CONNECTDATA CONNECTDATA CONNECTDATA CONNECTDATA Struct

定義

警告

この API は現在使われていません。

代わりに、CONNECTDATA を使用してください。Use CONNECTDATA instead.

public value class CONNECTDATA
[System.Obsolete("Use System.Runtime.InteropServices.ComTypes.CONNECTDATA instead. http://go.microsoft.com/fwlink/?linkid=14202", false)]
[System.Runtime.InteropServices.ComVisible(false)]
public struct CONNECTDATA
type CONNECTDATA = struct
Public Structure CONNECTDATA
継承
CONNECTDATACONNECTDATACONNECTDATACONNECTDATA
属性

注釈

構造体は、メソッドにUCOMIEnumConnections.Nextよって列挙される型です。 CONNECTDATAThe CONNECTDATA structure is the type enumerated through the UCOMIEnumConnections.Next method.

の詳細CONNECTDATAについては、MSDN ライブラリを参照してください。For more information about CONNECTDATA, see the MSDN Library.

フィールド

dwCookie dwCookie dwCookie dwCookie

Advise(Object, Int32) への呼び出しによって返された接続トークンを表します。Represents a connection token that is returned from a call to Advise(Object, Int32).

pUnk pUnk pUnk pUnk

接続されたアドバイズ シンク上の IUnknown インターフェイスへのポインターを表します。Represents a pointer to the IUnknown interface on a connected advisory sink. IUnknown::Release 構造体が必要なくなったときに、呼び出し元からこのポインターの指す CONNECTDATA を呼び出す必要があります。The caller must call IUnknown::Release on this pointer when the CONNECTDATA structure is no longer needed.

適用対象