HMAC クラス

定義

ハッシュ ベース メッセージ認証コード (HMAC) のすべての実装の派生元にする必要のある抽象クラスを表します。Represents the abstract class from which all implementations of Hash-based Message Authentication Code (HMAC) must derive.

public ref class HMAC abstract : System::Security::Cryptography::KeyedHashAlgorithm
[System.Runtime.InteropServices.ComVisible(true)]
public abstract class HMAC : System.Security.Cryptography.KeyedHashAlgorithm
type HMAC = class
    inherit KeyedHashAlgorithm
Public MustInherit Class HMAC
Inherits KeyedHashAlgorithm
継承
派生
属性

注釈

送信側と受信側が秘密キーを共有している場合、セキュリティで保護されていないチャネルを介して送信されたメッセージが改ざんされているかどうかを判断するために、ハッシュベースのメッセージ認証コード (HMAC) を使用できます。A Hash-based Message Authentication Code (HMAC) can be used to determine whether a message sent over an insecure channel has been tampered with, provided that the sender and receiver share a secret key. 送信側は元のデータのハッシュ値を計算し、元のデータと HMAC の両方を1つのメッセージとして送信します。The sender computes the hash value for the original data and sends both the original data and the HMAC as a single message. 受信側は、受信したメッセージのハッシュ値を計算し、計算されたハッシュ値が送信されたハッシュ値と一致することを確認します。The receiver recomputes the hash value on the received message and checks that the computed hash value matches the transmitted hash value.

HMAC は、MD5 や SHA-1 などの反復的な暗号ハッシュ関数と共に、秘密の共有キーと組み合わせて使用できます。HMAC can be used with any iterative cryptographic hash function, such as MD5 or SHA-1, in combination with a secret shared key. HMAC の暗号強度は、基になるハッシュ関数のプロパティによって異なります。The cryptographic strength of HMAC depends on the properties of the underlying hash function.

データまたはハッシュ値を変更した場合、メッセージを変更し、正しいハッシュ値を再現するために秘密鍵の知識が必要になるため、不一致が発生します。Any change to the data or the hash value results in a mismatch, because knowledge of the secret key is required to change the message and reproduce the correct hash value. したがって、元のハッシュ値と計算されたハッシュ値が一致する場合、メッセージは認証されます。Therefore, if the original and computed hash values match, the message is authenticated.

MD5 と SHA-1 の衝突の問題のため、Microsoft では、SHA-256 以上に基づくセキュリティモデルをお勧めします。Due to collision problems with MD5 and SHA-1, Microsoft recommends a security model based on SHA-256 or better.

コンストラクター

HMAC()

HMAC クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the HMAC class.

フィールド

HashSizeValue

計算されたハッシュ コードのサイズをビット単位で表します。Represents the size, in bits, of the computed hash code.

(継承元 HashAlgorithm)
HashValue

計算されたハッシュ コードの値を表します。Represents the value of the computed hash code.

(継承元 HashAlgorithm)
KeyValue

ハッシュ アルゴリズムで使用するキー。The key to use in the hash algorithm.

(継承元 KeyedHashAlgorithm)
State

ハッシュ計算の状態を表します。Represents the state of the hash computation.

(継承元 HashAlgorithm)

プロパティ

BlockSizeValue

ハッシュ値で使用するブロック サイズを取得または設定します。Gets or sets the block size to use in the hash value.

CanReuseTransform

現在の変換を再利用できるかどうかを示す値を取得します。Gets a value indicating whether the current transform can be reused.

(継承元 HashAlgorithm)
CanTransformMultipleBlocks

派生クラスでオーバーライドされると、複数のブロックを変換できるかどうかを示す値を取得します。When overridden in a derived class, gets a value indicating whether multiple blocks can be transformed.

(継承元 HashAlgorithm)
Hash

計算されたハッシュ コードの値を取得します。Gets the value of the computed hash code.

(継承元 HashAlgorithm)
HashName

ハッシュに使用するハッシュ アルゴリズムの名前を取得または設定します。Gets or sets the name of the hash algorithm to use for hashing.

HashSize

計算されたハッシュ コードのサイズをビット単位で取得します。Gets the size, in bits, of the computed hash code.

(継承元 HashAlgorithm)
InputBlockSize

派生クラスでオーバーライドされると、入力ブロック サイズを取得します。When overridden in a derived class, gets the input block size.

(継承元 HashAlgorithm)
Key

ハッシュ アルゴリズムで使用するキーを取得または設定します。Gets or sets the key to use in the hash algorithm.

OutputBlockSize

派生クラスでオーバーライドされると、出力ブロック サイズを取得します。When overridden in a derived class, gets the output block size.

(継承元 HashAlgorithm)

メソッド

Clear()

HashAlgorithm クラスによって使用されているすべてのリソースを解放します。Releases all resources used by the HashAlgorithm class.

(継承元 HashAlgorithm)
ComputeHash(Byte[])

指定したバイト配列のハッシュ値を計算します。Computes the hash value for the specified byte array.

(継承元 HashAlgorithm)
ComputeHash(Byte[], Int32, Int32)

指定したバイト配列の指定した領域のハッシュ値を計算します。Computes the hash value for the specified region of the specified byte array.

(継承元 HashAlgorithm)
ComputeHash(Stream)

指定された Stream オブジェクトのハッシュ値を計算します。Computes the hash value for the specified Stream object.

(継承元 HashAlgorithm)
Create()

ハッシュ ベース メッセージ認証コード (HMAC) の既定の実装のインスタンスを作成します。Creates an instance of the default implementation of a Hash-based Message Authentication Code (HMAC).

Create(String)

ハッシュ ベース メッセージ認証コード (HMAC) の指定した実装のインスタンスを作成します。Creates an instance of the specified implementation of a Hash-based Message Authentication Code (HMAC).

Dispose()

HashAlgorithm クラスの現在のインスタンスによって使用されているすべてのリソースを解放します。Releases all resources used by the current instance of the HashAlgorithm class.

(継承元 HashAlgorithm)
Dispose(Boolean)

キー変更が有効な場合、HMAC クラスによって使用されているアンマネージド リソースを解放します。また、オプションで、マネージド リソースも解放します。Releases the unmanaged resources used by the HMAC class when a key change is legitimate and optionally releases the managed resources.

Equals(Object)

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判定します。Determines whether the specified object is equal to the current object.

(継承元 Object)
GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。Serves as the default hash function.

(継承元 Object)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。Gets the Type of the current instance.

(継承元 Object)
HashCore(Byte[], Int32, Int32)

派生クラスでオーバーライドされると、ハッシュ値を計算するために、オブジェクトに書き込まれたデータを既定の HMAC ハッシュ アルゴリズムにルーティングします。When overridden in a derived class, routes data written to the object into the default HMAC hash algorithm for computing the hash value.

HashCore(ReadOnlySpan<Byte>)
HashFinal()

派生クラスでオーバーライドされると、暗号ストリーム オブジェクトによって最後のデータが処理された後に、ハッシュ計算を終了します。When overridden in a derived class, finalizes the hash computation after the last data is processed by the cryptographic stream object.

Initialize()

HMAC の既定の実装のインスタンスを初期化します。Initializes an instance of the default implementation of HMAC.

MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current Object.

(継承元 Object)
ToString()

現在のオブジェクトを表す string を返します。Returns a string that represents the current object.

(継承元 Object)
TransformBlock(Byte[], Int32, Int32, Byte[], Int32)

入力バイト配列の指定した領域のハッシュ値を計算し、入力バイト配列の指定した領域を出力バイト配列の指定した領域にコピーします。Computes the hash value for the specified region of the input byte array and copies the specified region of the input byte array to the specified region of the output byte array.

(継承元 HashAlgorithm)
TransformFinalBlock(Byte[], Int32, Int32)

指定したバイト配列の指定した領域のハッシュ値を計算します。Computes the hash value for the specified region of the specified byte array.

(継承元 HashAlgorithm)
TryComputeHash(ReadOnlySpan<Byte>, Span<Byte>, Int32) (継承元 HashAlgorithm)
TryHashFinal(Span<Byte>, Int32)

明示的なインターフェイスの実装

IDisposable.Dispose()

HashAlgorithm によって使用されているアンマネージド リソースを解放し、オプションでマネージド リソースも解放します。Releases the unmanaged resources used by the HashAlgorithm and optionally releases the managed resources.

(継承元 HashAlgorithm)

適用対象

こちらもご覧ください