Message.AppSpecific プロパティ

定義

アプリケーション固有の追加情報を取得または設定します。Gets or sets additional, application-specific information.

public:
 property int AppSpecific { int get(); void set(int value); };
[System.Messaging.MessagingDescription("MsgAppSpecific")]
public int AppSpecific { get; set; }
[<System.Messaging.MessagingDescription("MsgAppSpecific")>]
member this.AppSpecific : int with get, set
Public Property AppSpecific As Integer

プロパティ値

Int32

アプリケーションに固有の情報。Information that is specific to the application. 既定値は 0 です。The default is zero.

属性

例外

メッセージ キューがフィルター処理され、AppSpecific プロパティを無視します。The message queue is filtered to ignore the AppSpecific property.

注釈

プロパティには、 AppSpecific さまざまな種類のメッセージを整理するために使用できるアプリケーション固有の情報が含まれています。The AppSpecific property contains application-specific information that you can use to organize different types of messages. たとえば、アプリケーション固有のインデックスを使用できます。For example, you can use application-specific indexes. プロパティ情報を解釈するのは、アプリケーションの役割です AppSpecificIt is the responsibility of the application to interpret AppSpecific property information.

可能な場合は、プロパティではなく、メッセージの本文にメッセージデータを含める必要があり AppSpecific ます。Whenever possible, you should include message data in the body of the message rather than the AppSpecific property.

外部キューを使用する場合は、プロパティを使用して、 Extension メッセージキューに存在しないメッセージプロパティを指定します。When working with foreign queues, use the Extension property to specify message properties that do not exist in Message Queuing. プロパティと同様に、 AppSpecific プロパティの内容を理解するのはアプリケーションの役割です ExtensionAs with the AppSpecific property, it is the responsibility of the application to understand the content of the Extension property.

適用対象

こちらもご覧ください