DependencyObject.SetValue DependencyObject.SetValue DependencyObject.SetValue DependencyObject.SetValue Method

定義

ローカルの依存関係プロパティの値を設定します。

オーバーロード

SetValue(DependencyProperty, Object) SetValue(DependencyProperty, Object) SetValue(DependencyProperty, Object) SetValue(DependencyProperty, Object)

依存関係プロパティ識別子を指定して、該当する依存関係プロパティのローカル値を設定します。

SetValue(DependencyPropertyKey, Object) SetValue(DependencyPropertyKey, Object) SetValue(DependencyPropertyKey, Object) SetValue(DependencyPropertyKey, Object)

依存関係プロパティの DependencyPropertyKey 識別子で指定した読み取り専用の依存関係プロパティのローカル値を設定します。

SetValue(DependencyProperty, Object) SetValue(DependencyProperty, Object) SetValue(DependencyProperty, Object) SetValue(DependencyProperty, Object)

依存関係プロパティ識別子を指定して、該当する依存関係プロパティのローカル値を設定します。

public:
 void SetValue(System::Windows::DependencyProperty ^ dp, System::Object ^ value);
public void SetValue (System.Windows.DependencyProperty dp, object value);
member this.SetValue : System.Windows.DependencyProperty * obj -> unit
Public Sub SetValue (dp As DependencyProperty, value As Object)

パラメーター

dp
DependencyProperty DependencyProperty DependencyProperty DependencyProperty

設定する依存関係プロパティの識別子。

value
Object Object Object Object

新しいローカル値。

例外

読み取り専用の依存関係プロパティ、またはシールされている DependencyObject 上のプロパティを変更しようとしました。

value が、dp プロパティに登録されている正しい型ではありません。

注釈

指定された型が最初に登録されているように、依存関係プロパティの宣言されている型が一致しない場合、例外がスローされます。 value常に適切な型としてパラメーターを指定する必要があります。

例外条件によって決まる可能性のある、ValidateValueCallback設定される依存関係プロパティの依存関係プロパティの識別子上に存在するコールバック。 それ以外の場合、指定された値に (たとえば、ネイティブ型は Double と文字列を渡すなど) の一般的な型チェックの状態を失敗する可能性があります。

SetValue(DependencyPropertyKey, Object) SetValue(DependencyPropertyKey, Object) SetValue(DependencyPropertyKey, Object) SetValue(DependencyPropertyKey, Object)

依存関係プロパティの DependencyPropertyKey 識別子で指定した読み取り専用の依存関係プロパティのローカル値を設定します。

public:
 void SetValue(System::Windows::DependencyPropertyKey ^ key, System::Object ^ value);
public void SetValue (System.Windows.DependencyPropertyKey key, object value);
member this.SetValue : System.Windows.DependencyPropertyKey * obj -> unit
Public Sub SetValue (key As DependencyPropertyKey, value As Object)

パラメーター

value
Object Object Object Object

新しいローカル値。

次の例では、読み取り専用の依存関係プロパティを定義と共に、 public static readonly DependencyPropertyプロパティのコンシューマーとの get アクセサーに必要な読み取り専用の露出を提供する、CLRラッパー。

internal static readonly DependencyPropertyKey AquariumSizeKey = DependencyProperty.RegisterReadOnly(
  "AquariumSize",
  typeof(double),
  typeof(Aquarium),
  new PropertyMetadata(double.NaN)
);
public static readonly DependencyProperty AquariumSizeProperty =
  AquariumSizeKey.DependencyProperty;
public double AquariumSize
{
  get { return (double)GetValue(AquariumSizeProperty); }
}
Friend Shared ReadOnly AquariumSizeKey As DependencyPropertyKey = DependencyProperty.RegisterReadOnly("AquariumSize", GetType(Double), GetType(Aquarium), New PropertyMetadata(Double.NaN))
Public Shared ReadOnly AquariumSizeProperty As DependencyProperty = AquariumSizeKey.DependencyProperty
Public ReadOnly Property AquariumSize() As Double
    Get
        Return CDbl(GetValue(AquariumSizeProperty))
    End Get
End Property

注釈

この署名は通常、カスタム クラスで定義されている読み取り専用の依存関係プロパティの値を設定するときに使用します。 一般に、SetValue依存関係プロパティの特定の値を提供する内部ロジックを実装して、その依存関係プロパティを登録する型からのみ呼び出されます。 詳細については、「読み取り専用の依存関係プロパティ」を参照してください。

指定された型が最初に登録されているように、依存関係プロパティの宣言されている型が一致しない場合、例外がスローされます。 value常に適切な型としてパラメーターを指定する必要があります。 例外条件によって決まる可能性のある、ValidateValueCallback設定される依存関係プロパティの依存関係プロパティの識別子上に存在するコールバック。

適用対象