Icon クラス

定義

Windows のアイコン (オブジェクトを表すために使用されている小さなビットマップ イメージ) を表します。Represents a Windows icon, which is a small bitmap image that is used to represent an object. アイコンは透明なビットマップと考えることもできますが、そのサイズはシステムによって決定されます。Icons can be thought of as transparent bitmaps, although their size is determined by the system.

public ref class Icon sealed : MarshalByRefObject, ICloneable, IDisposable, System::Runtime::Serialization::ISerializable
[System.ComponentModel.TypeConverter(typeof(System.Drawing.IconConverter))]
[System.Runtime.InteropServices.ComVisible(false)]
[System.Serializable]
[System.ComponentModel.TypeConverter("System.Drawing.IconConverter, System.Windows.Extensions, Version=4.0.0.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=cc7b13ffcd2ddd51")]
public sealed class Icon : MarshalByRefObject, ICloneable, IDisposable, System.Runtime.Serialization.ISerializable
type Icon = class
    inherit MarshalByRefObject
    interface ISerializable
    interface ICloneable
    interface IDisposable
Public NotInheritable Class Icon
Inherits MarshalByRefObject
Implements ICloneable, IDisposable, ISerializable
継承
属性
実装

次のコード例は、ToBitmap メソッドの使用方法を示します。The following code example demonstrates how to use the ToBitmap method. この例は、Windows フォームと共に使用するように設計されています。This example is designed to be used with Windows Forms. フォームを作成し、次のコードを貼り付けます。Create a form and paste the following code into it. としIconToBitmapてを渡しePaint PaintEventArgs、フォームのイベントハンドラーでメソッドを呼び出します。Call the IconToBitmap method in the form's Paint event handler, passing e as PaintEventArgs.

private:
   void IconToBitmap( PaintEventArgs^ e )
   {
      // Construct an Icon.
      System::Drawing::Icon^ icon1 = gcnew System::Drawing::Icon( SystemIcons::Exclamation,40,40 );

      // Call ToBitmap to convert it.
      Bitmap^ bmp = icon1->ToBitmap();

      // Draw the bitmap.
      e->Graphics->DrawImage( bmp, Point(30,30) );
   }
private void IconToBitmap(PaintEventArgs e)
{
    // Construct an Icon.
    Icon icon1 = new Icon(SystemIcons.Exclamation, 40, 40);

    // Call ToBitmap to convert it.
    Bitmap bmp = icon1.ToBitmap();

    // Draw the bitmap.
    e.Graphics.DrawImage(bmp, new Point(30, 30));
}
Private Sub IconToBitmap(ByVal e As PaintEventArgs)

    ' Construct an Icon.
    Dim icon1 As New Icon(SystemIcons.Exclamation, 40, 40)

    ' Call ToBitmap to convert it.
    Dim bmp As Bitmap = icon1.ToBitmap()

    ' Draw the bitmap.
    e.Graphics.DrawImage(bmp, New Point(30, 30))
End Sub

注釈

ファイル、ストリームIcon 、または埋め込みリソースからオブジェクトを構築できます。You can construct Icon objects from files, streams, or embedded resources. コンストラクターの一覧についてはIcon、「」を参照してください。For a list of constructors, see Icon. メソッドを使用してIcon 、をビットマップに変換することもできます。 ToBitmapYou can also convert an Icon to a bitmap by using the ToBitmap method.

アイコンリソースには、複数のアイコンイメージを含めることができます。An icon resource can contain multiple icon images. 1つのアイコンファイルには、複数のサイズと色深度の画像が含まれている場合があります。One icon file may contain images in several sizes and color depths. アプリケーションで使用されるイメージは、オペレーティングシステムと設定によって異なります。The image that is used in an application depends on the operating system and settings. 次の一覧は、アイコンの一般的なサイズの詳細を示しています。The following list details the typical sizes for an icon:

  • 16ピクセル x 16 ピクセル16 pixels x 16 pixels

  • 32ピクセル x 32 ピクセル32 pixels x 32 pixels

  • 48ピクセル x 48 ピクセル48 pixels x 48 pixels

コンストラクター

Icon(Icon, Int32, Int32)

Icon クラスの新しいインスタンスを初期化し、要求されたサイズに一致するアイコンを検索します。Initializes a new instance of the Icon class and attempts to find a version of the icon that matches the requested size.

Icon(Icon, Size)

Icon クラスの新しいインスタンスを初期化し、要求されたサイズに一致するアイコンを検索します。Initializes a new instance of the Icon class and attempts to find a version of the icon that matches the requested size.

Icon(Stream)

指定したデータ ストリームで Icon クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the Icon class from the specified data stream.

Icon(Stream, Int32, Int32)

指定のデータ ストリームから指定の幅と高さで、Icon クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the Icon class from the specified data stream and with the specified width and height.

Icon(Stream, Size)

指定したストリームから指定したサイズで Icon クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the Icon class of the specified size from the specified stream.

Icon(String)

指定したファイル名から、Icon クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the Icon class from the specified file name.

Icon(String, Int32, Int32)

指定したファイルから幅と高さを指定して、Icon クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the Icon class with the specified width and height from the specified file.

Icon(String, Size)

指定したファイルから指定したサイズで Icon クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the Icon class of the specified size from the specified file.

Icon(Type, String)

指定のアセンブリのリソースで Icon クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the Icon class from a resource in the specified assembly.

プロパティ

Handle

この Icon の Windows ハンドルを取得します。Gets the Windows handle for this Icon. これはハンドルのコピーではありません。解放しないでください。This is not a copy of the handle; do not free it.

Height

この Icon の高さを取得します。Gets the height of this Icon.

Size

この Icon のサイズを取得します。Gets the size of this Icon.

Width

この Icon の幅を取得します。Gets the width of this Icon.

メソッド

Clone()

Icon のクローンを作成して、イメージを複製します。Clones the Icon, creating a duplicate image.

CreateObjRef(Type)

リモート オブジェクトとの通信に使用するプロキシの生成に必要な情報をすべて格納しているオブジェクトを作成します。Creates an object that contains all the relevant information required to generate a proxy used to communicate with a remote object.

(継承元 MarshalByRefObject)
Dispose()

この Icon によって使用されているすべてのリソースを解放します。Releases all resources used by this Icon.

Equals(Object)

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判定します。Determines whether the specified object is equal to the current object.

(継承元 Object)
ExtractAssociatedIcon(String)

指定したファイルに含まれているイメージのアイコン表現を返します。Returns an icon representation of an image that is contained in the specified file.

Finalize()

オブジェクトが、ガベージ コレクションによって収集される前に、リソースの解放とその他のクリーンアップ操作の実行を試みることができるようにします。Allows an object to try to free resources and perform other cleanup operations before it is reclaimed by garbage collection.

FromHandle(IntPtr)

アイコン (HICON) を識別する指定の Windows ハンドルから GDI+ Icon を作成します。Creates a GDI+ Icon from the specified Windows handle to an icon (HICON).

GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。Serves as the default hash function.

(継承元 Object)
GetLifetimeService()

対象のインスタンスの有効期間ポリシーを制御する、現在の有効期間サービス オブジェクトを取得します。Retrieves the current lifetime service object that controls the lifetime policy for this instance.

(継承元 MarshalByRefObject)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。Gets the Type of the current instance.

(継承元 Object)
InitializeLifetimeService()

このインスタンスの有効期間ポリシーを制御する有効期間サービス オブジェクトを取得します。Obtains a lifetime service object to control the lifetime policy for this instance.

(継承元 MarshalByRefObject)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current Object.

(継承元 Object)
MemberwiseClone(Boolean)

現在の MarshalByRefObject オブジェクトの簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current MarshalByRefObject object.

(継承元 MarshalByRefObject)
Save(Stream)

この Icon を指定の出力 Stream に保存します。Saves this Icon to the specified output Stream.

ToBitmap()

この Icon を GDI+ の Bitmap に変換します。Converts this Icon to a GDI+ Bitmap.

ToString()

Icon を説明する文字列をユーザーが判読できる形式で取得します。Gets a human-readable string that describes the Icon.

明示的なインターフェイスの実装

ISerializable.GetObjectData(SerializationInfo, StreamingContext)

SerializationInfo に、対象オブジェクトをシリアル化するために必要なデータを設定します。Populates a SerializationInfo with the data that is required to serialize the target object.

適用対象

こちらもご覧ください