IsolatedStorageFile クラス

定義

ファイルとディレクトリが含まれている分離ストレージ域を表します。Represents an isolated storage area containing files and directories.

public ref class IsolatedStorageFile sealed : System::IO::IsolatedStorage::IsolatedStorage, IDisposable
[System.Runtime.InteropServices.ComVisible(true)]
public sealed class IsolatedStorageFile : System.IO.IsolatedStorage.IsolatedStorage, IDisposable
type IsolatedStorageFile = class
    inherit IsolatedStorage
    interface IDisposable
Public NotInheritable Class IsolatedStorageFile
Inherits IsolatedStorage
Implements IDisposable
継承
IsolatedStorageFile
属性
実装

分離ストア内にファイルおよびディレクトリを作成する方法を次のコード例で示します。The following code example illustrates how to create files and directories in an isolated store. まず、ユーザー、ドメイン、およびアセンブリ別に分離されたストアが取得され、@no__t 0 変数に格納されます。First, a store that is isolated by user, domain, and assembly is retrieved and placed in the isoStore variable. 次に CreateDirectory メソッドが呼び出されてディレクトリが作成され、IsolatedStorageFileStream クラスの2つのインスタンスによってこれらのディレクトリにファイルが作成されます。The CreateDirectory method is then called to create directories, and two instances of the IsolatedStorageFileStream class create files in these directories.

using System;
using System.IO;
using System.IO.IsolatedStorage;

public class CreatingFilesDirectories
{
    public static void Main()
    {
        using (IsolatedStorageFile isoStore = IsolatedStorageFile.GetStore(IsolatedStorageScope.User | IsolatedStorageScope.Domain | IsolatedStorageScope.Assembly, null, null))
        {
            isoStore.CreateDirectory("TopLevelDirectory");
            isoStore.CreateDirectory("TopLevelDirectory/SecondLevel");
            isoStore.CreateDirectory("AnotherTopLevelDirectory/InsideDirectory");
            Console.WriteLine("Created directories.");

            isoStore.CreateFile("InTheRoot.txt");
            Console.WriteLine("Created a new file in the root.");

            isoStore.CreateFile("AnotherTopLevelDirectory/InsideDirectory/HereIAm.txt");
            Console.WriteLine("Created a new file in the InsideDirectory.");
        }
    }
}
Imports System.IO
Imports System.IO.IsolatedStorage

Module Module1
    Sub Main()
        Using isoStore As IsolatedStorageFile = IsolatedStorageFile.GetStore(IsolatedStorageScope.User Or IsolatedStorageScope.Assembly Or IsolatedStorageScope.Domain, Nothing, Nothing)

            isoStore.CreateDirectory("TopLevelDirectory")
            isoStore.CreateDirectory("TopLevelDirectory/SecondLevel")
            isoStore.CreateDirectory("AnotherTopLevelDirectory/InsideDirectory")
            Console.WriteLine("Created directories.")

            isoStore.CreateFile("InTheRoot.txt")
            Console.WriteLine("Created a new file in the root.")

            isoStore.CreateFile("AnotherTopLevelDirectory/InsideDirectory/HereIAm.txt")
            Console.WriteLine("Created a new file in the InsideDirectory.")
        End Using
    End Sub
End Module

注釈

このオブジェクトは、特定の分離ストレージスコープに対応します。このスコープには、@no__t 0 のオブジェクトによって表されるファイルが存在します。This object corresponds to a specific isolated storage scope, where files represented by IsolatedStorageFileStream objects exist. アプリケーションは分離ストレージを使用して、ファイルシステム内の特定のパスを指定しなくても、ファイルシステムの分離された部分にデータを保存できます。Applications can use isolated storage to save data in their own isolated portion of the file system, without having to specify a particular path within the file system. 分離ストアは特定のアセンブリにスコープが設定されているため、他のほとんどのマネージコードはコードのデータにアクセスできません (信頼性の高いマネージコードと、管理ツールは他のアセンブリからストアにアクセスできます)。Since isolated stores are scoped to particular assemblies, most other managed code will not be able to access your code's data (highly trusted managed code and administration tools can access stores from other assemblies). アンマネージコードは、任意の分離ストアにアクセスできます。Unmanaged code can access any isolated stores.

詳細については、「 分離ストレージ」を参照してください。For more information, see Isolated Storage.

この型は IDisposable インターフェイスを実装します。This type implements the IDisposable interface. 型の使用が完了したら、直接的または間接的に型を破棄する必要があります。When you have finished using the type, you should dispose of it either directly or indirectly. 直接的に型を破棄するには、try / catch ブロック内で Dispose メソッドを呼び出します。To dispose of the type directly, call its Dispose method in a try/catch block. 間接的に型を破棄するには、using (C# の場合) または Using (Visual Basic 言語) などの言語構成要素を使用します。To dispose of it indirectly, use a language construct such as using (in C#) or Using (in Visual Basic). 詳細については、IDisposable インターフェイスに関するトピック内の「IDisposable を実装するオブジェクトの使用」セクションを参照してください。For more information, see the "Using an Object that Implements IDisposable" section in the IDisposable interface topic.

重要

分離ストレージは Windows 8.x ストアWindows 8.x Store アプリでは使用できません。Isolated storage is not available for Windows 8.x ストアWindows 8.x Store apps. 代わりに、Windows.Storage API に含まれる Windows ランタイムWindows Runtime 名前空間内のアプリケーション データ クラスを使用して、ローカル データとローカル ファイルを格納します。Instead, use the application data classes in the Windows.Storage namespaces included in the Windows ランタイムWindows Runtime API to store local data and files. 詳細については、Windows デベロッパー センターの アプリケーション データ に関する説明を参照してください。For more information, see Application data in the Windows Dev Center.

プロパティ

AvailableFreeSpace

分離ストレージに使用できる空き容量を表す値を取得します。Gets a value that represents the amount of free space available for isolated storage.

CurrentSize

分離ストレージの現在のサイズを取得します。Gets the current size of the isolated storage.

IsEnabled

分離ストレージが有効かどうかを示す値を取得します。Gets a value that indicates whether isolated storage is enabled.

MaximumSize

クォータによる制限内で、分離ストレージとして確保できる領域の最大容量を表す値を取得します。Gets a value representing the maximum amount of space available for isolated storage within the limits established by the quota.

Quota

分離ストレージに使用できる最大容量を表す値を取得します。Gets a value that represents the maximum amount of space available for isolated storage.

UsedSize

分離ストレージに使用されている領域のサイズを表す値を取得します。Gets a value that represents the amount of the space used for isolated storage.

メソッド

Close()

以前に GetStore(IsolatedStorageScope, Type, Type)GetUserStoreForAssembly()、または GetUserStoreForDomain() で開いたストアを閉じます。Closes a store previously opened with GetStore(IsolatedStorageScope, Type, Type), GetUserStoreForAssembly(), or GetUserStoreForDomain().

CopyFile(String, String)

既存のファイルを新しいファイルにコピーします。Copies an existing file to a new file.

CopyFile(String, String, Boolean)

既存のファイルに新しいファイルをコピーし、オプションで既存のファイルを上書きします。Copies an existing file to a new file, and optionally overwrites an existing file.

CreateDirectory(String)

分離ストレージのスコープ内にディレクトリを作成します。Creates a directory in the isolated storage scope.

CreateFile(String)

分離ストア内にファイルを作成します。Creates a file in the isolated store.

DeleteDirectory(String)

分離ストレージのスコープ内にあるディレクトリを削除します。Deletes a directory in the isolated storage scope.

DeleteFile(String)

分離ストレージのスコープ内にあるファイルを削除します。Deletes a file in the isolated storage scope.

DirectoryExists(String)

指定したパスが分離ストア内の既存のディレクトリを参照しているかどうかを確認します。Determines whether the specified path refers to an existing directory in the isolated store.

Dispose()

IsolatedStorageFile によって使用されているすべてのリソースを解放します。Releases all resources used by the IsolatedStorageFile.

Equals(Object)

指定したオブジェクトが、現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。Determines whether the specified object is equal to the current object.

(継承元 Object)
FileExists(String)

指定したパスが分離ストア内の既存のファイルを参照しているかどうかを確認します。Determines whether the specified path refers to an existing file in the isolated store.

Finalize()

オブジェクトが、ガベージ コレクションによって収集される前に、リソースの解放とその他のクリーンアップ操作の実行を試みることができるようにします。Allows an object to try to free resources and perform other cleanup operations before it is reclaimed by garbage collection.

GetCreationTime(String)

指定したファイルまたはディレクトリの作成日時を返します。Returns the creation date and time of a specified file or directory.

GetDirectoryNames()

分離ストアのルートにあるディレクトリを列挙します。Enumerates the directories at the root of an isolated store.

GetDirectoryNames(String)

分離ストレージのスコープ内にあり、指定した検索パターンと一致するディレクトリを列挙します。Enumerates the directories in an isolated storage scope that match a given search pattern.

GetEnumerator(IsolatedStorageScope)

分離ストレージのスコープ内にある IsolatedStorageFile ストアの列挙子を取得します。Gets the enumerator for the IsolatedStorageFile stores within an isolated storage scope.

GetFileNames()

分離ストアのルートにあるファイルの名前を列挙します。Enumerates the file names at the root of an isolated store.

GetFileNames(String)

検索パターンと一致するファイル名を取得します。Gets the file names that match a search pattern.

GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。Serves as the default hash function.

(継承元 Object)
GetLastAccessTime(String)

指定したファイルまたはディレクトリに最後にアクセスした日付と時刻を返します。Returns the date and time a specified file or directory was last accessed.

GetLastWriteTime(String)

指定したファイルまたはディレクトリに最後に書き込んだ日付と時刻を返します。Returns the date and time a specified file or directory was last written to.

GetMachineStoreForApplication()

呼び出し元のコードのアプリケーション ID に対応するマシン スコープの分離ストレージを取得します。Obtains machine-scoped isolated storage corresponding to the calling code's application identity.

GetMachineStoreForAssembly()

呼び出し元のコードのアセンブリ ID に対応するマシン スコープの分離ストレージを取得します。Obtains machine-scoped isolated storage corresponding to the calling code's assembly identity.

GetMachineStoreForDomain()

アプリケーション ドメイン ID とアセンブリ ID に対応するマシン スコープの分離ストレージを取得します。Obtains machine-scoped isolated storage corresponding to the application domain identity and the assembly identity.

GetStore(IsolatedStorageScope, Evidence, Type, Evidence, Type)

指定したアプリケーション ドメインとアセンブリの証拠オブジェクトおよび証拠型に対応する分離ストレージを取得します。Obtains isolated storage corresponding to the given application domain and the assembly evidence objects and types.

GetStore(IsolatedStorageScope, Object)

特定のアプリケーション ID に対応する分離ストレージを取得します。Obtains isolated storage corresponding to the given application identity.

GetStore(IsolatedStorageScope, Object, Object)

指定したアプリケーション ドメインとアセンブリの証拠オブジェクトに対応する分離ストレージを取得します。Obtains the isolated storage corresponding to the given application domain and assembly evidence objects.

GetStore(IsolatedStorageScope, Type)

分離スコープおよびアプリケーション ID オブジェクトに対応する分離ストレージを取得します。Obtains isolated storage corresponding to the isolation scope and the application identity object.

GetStore(IsolatedStorageScope, Type, Type)

指定したアプリケーション ドメインとアセンブリの証拠型で指定される分離ストレージ スコープに対応する分離ストレージを取得します。Obtains isolated storage corresponding to the isolated storage scope given the application domain and assembly evidence types.

GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。Gets the Type of the current instance.

(継承元 Object)
GetUserStoreForApplication()

呼び出し元のコードのアプリケーション ID に対応するユーザー スコープの分離ストレージを取得します。Obtains user-scoped isolated storage corresponding to the calling code's application identity.

GetUserStoreForAssembly()

呼び出し元のコードのアセンブリ ID に対応するユーザー スコープの分離ストレージを取得します。Obtains user-scoped isolated storage corresponding to the calling code's assembly identity.

GetUserStoreForDomain()

アプリケーション ドメイン ID とアセンブリ ID に対応するユーザー スコープの分離ストレージを取得します。Obtains user-scoped isolated storage corresponding to the application domain identity and assembly identity.

GetUserStoreForSite()

仮想ホスト ドメインのアプリケーションによって使用されるユーザー スコープの分離ストアを取得します。Obtains a user-scoped isolated store for use by applications in a virtual host domain.

IncreaseQuotaTo(Int64)

アプリケーションが大きなクォータ サイズをバイト単位で明示的に要求できるようにします。Enables an application to explicitly request a larger quota size, in bytes.

MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current Object.

(継承元 Object)
MoveDirectory(String, String)

指定されたディレクトリとその内容を新しい場所に移動します。Moves a specified directory and its contents to a new location.

MoveFile(String, String)

指定したファイルを新しい場所に移動します。オプションで新しいファイル名を指定することもできます。Moves a specified file to a new location, and optionally lets you specify a new file name.

OpenFile(String, FileMode)

指定したモードでファイルを開きます。Opens a file in the specified mode.

OpenFile(String, FileMode, FileAccess)

読み取り/書き込みのアクセス権を指定し、指定したモードでファイルを開きます。Opens a file in the specified mode with the specified read/write access.

OpenFile(String, FileMode, FileAccess, FileShare)

読み取り/書き込みアクセス権と共有アクセス許可を指定し、指定したモードでファイルを開きます。Opens a file in the specified mode, with the specified read/write access and sharing permission.

Remove()

分離ストレージ スコープとそのスコープ内のすべての内容を削除します。Removes the isolated storage scope and all its contents.

Remove(IsolatedStorageScope)

すべての ID に対して指定した分離ストレージ スコープを削除します。Removes the specified isolated storage scope for all identities.

ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。Returns a string that represents the current object.

(継承元 Object)

適用対象

こちらもご覧ください