(Metafile, Rectangle, Graphics+EnumerateMetafileProc, IntPtr)

指定した Metafile のレコードをコールバック メソッドに一度に 1 つずつ送信して、指定した四角形内に表示します。Sends the records of the specified Metafile, one at a time, to a callback method for display in a specified rectangle.

public:
 void EnumerateMetafile(System::Drawing::Imaging::Metafile ^ metafile, System::Drawing::Rectangle destRect, System::Drawing::Graphics::EnumerateMetafileProc ^ callback, IntPtr callbackData);
public void EnumerateMetafile (System.Drawing.Imaging.Metafile metafile, System.Drawing.Rectangle destRect, System.Drawing.Graphics.EnumerateMetafileProc callback, IntPtr callbackData);
member this.EnumerateMetafile : System.Drawing.Imaging.Metafile * System.Drawing.Rectangle * System.Drawing.Graphics.EnumerateMetafileProc * nativeint -> unit

パラメーター

metafile
Metafile

列挙する MetafileMetafile to enumerate.

destRect
Rectangle

描画するメタファイルの位置とサイズを指定する Rectangle 構造体。Rectangle structure that specifies the location and size of the drawn metafile.

callback
Graphics.EnumerateMetafileProc

メタファイル レコードの送信先のメソッドを指定する Graphics.EnumerateMetafileProc デリゲート。Graphics.EnumerateMetafileProc delegate that specifies the method to which the metafile records are sent.

callbackData
IntPtr

必須だが無視される内部ポインター。Internal pointer that is required, but ignored. このパラメーターには、Zero を渡すことができます。You can pass Zero for this parameter.

コード例については、「EnumerateMetafile(Metafile, Point, Graphics+EnumerateMetafileProc)」を参照してください。For a code example, see EnumerateMetafile(Metafile, Point, Graphics+EnumerateMetafileProc).

注釈

このメソッドは、指定したメタファイルに格納されているレコードを列挙します。This method enumerates the records contained in the specified metafile. 各レコードは、callback パラメーターによって指定されたコールバックメソッドに個別に送信されます。Each record is individually sent to a callback method specified by the callback parameter. 通常、コールバックメソッドは、PlayRecord メソッドを呼び出して、レコードを "再生" または描画します。Typically, the callback method calls the PlayRecord method to "play back", or draw, the record.

コールバックメソッドが PlayRecordを呼び出す場合は、列挙されている特定の MetafilePlayRecord メソッドを呼び出すことによって呼び出す必要があります。If the callback method calls PlayRecord, it must do so by calling the PlayRecord method of the specific Metafile that is being enumerated.

こちらもご覧ください

EnumerateMetafile(Metafile, RectangleF, Graphics+EnumerateMetafileProc, IntPtr)

指定した Metafile のレコードをコールバック メソッドに一度に 1 つずつ送信して、指定した四角形内に表示します。Sends the records of the specified Metafile, one at a time, to a callback method for display in a specified rectangle.

public:
 void EnumerateMetafile(System::Drawing::Imaging::Metafile ^ metafile, System::Drawing::RectangleF destRect, System::Drawing::Graphics::EnumerateMetafileProc ^ callback, IntPtr callbackData);
public void EnumerateMetafile (System.Drawing.Imaging.Metafile metafile, System.Drawing.RectangleF destRect, System.Drawing.Graphics.EnumerateMetafileProc callback, IntPtr callbackData);
member this.EnumerateMetafile : System.Drawing.Imaging.Metafile * System.Drawing.RectangleF * System.Drawing.Graphics.EnumerateMetafileProc * nativeint -> unit

パラメーター

metafile
Metafile

列挙する MetafileMetafile to enumerate.

destRect
RectangleF

描画するメタファイルの位置とサイズを指定する RectangleF 構造体。RectangleF structure that specifies the location and size of the drawn metafile.

callback
Graphics.EnumerateMetafileProc

メタファイル レコードの送信先のメソッドを指定する Graphics.EnumerateMetafileProc デリゲート。Graphics.EnumerateMetafileProc delegate that specifies the method to which the metafile records are sent.

callbackData
IntPtr

必須だが無視される内部ポインター。Internal pointer that is required, but ignored. このパラメーターには、Zero を渡すことができます。You can pass Zero for this parameter.

コード例については、「EnumerateMetafile(Metafile, Point, Graphics+EnumerateMetafileProc)」を参照してください。For a code example, see EnumerateMetafile(Metafile, Point, Graphics+EnumerateMetafileProc).

注釈

このメソッドは、指定したメタファイルに格納されているレコードを列挙します。This method enumerates the records contained in the specified metafile. 各レコードは、callback パラメーターによって指定されたコールバックメソッドに個別に送信されます。Each record is individually sent to a callback method specified by the callback parameter. 通常、コールバックメソッドは、PlayRecord メソッドを呼び出して、レコードを "再生" または描画します。Typically, the callback method calls the PlayRecord method to "play back", or draw, the record.

コールバックメソッドが PlayRecordを呼び出す場合は、列挙されている特定の MetafilePlayRecord メソッドを呼び出すことによって呼び出す必要があります。If the callback method calls PlayRecord, it must do so by calling the PlayRecord method of the specific Metafile that is being enumerated.

こちらもご覧ください

EnumerateMetafile(Metafile, Point, Graphics+EnumerateMetafileProc, IntPtr, ImageAttributes)

指定したイメージ属性を使用して、指定した Metafile のレコードをコールバック メソッドに一度に 1 つずつ送信して、指定した点に表示します。Sends the records in the specified Metafile, one at a time, to a callback method for display at a specified point using specified image attributes.

public:
 void EnumerateMetafile(System::Drawing::Imaging::Metafile ^ metafile, System::Drawing::Point destPoint, System::Drawing::Graphics::EnumerateMetafileProc ^ callback, IntPtr callbackData, System::Drawing::Imaging::ImageAttributes ^ imageAttr);
public void EnumerateMetafile (System.Drawing.Imaging.Metafile metafile, System.Drawing.Point destPoint, System.Drawing.Graphics.EnumerateMetafileProc callback, IntPtr callbackData, System.Drawing.Imaging.ImageAttributes imageAttr);
member this.EnumerateMetafile : System.Drawing.Imaging.Metafile * System.Drawing.Point * System.Drawing.Graphics.EnumerateMetafileProc * nativeint * System.Drawing.Imaging.ImageAttributes -> unit

パラメーター

metafile
Metafile

列挙する MetafileMetafile to enumerate.

destPoint
Point

描画するメタファイルの左上隅の位置を指定する Point 構造体。Point structure that specifies the location of the upper-left corner of the drawn metafile.

callback
Graphics.EnumerateMetafileProc

メタファイル レコードの送信先のメソッドを指定する Graphics.EnumerateMetafileProc デリゲート。Graphics.EnumerateMetafileProc delegate that specifies the method to which the metafile records are sent.

callbackData
IntPtr

必須だが無視される内部ポインター。Internal pointer that is required, but ignored. このパラメーターには、Zero を渡すことができます。You can pass Zero for this parameter.

imageAttr
ImageAttributes

描画イメージのイメージ属性情報を指定する ImageAttributesImageAttributes that specifies image attribute information for the drawn image.

コード例については、「EnumerateMetafile(Metafile, Point, Graphics+EnumerateMetafileProc)」を参照してください。For a code example, see EnumerateMetafile(Metafile, Point, Graphics+EnumerateMetafileProc).

注釈

このメソッドは、指定したメタファイルに格納されているレコードを列挙します。This method enumerates the records contained in the specified metafile. 各レコードは、callback パラメーターによって指定されたコールバックメソッドに個別に送信されます。Each record is individually sent to a callback method specified by the callback parameter. 通常、コールバックメソッドは、PlayRecord メソッドを呼び出して、レコードを "再生" または描画します。Typically, the callback method calls the PlayRecord method to "play back", or draw, the record.

コールバックメソッドが PlayRecordを呼び出す場合は、列挙されている特定の MetafilePlayRecord メソッドを呼び出すことによって呼び出す必要があります。If the callback method calls PlayRecord, it must do so by calling the PlayRecord method of the specific Metafile that is being enumerated.

こちらもご覧ください

EnumerateMetafile(Metafile, Point, Rectangle, GraphicsUnit, Graphics+EnumerateMetafileProc)

Metafile から選択した四角形内のレコードをコールバック メソッドに一度に 1 つずつ送信して、指定した点に表示します。Sends the records in a selected rectangle from a Metafile, one at a time, to a callback method for display at a specified point.

public:
 void EnumerateMetafile(System::Drawing::Imaging::Metafile ^ metafile, System::Drawing::Point destPoint, System::Drawing::Rectangle srcRect, System::Drawing::GraphicsUnit srcUnit, System::Drawing::Graphics::EnumerateMetafileProc ^ callback);
public void EnumerateMetafile (System.Drawing.Imaging.Metafile metafile, System.Drawing.Point destPoint, System.Drawing.Rectangle srcRect, System.Drawing.GraphicsUnit srcUnit, System.Drawing.Graphics.EnumerateMetafileProc callback);
member this.EnumerateMetafile : System.Drawing.Imaging.Metafile * System.Drawing.Point * System.Drawing.Rectangle * System.Drawing.GraphicsUnit * System.Drawing.Graphics.EnumerateMetafileProc -> unit

パラメーター

metafile
Metafile

列挙する MetafileMetafile to enumerate.

destPoint
Point

描画するメタファイルの左上隅の位置を指定する Point 構造体。Point structure that specifies the location of the upper-left corner of the drawn metafile.

srcRect
Rectangle

左上隅を基準に相対的に、描画するメタファイルの部分を指定する Rectangle 構造体。Rectangle structure that specifies the portion of the metafile, relative to its upper-left corner, to draw.

srcUnit
GraphicsUnit

GraphicsUnit パラメーターで指定された四角形に含まれるメタファイルの部分の決定に使用される単位を指定する srcRect 列挙体のメンバー。Member of the GraphicsUnit enumeration that specifies the unit of measure used to determine the portion of the metafile that the rectangle specified by the srcRect parameter contains.

callback
Graphics.EnumerateMetafileProc

メタファイル レコードの送信先のメソッドを指定する Graphics.EnumerateMetafileProc デリゲート。Graphics.EnumerateMetafileProc delegate that specifies the method to which the metafile records are sent.

コード例については、「EnumerateMetafile(Metafile, Point, Graphics+EnumerateMetafileProc)」を参照してください。For a code example, see EnumerateMetafile(Metafile, Point, Graphics+EnumerateMetafileProc).

注釈

このメソッドは、指定したメタファイルに格納されているレコードを列挙します。This method enumerates the records contained in the specified metafile. 各レコードは、callback パラメーターによって指定されたコールバックメソッドに個別に送信されます。Each record is individually sent to a callback method specified by the callback parameter. 通常、コールバックメソッドは、PlayRecord メソッドを呼び出して、レコードを "再生" または描画します。Typically, the callback method calls the PlayRecord method to "play back", or draw, the record.

コールバックメソッドが PlayRecordを呼び出す場合は、列挙されている特定の MetafilePlayRecord メソッドを呼び出すことによって呼び出す必要があります。If the callback method calls PlayRecord, it must do so by calling the PlayRecord method of the specific Metafile that is being enumerated.

EnumerateMetafile(Metafile, Point[], Graphics+EnumerateMetafileProc, IntPtr, ImageAttributes)

指定したイメージ属性を使用して、指定した Metafile のレコードをコールバック メソッドに一度に 1 つずつ送信して、指定した平行四辺形に表示します。Sends the records in the specified Metafile, one at a time, to a callback method for display in a specified parallelogram using specified image attributes.

public:
 void EnumerateMetafile(System::Drawing::Imaging::Metafile ^ metafile, cli::array <System::Drawing::Point> ^ destPoints, System::Drawing::Graphics::EnumerateMetafileProc ^ callback, IntPtr callbackData, System::Drawing::Imaging::ImageAttributes ^ imageAttr);
public void EnumerateMetafile (System.Drawing.Imaging.Metafile metafile, System.Drawing.Point[] destPoints, System.Drawing.Graphics.EnumerateMetafileProc callback, IntPtr callbackData, System.Drawing.Imaging.ImageAttributes imageAttr);
member this.EnumerateMetafile : System.Drawing.Imaging.Metafile * System.Drawing.Point[] * System.Drawing.Graphics.EnumerateMetafileProc * nativeint * System.Drawing.Imaging.ImageAttributes -> unit

パラメーター

metafile
Metafile

列挙する MetafileMetafile to enumerate.

destPoints
Point[]

描画するメタファイルのサイズと位置を決定する平行四辺形を定義する 3 つの Point 構造体の配列。Array of three Point structures that define a parallelogram that determines the size and location of the drawn metafile.

callback
Graphics.EnumerateMetafileProc

メタファイル レコードの送信先のメソッドを指定する Graphics.EnumerateMetafileProc デリゲート。Graphics.EnumerateMetafileProc delegate that specifies the method to which the metafile records are sent.

callbackData
IntPtr

必須だが無視される内部ポインター。Internal pointer that is required, but ignored. このパラメーターには、Zero を渡すことができます。You can pass Zero for this parameter.

imageAttr
ImageAttributes

描画イメージのイメージ属性情報を指定する ImageAttributesImageAttributes that specifies image attribute information for the drawn image.

コード例については、「EnumerateMetafile(Metafile, Point, Graphics+EnumerateMetafileProc)」を参照してください。For a code example, see EnumerateMetafile(Metafile, Point, Graphics+EnumerateMetafileProc).

注釈

このメソッドは、指定したメタファイルに格納されているレコードを列挙します。This method enumerates the records contained in the specified metafile. 各レコードは、callback パラメーターによって指定されたコールバックメソッドに個別に送信されます。Each record is individually sent to a callback method specified by the callback parameter. 通常、コールバックメソッドは、PlayRecord メソッドを呼び出して、レコードを "再生" または描画します。Typically, the callback method calls the PlayRecord method to "play back", or draw, the record.

コールバックメソッドが PlayRecordを呼び出す場合は、列挙されている特定の MetafilePlayRecord メソッドを呼び出すことによって呼び出す必要があります。If the callback method calls PlayRecord, it must do so by calling the PlayRecord method of the specific Metafile that is being enumerated.

destPoints パラメーターは、平行四辺形の3つの点を指定します。The destPoints parameter specifies three points of a parallelogram. 3つの Point 構造体は、平行四辺形の左上、右上、左下の各角を表します。The three Point structures represent the upper-left, upper-right, and lower-left corners of the parallelogram. 4番目のポイントは、平行四辺形を形成するために最初の3から推定されます。The fourth point is extrapolated from the first three to form a parallelogram. 描画されたメタファイルは、平行四辺形に合わせて拡大縮小および傾斜されます。The drawn metafile is scaled and sheared to fit the parallelogram.

imageAttr パラメーターによって指定されたイメージ属性は、メタファイルが書き込まれたときに指定された属性を置き換えます。The image attributes specified by the imageAttr parameter replace those specified when the metafile was written.

こちらもご覧ください

EnumerateMetafile(Metafile, PointF, RectangleF, GraphicsUnit, Graphics+EnumerateMetafileProc)

Metafile から選択した四角形内のレコードをコールバック メソッドに一度に 1 つずつ送信して、指定した点に表示します。Sends the records in a selected rectangle from a Metafile, one at a time, to a callback method for display at a specified point.

public:
 void EnumerateMetafile(System::Drawing::Imaging::Metafile ^ metafile, System::Drawing::PointF destPoint, System::Drawing::RectangleF srcRect, System::Drawing::GraphicsUnit srcUnit, System::Drawing::Graphics::EnumerateMetafileProc ^ callback);
public void EnumerateMetafile (System.Drawing.Imaging.Metafile metafile, System.Drawing.PointF destPoint, System.Drawing.RectangleF srcRect, System.Drawing.GraphicsUnit srcUnit, System.Drawing.Graphics.EnumerateMetafileProc callback);
member this.EnumerateMetafile : System.Drawing.Imaging.Metafile * System.Drawing.PointF * System.Drawing.RectangleF * System.Drawing.GraphicsUnit * System.Drawing.Graphics.EnumerateMetafileProc -> unit

パラメーター

metafile
Metafile

列挙する MetafileMetafile to enumerate.

destPoint
PointF

描画するメタファイルの左上隅の位置を指定する PointF 構造体。PointF structure that specifies the location of the upper-left corner of the drawn metafile.

srcRect
RectangleF

左上隅を基準に相対的に、描画するメタファイルの部分を指定する RectangleF 構造体。RectangleF structure that specifies the portion of the metafile, relative to its upper-left corner, to draw.

srcUnit
GraphicsUnit

GraphicsUnit パラメーターで指定された四角形に含まれるメタファイルの部分の決定に使用される単位を指定する srcRect 列挙体のメンバー。Member of the GraphicsUnit enumeration that specifies the unit of measure used to determine the portion of the metafile that the rectangle specified by the srcRect parameter contains.

callback
Graphics.EnumerateMetafileProc

メタファイル レコードの送信先のメソッドを指定する Graphics.EnumerateMetafileProc デリゲート。Graphics.EnumerateMetafileProc delegate that specifies the method to which the metafile records are sent.

コード例については、「EnumerateMetafile(Metafile, Point, Graphics+EnumerateMetafileProc)」を参照してください。For a code example, see EnumerateMetafile(Metafile, Point, Graphics+EnumerateMetafileProc).

注釈

このメソッドは、指定したメタファイルに格納されているレコードを列挙します。This method enumerates the records contained in the specified metafile. 各レコードは、callback パラメーターによって指定されたコールバックメソッドに個別に送信されます。Each record is individually sent to a callback method specified by the callback parameter. 通常、コールバックメソッドは、PlayRecord メソッドを呼び出して、レコードを "再生" または描画します。Typically, the callback method calls the PlayRecord method to "play back", or draw, the record.

コールバックメソッドが PlayRecordを呼び出す場合は、列挙されている特定の MetafilePlayRecord メソッドを呼び出すことによって呼び出す必要があります。If the callback method calls PlayRecord, it must do so by calling the PlayRecord method of the specific Metafile that is being enumerated.

srcRect パラメーターで指定された四角形の外側で実行される描画はすべて無視されます。Any drawing that takes place outside of the rectangle specified by the srcRect parameter is ignored.

EnumerateMetafile(Metafile, PointF, Graphics+EnumerateMetafileProc, IntPtr)

指定した Metafile のレコードをコールバック メソッドに一度に 1 つずつ送信して、指定した点に表示します。Sends the records in the specified Metafile, one at a time, to a callback method for display at a specified point.

public:
 void EnumerateMetafile(System::Drawing::Imaging::Metafile ^ metafile, System::Drawing::PointF destPoint, System::Drawing::Graphics::EnumerateMetafileProc ^ callback, IntPtr callbackData);
public void EnumerateMetafile (System.Drawing.Imaging.Metafile metafile, System.Drawing.PointF destPoint, System.Drawing.Graphics.EnumerateMetafileProc callback, IntPtr callbackData);
member this.EnumerateMetafile : System.Drawing.Imaging.Metafile * System.Drawing.PointF * System.Drawing.Graphics.EnumerateMetafileProc * nativeint -> unit

パラメーター

metafile
Metafile

列挙する MetafileMetafile to enumerate.

destPoint
PointF

描画するメタファイルの左上隅の位置を指定する PointF 構造体。PointF structure that specifies the location of the upper-left corner of the drawn metafile.

callback
Graphics.EnumerateMetafileProc

メタファイル レコードの送信先のメソッドを指定する Graphics.EnumerateMetafileProc デリゲート。Graphics.EnumerateMetafileProc delegate that specifies the method to which the metafile records are sent.

callbackData
IntPtr

必須だが無視される内部ポインター。Internal pointer that is required, but ignored. このパラメーターには、Zero を渡すことができます。You can pass Zero for this parameter.

コード例については、「EnumerateMetafile(Metafile, Point, Graphics+EnumerateMetafileProc)」を参照してください。For a code example, see EnumerateMetafile(Metafile, Point, Graphics+EnumerateMetafileProc).

注釈

このメソッドは、指定したメタファイルに格納されているレコードを列挙します。This method enumerates the records contained in the specified metafile. 各レコードは、callback パラメーターによって指定されたコールバックメソッドに個別に送信されます。Each record is individually sent to a callback method specified by the callback parameter. 通常、コールバックメソッドは、PlayRecord メソッドを呼び出して、レコードを "再生" または描画します。Typically, the callback method calls the PlayRecord method to "play back", or draw, the record.

コールバックメソッドが PlayRecordを呼び出す場合は、列挙されている特定の MetafilePlayRecord メソッドを呼び出すことによって呼び出す必要があります。If the callback method calls PlayRecord, it must do so by calling the PlayRecord method of the specific Metafile that is being enumerated.

こちらもご覧ください

適用対象