StandardOleMarshalObject クラス

定義

標準の共通言語ランタイム (CLR) フリー スレッド化マーシャラーを標準の OLE STA マーシャラーで置き換えます。Replaces the standard common language runtime (CLR) free-threaded marshaler with the standard OLE STA marshaler.

public ref class StandardOleMarshalObject : MarshalByRefObject
[System.MonoLimitation("The runtime does nothing special apart from what it already does with marshal-by-ref objects")]
[System.Runtime.InteropServices.ComVisible(true)]
public class StandardOleMarshalObject : MarshalByRefObject
type StandardOleMarshalObject = class
    inherit MarshalByRefObject
Public Class StandardOleMarshalObject
Inherits MarshalByRefObject
継承
StandardOleMarshalObject
派生
属性
System.MonoLimitationAttribute ComVisibleAttribute

注釈

StandardOleMarshalObject クラスは、OLE によってホストオブジェクトに対して行われた呼び出しが、UI スレッド以外のスレッドを入力できないようにします。The StandardOleMarshalObject class prevents calls made into a hosting object by OLE from entering threads other than the UI thread.

この機能を利用するには、StandardOleMarshalObject クラスからクラスを派生させる必要があります。You should derive your class from the StandardOleMarshalObject class to gain this functionality.

コンストラクター

StandardOleMarshalObject()

StandardOleMarshalObject クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the StandardOleMarshalObject class.

メソッド

CreateObjRef(Type)

リモート オブジェクトとの通信に使用するプロキシの生成に必要な情報をすべて格納しているオブジェクトを作成します。Creates an object that contains all the relevant information required to generate a proxy used to communicate with a remote object.

(継承元 MarshalByRefObject)
Equals(Object)

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判定します。Determines whether the specified object is equal to the current object.

(継承元 Object)
GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。Serves as the default hash function.

(継承元 Object)
GetLifetimeService()

対象のインスタンスの有効期間ポリシーを制御する、現在の有効期間サービス オブジェクトを取得します。Retrieves the current lifetime service object that controls the lifetime policy for this instance.

(継承元 MarshalByRefObject)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。Gets the Type of the current instance.

(継承元 Object)
InitializeLifetimeService()

このインスタンスの有効期間ポリシーを制御する有効期間サービス オブジェクトを取得します。Obtains a lifetime service object to control the lifetime policy for this instance.

(継承元 MarshalByRefObject)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current Object.

(継承元 Object)
MemberwiseClone(Boolean)

現在の MarshalByRefObject オブジェクトの簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current MarshalByRefObject object.

(継承元 MarshalByRefObject)
ToString()

現在のオブジェクトを表す string を返します。Returns a string that represents the current object.

(継承元 Object)

適用対象