FileStream クラス

定義

同期および非同期の読み取り操作と書き込み操作をサポートするファイル用の Stream を提供します。

public ref class FileStream : System::IO::Stream
public class FileStream : System.IO.Stream
[System.Runtime.InteropServices.ComVisible(true)]
public class FileStream : System.IO.Stream
type FileStream = class
    inherit Stream
[<System.Runtime.InteropServices.ComVisible(true)>]
type FileStream = class
    inherit Stream
Public Class FileStream
Inherits Stream
継承
FileStream
継承
派生
属性

次の例は、いくつかのコンストラクターを示して FileStream います。

using namespace System;
using namespace System::IO;
using namespace System::Text;

void AddText( FileStream^ fs, String^ value )
{
   array<Byte>^info = (gcnew UTF8Encoding( true ))->GetBytes( value );
   fs->Write( info, 0, info->Length );
}

int main()
{
   String^ path = "c:\\temp\\MyTest.txt";
   
   // Delete the file if it exists.
   if ( File::Exists( path ) )
   {
      File::Delete( path );
   }

   //Create the file.
   {
      FileStream^ fs = File::Create( path );
      try
      {
         AddText( fs, "This is some text" );
         AddText( fs, "This is some more text," );
         AddText( fs, "\r\nand this is on a new line" );
         AddText( fs, "\r\n\r\nThe following is a subset of characters:\r\n" );
         for ( int i = 1; i < 120; i++ )
         {
            AddText( fs, Convert::ToChar( i ).ToString() );
            
            //Split the output at every 10th character.
            if ( Math::IEEERemainder( Convert::ToDouble( i ), 10 ) == 0 )
            {
               AddText( fs, "\r\n" );
            }
         }
      }
      finally
      {
         if ( fs )
            delete (IDisposable^)fs;
      }
   }
   
   //Open the stream and read it back.
   {
      FileStream^ fs = File::OpenRead( path );
      try
      {
         array<Byte>^b = gcnew array<Byte>(1024);
         UTF8Encoding^ temp = gcnew UTF8Encoding( true );
         while ( fs->Read( b, 0, b->Length ) > 0 )
         {
            Console::WriteLine( temp->GetString( b ) );
         }
      }
      finally
      {
         if ( fs )
            delete (IDisposable^)fs;
      }
   }
}
using System;
using System.IO;
using System.Text;

class Test
{

    public static void Main()
    {
        string path = @"c:\temp\MyTest.txt";

        // Delete the file if it exists.
        if (File.Exists(path))
        {
            File.Delete(path);
        }

        //Create the file.
        using (FileStream fs = File.Create(path))
        {
            AddText(fs, "This is some text");
            AddText(fs, "This is some more text,");
            AddText(fs, "\r\nand this is on a new line");
            AddText(fs, "\r\n\r\nThe following is a subset of characters:\r\n");

            for (int i=1;i < 120;i++)
            {
                AddText(fs, Convert.ToChar(i).ToString());
            }
        }

        //Open the stream and read it back.
        using (FileStream fs = File.OpenRead(path))
        {
            byte[] b = new byte[1024];
            UTF8Encoding temp = new UTF8Encoding(true);
            while (fs.Read(b,0,b.Length) > 0)
            {
                Console.WriteLine(temp.GetString(b));
            }
        }
    }

    private static void AddText(FileStream fs, string value)
    {
        byte[] info = new UTF8Encoding(true).GetBytes(value);
        fs.Write(info, 0, info.Length);
    }
}
Imports System.IO
Imports System.Text

Public Class Test

    Public Shared Sub Main()
        Dim path As String = "c:\temp\MyTest.txt"

        ' Delete the file if it exists.
        If File.Exists(path) Then
            File.Delete(path)
        End If

        'Create the file.
        Dim fs As FileStream = File.Create(path)

        AddText(fs, "This is some text")
        AddText(fs, "This is some more text,")
        AddText(fs, Environment.NewLine & "and this is on a new line")
        AddText(fs, Environment.NewLine & Environment.NewLine)
        AddText(fs, "The following is a subset of characters:" & Environment.NewLine)

        Dim i As Integer

        For i = 1 To 120
            AddText(fs, Convert.ToChar(i).ToString())

        Next

        fs.Close()

        'Open the stream and read it back.
        fs = File.OpenRead(path)
        Dim b(1023) As Byte
        Dim temp As UTF8Encoding = New UTF8Encoding(True)

        Do While fs.Read(b, 0, b.Length) > 0
            Console.WriteLine(temp.GetString(b))
        Loop

        fs.Close()
    End Sub

    Private Shared Sub AddText(ByVal fs As FileStream, ByVal value As String)
        Dim info As Byte() = New UTF8Encoding(True).GetBytes(value)
        fs.Write(info, 0, info.Length)
    End Sub
End Class

次の例は、ファイルに非同期に書き込む方法を示しています。 このコードは、「UserInput」という名前の TextBlock と、Button_Click という名前のクリックイベントハンドラーにフックされたボタンを持つ WPF アプリで実行されます。 ファイルパスは、コンピューター上に存在するファイルに変更する必要があります。

using System;
using System.Text;
using System.Threading.Tasks;
using System.Windows;
using System.Windows.Controls;
using System.IO;

namespace WpfApplication1
{
    public partial class MainWindow : Window
    {
        public MainWindow()
        {
            InitializeComponent();
        }

        private async void Button_Click(object sender, RoutedEventArgs e)
        {
            UnicodeEncoding uniencoding = new UnicodeEncoding();
            string filename = @"c:\Users\exampleuser\Documents\userinputlog.txt";

            byte[] result = uniencoding.GetBytes(UserInput.Text);

            using (FileStream SourceStream = File.Open(filename, FileMode.OpenOrCreate))
            {
                SourceStream.Seek(0, SeekOrigin.End);
                await SourceStream.WriteAsync(result, 0, result.Length);
            }
        }
    }
}
Imports System.IO
Imports System.Text

Class MainWindow
    Private Async Sub Button_Click(sender As Object, e As RoutedEventArgs)
        Dim uniencoding As UnicodeEncoding = New UnicodeEncoding()
        Dim filename As String = "c:\Users\exampleuser\Documents\userinputlog.txt"

        Dim result As Byte() = uniencoding.GetBytes(UserInput.Text)

        Using SourceStream As FileStream = File.Open(filename, FileMode.OpenOrCreate)
            SourceStream.Seek(0, SeekOrigin.End)
            Await SourceStream.WriteAsync(result, 0, result.Length)
        End Using
    End Sub
End Class

注釈

クラスを使用して、 FileStream ファイルシステム上のファイルの読み取り、書き込み、オープン、終了、およびその他のファイル関連のオペレーティングシステムハンドル (パイプ、標準入力、標準出力など) の操作を行います。 、、、およびの各メソッドを使用して、 Read Write CopyTo Flush 同期操作、、 ReadAsyncWriteAsync CopyToAsync 、および FlushAsync の各メソッドを使用して、非同期操作を実行できます。 非同期メソッドを使用して、メインスレッドをブロックせずに、リソースを集中的に使用するファイル操作を実行します。 このパフォーマンスに関する考慮事項は、時間のかかるストリーム操作によって UI スレッドがブロックされ、アプリが動作していないと見なされる可能性がある Windows 8.x Store アプリまたはデスクトップ アプリで特に重要です。 FileStream パフォーマンスを向上させるために入力と出力をバッファリングします。

重要

この型は IDisposable インターフェイスを実装します。 型の使用が完了したら、直接的または間接的に型を破棄する必要があります。 直接的に型を破棄するには、try/catch ブロック内で Dispose メソッドを呼び出します。 間接的に型を破棄するには、using (C# の場合) または Using (Visual Basic 言語) などの言語構成要素を使用します。 詳細については、IDisposable インターフェイスに関するトピック内の「IDisposable を実装するオブジェクトの使用」セクションを参照してください。

プロパティは、 IsAsync ファイルハンドルが非同期的に開かれたかどうかを検出します。 この値 FileStream isAsync は、、 useAsync 、またはパラメーターを持つコンストラクターを使用して、クラスのインスタンスを作成するときに指定し options ます。 プロパティがの場合 true 、ストリームは重複 i/o を利用してファイル操作を非同期に実行します。 ただし、 IsAsync プロパティは true ReadAsync 、メソッド、メソッド、 WriteAsync またはメソッドを呼び出す必要はありません CopyToAsyncIsAsyncプロパティがで、 false 非同期の読み取り操作と書き込み操作を呼び出すと、UI スレッドはブロックされませんが、実際の i/o 操作は同期的に実行されます。

メソッドは、 Seek ファイルへのランダムアクセスをサポートしています。 Seek 読み取り/書き込み位置をファイル内の任意の位置に移動できるようにします。 これは、バイトオフセット参照ポイントパラメーターを使用して行われます。 バイトオフセットは、列挙の3つのメンバーによって表される、先頭、現在の位置、または基になるファイルの末尾のいずれかになるシーク参照ポイントに対する相対 SeekOrigin 値です。

注意

ディスクファイルは常にランダムアクセスをサポートします。 構築時に、 CanSeek true 基に false なるファイルの種類に応じて、プロパティの値がまたはに設定されます。 基になるファイルの種類が FILE_TYPE_DISK の場合、winbase. h で定義されているように、 CanSeek プロパティの値はに true なります。 それ以外の場合、 CanSeek プロパティ値は false です。

プロセスがファイルの一部で終了した場合、または未処理のロックがあるファイルを閉じた場合、動作は未定義になります。

ディレクトリ操作とその他のファイル操作については、「」、「」、および「」を参照してください File Directory Path 。 クラスは、 File 主に FileStream ファイルパスに基づいてオブジェクトを作成するための静的メソッドを持つユーティリティクラスです。 クラスは、 MemoryStream バイト配列からストリームを作成し、クラスに似てい FileStream ます。

一般的なファイルおよびディレクトリ操作の一覧については、「 一般的な I/o タスク」を参照してください。

ストリーム位置の変更の検出

オブジェクトが FileStream ハンドルを排他的に保持していない場合、別のスレッドがファイルハンドルに同時にアクセスし、ファイルハンドルに関連付けられているオペレーティングシステムのファイルポインターの位置を変更できます。 この場合、オブジェクト内のキャッシュされた位置 FileStream とバッファー内のキャッシュされたデータが危険にさらされる可能性があります。 オブジェクトは、 FileStream キャッシュされたバッファーにアクセスするメソッドに対して定期的にチェックを実行し、オペレーティングシステムのハンドル位置がオブジェクトによって使用されるキャッシュ位置と同じであることを確認し FileStream ます。

メソッドの呼び出しでハンドル位置の予期しない変更が検出された場合 Read 、.NET Framework はバッファーの内容を破棄し、ファイルからストリームを再度読み取ります。 これは、ファイルのサイズやファイルストリームの位置に影響する可能性があるその他のプロセスによっては、パフォーマンスに影響することがあります。

メソッドの呼び出しでハンドル位置の予期しない変更が検出された場合 Write 、バッファーの内容は破棄され、 IOException 例外がスローされます。

FileStream SafeFileHandle ハンドルを公開するためにプロパティにアクセスする場合、または FileStream オブジェクトにコンストラクターのプロパティが指定されている場合、オブジェクトのハンドルに排他的なホールドはありません SafeFileHandle

コンストラクター

FileStream(IntPtr, FileAccess)
互換性のために残されています。
互換性のために残されています。
互換性のために残されています。
互換性のために残されています。

FileStream クラスの新しいインスタンスを、指定した読み取り/書き込みアクセス許可を使用して、指定したファイル ハンドル用に初期化します。

FileStream(IntPtr, FileAccess, Boolean)
互換性のために残されています。
互換性のために残されています。
互換性のために残されています。
互換性のために残されています。

FileStream クラスの新しいインスタンスを、指定した読み取り/書き込みアクセス許可と FileStream インスタンスの所有権を使用して、指定したファイル ハンドル用に初期化します。

FileStream(IntPtr, FileAccess, Boolean, Int32)
互換性のために残されています。
互換性のために残されています。
互換性のために残されています。
互換性のために残されています。

FileStream クラスの新しいインスタンスを、指定した読み取り/書き込みアクセス許可、FileStream インスタンスの所有権、およびバッファー サイズを使用して、指定したファイル ハンドル用に初期化します。

FileStream(IntPtr, FileAccess, Boolean, Int32, Boolean)
互換性のために残されています。
互換性のために残されています。
互換性のために残されています。
互換性のために残されています。

FileStream クラスの新しいインスタンスを、指定した読み取り/書き込みアクセス許可、FileStream インスタンスの所有権、バッファー サイズ、および同期状態または非同期状態を使用して、指定したファイル ハンドル用に初期化します。

FileStream(SafeFileHandle, FileAccess)

FileStream クラスの新しいインスタンスを、指定した読み取り/書き込みアクセス許可を使用して、指定したファイル ハンドル用に初期化します。

FileStream(SafeFileHandle, FileAccess, Int32)

FileStream クラスの新しいインスタンスを、指定した読み取り/書き込みアクセス許可、およびバッファー サイズを使用して、指定したファイル ハンドル用に初期化します。

FileStream(SafeFileHandle, FileAccess, Int32, Boolean)

FileStream クラスの新しいインスタンスを、指定した読み取り/書き込みアクセス許可、バッファー サイズ、および同期状態または非同期状態を使用して、指定したファイル ハンドル用に初期化します。

FileStream(String, FileMode)

FileStream クラスの新しいインスタンスを、指定したパスと作成モードを使用して初期化します。

FileStream(String, FileMode, FileAccess)

FileStream クラスの新しいインスタンスを、指定したパス、作成モード、および読み取り/書き込みアクセス許可を使用して初期化します。

FileStream(String, FileMode, FileAccess, FileShare)

FileStream クラスの新しいインスタンスを、指定したパス、作成モード、読み取り/書き込みアクセス許可、および共有アクセス許可を使用して初期化します。

FileStream(String, FileMode, FileAccess, FileShare, Int32)

FileStream クラスの新しいインスタンスを、指定したパス、作成モード、読み取り/書き込みアクセス許可、共有アクセス許可、およびバッファー サイズを使用して初期化します。

FileStream(String, FileMode, FileAccess, FileShare, Int32, Boolean)

FileStream クラスの新しいインスタンスを、指定したパス、作成モード、読み取り/書き込みアクセス許可、共有アクセス許可、バッファー サイズ、および同期状態または非同期状態を使用して初期化します。

FileStream(String, FileMode, FileAccess, FileShare, Int32, FileOptions)

FileStream クラスの新しいインスタンスを、指定したパス、作成モード、読み取り/書き込みアクセス許可、共有アクセス許可、同一のファイルに対して他の FileStream が保有できるアクセス、バッファー サイズ、および追加のファイル オプションを使用して初期化します。

FileStream(String, FileMode, FileSystemRights, FileShare, Int32, FileOptions)

FileStream クラスの新しいインスタンスを、指定したパス、作成モード、アクセス権、共有アクセス許可、バッファー サイズ、および追加のファイル オプションを使用して初期化します。

FileStream(String, FileMode, FileSystemRights, FileShare, Int32, FileOptions, FileSecurity)

FileStream クラスの新しいインスタンスを、指定したパス、作成モード、アクセス権、共有アクセス許可、バッファー サイズ、追加のファイル オプション、アクセス制御、および監査セキュリティを使用して初期化します。

FileStream(String, FileStreamOptions)

指定したパス、作成モード、読み取り/書き込みおよび共有アクセス許可、他の FileStreams が同じファイルに対して持つアクセス、バッファー サイズ、追加のファイル オプション、および割り当てサイズを使用して、 クラスの新しいインスタンスを初期化します。 FileStream

プロパティ

CanRead

現在のストリームが読み込みをサポートしているかどうかを示す値を取得します。

CanSeek

現在のストリームがシークをサポートしているかどうかを示す値を取得します。

CanTimeout

現在のストリームがタイムアウトできるかどうかを決定する値を取得します。

(継承元 Stream)
CanWrite

現在のストリームが書き込みをサポートしているかどうかを示す値を取得します。

Handle
互換性のために残されています。
互換性のために残されています。
互換性のために残されています。
互換性のために残されています。

現在の FileStream オブジェクトによってカプセル化されるファイルのオペレーティング システム ファイル ハンドルを取得します。

IsAsync

FileStream が非同期的に開かれたか、同期的に開かれたかを示す値を取得します。

Length

ストリーム長 (バイト単位) を取得します。

Name

FileStream で開かれているファイルの絶対パスを取得します。

Position

ストリームの現在位置を取得または設定します。

ReadTimeout

ストリームがタイムアウト前に読み取りを試みる期間を決定する値 (ミリ秒単位) を取得または設定します。

(継承元 Stream)
SafeFileHandle

現在の FileStream オブジェクトによってカプセル化されるファイルのオペレーティング システム ファイル ハンドルを表す SafeFileHandle オブジェクトを取得します。

WriteTimeout

ストリームがタイムアウト前に書き込みを試行する期間を決定する値 (ミリ秒単位) を取得または設定します。

(継承元 Stream)

メソッド

BeginRead(Byte[], Int32, Int32, AsyncCallback, Object)

非同期の読み込み動作を開始します。 代わりに ReadAsync(Byte[], Int32, Int32, CancellationToken) を使用することを検討してください。

BeginRead(Byte[], Int32, Int32, AsyncCallback, Object)

非同期の読み込み動作を開始します。 (代わりに、ReadAsync(Byte[], Int32, Int32) の使用を検討してください。)

(継承元 Stream)
BeginWrite(Byte[], Int32, Int32, AsyncCallback, Object)

非同期の書き込み操作を開始します。 代わりに WriteAsync(Byte[], Int32, Int32, CancellationToken) を使用することを検討してください。

BeginWrite(Byte[], Int32, Int32, AsyncCallback, Object)

非同期の書き込み操作を開始します。 (代わりに、WriteAsync(Byte[], Int32, Int32) の使用を検討してください。)

(継承元 Stream)
Close()

現在のストリームを閉じ、現在のストリームに関連付けられているすべてのリソース (ソケット、ファイル ハンドルなど) を解放します。

Close()

現在のストリームを閉じ、現在のストリームに関連付けられているすべてのリソース (ソケット、ファイル ハンドルなど) を解放します。 このメソッドを呼び出す代わりに、ストリームが適切に破棄されていることを確認します。

(継承元 Stream)
CopyTo(Stream)

現在のストリームからバイトを読み取り、別のストリームに書き込みます。

(継承元 Stream)
CopyTo(Stream, Int32)

指定されたバッファー サイズを使用して、現在のストリームからバイトを読み取り、別のストリームに書き込みます。

(継承元 Stream)
CopyToAsync(Stream)

現在のストリームからすべてのバイトを非同期に読み取り、別のストリームに書き込みます。

(継承元 Stream)
CopyToAsync(Stream, CancellationToken)

指定されたバッファー サイズを使用して、現在のストリームからバイトを非同期に読み取り、指定されたキャンセル トークンを使用して、別のストリームに書き込みます。

(継承元 Stream)
CopyToAsync(Stream, Int32)

指定されたバッファー サイズを使用して、現在のストリームからバイトを非同期に読み取り、別のストリームに書き込みます。

(継承元 Stream)
CopyToAsync(Stream, Int32, CancellationToken)

指定されたバッファー サイズとキャンセル トークンを使用して、バイトの現在のファイル ストリームからの読み取りと、別のストリームへの書き込みを非同期に行います。

CopyToAsync(Stream, Int32, CancellationToken)

指定されたバッファー サイズを使用して、現在のストリームからバイトを非同期に読み取り、指定されたバッファー サイズとキャンセル トークンを使用して、別のストリームに書き込みます。

(継承元 Stream)
CreateObjRef(Type)

リモート オブジェクトとの通信に使用するプロキシの生成に必要な情報をすべて格納しているオブジェクトを作成します。

(継承元 MarshalByRefObject)
CreateWaitHandle()
互換性のために残されています。
互換性のために残されています。

WaitHandle オブジェクトを割り当てます。

(継承元 Stream)
Dispose()

Stream によって使用されているすべてのリソースを解放します。

(継承元 Stream)
Dispose(Boolean)

FileStream によって使用されているアンマネージド リソースを解放し、オプションでマネージド リソースも解放します。

DisposeAsync()

FileStream によって使用されているアンマネージ リソースを非同期に解放します。

DisposeAsync()

Stream によって使用されているアンマネージ リソースを非同期に解放します。

(継承元 Stream)
EndRead(IAsyncResult)

保留中の非同期の読み取り操作が完了するまで待機します。 (代わりに、ReadAsync(Byte[], Int32, Int32, CancellationToken) の使用を検討してください。)

EndRead(IAsyncResult)

保留中の非同期読み取りが完了するまで待機します。 (代わりに、ReadAsync(Byte[], Int32, Int32) の使用を検討してください。)

(継承元 Stream)
EndWrite(IAsyncResult)

非同期の書き込み操作を終了し、I/O 操作が完了するまでブロックします。 (代わりに、WriteAsync(Byte[], Int32, Int32, CancellationToken) の使用を検討してください。)

EndWrite(IAsyncResult)

非同期書き込み操作を終了します。 (代わりに、WriteAsync(Byte[], Int32, Int32) の使用を検討してください。)

(継承元 Stream)
Equals(Object)

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。

(継承元 Object)
Finalize()

ガベージ コレクターが FileStream を再利用するときに、リソースの解放およびその他のクリーンアップ操作を確実に実行するようにします。

Flush()

このストリームのバッファーをクリアして、バッファー内のデータがファイルに書き込まれるようにします。

Flush(Boolean)

このストリームのバッファーをクリアして、バッファー内のデータがファイルに書き込まれるようにし、すべての中間ファイル バッファーもクリアします。

FlushAsync()

ストリームに対応するすべてのバッファーを非同期にクリアし、バッファー内のデータを基になるデバイスに書き込みます。

(継承元 Stream)
FlushAsync(CancellationToken)

ストリームに対応するすべてのバッファーを非同期にクリアし、バッファー内のデータを基になるデバイスに書き込み、キャンセル要求を監視します。

FlushAsync(CancellationToken)

ストリームに対応するすべてのバッファーを非同期にクリアし、バッファー内のデータを基になるデバイスに書き込み、キャンセル要求を監視します。

(継承元 Stream)
GetAccessControl()

現在の FileSecurity オブジェクトが示すファイルのアクセス制御リスト (ACL) エントリをカプセル化する FileStream オブジェクトを取得します。

GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。

(継承元 Object)
GetLifetimeService()
互換性のために残されています。

対象のインスタンスの有効期間ポリシーを制御する、現在の有効期間サービス オブジェクトを取得します。

(継承元 MarshalByRefObject)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。

(継承元 Object)
InitializeLifetimeService()
互換性のために残されています。

このインスタンスの有効期間ポリシーを制御する有効期間サービス オブジェクトを取得します。

(継承元 MarshalByRefObject)
Lock(Int64, Int64)

FileStream に対する他のプロセスからの読み取りまたは書き込みを禁止します。

MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。

(継承元 Object)
MemberwiseClone(Boolean)

現在の MarshalByRefObject オブジェクトの簡易コピーを作成します。

(継承元 MarshalByRefObject)
ObjectInvariant()
互換性のために残されています。

Contract のサポートを提供します。

(継承元 Stream)
Read(Byte[], Int32, Int32)

ストリームからバイトのブロックを読み取り、そのデータを特定のバッファーに書き込みます。

Read(Span<Byte>)

現在のファイル ストリームからバイト シーケンスを読み取り、読み取られたバイト数だけファイル ストリーム内の位置を進めます。

Read(Span<Byte>)

派生クラスによってオーバーライドされた場合は、現在のストリームからバイト シーケンスを読み取り、読み取ったバイト数の分だけストリームの位置を進めます。

(継承元 Stream)
ReadAsync(Byte[], Int32, Int32)

現在のストリームからバイト シーケンスを非同期に読み取り、読み取ったバイト数だけストリーム内の位置を進めます。

(継承元 Stream)
ReadAsync(Byte[], Int32, Int32, CancellationToken)

バイト シーケンスの現在のファイル ストリームからの読み取りと、指定されたオフセットで開始されるバイト配列への書き込みを非同期に行い、読み取られたバイトの合計数だけファイル ストリーム内の位置を進め、キャンセル要求を監視します。

ReadAsync(Byte[], Int32, Int32, CancellationToken)

現在のストリームからバイト シーケンスを非同期に読み取り、読み取ったバイト数だけストリーム内の位置を進め、キャンセル要求を監視します。

(継承元 Stream)
ReadAsync(Memory<Byte>, CancellationToken)

バイト シーケンスの現在のファイル ストリームからの読み取りと、メモリ領域への書き込みを非同期に行い、読み取られたバイト数だけファイル ストリーム内の位置を進め、キャンセル要求を監視します。

ReadAsync(Memory<Byte>, CancellationToken)

現在のストリームからバイト シーケンスを非同期に読み取り、読み取ったバイト数だけストリーム内の位置を進め、キャンセル要求を監視します。

(継承元 Stream)
ReadByte()

ファイルからバイトを読み取り、読み取り位置を 1 バイト進めます。

Seek(Int64, SeekOrigin)

このストリームの現在位置を特定の値に設定します。

SetAccessControl(FileSecurity)

FileSecurity オブジェクトが示すアクセス制御リスト (ACL) エントリを、現在の FileStream オブジェクトが示すファイルに適用します。

SetLength(Int64)

ストリーム長を特定の値に設定します。

ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。

(継承元 Object)
Unlock(Int64, Int64)

他のプロセスにより以前にロックされたファイルの全部または一部へのアクセスを許可します。

Write(Byte[], Int32, Int32)

ファイル ストリームにバイトのブロックを書き込みます。

Write(ReadOnlySpan<Byte>)

読み取り専用スパンから現在のファイル ストリームにバイト シーケンスを書き込み、書き込まれたバイト数だけこのファイル ストリーム内の現在位置を進めます。

Write(ReadOnlySpan<Byte>)

派生クラスによってオーバーライドされた場合は、現在のストリームにバイト シーケンスを書き込み、書き込んだバイト数の分だけストリームの現在位置を進めます。

(継承元 Stream)
WriteAsync(Byte[], Int32, Int32)

現在のストリームにバイト シーケンスを非同期に書き込み、書き込んだバイト数だけストリーム内の現在位置を進めます。

(継承元 Stream)
WriteAsync(Byte[], Int32, Int32, CancellationToken)

現在のストリームにバイト シーケンスを非同期に書き込み、書き込んだバイト数だけストリーム内の現在位置を進め、キャンセル要求を監視します。

WriteAsync(Byte[], Int32, Int32, CancellationToken)

現在のストリームにバイト シーケンスを非同期に書き込み、書き込んだバイト数だけストリーム内の現在位置を進め、キャンセル要求を監視します。

(継承元 Stream)
WriteAsync(ReadOnlyMemory<Byte>, CancellationToken)

メモリ領域から現在のバッファー ストリームにバイト シーケンスを非同期に書き込み、書き込まれたバイト数だけこのファイル ストリーム内の現在位置を進め、キャンセル要求を監視します。

WriteAsync(ReadOnlyMemory<Byte>, CancellationToken)

現在のストリームにバイト シーケンスを非同期に書き込み、書き込んだバイト数だけストリーム内の現在位置を進め、キャンセル要求を監視します。

(継承元 Stream)
WriteByte(Byte)

ファイル ストリームの現在位置にバイトを書き込みます。

明示的なインターフェイスの実装

IDisposable.Dispose()

Stream によって使用されているすべてのリソースを解放します。

(継承元 Stream)

拡張メソッド

GetAccessControl(FileStream)

ファイルのセキュリティ情報を返します。

SetAccessControl(FileStream, FileSecurity)

既存のファイルのセキュリティ属性を変更します。

AsInputStream(Stream)

Windows ストア アプリ用 .NET のマネージド ストリームを Windows ランタイムの入力ストリームに変換します。

AsOutputStream(Stream)

Windows ストア アプリ用 .NET のマネージド ストリームを Windows ランタイムの出力ストリームに変換します。

AsRandomAccessStream(Stream)

特定のストリームをランダム アクセス ストリームに変換します。

ConfigureAwait(IAsyncDisposable, Boolean)

非同期の破棄可能から返されるタスク上での待機がどのように実行されるかを構成します。

適用対象

こちらもご覧ください