FileIOPermissionAttribute クラス

定義

FileIOPermission のセキュリティ アクションを、宣言セキュリティを使用してコードに適用できるようにします。Allows security actions for FileIOPermission to be applied to code using declarative security. このクラスは継承できません。This class cannot be inherited.

public ref class FileIOPermissionAttribute sealed : System::Security::Permissions::CodeAccessSecurityAttribute
[System.Runtime.InteropServices.ComVisible(true)]
[System.AttributeUsage(System.AttributeTargets.Assembly | System.AttributeTargets.Class | System.AttributeTargets.Constructor | System.AttributeTargets.Method | System.AttributeTargets.Struct, AllowMultiple=true, Inherited=false)]
[System.Serializable]
public sealed class FileIOPermissionAttribute : System.Security.Permissions.CodeAccessSecurityAttribute
type FileIOPermissionAttribute = class
    inherit CodeAccessSecurityAttribute
Public NotInheritable Class FileIOPermissionAttribute
Inherits CodeAccessSecurityAttribute
継承
属性

次のコード例は、FileIOPermissionAttribute クラスを使用して FileIOPermission を要求する方法を示しています。これは、コードに付与される唯一のアクセス許可を示します。The following code example demonstrates how to request FileIOPermission by using the FileIOPermissionAttribute class, indicating the only permission that is to be granted to the code.

[FileIOPermissionAttribute(SecurityAction::PermitOnly,ViewAndModify="C:\\example\\sample.txt")]
[FileIOPermissionAttribute(SecurityAction.PermitOnly, ViewAndModify = "C:\\example\\sample.txt")]
<FileIOPermissionAttribute(SecurityAction.PermitOnly, _
ViewAndModify:="C:\example\sample.txt")> Public Class SampleClass

次の例は、呼び出し元のコードに無制限の FileIOPermissionがあることを要求する方法を示しています。The following example shows how to demand that the calling code has unrestricted FileIOPermission. 通常は、マネージライブラリ (Dll) に要求を作成して、有害な可能性のあるコードからメソッドまたはクラスを保護します。You typically make demands in managed libraries (DLLs) to help protect methods or classes from potentially harmful code.

[FileIOPermissionAttribute(SecurityAction::Demand,Unrestricted=true)]
[FileIOPermissionAttribute(SecurityAction.Demand, Unrestricted=true)]
<FileIOPermissionAttribute(SecurityAction.Demand, _
 Unrestricted := True)> Public Class SampleClass

注釈

重要

部分的に信頼されたコードはサポートされなくなりました。Partially trusted code is no longer supported. この属性は、.NET Core には影響しません。This attribute has no effect in .NET Core.

ファイルとディレクトリは、絶対パスを使用して指定します。Files and directories are specified using absolute paths. ファイルにアクセスすると、ファイルが作成または開かれたときにセキュリティチェックが実行されます。When accessing files, a security check is performed when the file is created or opened. ファイルを閉じて再度開いた場合を除き、セキュリティチェックは行われません。The security check is not done again unless the file is closed and reopened. ファイルを最初にアクセスしたときにアクセス許可を確認すると、アプリケーションのパフォーマンスに対するセキュリティチェックの影響が最小限に抑えられます。これは、読み取りと書き込みが何度も発生する可能性があるためです。Checking permissions when the file is first accessed minimizes the impact of the security check on application performance because opening a file happens only once, while reading and writing can happen multiple times.

許可される宣言のスコープは、使用される SecurityAction によって異なります。The scope of the declaration that is allowed depends on the SecurityAction that is used.

セキュリティ属性によって宣言されたセキュリティ情報は、属性ターゲットのメタデータに格納され、実行時にシステムによってアクセスされます。The security information declared by a security attribute is stored in the metadata of the attribute target and is accessed by the system at run time. セキュリティ属性は、宣言セキュリティに対してのみ使用されます。Security attributes are used only for declarative security. 命令型のセキュリティについては、対応するアクセス許可クラスを使用します。For imperative security, use the corresponding permission class.

注意事項

Unrestricted FileIOPermission は、ファイルシステム内のすべてのパスに対してアクセス許可を付与します。1つの特定のファイルにアクセスするために使用できる複数のパス名を含みます。Unrestricted FileIOPermission grants permission for all paths within a file system, including multiple pathnames that can be used to access a single given file. ファイルへのアクセスを Deny するには、ファイルへのすべての可能なパスを Deny する必要があります。To Deny access to a file, you must Deny all possible paths to the file. たとえば \\ \ \ \ 共有がネットワークドライブ X にマップされている場合、\\server\share\file へのアクセスを Deny には、\\server\share\file、X:\file、およびファイルへのアクセスに使用できるその他のパスを Deny する必要があります。For example, if \\server\share is mapped to the network drive X, to Deny access to \\server\share\file, you must Deny \\server\share\file, X:\file and any other path that you can use to access the file.

コンストラクター

FileIOPermissionAttribute(SecurityAction)

FileIOPermissionAttribute を指定して、SecurityAction クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the FileIOPermissionAttribute class with the specified SecurityAction.

プロパティ

Action

セキュリティ アクションを取得または設定します。Gets or sets a security action.

(継承元 SecurityAttribute)
All

文字列値で指定されるファイルまたはディレクトリへのフル アクセスを取得または設定します。Gets or sets full access for the file or directory that is specified by the string value.

AllFiles

すべてのファイルへの許可されたアクセスを取得または設定します。Gets or sets the permitted access to all files.

AllLocalFiles

すべてのローカル ファイルへの許可されたアクセスを取得または設定します。Gets or sets the permitted access to all local files.

Append

文字列値で指定されるファイルまたはディレクトリへの追加アクセスを取得または設定します。Gets or sets append access for the file or directory that is specified by the string value.

ChangeAccessControl

アクセス制御情報を変更できるファイルまたはディレクトリを取得または設定します。Gets or sets the file or directory in which access control information can be changed.

PathDiscovery

パス探索を与えるファイルまたはディレクトリを取得または設定します。Gets or sets the file or directory to which to grant path discovery.

Read

文字列値が指定するファイルまたはディレクトリへの読み取りアクセスを取得または設定します。Gets or sets read access for the file or directory specified by the string value.

TypeId

派生クラスで実装されると、この Attribute の一意の識別子を取得します。When implemented in a derived class, gets a unique identifier for this Attribute.

(継承元 Attribute)
Unrestricted

属性によって保護されているリソースに対して完全な (無制限の) アクセス許可が宣言されているかどうかを示す値を取得または設定します。Gets or sets a value indicating whether full (unrestricted) permission to the resource protected by the attribute is declared.

(継承元 SecurityAttribute)
ViewAccessControl

アクセス制御情報を表示できるファイルまたはディレクトリを取得または設定します。Gets or sets the file or directory in which access control information can be viewed.

ViewAndModify

ファイル データを表示して変更できるファイルまたはディレクトリを取得または設定します。Gets or sets the file or directory in which file data can be viewed and modified.

Write

文字列値が指定するファイルまたはディレクトリへの書き込みアクセスを取得または設定します。Gets or sets write access for the file or directory specified by the string value.

メソッド

CreatePermission()

新しい FileIOPermission を作成して返します。Creates and returns a new FileIOPermission.

Equals(Object)

このインスタンスが、指定されたオブジェクトと等価であるかどうかを示す値を返します。Returns a value that indicates whether this instance is equal to a specified object.

(継承元 Attribute)
GetHashCode()

このインスタンスのハッシュ コードを返します。Returns the hash code for this instance.

(継承元 Attribute)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。Gets the Type of the current instance.

(継承元 Object)
IsDefaultAttribute()

派生クラスでオーバーライドされるとき、このインスタンスの値が派生クラスの既定値であるかどうかを示します。When overridden in a derived class, indicates whether the value of this instance is the default value for the derived class.

(継承元 Attribute)
Match(Object)

派生クラス内でオーバーライドされたときに、指定したオブジェクトとこのインスタンスが等しいかどうかを示す値を返します。When overridden in a derived class, returns a value that indicates whether this instance equals a specified object.

(継承元 Attribute)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current Object.

(継承元 Object)
ToString()

現在のオブジェクトを表す string を返します。Returns a string that represents the current object.

(継承元 Object)

明示的なインターフェイスの実装

_Attribute.GetIDsOfNames(Guid, IntPtr, UInt32, UInt32, IntPtr)

一連の名前を対応する一連のディスパッチ識別子に割り当てます。Maps a set of names to a corresponding set of dispatch identifiers.

(継承元 Attribute)
_Attribute.GetTypeInfo(UInt32, UInt32, IntPtr)

オブジェクトの型情報を取得します。この情報はインターフェイスの型情報の取得に使用できます。Retrieves the type information for an object, which can be used to get the type information for an interface.

(継承元 Attribute)
_Attribute.GetTypeInfoCount(UInt32)

オブジェクトが提供する型情報インターフェイスの数 (0 または 1) を取得します。Retrieves the number of type information interfaces that an object provides (either 0 or 1).

(継承元 Attribute)
_Attribute.Invoke(UInt32, Guid, UInt32, Int16, IntPtr, IntPtr, IntPtr, IntPtr)

オブジェクトによって公開されたプロパティおよびメソッドへのアクセスを提供します。Provides access to properties and methods exposed by an object.

(継承元 Attribute)

適用対象

こちらもご覧ください