LinqDataSource.ContextTypeName プロパティ

定義

取得するデータが値として格納されているプロパティを含む型の名前を取得または設定します。Gets or sets the name of the type that contains the property whose value has the data that you want to retrieve.

public:
 property System::String ^ ContextTypeName { System::String ^ get(); void set(System::String ^ value); };
public:
 virtual property System::String ^ ContextTypeName { System::String ^ get(); void set(System::String ^ value); };
public string ContextTypeName { get; set; }
public override string ContextTypeName { get; set; }
member this.ContextTypeName : string with get, set
Public Property ContextTypeName As String
Public Overrides Property ContextTypeName As String

プロパティ値

String

取得するデータが含まれているクラスの名前。The name of the class to retrieve data from.

次の例は、プロパティを、 ContextTypeName 文字列の配列を含むクラスに設定する方法を示しています。The following example shows how to set the ContextTypeName property to a class that contains an array of strings. また、データベースを表すクラス (によって生成される) にプロパティを設定する方法についても説明し O/R デザイナーO/R Designer ます。It also shows how to set the property to a class (generated by the O/R デザイナーO/R Designer) that represents a database.

<!-- Retrieve and display data from array of string values -->
<asp:LinqDataSource 
    ContextTypeName="MovieLibrary" 
    TableName="AvailableGenres" 
    ID="LinqDataSource1" 
    runat="server">
</asp:LinqDataSource>
<asp:DropDownList 
    DataSourceID="LinqDataSource1"
    runat="server" 
    ID="DropDownList1">
</asp:DropDownList>

<!-- Retrieve and display data from database -->
<asp:LinqDataSource 
    ContextTypeName="ExampleDataContext" 
    TableName="Movies" 
    Select="Title"
    ID="LinqDataSource2" 
    runat="server">
</asp:LinqDataSource>
<asp:DropDownList 
    DataSourceID="LinqDataSource2"
    runat="server" 
    ID="DropDownList2">
</asp:DropDownList>
<!-- Retrieve and display data from array of string values -->
<asp:LinqDataSource 
    ContextTypeName="MovieLibrary" 
    TableName="AvailableGenres" 
    ID="LinqDataSource1" 
    runat="server">
</asp:LinqDataSource>
<asp:DropDownList 
    DataSourceID="LinqDataSource1"
    runat="server" 
    ID="DropDownList1">
</asp:DropDownList>

<!-- Retrieve and display data from database -->
<asp:LinqDataSource 
    ContextTypeName="ExampleDataContext" 
    TableName="Movies" 
    Select="Title"
    ID="LinqDataSource2" 
    runat="server">
</asp:LinqDataSource>
<asp:DropDownList 
    DataSourceID="LinqDataSource2"
    runat="server" 
    ID="DropDownList2">
</asp:DropDownList>

ExampleDataContextこの例では、データベーステーブルを表すという名前のクラスは示されていません。The class named ExampleDataContext that represents the database table is not shown in this example. この例を使用するには、Example .dbml という名前の LINQ To SQL クラスを追加し、Movie という名前のテーブルをにドラッグして、このクラスを作成する必要があり O/R デザイナーO/R Designer ます。For this example to work, you must create this class by adding a LINQ To SQL class named Example.dbml and dragging a table named Movie onto the O/R デザイナーO/R Designer. という名前のプロパティを持つという名前のクラス ExampleDataContext Movies が生成されます。A class named ExampleDataContext with a property named Movies is generated.

次の例は、コントロールで参照されるという名前のクラスを示して MovieLibrary LinqDataSource います。The following example shows the class named MovieLibrary that is referenced in the LinqDataSource control.

public class MovieLibrary
{
    string[] _availableGenres = { "Comedy", "Drama", "Romance" };

    public MovieLibrary()
    {
    }

    public string[] AvailableGenres
    {
        get
        {
            return _availableGenres;
        }
    }
}
Public Class MovieLibrary
    Dim _availableGenres() As String = {"Comedy", "Drama", "Romance"}

    Public ReadOnly Property AvailableGenres() As String()
        Get
            Return _availableGenres
        End Get
    End Property
    
End Class

注釈

コントロールを使用して、 LinqDataSource メモリ内のデータコレクションまたはデータベースからデータを取得する場合は、2つのプロパティを指定する必要があります。When you use the LinqDataSource control to retrieve data from either an in-memory data collection or a database, you must specify two properties. 1つ目は、データソースを表すデータコンテキストクラスです。The first is a data context class that represents the data source. 2つ目は、データを格納しているデータコンテキストクラスのプロパティです。The second is a property in the data context class that contains the data. ContextTypeNameプロパティをデータコンテキストクラスの名前に設定し、プロパティをデータを TableName 格納するデータコレクションに設定します。You set the ContextTypeName property to the name of the data context class and you set the TableName property to the data collection that contains the data.

たとえば、データベースからデータを取得する場合は、プロパティを ContextTypeName データベースを表すクラスの名前に設定します。For example, when you retrieve data from a database, set the ContextTypeName property to the name of the class that represents the database. また、プロパティを、 TableName データベース内のテーブルを表すプロパティに設定します。Also set the TableName property to the property that represents the table in the database. データベースからクラスを生成するには、 O/R デザイナーO/R Designer または SqlMetal.exe ユーティリティを使用して、これらのクラスを自動的に生成します。To generate classes from a database, use the O/R デザイナーO/R Designer or the SqlMetal.exe utility to automatically generate those classes.

配列などのメモリ内データコレクションからデータを取得する場合は、 ContextTypeName プロパティを配列プロパティを含むクラスの名前に設定します。When you retrieve data from an in-memory data collection such as an array, set the ContextTypeName property to the name of the class that contains the array property. 次に、 TableName プロパティを、配列を取得するプロパティに設定します。Then set the TableName property to the property that gets the array.

コントロールを使用して、更新、挿入、または削除の自動操作を有効にするには、 LinqDataSource プロパティに割り当てられたクラス ContextTypeName がから派生している必要があり DataContext ます。To enable automatic update, insert, or delete operations through the LinqDataSource control, the class assigned to the ContextTypeName property must derive from DataContext. また、プロパティに割り当てられるプロパティは、 TableName から派生する必要があり Table<TEntity> ます。In addition, the property assigned to the TableName property must derive from Table<TEntity>. 更新、挿入、または削除の自動操作を有効にする必要がない場合は、任意の型のクラスの名前をプロパティに割り当てることができ ContextTypeName ます。If you do not need to enable automatic update, insert, or delete operations, you can assign the name of any type of class to the ContextTypeName property.

クラスのインスタンスからデータを選択する方法の詳細については、プロパティを参照してください ResultFor information about how to select data from an instance of a class, see the Result property.

適用対象

こちらもご覧ください