FileMode 列挙型

定義

オペレーティング システムがファイルを開く方法を指定します。

public enum class FileMode
public enum FileMode
[System.Serializable]
public enum FileMode
[System.Serializable]
[System.Runtime.InteropServices.ComVisible(true)]
public enum FileMode
type FileMode = 
[<System.Serializable>]
type FileMode = 
[<System.Serializable>]
[<System.Runtime.InteropServices.ComVisible(true)>]
type FileMode = 
Public Enum FileMode
継承
FileMode
属性

フィールド

Append 6

ファイルが存在する場合はそのファイルを開き、ファイルの末尾をシークします。存在しない場合は新しいファイルを作成します。 これには Append 許可が必要です。 FileMode.Append は、必ず FileAccess.Write と共に使用します。 ファイルの末尾の前の位置をシークしようとすると、IOException 例外がスローされ、読み取り処理がすべて失敗し、NotSupportedException 例外がスローされます。

Create 2

オペレーティング システムが新しいファイルを作成することを指定します。 ファイルが既に存在する場合は上書きされます。 これには Write 許可が必要です。 FileMode.Create は、ファイルが存在しない場合は CreateNew を使用した要求、ファイルが存在する場合は Truncate を使用した要求と等価です。 ファイルが既に存在していても、隠しファイルの場合は UnauthorizedAccessException 例外がスローされます。

CreateNew 1

オペレーティング システムが新しいファイルを作成することを指定します。 これには Write 許可が必要です。 ファイルが既に存在する場合は IOException 例外がスローされます。

Open 3

オペレーティング システムが既存のファイルを開くことを指定します。 ファイルを開けるかどうかは、FileAccess 列挙体で指定される値によって異なります。 ファイルが存在しない場合は、FileNotFoundException 例外がスローされます。

OpenOrCreate 4

ファイルが存在する場合はオペレーティング システムがそのファイルを開き、存在しない場合は新しいファイルを作成することを指定します。 ファイルを FileAccess.Read で開く場合は Read アクセス許可が必要です。 ファイル アクセスが FileAccess.Write の場合は、Write アクセス許可が必要です。 ファイルを FileAccess.ReadWrite で開く場合は ReadWrite の両方のアクセス許可が必要です。

Truncate 5

オペレーティング システムが既存のファイルを開くことを指定します。 ファイルは、開かれると、サイズが 0 バイトになるように切り詰められます。 これには Write 許可が必要です。 FileMode.Truncate を使用して開いたファイルから読み取ろうとすると、ArgumentException 例外が発生します。

次のコンストラクター FileStream は、既存のファイル ( ) を開きます FileMode.Open

FileStream^ s2 = gcnew FileStream( name, FileMode::Open, FileAccess::Read, FileShare::Read );
FileStream s2 = new FileStream(name, FileMode.Open, FileAccess.Read, FileShare.Read);
Dim s2 As New FileStream(name, FileMode.Open, FileAccess.Read, FileShare.Read)

注釈

ファイルの作成とファイルへのテキストの書き込みの例については、「方法: ファイルにテキストを書き込む 」を参照してください。 ファイルからテキストを読み取る例については、「方法: ファイルからテキストを読み取 る」を参照してください。 バイナリ ファイルの読み取りおよび書き込みの例については、「方法: 新しく作成されたデータ ファイルの読み取りおよび書き込み 」を参照してください

パラメーターは、ファイルの開き方を制御するために、 と のメソッドの 、、および のコンストラクターの多 FileMode FileStream IsolatedStorageFileStream Open File FileInfo くで指定されます。

FileMode パラメーターは、ファイルを上書きするか、作成するか、開いたか、またはその組み合わせを制御します。 を Open 使用して、既存のファイルを開きます。 ファイルに を追加するには、 を使用します Append 。 ファイルを切り捨てるか、ファイルが存在しない場合は 作成するには、 を使用します Create

適用対象

こちらもご覧ください