DirectoryInfo Class

定義

ディレクトリとサブディレクトリを作成、削除、および列挙するためのインスタンス メソッドを公開します。 Exposes instance methods for creating, moving, and enumerating through directories and subdirectories. このクラスは継承できません。 This class cannot be inherited.

[System.Runtime.InteropServices.ComVisible(true)]
public sealed class DirectoryInfo : System.IO.FileSystemInfo
継承
属性

次の例では、メインのメンバーの一部を示します、DirectoryInfoクラス。The following example demonstrates some of the main members of the DirectoryInfo class.

using namespace System;
using namespace System::IO;
int main()
{
   
   // Specify the directories you want to manipulate.
   DirectoryInfo^ di = gcnew DirectoryInfo( "c:\\MyDir" );
   try
   {
      
      // Determine whether the directory exists.
      if ( di->Exists )
      {
         
         // Indicate that the directory already exists.
         Console::WriteLine( "That path exists already." );
         return 0;
      }
      
      // Try to create the directory.
      di->Create();
      Console::WriteLine( "The directory was created successfully." );
      
      // Delete the directory.
      di->Delete();
      Console::WriteLine( "The directory was deleted successfully." );
   }
   catch ( Exception^ e ) 
   {
      Console::WriteLine( "The process failed: {0}", e );
   }

}

using System;
using System.IO;

class Test 
{
    public static void Main() 
    {
        // Specify the directories you want to manipulate.
        DirectoryInfo di = new DirectoryInfo(@"c:\MyDir");
        try 
        {
            // Determine whether the directory exists.
            if (di.Exists) 
            {
                // Indicate that the directory already exists.
                Console.WriteLine("That path exists already.");
                return;
            }

            // Try to create the directory.
            di.Create();
            Console.WriteLine("The directory was created successfully.");

            // Delete the directory.
            di.Delete();
            Console.WriteLine("The directory was deleted successfully.");

        } 
        catch (Exception e) 
        {
            Console.WriteLine("The process failed: {0}", e.ToString());
        } 
        finally {}
    }
}
Imports System
Imports System.IO

Public Class Test
    Public Shared Sub Main()
        ' Specify the directories you want to manipulate.
        Dim di As DirectoryInfo = New DirectoryInfo("c:\MyDir")
        Try
            ' Determine whether the directory exists.
            If di.Exists Then
                ' Indicate that it already exists.
                Console.WriteLine("That path exists already.")
                Return
            End If

            ' Try to create the directory.
            di.Create()
            Console.WriteLine("The directory was created successfully.")

            ' Delete the directory.
            di.Delete()
            Console.WriteLine("The directory was deleted successfully.")

        Catch e As Exception
            Console.WriteLine("The process failed: {0}", e.ToString())
        End Try
    End Sub
End Class

次の例では、ディレクトリとその内容をコピーする方法を示します。The following example demonstrates how to copy a directory and its contents.

using System;
using System.IO;

class CopyDir
{
    public static void CopyAll(DirectoryInfo source, DirectoryInfo target)
    {
        if (source.FullName.ToLower() == target.FullName.ToLower())
        {
            return;
        }

        // Check if the target directory exists, if not, create it.
        if (Directory.Exists(target.FullName) == false)
        {
            Directory.CreateDirectory(target.FullName);
        }

        // Copy each file into it's new directory.
        foreach (FileInfo fi in source.GetFiles())
        {
            Console.WriteLine(@"Copying {0}\{1}", target.FullName, fi.Name);
            fi.CopyTo(Path.Combine(target.ToString(), fi.Name), true);
        }

        // Copy each subdirectory using recursion.
        foreach (DirectoryInfo diSourceSubDir in source.GetDirectories())
        {
            DirectoryInfo nextTargetSubDir =
                target.CreateSubdirectory(diSourceSubDir.Name);
            CopyAll(diSourceSubDir, nextTargetSubDir);
        }
    }

    public static void Main()
    {
        string sourceDirectory = @"c:\sourceDirectory";
        string targetDirectory = @"c:\targetDirectory";

        DirectoryInfo diSource = new DirectoryInfo(sourceDirectory);
        DirectoryInfo diTarget = new DirectoryInfo(targetDirectory);

        CopyAll(diSource, diTarget);
    }

    // Output will vary based on the contents of the source directory.
}
Imports System
Imports System.IO

Class CopyDir
    Shared Sub CopyAll(ByVal source As DirectoryInfo, ByVal target As DirectoryInfo)
        If (source.FullName.ToLower() = target.FullName.ToLower()) Then
            Return
        End If

        ' Check if the target directory exists, if not, create it.
        If Directory.Exists(target.FullName) = False Then
            Directory.CreateDirectory(target.FullName)
        End If

        ' Copy each file into it's new directory.
        For Each fi As FileInfo In source.GetFiles()
            Console.WriteLine("Copying {0}\{1}", target.FullName, fi.Name)
            fi.CopyTo(Path.Combine(target.ToString(), fi.Name), True)
        Next

        ' Copy each subdirectory using recursion.
        For Each diSourceSubDir As DirectoryInfo In source.GetDirectories()
            Dim nextTargetSubDir As DirectoryInfo = target.CreateSubdirectory(diSourceSubDir.Name)
            CopyAll(diSourceSubDir, nextTargetSubDir)
        Next
    End Sub

    Shared Sub Main()
        Dim sourceDirectory As String = "c:\\sourceDirectory"
        Dim targetDirectory As String = "c:\\targetDirectory"

        Dim diSource As DirectoryInfo = New DirectoryInfo(sourceDirectory)
        Dim diTarget As DirectoryInfo = New DirectoryInfo(targetDirectory)

        CopyAll(diSource, diTarget)
    End Sub
    ' Output will vary based on the contents of the source directory.
End Class

注釈

使用して、DirectoryInfoのコピー、移動、名前変更、作成、およびディレクトリを削除するなどの一般的な操作のクラス。Use the DirectoryInfo class for typical operations such as copying, moving, renaming, creating, and deleting directories.

オブジェクトを何度も再利用する場合は、検討のインスタンス メソッドを使用してDirectoryInfoの対応する静的メソッドではなく、Directoryクラスのセキュリティ チェックを常に不要になります。If you are going to reuse an object several times, consider using the instance method of DirectoryInfo instead of the corresponding static methods of the Directory class, because a security check will not always be necessary.

注意

入力文字列としてのパスを受け入れるメンバーの場合は、そのパスは、整形式である必要があります。 または例外が発生します。In members that accept a path as an input string, that path must be well-formed or an exception is raised. たとえば、パスが完全修飾されて、文字で始まる場合は、パスは、クラスのメソッドで切り捨てられません。For example, if a path is fully qualified but begins with a space, the path is not trimmed in methods of the class. したがって、パスの形式が、例外が発生します。Therefore, the path is malformed and an exception is raised. 同様に、パスまたはパスの組み合わせ完全修飾できない 2 回です。Similarly, a path or a combination of paths cannot be fully qualified twice. たとえば、"c:\temp c:\windows"では、ほとんどの場合、例外も発生します。For example, "c:\temp c:\windows" also raises an exception in most cases. パス文字列をそのまま使用するメソッドを使用する場合、パスが整形式であることを確認します。Ensure that your paths are well-formed when using methods that accept a path string.

パスを受け入れるメンバーでは、パスがファイルまたはディレクトリを参照できます。In members that accept a path, the path can refer to a file or just a directory. 指定されたパスは相対パスまたはサーバーと共有名の汎用名前付け規則 (UNC) パスにも参照できます。The specified path can also refer to a relative path or a Universal Naming Convention (UNC) path for a server and share name. たとえば、次のすべてが許容可能なパスです。For example, all the following are acceptable paths:

  • "c:\\MyDir\\MyFile.txt"c# の場合、または Visual Basic では、"c:\MyDir\MyFile.txt"にします。"c:\\MyDir\\MyFile.txt" in C#, or "c:\MyDir\MyFile.txt" in Visual Basic.

  • "c:\\MyDir"c# の場合、または Visual Basic では、"c:\MyDir"にします。"c:\\MyDir" in C#, or "c:\MyDir" in Visual Basic.

  • "MyDir\\MySubdir"c# の場合、または Visual Basic では、"MyDir\MySubDir"にします。"MyDir\\MySubdir" in C#, or "MyDir\MySubDir" in Visual Basic.

  • "\\\\MyServer\\MyShare"c# の場合、または"\\MyServer\MyShare"Visual Basic でします。"\\\\MyServer\\MyShare" in C#, or "\\MyServer\MyShare" in Visual Basic.

既定では、新しいディレクトリへの完全な読み取り/書き込みアクセスはすべてのユーザーに付与します。By default, full read/write access to new directories is granted to all users.

共通 I/O タスクの一覧は、次を参照してください。共通 I/O タスクします。For a list of common I/O tasks, see Common I/O Tasks.

コンストラクター

DirectoryInfo(String)

指定したパスに対する、DirectoryInfo クラスの新しいインスタンスを初期化します。 Initializes a new instance of the DirectoryInfo class on the specified path.

プロパティ

Attributes

現在のファイルまたはディレクトリの属性を取得または設定します。 Gets or sets the attributes for the current file or directory.

(Inherited from FileSystemInfo)
CreationTime

現在のファイルまたはディレクトリの作成日時を取得または設定します。 Gets or sets the creation time of the current file or directory.

(Inherited from FileSystemInfo)
CreationTimeUtc

現在のファイルまたはディレクトリの作成日時を世界協定時刻 (UTC) で取得または設定します。 Gets or sets the creation time, in coordinated universal time (UTC), of the current file or directory.

(Inherited from FileSystemInfo)
Exists

ディレクトリが存在するかどうかを示す値を取得します。 Gets a value indicating whether the directory exists.

Extension

ファイルの拡張子部分を表す文字列を取得します。 Gets the string representing the extension part of the file.

(Inherited from FileSystemInfo)
FullName

ディレクトリの絶対パスを取得します。 Gets the full path of the directory.

LastAccessTime

現在のファイルまたはディレクトリに最後にアクセスした時刻を取得または設定します。 Gets or sets the time the current file or directory was last accessed.

(Inherited from FileSystemInfo)
LastAccessTimeUtc

現在のファイルまたはディレクトリに最後にアクセスした時刻を世界協定時刻 (UTC) で取得または設定します。 Gets or sets the time, in coordinated universal time (UTC), that the current file or directory was last accessed.

(Inherited from FileSystemInfo)
LastWriteTime

現在のファイルまたはディレクトリに最後に書き込みがなされた時刻を取得または設定します。 Gets or sets the time when the current file or directory was last written to.

(Inherited from FileSystemInfo)
LastWriteTimeUtc

現在のファイルまたはディレクトリに最後に書き込みがなされた時刻を世界協定時刻 (UTC) で取得または設定します。 Gets or sets the time, in coordinated universal time (UTC), when the current file or directory was last written to.

(Inherited from FileSystemInfo)
Name

DirectoryInfo の現在のインスタンスの名前を取得します。 Gets the name of this DirectoryInfo instance.

Parent

指定されたサブディレクトリの親ディレクトリを取得します。 Gets the parent directory of a specified subdirectory.

Root

ディレクトリのルート部分を取得します。 Gets the root portion of the directory.

方法

Create()

ディレクトリを作成します。 Creates a directory.

Create(DirectorySecurity)

DirectorySecurity オブジェクトを使用してディレクトリを作成します。 Creates a directory using a DirectorySecurity object.

CreateObjRef(Type)

リモート オブジェクトとの通信に使用するプロキシの生成に必要な情報をすべて格納しているオブジェクトを作成します。 Creates an object that contains all the relevant information required to generate a proxy used to communicate with a remote object.

(Inherited from MarshalByRefObject)
CreateSubdirectory(String)

指定したパスに 1 つ以上のサブディレクトリを作成します。 Creates a subdirectory or subdirectories on the specified path. パスは、この DirectoryInfo クラスのインスタンスに対する相対パスで指定できます。 The specified path can be relative to this instance of the DirectoryInfo class.

CreateSubdirectory(String, DirectorySecurity)

適用するセキュリティを指定して、指定したパスに 1 つ以上のサブディレクトリを作成します。 Creates a subdirectory or subdirectories on the specified path with the specified security. パスは、この DirectoryInfo クラスのインスタンスに対する相対パスで指定できます。 The specified path can be relative to this instance of the DirectoryInfo class.

Delete()

DirectoryInfo が空の場合に、そのインスタンスを削除します。 Deletes this DirectoryInfo if it is empty.

Delete(Boolean)

中に含まれているサブディレクトリとファイルを削除するかどうかを指定して、DirectoryInfo のインスタンスを削除します。 Deletes this instance of a DirectoryInfo, specifying whether to delete subdirectories and files.

EnumerateDirectories()

現在のディレクトリの列挙可能なディレクトリ情報のコレクションを返します。 Returns an enumerable collection of directory information in the current directory.

EnumerateDirectories(String)

指定された検索パターンに一致する列挙可能なディレクトリ情報のコレクションを返します。 Returns an enumerable collection of directory information that matches a specified search pattern.

EnumerateDirectories(String, EnumerationOptions)
EnumerateDirectories(String, SearchOption)

指定された検索パターンと、サブディレクトリを検索するかどうかを指定するオプションの設定に一致する列挙可能なディレクトリ情報のコレクションを返します。 Returns an enumerable collection of directory information that matches a specified search pattern and search subdirectory option.

EnumerateFiles()

現在のディレクトリに存在するファイル情報の列挙可能なコレクションを返します。 Returns an enumerable collection of file information in the current directory.

EnumerateFiles(String)

検索パターンに一致する列挙可能なファイル情報のコレクションを返します。 Returns an enumerable collection of file information that matches a search pattern.

EnumerateFiles(String, EnumerationOptions)
EnumerateFiles(String, SearchOption)

指定された検索パターンと、サブディレクトリを検索するかどうかを指定するオプションの設定に一致する列挙可能なファイル情報のコレクションを返します。 Returns an enumerable collection of file information that matches a specified search pattern and search subdirectory option.

EnumerateFileSystemInfos()

現在のディレクトリ内の列挙可能なファイル システム情報のコレクションを返します。 Returns an enumerable collection of file system information in the current directory.

EnumerateFileSystemInfos(String)

指定された検索パターンに一致する列挙可能なファイル システム情報のコレクションを返します。 Returns an enumerable collection of file system information that matches a specified search pattern.

EnumerateFileSystemInfos(String, EnumerationOptions)
EnumerateFileSystemInfos(String, SearchOption)

指定された検索パターンと、サブディレクトリを検索するかどうかを指定するオプションの設定に一致する列挙可能なファイル システム情報のコレクションを返します。 Returns an enumerable collection of file system information that matches a specified search pattern and search subdirectory option.

Equals(Object)

指定したオブジェクトが、現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。 Determines whether the specified object is equal to the current object.

(Inherited from Object)
GetAccessControl()

現在の DirectorySecurity オブジェクトが示すディレクトリのアクセス制御リスト (ACL) エントリをカプセル化する DirectoryInfo オブジェクトを取得します。 Gets a DirectorySecurity object that encapsulates the access control list (ACL) entries for the directory described by the current DirectoryInfo object.

GetAccessControl(AccessControlSections)

現在の DirectorySecurity オブジェクトが示すディレクトリに関する指定された型のアクセス制御リスト (ACL) エントリをカプセル化する DirectoryInfo オブジェクトを取得します。 Gets a DirectorySecurity object that encapsulates the specified type of access control list (ACL) entries for the directory described by the current DirectoryInfo object.

GetDirectories()

現在のディレクトリのサブディレクトリを返します。 Returns the subdirectories of the current directory.

GetDirectories(String)

現在の DirectoryInfo 内にあり、指定した検索基準に一致するディレクトリの配列を返します。 Returns an array of directories in the current DirectoryInfo matching the given search criteria.

GetDirectories(String, EnumerationOptions)
GetDirectories(String, SearchOption)

現在の DirectoryInfo 内にある、指定した検索条件に一致し、サブディレクトリを検索するかどうかを決定する値を持つディレクトリの配列を返します。 Returns an array of directories in the current DirectoryInfo matching the given search criteria and using a value to determine whether to search subdirectories.

GetFiles()

現在のディレクトリからファイル一覧を返します。 Returns a file list from the current directory.

GetFiles(String)

現在のディレクトリから、指定した検索パターンに一致するファイル一覧を返します。 Returns a file list from the current directory matching the given search pattern.

GetFiles(String, EnumerationOptions)
GetFiles(String, SearchOption)

現在のディレクトリから、指定した検索パターンに一致し、サブディレクトリを検索するかどうかを決定する値を持つファイル一覧を返します。 Returns a file list from the current directory matching the given search pattern and using a value to determine whether to search subdirectories.

GetFileSystemInfos()

ディレクトリ内のすべてのファイルとサブディレクトリを表す、厳密に型指定された FileSystemInfo エントリの配列を返します。 Returns an array of strongly typed FileSystemInfo entries representing all the files and subdirectories in a directory.

GetFileSystemInfos(String)

指定した検索条件に一致するファイルおよびサブディレクトリを表す、厳密に型指定された FileSystemInfo オブジェクトの配列を取得します。 Retrieves an array of strongly typed FileSystemInfo objects representing the files and subdirectories that match the specified search criteria.

GetFileSystemInfos(String, EnumerationOptions)
GetFileSystemInfos(String, SearchOption)

指定した検索条件に一致するファイルおよびサブディレクトリを表す FileSystemInfo オブジェクトの配列を取得します。 Retrieves an array of FileSystemInfo objects that represent the files and subdirectories matching the specified search criteria.

GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。 Serves as the default hash function.

(Inherited from Object)
GetLifetimeService()

対象のインスタンスの有効期間ポリシーを制御する、現在の有効期間サービス オブジェクトを取得します。 Retrieves the current lifetime service object that controls the lifetime policy for this instance.

(Inherited from MarshalByRefObject)
GetObjectData(SerializationInfo, StreamingContext)

ファイル名と追加の例外情報を使用して SerializationInfo オブジェクトを設定します。 Sets the SerializationInfo object with the file name and additional exception information.

(Inherited from FileSystemInfo)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。 Gets the Type of the current instance.

(Inherited from Object)
InitializeLifetimeService()

このインスタンスの有効期間ポリシーを制御する有効期間サービス オブジェクトを取得します。 Obtains a lifetime service object to control the lifetime policy for this instance.

(Inherited from MarshalByRefObject)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。 Creates a shallow copy of the current Object.

(Inherited from Object)
MemberwiseClone(Boolean)

現在の MarshalByRefObject オブジェクトの簡易コピーを作成します。 Creates a shallow copy of the current MarshalByRefObject object.

(Inherited from MarshalByRefObject)
MoveTo(String)

DirectoryInfo のインスタンスとその内容を新しいパスに移動します。 Moves a DirectoryInfo instance and its contents to a new path.

Refresh()

オブジェクトの状態を更新します。 Refreshes the state of the object.

(Inherited from FileSystemInfo)
SetAccessControl(DirectorySecurity)

DirectorySecurity オブジェクトが示すアクセス制御リスト (ACL) エントリを、現在のDirectoryInfo オブジェクトが示すディレクトリに適用します。 Applies access control list (ACL) entries described by a DirectorySecurity object to the directory described by the current DirectoryInfo object.

ToString()

ユーザーから渡された元のパスを返します。 Returns the original path that was passed by the user.

フィールド

FullPath

ディレクトリまたはファイルの絶対パスを表します。 Represents the fully qualified path of the directory or file.

(Inherited from FileSystemInfo)
OriginalPath

パスは、以前にユーザーが相対パスまたは絶対パスで指定したものです。 The path originally specified by the user, whether relative or absolute.

(Inherited from FileSystemInfo)

適用対象

こちらもご覧ください