IsolatedStorage IsolatedStorage IsolatedStorage IsolatedStorage Class

定義

すべての分離ストレージの実装を派生させる抽象基本クラスを表します。Represents the abstract base class from which all isolated storage implementations must derive.

public ref class IsolatedStorage abstract : MarshalByRefObject
[System.Runtime.InteropServices.ComVisible(true)]
public abstract class IsolatedStorage : MarshalByRefObject
type IsolatedStorage = class
    inherit MarshalByRefObject
Public MustInherit Class IsolatedStorage
Inherits MarshalByRefObject
継承
属性

注釈

重要

このクラスのメソッドを信頼されていないデータを指定して呼び出すことには、セキュリティ上のリスクが伴います。Calling methods from this class with untrusted data is a security risk. このクラスのメソッドの呼び出しは、信頼されたデータだけを指定して実行してください。Call the methods from this class only with trusted data. 詳しくは、「Data Validation」(データの入力規則) を参照してください。For more information, see Data Validation.

ファイル ベースの分離ストレージについては、次を参照してください。、IsolatedStorageFileクラス。For information about file-based isolated storage, see the IsolatedStorageFile class.

重要

分離ストレージは Windows 8.x ストアWindows 8.x Store アプリでは使用できません。Isolated storage is not available for Windows 8.x ストアWindows 8.x Store apps. 代わりに、Windows.Storage API に含まれる Windows ランタイムWindows Runtime 名前空間内のアプリケーション データ クラスを使用して、ローカル データとローカル ファイルを格納します。Instead, use the application data classes in the Windows.Storage namespaces included in the Windows ランタイムWindows Runtime API to store local data and files. 詳細については、Windows デベロッパー センターの アプリケーション データ に関する説明を参照してください。For more information, see Application data in the Windows Dev Center.

コンストラクター

IsolatedStorage() IsolatedStorage() IsolatedStorage() IsolatedStorage()

IsolatedStorage クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the IsolatedStorage class.

プロパティ

ApplicationIdentity ApplicationIdentity ApplicationIdentity ApplicationIdentity

分離ストレージのスコープを指定するアプリケーション ID を取得します。Gets an application identity that scopes isolated storage.

AssemblyIdentity AssemblyIdentity AssemblyIdentity AssemblyIdentity

分離ストレージのスコープを指定するために使用するアセンブリ ID を取得します。Gets an assembly identity used to scope isolated storage.

AvailableFreeSpace AvailableFreeSpace AvailableFreeSpace AvailableFreeSpace

派生クラスでオーバーライドされた場合は、分離ストレージに使用可能な空き領域 (バイト単位) を取得します。When overridden in a derived class, gets the available free space for isolated storage, in bytes.

CurrentSize CurrentSize CurrentSize CurrentSize

分離ストレージの現在のサイズを表す値を取得します。Gets a value representing the current size of isolated storage.

DomainIdentity DomainIdentity DomainIdentity DomainIdentity

分離ストレージのスコープを指定するドメイン ID を取得します。Gets a domain identity that scopes isolated storage.

MaximumSize MaximumSize MaximumSize MaximumSize

分離ストレージに使用できる最大空き容量を表す値を取得します。Gets a value representing the maximum amount of space available for isolated storage. 派生クラスでオーバーライドされた場合、この値の計測単位を変更できます。When overridden in a derived class, this value can take different units of measure.

Quota Quota Quota Quota

派生クラスでオーバーライドされると、分離ストレージに使用できる領域の最大サイズを表す値を取得します。When overridden in a derived class, gets a value that represents the maximum amount of space available for isolated storage.

Scope Scope Scope Scope

ストアを分離するためのスコープを指定する IsolatedStorageScope 列挙値を取得します。Gets an IsolatedStorageScope enumeration value specifying the scope used to isolate the store.

SeparatorExternal SeparatorExternal SeparatorExternal SeparatorExternal

ディレクトリ文字列に使用できる円記号を取得します。Gets a backslash character that can be used in a directory string. 派生クラスでオーバーライドするときに、別の文字を返すことができます。When overridden in a derived class, another character might be returned.

SeparatorInternal SeparatorInternal SeparatorInternal SeparatorInternal

ディレクトリ文字列に使用できるピリオド文字を取得します。Gets a period character that can be used in a directory string. 派生クラスでオーバーライドするときに、別の文字を返すことができます。When overridden in a derived class, another character might be returned.

UsedSize UsedSize UsedSize UsedSize

派生クラスでオーバーライドされると、分離ストレージに使用されている領域のサイズを表す値を取得します。When overridden in a derived class, gets a value that represents the amount of the space used for isolated storage.

メソッド

CreateObjRef(Type) CreateObjRef(Type) CreateObjRef(Type) CreateObjRef(Type)

リモート オブジェクトとの通信に使用するプロキシの生成に必要な情報をすべて格納しているオブジェクトを作成します。Creates an object that contains all the relevant information required to generate a proxy used to communicate with a remote object.

(Inherited from MarshalByRefObject)
Equals(Object) Equals(Object) Equals(Object) Equals(Object)

指定したオブジェクトが、現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。Determines whether the specified object is equal to the current object.

(Inherited from Object)
GetHashCode() GetHashCode() GetHashCode() GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。Serves as the default hash function.

(Inherited from Object)
GetLifetimeService() GetLifetimeService() GetLifetimeService() GetLifetimeService()

対象のインスタンスの有効期間ポリシーを制御する、現在の有効期間サービス オブジェクトを取得します。Retrieves the current lifetime service object that controls the lifetime policy for this instance.

(Inherited from MarshalByRefObject)
GetPermission(PermissionSet) GetPermission(PermissionSet) GetPermission(PermissionSet) GetPermission(PermissionSet)

派生クラスによって実装された場合は、アクセス許可セットの中から、分離ストレージへのアクセスを表すアクセス許可を返します。When implemented by a derived class, returns a permission that represents access to isolated storage from within a permission set.

GetType() GetType() GetType() GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。Gets the Type of the current instance.

(Inherited from Object)
IncreaseQuotaTo(Int64) IncreaseQuotaTo(Int64) IncreaseQuotaTo(Int64) IncreaseQuotaTo(Int64)

派生クラスでオーバーライドされると、分離ストレージのクォータ サイズ (バイト単位) が増えることを承認するようにユーザーに要求します。When overridden in a derived class, prompts a user to approve a larger quota size, in bytes, for isolated storage.

InitializeLifetimeService() InitializeLifetimeService() InitializeLifetimeService() InitializeLifetimeService()

このインスタンスの有効期間ポリシーを制御する有効期間サービス オブジェクトを取得します。Obtains a lifetime service object to control the lifetime policy for this instance.

(Inherited from MarshalByRefObject)
InitStore(IsolatedStorageScope, Type) InitStore(IsolatedStorageScope, Type) InitStore(IsolatedStorageScope, Type) InitStore(IsolatedStorageScope, Type)

新しい IsolatedStorage オブジェクトを初期化します。Initializes a new IsolatedStorage object.

InitStore(IsolatedStorageScope, Type, Type) InitStore(IsolatedStorageScope, Type, Type) InitStore(IsolatedStorageScope, Type, Type) InitStore(IsolatedStorageScope, Type, Type)

新しい IsolatedStorage オブジェクトを初期化します。Initializes a new IsolatedStorage object.

MemberwiseClone() MemberwiseClone() MemberwiseClone() MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current Object.

(Inherited from Object)
MemberwiseClone(Boolean) MemberwiseClone(Boolean) MemberwiseClone(Boolean) MemberwiseClone(Boolean)

現在の MarshalByRefObject オブジェクトの簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current MarshalByRefObject object.

(Inherited from MarshalByRefObject)
Remove() Remove() Remove() Remove()

派生クラスでオーバーライドされた場合は、個別の分離ストアと、それぞれのストアに格納されているすべてのデータを削除します。When overridden in a derived class, removes the individual isolated store and all contained data.

ToString() ToString() ToString() ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。Returns a string that represents the current object.

(Inherited from Object)

適用対象

こちらもご覧ください