HttpContentJsonExtensions.ReadFromJsonAsync メソッド

定義

オーバーロード

ReadFromJsonAsync(HttpContent, Type, JsonSerializerOptions, CancellationToken)

非同期操作で HTTP コンテンツを読み取り、JSON としてコンテンツを逆シリアル化した結果の値を返します。

ReadFromJsonAsync(HttpContent, Type, JsonSerializerContext, CancellationToken)

非同期操作で HTTP コンテンツを読み取り、JSON としてコンテンツを逆シリアル化した結果の値を返します。

ReadFromJsonAsync<T>(HttpContent, JsonSerializerOptions, CancellationToken)

非同期操作で HTTP コンテンツを読み取り、JSON としてコンテンツを逆シリアル化した結果の値を返します。

ReadFromJsonAsync<T>(HttpContent, JsonTypeInfo<T>, CancellationToken)

非同期操作で HTTP コンテンツを読み取り、JSON としてコンテンツを逆シリアル化した結果の値を返します。

ReadFromJsonAsync(HttpContent, Type, JsonSerializerOptions, CancellationToken)

非同期操作で HTTP コンテンツを読み取り、JSON としてコンテンツを逆シリアル化した結果の値を返します。

public static System.Threading.Tasks.Task<object?> ReadFromJsonAsync (this System.Net.Http.HttpContent content, Type type, System.Text.Json.JsonSerializerOptions? options = default, System.Threading.CancellationToken cancellationToken = default);
static member ReadFromJsonAsync : System.Net.Http.HttpContent * Type * System.Text.Json.JsonSerializerOptions * System.Threading.CancellationToken -> System.Threading.Tasks.Task<obj>
<Extension()>
Public Function ReadFromJsonAsync (content As HttpContent, type As Type, Optional options As JsonSerializerOptions = Nothing, Optional cancellationToken As CancellationToken = Nothing) As Task(Of Object)

パラメーター

content
HttpContent

読み取りを行うコンテンツ。

type
Type

逆シリアル化して返すオブジェクトの型。

options
JsonSerializerOptions

逆シリアル化中の動作を制御するオプション。 既定のオプションは、Web によって指定されたものです。

cancellationToken
CancellationToken

キャンセル通知を受け取るために他のオブジェクトまたはスレッドで使用できるキャンセル トークン。

戻り値

Task<Object>

非同期操作を表すタスク オブジェクト。

適用対象

ReadFromJsonAsync(HttpContent, Type, JsonSerializerContext, CancellationToken)

非同期操作で HTTP コンテンツを読み取り、JSON としてコンテンツを逆シリアル化した結果の値を返します。

public static System.Threading.Tasks.Task<object?> ReadFromJsonAsync (this System.Net.Http.HttpContent content, Type type, System.Text.Json.Serialization.JsonSerializerContext context, System.Threading.CancellationToken cancellationToken = default);
static member ReadFromJsonAsync : System.Net.Http.HttpContent * Type * System.Text.Json.Serialization.JsonSerializerContext * System.Threading.CancellationToken -> System.Threading.Tasks.Task<obj>
<Extension()>
Public Function ReadFromJsonAsync (content As HttpContent, type As Type, context As JsonSerializerContext, Optional cancellationToken As CancellationToken = Nothing) As Task(Of Object)

パラメーター

content
HttpContent

読み取りを行うコンテンツ。

type
Type

逆シリアル化して返すオブジェクトの型。

context
JsonSerializerContext

逆シリアル化中の動作を制御するために使用される、ソースによって生成された JsonSerializerContext。

cancellationToken
CancellationToken

キャンセル通知を受け取るために他のオブジェクトまたはスレッドで使用できるキャンセル トークン。

戻り値

Task<Object>

非同期操作を表すタスク オブジェクト。

適用対象

ReadFromJsonAsync<T>(HttpContent, JsonSerializerOptions, CancellationToken)

非同期操作で HTTP コンテンツを読み取り、JSON としてコンテンツを逆シリアル化した結果の値を返します。

public static System.Threading.Tasks.Task<T?> ReadFromJsonAsync<T> (this System.Net.Http.HttpContent content, System.Text.Json.JsonSerializerOptions? options = default, System.Threading.CancellationToken cancellationToken = default);
static member ReadFromJsonAsync : System.Net.Http.HttpContent * System.Text.Json.JsonSerializerOptions * System.Threading.CancellationToken -> System.Threading.Tasks.Task<'T>
<Extension()>
Public Function ReadFromJsonAsync(Of T) (content As HttpContent, Optional options As JsonSerializerOptions = Nothing, Optional cancellationToken As CancellationToken = Nothing) As Task(Of T)

型パラメーター

T

逆シリアル化する対象の型。

パラメーター

content
HttpContent

読み取りを行うコンテンツ。

options
JsonSerializerOptions

逆シリアル化中の動作を制御するオプション。 既定のオプションは、Web によって指定されたものです。

cancellationToken
CancellationToken

キャンセル通知を受け取るために他のオブジェクトまたはスレッドで使用できるキャンセル トークン。

戻り値

Task<T>

非同期操作を表すタスク オブジェクト。

適用対象

ReadFromJsonAsync<T>(HttpContent, JsonTypeInfo<T>, CancellationToken)

非同期操作で HTTP コンテンツを読み取り、JSON としてコンテンツを逆シリアル化した結果の値を返します。

public static System.Threading.Tasks.Task<T?> ReadFromJsonAsync<T> (this System.Net.Http.HttpContent content, System.Text.Json.Serialization.Metadata.JsonTypeInfo<T> jsonTypeInfo, System.Threading.CancellationToken cancellationToken = default);
static member ReadFromJsonAsync : System.Net.Http.HttpContent * System.Text.Json.Serialization.Metadata.JsonTypeInfo<'T> * System.Threading.CancellationToken -> System.Threading.Tasks.Task<'T>
<Extension()>
Public Function ReadFromJsonAsync(Of T) (content As HttpContent, jsonTypeInfo As JsonTypeInfo(Of T), Optional cancellationToken As CancellationToken = Nothing) As Task(Of T)

型パラメーター

T

逆シリアル化する対象の型。

パラメーター

content
HttpContent

読み取りを行うコンテンツ。

jsonTypeInfo
JsonTypeInfo<T>

逆シリアル化中の動作を制御するために生成されたソース JsonTypeInfo。

cancellationToken
CancellationToken

キャンセル通知を受け取るために他のオブジェクトまたはスレッドで使用できるキャンセル トークン。

戻り値

Task<T>

非同期操作を表すタスク オブジェクト。

適用対象