SecurityBindingElement.OperationSupportingTokenParameters プロパティ

定義

トークン パラメーターをサポートする操作のコレクションを取得します。Gets the collection of operation supporting token parameters.

public:
 property System::Collections::Generic::IDictionary<System::String ^, System::ServiceModel::Security::Tokens::SupportingTokenParameters ^> ^ OperationSupportingTokenParameters { System::Collections::Generic::IDictionary<System::String ^, System::ServiceModel::Security::Tokens::SupportingTokenParameters ^> ^ get(); };
public System.Collections.Generic.IDictionary<string,System.ServiceModel.Security.Tokens.SupportingTokenParameters> OperationSupportingTokenParameters { get; }
member this.OperationSupportingTokenParameters : System.Collections.Generic.IDictionary<string, System.ServiceModel.Security.Tokens.SupportingTokenParameters>
Public ReadOnly Property OperationSupportingTokenParameters As IDictionary(Of String, SupportingTokenParameters)

プロパティ値

注釈

サポート トークンはバインドのために、プライマリ トークンに含まれていない追加クレームを提供します。Supporting tokens provide additional claims beyond those contained in the primary tokens for the binding.

OperationSupportingTokenParameters プロパティが返すコレクションには、定義されている特定の操作に対する追加のトークン パラメーター (SecurityTokenParameters) が格納されています。The collection returned by the OperationSupportingTokenParameters property contains additional token parameters (SecurityTokenParameters) for specific operations defined. プライマリ トークン パラメーターは、SymmetricSecurityBindingElement または AsymmetricSecurityBindingElement にあります (どちらも SecurityBindingElement クラスを継承します)。The primary token parameters are found on either the SymmetricSecurityBindingElement or the AsymmetricSecurityBindingElement (both inherit from the SecurityBindingElement class). SymmetricSecurityBindingElement の場合は、プライマリ トークン パラメーターは ProtectionTokenParameters プロパティで返されます。In the case of the SymmetricSecurityBindingElement, the primary token parameters are returned by the ProtectionTokenParameters property. AsymmetricSecurityBindingElement には、InitiatorTokenParameters プロパティおよび RecipientTokenParameters プロパティという 2 つのパラメーター プロパティがあります。On the AsymmetricSecurityBindingElement there are two parameter properties, the InitiatorTokenParameters and RecipientTokenParameters properties.

注意

これらのプロパティは、実際の値ではなく、セキュリティ トークンの種類だけを指定しているため、パラメーターと呼ばれます。The properties are called parameters because they specify only the type of the security token, not the actual values.

サポート トークンは、バインドとは異なるスコープ (この場合は操作) を対象にすることができます。その場合、指定したアクションを備えるサービスにクライアントから送信されるすべてのセキュリティ保護されたメッセージに、サポート トークンが格納されます。Supporting tokens can be scoped at a different scope than the binding, in this case the operation, in which case they are included in all secured messages sent by the client to services that have the specified Action.

エンドポイントのすべての操作ではなく、特定の操作に対してのみサポート トークンを提供するには、OptionalOperationSupportingTokenParameters プロパティを使用します。To provide supporting tokens only for an operation (not all operations on an endpoint), use the OptionalOperationSupportingTokenParameters property.

適用対象