System.Runtime.Remoting.Messaging 名前空間

System.Runtime.Remoting.Messaging 名前空間には、メッセージを作成および転送するために使用されるクラスが含まれています。 The System.Runtime.Remoting.Messaging namespace contains classes used to create and transmit messages. リモート処理インフラストラクチャは、メッセージを使用してリモート オブジェクトと通信します。 The remoting infrastructure uses messages to communicate with remote objects. メッセージは、リモート メソッド呼び出しの送信、リモート オブジェクトのアクティブ化、および情報の通信を目的として使用されます。 Messages are used to transmit remote method calls, to activate remote objects, and to communicate information. メッセージ オブジェクトは、アクション ID、エンボイ情報、およびパラメーターを含む、名前付きプロパティのセットを搬送します。 A message object carries a set of named properties, including action identifiers, envoy information, and parameters. System.Runtime.Remoting.Messaging 名前空間の重要なクラスには、AsyncResult クラス、RemotingSurrogateSelector クラス、および ReturnMessage クラスがあります。 Some of the most important classes of the System.Runtime.Remoting.Messaging namespace are the AsyncResult class, the RemotingSurrogateSelector class, and the ReturnMessage class.

クラス

AsyncResult

デリゲートでの非同期操作の結果をカプセル化します。Encapsulates the results of an asynchronous operation on a delegate.

CallContext

実行コード パスと共に渡されるプロパティのセットを提供します。Provides a set of properties that are carried with the execution code path. このクラスは継承できません。This class cannot be inherited.

ConstructionCall

IConstructionCallMessage インターフェイスを実装し、リモート オブジェクトに対するコンストラクター呼び出しを構成する要求メッセージを作成します。Implements the IConstructionCallMessage interface to create a request message that constitutes a constructor call on a remote object.

ConstructionResponse

IConstructionReturnMessage インターフェイスを実装し、リモート オブジェクトをインスタンス化する呼び出しに応答するメッセージを作成します。Implements the IConstructionReturnMessage interface to create a message that responds to a call to instantiate a remote object.

Header

呼び出しに関する帯域外データを定義します。Defines the out-of-band data for a call.

InternalMessageWrapper

メッセージ シンク間で渡される、クライアントからサーバーへの要求またはその後の応答のいずれかのリモート処理データをラップします。Wraps remoting data for passing between message sinks, either for requests from client to server or for the subsequent responses.

LogicalCallContext

リモートのメソッド呼び出し時に、実行コード パスと共に転送されるプロパティのセットを提供します。Provides a set of properties that are carried with the execution code path during remote method calls.

MethodCall

IMethodCallMessage インターフェイスを実装して、リモート オブジェクトに対するメソッド呼び出しとして機能する要求メッセージを作成します。Implements the IMethodCallMessage interface to create a request message that acts as a method call on a remote object.

MethodCallMessageWrapper

IMethodCallMessage インターフェイスを実装して、リモート オブジェクトに対するメソッド呼び出しとして機能する要求メッセージを作成します。Implements the IMethodCallMessage interface to create a request message that acts as a method call on a remote object.

MethodResponse

IMethodReturnMessage インターフェイスを実装して、リモート オブジェクトに対するメソッド応答として機能するメッセージを作成します。Implements the IMethodReturnMessage interface to create a message that acts as a method response on a remote object.

MethodReturnMessageWrapper

IMethodReturnMessage インターフェイスを実装して、リモート オブジェクトに対するメソッド呼び出しへの応答として機能するメッセージを作成します。Implements the IMethodReturnMessage interface to create a message that acts as a response to a method call on a remote object.

OneWayAttribute

メソッドを、戻り値がなく、out パラメーターまたは ref パラメーターを指定できない一方向のメソッドとしてマークします。Marks a method as one way, without a return value and out or ref parameters.

RemotingSurrogateSelector

MarshalByRefObject から派生したオブジェクトをシリアル化するために使用できるリモート処理サロゲートを選択します。Selects the remoting surrogate that can be used to serialize an object that derives from a MarshalByRefObject.

ReturnMessage

リモート オブジェクトに対するメソッド呼び出しへの応答として返されるメッセージを保持します。Holds a message returned in response to a method call on a remote object.

インターフェイス

ILogicalThreadAffinative

AppDomain に格納して、LogicalCallContext の外部に転送できるオブジェクトをマークします。Marks an object that can propagate outside of an AppDomain in a LogicalCallContext.

IMessage

連携して動作する複数のメッセージ シンク間で送信される通信データを格納します。Contains communication data sent between cooperating message sinks.

IMessageCtrl

AsyncProcessMessage(IMessage, IMessageSink) を使用して、ディスパッチされた後の非同期メッセージを制御できるようにします。Provides a way to control asynchronous messages after they have dispatched using the AsyncProcessMessage(IMessage, IMessageSink).

IMessageSink

メッセージ シンクのインターフェイスを定義します。Defines the interface for a message sink.

IMethodCallMessage

メソッド呼び出しメッセージのインターフェイスを定義します。Defines the method call message interface.

IMethodMessage

メソッド メッセージのインターフェイスを定義します。Defines the method message interface.

IMethodReturnMessage

メソッド呼び出しの応答メッセージのインターフェイスを定義します。Defines the method call return message interface.

IRemotingFormatter

すべてのフォーマッタに対してリモート プロシージャ コール (RPC: Remote Procedure Call) インターフェイスを提供します。Provides the remote procedure call (RPC) interface for all formatters.

代理人

HeaderHandler

逆シリアル化時にストリームにおいてヘッダーを処理するメソッドを表します。Represents the method that will handle processing of headers on the stream during deserialization.

MessageSurrogateFilter

RemotingSurrogateSelector クラスの IMessage の作成中に、ObjRef クラスが、特定の MarshalByRefObject プロパティを無視する必要があるかどうかを判断します。Determines whether the RemotingSurrogateSelector class should ignore a particular IMessage property while creating an ObjRef for a MarshalByRefObject class.

注釈

AsyncResultクラスを格納し、非同期メソッド呼び出しの結果を返します。The AsyncResult class stores and returns the results of an asynchronous method call. AsyncResult インスタンスが含まれる、return値、通話の状態の呼び出しと非同期メソッドの呼び出しに関するその他の情報に使用されるデリゲート。AsyncResult instances contain the return value, call status, the delegate used for the call, and the other information about the asynchronous method call.

RemotingSurrogateSelectorを拡張するオブジェクトのシリアル化を制御するクラスを使用できるMarshalByRefObjectします。The RemotingSurrogateSelector class can be used to control serialization of objects that extend MarshalByRefObject. ARemotingSurrogateSelectorシリアル化し、このようなオブジェクトの逆シリアル化で使用されるサロゲートを選択します。A RemotingSurrogateSelector selects the surrogate used in serialization and deserialization of such objects. サロゲートは、シリアル化またはオブジェクトの逆シリアル化を制御するオブジェクトです。A surrogate is an object that can control serialization or deserialization of an object.

ReturnMessageクラスは、リモート メソッド呼び出しの後に返される情報を保持します。The ReturnMessage class holds information returned after a remote method call. AReturnMessageを保持、return値とoutまたはrefリモート メソッド呼び出しの結果として生じたパラメーター。A ReturnMessage holds the return value and any out or ref parameters that resulted from the remote method call.