LogicalCallContext クラス

定義

リモートのメソッド呼び出し時に、実行コード パスと共に転送されるプロパティのセットを提供します。Provides a set of properties that are carried with the execution code path during remote method calls.

public ref class LogicalCallContext sealed : ICloneable, System::Runtime::Serialization::ISerializable
[System.Runtime.InteropServices.ComVisible(true)]
[System.Security.SecurityCritical]
[System.Serializable]
public sealed class LogicalCallContext : ICloneable, System.Runtime.Serialization.ISerializable
type LogicalCallContext = class
    interface ISerializable
    interface ICloneable
Public NotInheritable Class LogicalCallContext
Implements ICloneable, ISerializable
継承
LogicalCallContext
属性
実装

注釈

クラスは、リモートアプリケーションドメインへCallContextのメソッドの呼び出し中に使用されるクラスのバージョンです。 LogicalCallContextThe LogicalCallContext class is a version of the CallContext class that is used during method calls to remote application domains. CallContextは、メソッド呼び出しのスレッドローカルストレージに似た特殊なコレクションオブジェクトであり、実行の各論理スレッドに固有のデータスロットを提供します。The CallContext is a specialized collection object similar to a thread local storage for method calls, and provides data slots that are unique to each logical thread of execution. スロットは、他の論理スレッドの呼び出しコンテキスト間で共有されません。The slots are not shared across call contexts on other logical threads. オブジェクトは、実行コードパスCallContextを移動し、パスに沿ってさまざまなオブジェクトによって検査されるときに、に追加できます。Objects can be added to the CallContext as it travels down and up the execution code path, and examined by various objects along the path.

AppDomainのオブジェクトに対してリモートメソッド呼び出しが行われると、 CallContextクラスは、 LogicalCallContextリモート呼び出しと共に移動するを生成します。When a remote method call is made to an object in another AppDomain, the CallContext class generates a LogicalCallContext that travels along with the remote call. では、 ILogicalThreadAffinativeインターフェイスを公開し、 CallContextに格納されているオブジェクトAppDomainのみがLogicalCallContextの外部に反映されます。Only objects that expose the ILogicalThreadAffinative interface and are stored in the CallContext are propagated outside the AppDomain in a LogicalCallContext. このインターフェイスをサポートしていないオブジェクトは、 LogicalCallContextリモートメソッド呼び出しのあるインスタンスでは転送されません。Objects that do not support this interface are not transmitted in LogicalCallContext instances with remote method calls.

注意

このクラスは、リンク確認要求を行います。This class makes a link demand. SecurityException は、直前の呼び出し元にインフラストラクチャアクセス許可がない場合にスローされます。A SecurityException is thrown if the immediate caller does not have infrastructure permission. 詳細については、「リンク確認要求」を参照してください。See Link Demands for more information.

プロパティ

HasInfo

現在の LogicalCallContext が情報を格納しているかどうかを示す値を取得します。Gets a value indicating whether the current LogicalCallContext contains information.

メソッド

Clone()

現在のインスタンスのコピーである新しいオブジェクトを作成します。Creates a new object that is a copy of the current instance.

Equals(Object)

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判定します。Determines whether the specified object is equal to the current object.

(継承元 Object)
FreeNamedDataSlot(String)

指定した名前のデータ スロットを空にします。Empties a data slot with the specified name.

GetData(String)

指定した名前に関連付けられたオブジェクトを現在のインスタンスから取得します。Retrieves an object associated with the specified name from the current instance.

GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。Serves as the default hash function.

(継承元 Object)
GetObjectData(SerializationInfo, StreamingContext)

指定した SerializationInfo に、現在の LogicalCallContext をシリアル化するために必要なデータを読み込みます。Populates a specified SerializationInfo with the data needed to serialize the current LogicalCallContext.

GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。Gets the Type of the current instance.

(継承元 Object)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current Object.

(継承元 Object)
SetData(String, Object)

指定したオブジェクトを現在のインスタンスに格納し、指定した名前に関連付けます。Stores the specified object in the current instance, and associates it with the specified name.

ToString()

現在のオブジェクトを表す string を返します。Returns a string that represents the current object.

(継承元 Object)

セキュリティ

SecurityPermission
インフラストラクチャコードを操作する場合。for operating with infrastructure code. 要求の値LinkDemand:、アクセス許可値:InfrastructureDemand value: LinkDemand; Permission Value: Infrastructure

適用対象