SafeHandle.DangerousRelease メソッド

定義

SafeHandle インスタンスの参照カウンターを手動でデクリメントします。Manually decrements the reference counter on a SafeHandle instance.

public:
 void DangerousRelease();
[System.Security.SecurityCritical]
public void DangerousRelease ();
public void DangerousRelease ();
member this.DangerousRelease : unit -> unit
Public Sub DangerousRelease ()
属性

注釈

DangerousRelease メソッドは、DangerousAddRefに対応するものです。The DangerousRelease method is the counterpart to DangerousAddRef. DangerousAddRefを正常に呼び出すには、DangerousRelease メソッドの呼び出しを常に一致させる必要があります。You should always match a call to the DangerousRelease method with a successful call to DangerousAddRef.

注意事項

この方法は上級ユーザーを対象としており、常に慎重に使用する必要があります。This method is intended for advanced users and must always be used carefully. ハンドルリソースがリークしないようにするには、常に、制約された実行領域 (CER) 内でこのメソッドを呼び出します。この場合、スレッドの中止で処理を中断することはできません。To avoid leaking handle resources, always call this method inside a constrained execution region (CER), where a thread abort cannot interrupt processing. DangerousAddRef 呼び出しが一致しないと、リソースリークが発生する可能性があります。一致していない DangerousRelease 呼び出しによって、無効なハンドル状態が他のスレッドに表示される可能性があります。In the same way that unmatched DangerousAddRef calls can cause resource leaks, unmatched DangerousRelease calls can cause invalid handle states to become visible to other threads. 信頼されていないコードの呼び出し DangerousAddRef または DangerousRelease 公開しないでください。Do not expose DangerousAddRef or DangerousRelease calls to untrusted code.

適用対象

こちらもご覧ください