MarshalAsAttribute.MarshalType フィールド

定義

カスタム マーシャラーの完全修飾名を指定します。Specifies the fully qualified name of a custom marshaler.

public: System::String ^ MarshalType;
[System.Runtime.InteropServices.ComVisible(true)]
public string MarshalType;
val mutable MarshalType : string
Public MarshalType As String 

フィールド値

属性

注釈

MarshalType または MarshalAsAttribute.MarshalTypeRef フィールドを使用して、属性付きパラメーター、フィールド、または戻り値の型に対してカスタムマーシャラー型を指定できます。You can use either the MarshalType or MarshalAsAttribute.MarshalTypeRef field specify a custom marshaler type for the attributed parameter, field, or return type. MarshalType フィールドを使用すると、カスタムマーシャラーの完全修飾名を表す文字列を指定できます。The MarshalType field enables you to specify a string representing the fully qualified name of a custom marshaler. これは、遅延バインディング参照には便利ですが、カスタムマーシャラーを指定するための MarshalTypeRef よりも優先されません。It is useful for late-bound references, but is less preferred than MarshalTypeRef for specifying a custom marshaler. カスタムマーシャラーの作成と使用の詳細については、「カスタムマーシャリング」を参照してください。For additional information about creating and using custom marshalers, see Custom Marshaling.

適用対象

こちらもご覧ください