TreeView.OnTreeNodePopulate(TreeNodeEventArgs) TreeView.OnTreeNodePopulate(TreeNodeEventArgs) TreeView.OnTreeNodePopulate(TreeNodeEventArgs) TreeView.OnTreeNodePopulate(TreeNodeEventArgs) Method

定義

TreeNodePopulate コントロールの TreeView イベントを発生させます。Raises the TreeNodePopulate event of the TreeView control.

protected:
 virtual void OnTreeNodePopulate(System::Web::UI::WebControls::TreeNodeEventArgs ^ e);
protected virtual void OnTreeNodePopulate (System.Web.UI.WebControls.TreeNodeEventArgs e);
abstract member OnTreeNodePopulate : System.Web.UI.WebControls.TreeNodeEventArgs -> unit
override this.OnTreeNodePopulate : System.Web.UI.WebControls.TreeNodeEventArgs -> unit
Protected Overridable Sub OnTreeNodePopulate (e As TreeNodeEventArgs)

パラメーター

e
TreeNodeEventArgs TreeNodeEventArgs TreeNodeEventArgs TreeNodeEventArgs

イベント データを格納している TreeNodeEventArgsA TreeNodeEventArgs that contains event data.

注釈

場合によっては、ユーザー入力に依存するデータサイズやカスタムコンテンツによってツリー構造を静的に定義するのは現実的ではありません。Sometimes, it is not practical to statically predefine the tree structure due to data size or custom content that depends on user input. このため、コントロールはTreeView動的なノードの作成をサポートしています。Because of this, the TreeView control supports dynamic node population. trueノードのPopulateOnDemandプロパティをに設定すると、ノードが展開されるときに、実行時にそのノードが設定されます。When the PopulateOnDemand property for a node is set to true, that node gets populated at run time when the node is expanded.

ノードを動的に設定するには、 PopulateOnDemandまずノードのプロパティをtrueに設定します。To populate a node dynamically, first set the PopulateOnDemand property for the node to true. 次に、プログラムを使用してノードをTreeNodePopulate設定するイベントのイベント処理メソッドを定義します。Next, define an event-handling method for the TreeNodePopulate event that programmatically populates the node. 一般的なイベント処理メソッドは、データソースからノードデータを取得し、データをノード構造に配置した後、作成されるノードChildNodesのコレクションにノード構造を追加します。A typical event-handling method retrieves node data from a data source, places the data into a node structure, and then adds the node structure to the ChildNodes collection of the node being populated. ノード構造は、親ノードのTreeNode ChildNodesコレクションにオブジェクトを追加することによって作成されます。A node structure is created by adding TreeNode objects to the ChildNodes collection of a parent node.

注意

trueノードのPopulateOnDemandプロパティがに設定されている場合は、ノードを動的に設定する必要があります。When the PopulateOnDemand property for a node is set to true, the node must be populated dynamically. その下にある別のノードを宣言によって入れ子にすることはできません。それ以外の場合は、ページでエラーが発生します。You cannot declaratively nest another node below it; otherwise, an error will occur on the page.

サポートされているブラウザー (Microsoft Internet Explorer 4.0 互換のブラウザー以降) では、クライアント側のノードの作成も利用できます。Supported browsers (Microsoft Internet Explorer 4.0-compatible browsers and later) can also take advantage of client-side node population. 有効にすると、 TreeViewコントロールは、ノードが展開されたときにクライアント上のノードを動的に設定できます。これにより、サーバーにポストバックする必要がなくなります。When enabled, this allows the TreeView control to populate a node on the client dynamically when that node is expanded, which prevents the need to post back to the server. クライアント側のノードの作成の詳細についてPopulateNodesFromClientは、「」を参照してください。For more information on client-side node population, see PopulateNodesFromClient.

イベントを発生させると、イベント ハンドラーがデリゲートから呼び出されます。Raising an event invokes the event handler through a delegate. イベントを処理する方法の詳細については、次を参照してください。処理とイベントの発生します。For more information about how to handle events, see Handling and Raising Events.

OnTreeNodePopulate メソッドを使用すると、デリゲートを結び付けずに、派生クラスでイベントを処理することもできます。The OnTreeNodePopulate method also allows derived classes to handle the event without attaching a delegate. 派生クラスでイベントを処理する場合は、この手法をお勧めします。This is the preferred technique for handling the event in a derived class.

注意 (継承者)

派生クラスのOnTreeNodePopulate(TreeNodeEventArgs)メソッドをオーバーライドする場合は、登録されてOnTreeNodePopulate(TreeNodeEventArgs)いるデリゲートがイベントを受け取るように、基本クラスのメソッドを呼び出す必要があります。When overriding the OnTreeNodePopulate(TreeNodeEventArgs) method in a derived class, be sure to call the OnTreeNodePopulate(TreeNodeEventArgs) method for the base class so that registered delegates receive the event.

適用対象

こちらもご覧ください