Binding.ValidationRules プロパティ

定義

ユーザー入力の有効性をチェックする規則のコレクションを取得します。Gets a collection of rules that check the validity of the user input.

public:
 property System::Collections::ObjectModel::Collection<System::Windows::Controls::ValidationRule ^> ^ ValidationRules { System::Collections::ObjectModel::Collection<System::Windows::Controls::ValidationRule ^> ^ get(); };
public System.Collections.ObjectModel.Collection<System.Windows.Controls.ValidationRule> ValidationRules { get; }
member this.ValidationRules : System.Collections.ObjectModel.Collection<System.Windows.Controls.ValidationRule>
Public ReadOnly Property ValidationRules As Collection(Of ValidationRule)

プロパティ値

ValidationRule オブジェクトのコレクション。A collection of ValidationRule objects.

注釈

データバインディングモデルを使用すると、 ValidationRules BindingまたはMultiBindingオブジェクトに関連付けることができます。 WPFWPFThe WPFWPF data binding model enables you to associate ValidationRules with your Binding or MultiBinding object. ValidationRuleクラスから派生し、 Validateメソッドを実装することによってカスタム規則を作成することも、組み込みのExceptionValidationRuleを使用することもできます。これにより、ソースの更新中に例外が発生した場合に値が無効になります。You can create custom rules by deriving from the ValidationRule class and implementing the Validate method, or you can use the built-in ExceptionValidationRule, which invalidates a value if there are exceptions during source updates.

バインディングエンジンは、入力ValidationRule値 (バインディングターゲットプロパティ値) がバインディングソースプロパティに転送されるたびに、バインディングに関連付けられている各をチェックします。The binding engine checks each ValidationRule associated with a binding each time an input value (the binding target property value) is transferred to the binding source property. 検証プロセスの詳細については、「データバインディングの概要」の「データの検証」セクションを参照してください。For a detailed discussion of the validation process, see the Data Validation section in the Data Binding Overview.

注意

このプロパティを設定できるのExtensible Application Markup Language (XAML)Extensible Application Markup Language (XAML)は、表示されているコレクション構文を使用するか、コレクションオブジェクトにアクセスし、などのAddさまざまなメソッドを使用することによってのみです。This property can be set in Extensible Application Markup Language (XAML)Extensible Application Markup Language (XAML) only by using the collection syntax shown, or by accessing the collection object and using its various methods, such as Add. コレクションオブジェクトにアクセスするプロパティは読み取り専用ですが、コレクション自体は読み取り/書き込み可能です。The property to access the collection object is read-only, whereas the collection itself is read-write.

XAML プロパティ要素の使用XAML Property Element Usage

<object>  
  <object.ValidationRules>  
    oneOrMoreValidationRules  
  </object.ValidationRules>  
</object>  
  

XAML 値XAML Values

oneOrMoreValidationRulesoneOrMoreValidationRules
1つ以上のオブジェクト。ValidationRuleOne or more ValidationRule objects. クラスを使用ExceptionValidationRuleすることも、 ValidationRuleクラスをサブクラス化することによってカスタム規則を作成することもできます。You can use the ExceptionValidationRule class or create custom rules by subclassing the ValidationRule class.

適用対象

こちらもご覧ください