IChannelInfo インターフェイス

定義

ObjRef と共に渡されるカスタム チャネル情報を提供します。Provides custom channel information that is carried along with the ObjRef.

public interface class IChannelInfo
public interface IChannelInfo
[System.Runtime.InteropServices.ComVisible(true)]
public interface IChannelInfo
type IChannelInfo = interface
Public Interface IChannelInfo
属性

注釈

このインターフェイスは、ObjRef.ChannelInfo プロパティによって実装されます。This interface is implemented by the ObjRef.ChannelInfo property. このメソッドは、オブジェクトが存在するプロセスまたはアプリケーションドメインで呼び出しを受信できるチャネルによって提供されるトランスポート固有の情報へのアクセスを提供します。It provides access to transport specific information contributed by the channels that are able to receive calls in the process or application domain where the object lives. このインターフェイスは、カスタム ObjRef クラスを作成するときにも使用できます。This interface might also be used when building custom ObjRef classes.

既存のオブジェクトインスタンスをマーシャリングして ObjRefを生成すると、登録されている各チャネルのチャネル (IChannelReceiverを参照) から ChannelData がコピーされ、ObjRefに格納されます。When an existing object instance is marshaled to produce a ObjRef, the ChannelData is copied from the channel (see IChannelReceiver) for each registered channel and stored in the ObjRef. ObjRef が変換先でマーシャリング解除されると、そのプロセスまたはアプリケーションドメインの対応するチャネルで、IChannelInfo インターフェイスを介して提供される ChannelData を調べて使用し、プロキシとサーバーオブジェクト間の通信を管理するトランスポートメッセージシンクを作成できます。When the ObjRef is unmarshaled at its destination, the ChannelData provided through the IChannelInfo interface can be examined and used by corresponding channels in that process or application domain to create a transport message sink that manages the communication between the proxy and the server object.

プロパティ

ChannelData

各チャネルのチャネル データを取得または設定します。Gets or sets the channel data for each channel.

適用対象

こちらもご覧ください