SolidBrush クラス

定義

単色のブラシを定義します。 ブラシは四角形、楕円、扇形、多角形、パスなどのグラフィックス形状を塗りつぶす場合に使用します。 このクラスは継承できません。

public ref class SolidBrush sealed : System::Drawing::Brush
public sealed class SolidBrush : System.Drawing.Brush
type SolidBrush = class
    inherit Brush
Public NotInheritable Class SolidBrush
Inherits Brush
継承

次のコード例では、using SolidBrusha ListBox .

この例は、Windows フォームで使用するように設計されています。 この例を実行するには、このコードをフォームに貼り付け、フォームのイベントを AddShadow 処理するときにメソッドを Paint 呼び出します。 フォームに名前付きlistBox1が含まれていることをListBox確認します。

private:
   void AddShadow( PaintEventArgs^ e )
   {
      // Create two SizeF objects.
      SizeF shadowSize = listBox1->Size;
      SizeF addSize = SizeF(10.5F,20.8F);

      // Add them together and save the result in shadowSize.
      shadowSize = shadowSize + addSize;

      // Get the location of the ListBox and convert it to a PointF.
      PointF shadowLocation = listBox1->Location;

      // Add two points to get a new location.
      shadowLocation = shadowLocation + System::Drawing::Size( 5, 5 );

      // Create a rectangleF. 
      RectangleF rectFToFill = RectangleF(shadowLocation,shadowSize);

      // Create a custom brush using a semi-transparent color, and 
      // then fill in the rectangle.
      Color customColor = Color::FromArgb( 50, Color::Gray );
      SolidBrush^ shadowBrush = gcnew SolidBrush( customColor );
      array<RectangleF>^ temp0 = {rectFToFill};
      e->Graphics->FillRectangles( shadowBrush, temp0 );

      // Dispose of the brush.
      delete shadowBrush;
   }
private void AddShadow(PaintEventArgs e)
{

    // Create two SizeF objects.
    SizeF shadowSize = listBox1.Size;
    SizeF addSize = new SizeF(10.5F, 20.8F);

    // Add them together and save the result in shadowSize.
    shadowSize = shadowSize + addSize;

    // Get the location of the ListBox and convert it to a PointF.
    PointF shadowLocation = listBox1.Location;

    // Add two points to get a new location.
    shadowLocation = shadowLocation + new Size(5, 5);

    // Create a rectangleF. 
    RectangleF rectFToFill = 
        new RectangleF(shadowLocation, shadowSize);

    // Create a custom brush using a semi-transparent color, and 
    // then fill in the rectangle.
    Color customColor = Color.FromArgb(50, Color.Gray);
    SolidBrush shadowBrush = new SolidBrush(customColor);
    e.Graphics.FillRectangles(shadowBrush, new RectangleF[]{rectFToFill});

    // Dispose of the brush.
    shadowBrush.Dispose();
}
Private Sub AddShadow(ByVal e As PaintEventArgs)

    ' Create two SizeF objects.
    Dim shadowSize As SizeF = Size.op_Implicit(listBox1.Size)
    Dim addSize As New SizeF(10.5F, 20.8F)

    ' Add them together and save the result in shadowSize.
    shadowSize = SizeF.op_Addition(shadowSize, addSize)

    ' Get the location of the ListBox and convert it to a PointF.
    Dim shadowLocation As PointF = Point.op_Implicit(listBox1.Location)

    ' Add a Size to the Point to get a new location.
    shadowLocation = PointF.op_Addition(shadowLocation, New Size(5, 5))

    ' Create a rectangleF. 
    Dim rectFToFill As New RectangleF(shadowLocation, shadowSize)

    ' Create a custom brush using a semi-transparent color, and 
    ' then fill in the rectangle.
    Dim customColor As Color = Color.FromArgb(50, Color.Gray)
    Dim shadowBrush As SolidBrush = New SolidBrush(customColor)
    e.Graphics.FillRectangles(shadowBrush, _
        New RectangleF() {rectFToFill})

    ' Dispose of the brush.
    shadowBrush.Dispose()
End Sub

注釈

このクラスは、Brush クラスから継承されます。

注意

.net 6 以降のバージョンでは、この種類が含まれている、一般的なパッケージは、Windows オペレーティングシステムでのみサポートされています。 クロスプラットフォームアプリでこの型を使用すると、コンパイル時の警告と実行時例外が発生します。 詳細については、「system.string」を参照してください。 Windows でのみサポートされています。

コンストラクター

SolidBrush(Color)

指定の色の新しい SolidBrush オブジェクトを初期化します。

プロパティ

Color

この SolidBrush オブジェクトの色を取得または設定します。

メソッド

Clone()

この SolidBrush オブジェクトの同一コピーを作成します。

CreateObjRef(Type)

リモート オブジェクトとの通信に使用するプロキシの生成に必要な情報をすべて格納しているオブジェクトを作成します。

(継承元 MarshalByRefObject)
Dispose()

この Brush オブジェクトによって使用されているすべてのリソースを解放します。

(継承元 Brush)
Dispose(Boolean)

Brush によって使用されているアンマネージド リソースを解放し、オプションでマネージド リソースも解放します。

(継承元 Brush)
Equals(Object)

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。

(継承元 Object)
GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。

(継承元 Object)
GetLifetimeService()
互換性のために残されています。

対象のインスタンスの有効期間ポリシーを制御する、現在の有効期間サービス オブジェクトを取得します。

(継承元 MarshalByRefObject)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。

(継承元 Object)
InitializeLifetimeService()
互換性のために残されています。

このインスタンスの有効期間ポリシーを制御する有効期間サービス オブジェクトを取得します。

(継承元 MarshalByRefObject)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。

(継承元 Object)
MemberwiseClone(Boolean)

現在の MarshalByRefObject オブジェクトの簡易コピーを作成します。

(継承元 MarshalByRefObject)
SetNativeBrush(IntPtr)

派生クラスで、GDI+ ブラシ オブジェクトへの参照を設定します。

(継承元 Brush)
ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。

(継承元 Object)

適用対象